ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

パシフィック・リムの翌日に公開される巨大ロボット映画「オーガストウォーズ」紹介

世の中には、光があれば、影もあります。
メジャーに公開されている映画があれば、マイナーな映画もあります。

今週末公開のハリウッド超大作「パシフィック・リム」はメジャー作品であり日本中のオタクたちから注目をされている存在ですが、実は同じく「巨大ロボット」を題材としたマイナーな映画が同時期に公開されています。

その映画の名前はオーガスト・ウォーズです。

まず公式ホームページのTOP画像からびっくりしました。

オーガストウォーズ1

おいおい・・・







パシフィック・リムのイメージ:

パシフィックリムのTOP




オーガスト・ウォーズのイメージ:

オーガストぅオーズ2



うん、似てる


さらに公式ページのイントロダクションにはこう書かれています。

「トランスフォーマー」シリーズや『パシフィック・リム』、そして日本のロボットアニメとは一味もふた味も違う斬新かつ独特なデザインである

ライバル視してるんじゃないかと思わせる強気っぷりです。一味もふた味も違うって言ってますが、ちゃんと咀嚼しないとわからないレベルです。
ここまで似ている映画が1日違いで公開されるのはもはや確信犯(誤用)にしか思えません。



しかしオーガスト・ウォーズはとても大真面目に作られたSFであり、南オセチア紛争を題材とした戦争映画でもあります。
多数の本物のロシア軍人が出演し、有名な軍事兵器が登場する、ミニタリー・オタクにはたまらない魅力を持ってる作品なのです。
トランスモーファー」などとは志から違いますし、「トランスバトラー 」「トランスフォーサー」などの便乗タイトルが付けられた作品とも異なります。


面白いのは、パシフィック・リムのロボット「イェーガー」は人間の味方であるのに対し、オーガスト・ウォーズのロボットは「敵」として登場することです(オーガスト・ウォーズの予告編では子どもが「悪魔のロボットだ!」と言っているシーンがあります)。
まるでシリーズ化した「ゴジラ」が人間の味方だったことに対し、初代「ゴジラ」が人間の敵であり恐怖の対象だったことのようです。

オーガスト・ウォーズは、パシフィック・リムに負けないくらい日本のゴジラの影響を受けているのではないでしょうか。


そんなオーガスト・ウォーズの上映館は全国でわずか10館です。
恐らくあまり話題にならない映画なのでしょうか、パシフィック・リムだけだなくここまで強気(主に紹介文が)な映画は応援したくて仕方がありません。

映画秘宝で特集が、月間アフタヌーンで漫画家・黒田硫黄による宣伝が読めるので、ロボット好きや、パシフィックリムを観たあとでさらに巨大ロボット映画を観て食傷気味になりたい方は要チェックです。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2013-08-07 : いろいろコラム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。