ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

2010年映画点取り表&ベスト10

2010年映画点取り表&一言感想です。
今年に劇場で観た映画を点数順で一覧にしました。


10点満点!

・トイ・ストーリー3
完璧すぎる。このシリーズが好きでよかった。



9点

・さんかく
こんな展開になるなんて!
・ヒックとドラゴン
最高のカタルシスをくれる傑作
・ボーイズ・オン・ザ・ラン
下品だけど女性にも観てほしい
・告白
原作よりはるかに面白い。PG12指定にしてほしかった。



8点

・ウルトラマンゼロ THE MOVIE
童心に帰れるハイテンションさ&面白さ
・シュレック フォーエバー
長靴をはいた猫超可愛い
・ちょんまげぷりん
すごいタイトルだよね。老若男女におすすめ。
・デイブレイカー
大作かと思ったら超B級
・バイオハザード4 アフターライフ
普通に考えると4点くらいの内容なんだけどね。だって楽しかったんだもん。
・十三人の刺客
三池監督節炸裂。下品で暴力的で面白い。
・戦闘少女 血の鉄仮面伝説
普通に考えると3点くらいの内容なんだけどね。めちゃくちゃ楽しかったんだもん。
・涼宮ハルヒの消失
原作をほぼ知らずに観に行ったのがもったいない。2時間40分の長丁場が気にならない面白さ。
・第9地区
宇宙人との友情があっつい!
・彼女が消えた浜辺
今年最後に観た映画。後半の心理劇が素晴らしい。



7点

・SPACE BATTLE SHIP ヤマト
余計なこと考えなかったら最高に楽しい映画だと思う
・アウトレイジ
ザ・ジャパニーズヤクザ映画。加瀬亮や小日向さんまで恐いんですけど。
・いばらの王 KING OF THORN
脱出系サスペンスアニメ。十分楽しめる。原作漫画よりも面白い。
・インセプション
クライマックスがだるいけど面白い。もう一度観たいけど長い。
・インビクタス 負けざるものたち
さすがのイーストウッド節。展開はやや淡泊。
・おにいちゃんのハナビ
難病ものとしてはかなりの良作だと思う。
・カラフル
病んでいる登場人物が多くて辛くなるアニメ。でもいい作品。
・ゴールデンスランバー
展開はマンガ的。最後まで逃走劇を楽しめる。
・コララインとボタンの魔女
子ども向けとしてはかなり恐い。主人公がたくましいのがいい。
・バーレスク
アギレラのファンになること必死
・ぼくのエリ 200歳の少女
言葉よりも映像で語る、恐ろしくも美しい作品。
・プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂
ちゃんと娯楽として面白い。イラク戦争あたりの問題をおちょくっています。
・マチェーテ
馬鹿馬鹿しくも社会派
・ライアーゲーム FINAL STAGE
演出がテレビテレビしすぎ。ゲーム自体はとても面白い。
・リミット
小手先に頼った感じはあるけど十分な緊張感
・ルー=ガルー
アニメの質はいまいちだけど、話はしっかり面白い。
・ロビン・フッド
多すぎる展開を上手くまとめてある
・宇宙ショーへようこそ
上映時間長め。劇場版ドラえもんが好きなら間違いなく楽しめる。
・銀魂 劇場版 紅蓮編
エリザベスかっけー。続編でもっとハジケてほしい。



6点

・アイアンマン2
前作のほうがいいけど続編への期待を持つには十分。
・アリス・イン・ワンダーランド
アリスがけっこう大人なのがポイント。もうひと押し欲しかった作品。
・エクスペンダブルズ
あほみたいに男気100%な熱苦しさ
・おとうと
現代劇とは思えない古臭さ。だがそれがいい。
・スープ・オペラ
平泉成のスケベオヤジが素敵。
・ハングオーバー
下品でおバカ。署名で劇場公開が実現した。
・パラノーマル・アクティビティ
自分は好きですよ。退屈なシーンはもっとカットできたと思うけど。
・パラノーマル・アクティビティ 第二章 TOKYO NIGHT
出来自体はオリジナルより上かも。姉弟が可愛い。
・ミックマック
いたずら(ミックマック)ってレベルじゃねーぞ
・月に囚われた男
手塚治虫に影響を受けていそうな作品。サスペンス部分は物足りないけど味わい深い。
・怪盗グルーの月泥棒
子ども向けとしてはどないやねんというところはあるけど楽しめる。つるべの演技もはまっている。
・瞳の奥の秘密
サスペンス部分を期待しなければとても良い作品



5点

・ウルフマン
バトルが盛り上がらない。変身シーンは素晴らしい。
・ソウ ザ・ファイナル
つっこみどころ満載。もともと2作品だったのを1作品に凝縮したためゲームの数が多い。
・トロン:レガシー
会話シーンが停滞しすぎ
・プレデターズ
会話シーンが停滞しすぎその2
・フローズン・リバー
評価の高い作品だけど、自分にはちょっと退屈だった。
・鉄男 THE BULLET MAN
ビジュアルはものすごくいいけど、話は普通にB級。



4点

・GAMER ゲーマー
これじゃあただのク○ゲーです。
・Dr.パルナサスの鏡
テリー・ギリアム監督は苦手です
・REDLINE
軍隊なんていらないから、ちゃんとレースしてよ・・
・ガフールの伝説
ストーリーが凡庸すぎる
・キャタピラー
これじゃあただの気持ちの悪い映画。最後のテロップあたりも強引。演技は素晴らしい。
・ハート・ロッカー
これもピンとこなかった。主張はわかりやすいけど、娯楽性を期待しないほうがいい。
・パリより愛をこめて
飛びぬけたところのないC級アクション
・武士の家計簿
もっと「工夫」を見せてほしかった


3点

・シャーロック・ホームズ
推理ほとんどしてないじゃんよ。最初の賭け喧嘩のシーンが一番面白かった。
・ノルウェイの森
この小説の映画化がいかに難しいかはわかった。誰にもおすすめできない。
・ベスト・キッド
伏線無視&イライラさせられる展開がキツい







他にリバイバル作品で観たのは以下の4つ

9点
・アバター 特別編
追加シーンは一長一短

7点
・グラン・ブルー デジタル・レストア版
長いけど映像の美しさに魅せられる
・バクダッド・カフェ ディレクターズカット
カフェの人間たちがみんな大好き

5点
・エルトポ 40周年 デジタルリマスター版
上級者向け




全部で65作品。週一以上のペースで観ていますね。









そして今年の映画個人的ベスト10は・・



10位 十三人の刺客

<オリジナル版>
悪趣味本格時代劇。SMAPのゴローちゃんの悪役だけでも観る価値あり。デートには死ぬほど向きません。
「みんなのシネマレビュー」の評論(少しネタバレあり)



9位 デイブレイカー

ヴァンパイア映画。「トワイライト」シリーズよりも百倍は面白い。
残酷描写が効いている素敵なB級アクション映画です。
<ブログのレビュー>(ネタバレもあり)



8位 第9地区

<1000円切ってるお値段>
女性や子ども向けじゃない、男のための映画。
宇宙人との友情と戦闘シーンがとにかく熱く、後半の怒濤の展開が素晴らしい。
略奪するわけでも人間側に媚びを売るわけでもない中立的立場の主人公がいい。だからでこその後半の行動の変化に感動しました。



7位 ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国

<もうamazonにあった>
まさかこれが今年のベスト10に食い込むとは。ダークホースすぎ。
<ブログのレビュー>(ネタバレなし)



6位 涼宮ハルヒの消失

とにかく面白かった。
ファンに愛されていた原作の待望の映像化です。
映画を観る前に「笹の葉ラプソディ」という短編をアニメでも原作でもみておくとより楽しめます。
<ブログのレビュー>(ネタバレなし)



5位 ボーイズ・オン・ザ・ラン

映画のあとで原作を読んだのですが、映画の方が優れているとも感じました。
下ネタで笑いをとるような映画なので苦手な人は要注意。
ある意味「告白」より気が落ち込みそうな映画です。



4位 告白

<1月28日発売>
原作小説は独特の文体がどうも苦手で好きになれなかったのですが、これ以上なく上手く映像化できている傑作。
登場人物の告白に鳥肌たちまくり。中島監督は日本映画の最先端を今後も担って欲しいです。
「みんなのシネマレビュー」の評論(ネタバレなし)



3位 さんかく

観る前はすごく地味な映画だと思ったけど、映画本編はまさかの展開の連続。
ラストシーンもこの上なく印象的だった。登場人物が痛くて最低で最高な恋愛映画です。
<ブログのレビュー>(超絶ネタバレ注意)



2位 ヒックとドラゴン

それほどお客は入らなかったけれども、クオリティでは決してトイ・ストーリー3に負けていなかった作品。
3D映像もいままで観た中でダントツに素晴らしかった。大人も絶対観るべき。
「みんなのシネマレビュー」の評論(ほぼネタバレなし)



1位 トイ・ストーリー3

涙腺崩壊必死の大傑作!シリーズをリアルタイムで追っていた身として嬉しくてしょうがない。
自分の「みんなのシネマレビュー」の評論(超絶ネタバレ注意)






ちなみにワースト映画は「ベストキッド」でした。
ウィルスミスの親バカっぷりはよくわかった
みんなのシネマレビュー」の評論(かなりネタバレ)





今年は個人的に豊作でした。
ご覧になった方、好きな映画は入っていたでしょうか。

来年の一発目は、今年見逃した「キックアス」か「リトルランボーズ」になる予定です。

テーマ : 見た映画
ジャンル : 映画

2010-12-27 : いろいろコラム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。