ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

剛力彩芽のゴリ押しっぷりをまとめてみた

実写映画版「ガッチャマン」は本当にヒドい作品でした。
往年のガッチャマンファンは激怒し、純粋な映画ファンからは邦画の行く末を嘆かれ、ダメ映画フリークからも「デビルマンとかに比べればたいしたことない」と言われるこの映画はマジで誰得と言えるシロモノでした。

原作へのリスペクトがほとんどなく、ヒーローとして倫理的に間違っており、台詞だけで登場人物の心情を語り、さらに物語には全く整合性がない・・・こんな脚本に付き合わされたスタッフの方々も被害者と言えるでしょう。

しかし、個人的にこの映画の一番の被害者は剛力彩芽さんだと思います
TVCM、映画、ドラマと大抜擢が続いている女優ではありますが、剛力さんはネットでそのゴリ押しっぷりが大バッシングを浴びているのです。

もっといい仕事を・・・<もっと彼女に合った仕事を与えてやってよ・・・

本日はそんな剛力さん(通称:ゴーリキー)のゴリ押しっぷりをまとめてみます。





①配役のゴリ押し

あげるとキリがないので代表としてドラマ版「ビブリア古書堂の事件手帖」を取り上げます。
何がひどいって、主人公のイメージが違いすぎること。

長髪VS短髪<同じキャラです。

似てないのはビジュアルだけではありません。設定そのものが違います。

原作の主人公の設定:黒髪の長髪に透き通るような肌をした美人。普段はメガネをしている。スレンダーだが服の上からでも分かる巨乳。
剛力彩芽のスペック:茶髪&短髪&清楚ではない


すげえ、スレンダーということくらいしか共通点がないよ!
似せようとする努力がみられないし、本人がイメージ像を全部覆そうかと思っていますと言ってる(言わされている)のも怖いですね。

さらに2014年公開の「黒執事」では原作をベースにしたオリジナルキャラクターとして出演します。「男装の麗人」として・・・

眼帯プラス剛力もともとはショタキャラなのに・・・

これも誰得な配役だなあ。ていうかなぜオリジナルキャラまで作ってゴリ押しするの?
原作者が個人的に萌えますって言ってるのも裏があるように思えます。

そんな感じなので、人気漫画やライトノベルを実写化するとき、ネット住民からは「もう剛力でいいんじゃね」と諦めつつ言われるようになっていきます。




②キャンペーンのゴリ押し

本当にどこでもかしこでも使われます。

雑誌愛読月間剛力<雑誌愛読月間

剛力の自賠責保険<自賠責保険

剛力の新卒応援<新卒応援

しょうけんはじめよう<証券にまで手を出す

「私も投資家デビュー(嬉しそう)!」とか言ってますけど、頼むから新しいことに手を出さないでくれと言いたいです。




③メガネドレッサーのゴリ押し

特別賞に選ばれるのですが、そのメガネがあまりに似合っていないのも話題になりました

う=んにあっている?<えっ・・・




④吹き替え声優のゴリ押し

映画「プロメテウス」で主人公の声を務めたおかげで、amazonのDVDのレビューは大炎上しました

ああそう、知っているんだ<宣伝でも全面押し

自分もどれだけひどいかを確かめるために吹き替え版を観たのですが、思ったよりはマシでした

イントネーションがおかしいところがあるも、感情表現はしっかりできているので「ハンコック」のMAKIDAIや「ウォンテッド」のDAIGOよりは聞けるレベル。
でも主人公の声に抜擢するのはどうかと思うし、クライマックスの台詞の抑揚のなさはかなり興ざめだ。

ちなみに「ハンガーゲーム」も話題作りのために芸能人を吹き替えに起用していたのだけど、DVD版では差し替えられています。きっとこの騒動があったおかげでしょう。




⑤歌のゴリ押し

ミュージック・ステーションで自身の歌を披露したとき、お茶の前に衝撃が走りました。
めっちゃ音を外しまくって歌っていた上に、途中で口パクに差し替えられたのです。

途中から口パクに・・・<途中で音声を変えられます。

ちなみに歌詞には矛盾があり、「ねえ君はもう友達じゃない」→「友達より大事な人」→「世界一のMy Friend」と続くという意味不明な事態になっています(でもこう解釈すればOK

またダンスのほうは驚く程に上手いです。子どものころのダンス大会での優勝など、その実力はかなりのもの。それでも歌自体はamazonでプチ炎上中です




⑥魅力のゴリ押し

メディアでは「美人!」「可愛い!」「名前がびっくり!」などと言われている剛力さん
剛力彩芽の魅力ランキングでは魅力が「よくわからない」が最多得票です

よくわかりませんって・・・<よくわかりません




ここまで振り返って思ったのは剛力さんはちっとも悪くないということ
演技だって、歌だって、吹き替えだって、努力をされてプロとしての仕事を全うしようとした結果だと思うんです。

悪いのは事務所でしょう。これほどにまでのゴリ押しをしたおかげで、剛力さんは多くの人に嫌われ、誰も得しない結果となったのです。
今回の「ガッチャマン」では脚本のおかげで頭のネジがブッ飛んだ性悪女にしか見えなくなっている剛力さん・・・本当にお疲れ様です。応援しています。でも黒執事は観たくないです。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2013-08-28 : いろいろコラム : コメント : 11 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
武井咲の友達役をドラマでやってた時は
「笑顔に愛嬌のある可愛らしい子だなあ」と素直に好感を持ったんですけどね・・・
思えば彼女が適役を演じたのはあれが最初で最後だったのでは
というくらい以降は合わない謎な仕事ばっかやらされてますね
正統派美人女優にはできない愛嬌のある役を演じられる
稀有な若手女優にもなり得たのに
なぜ正統派美人女優にしか演じられない役ばかりやらせるのか・・・
2013-08-29 00:13 : 名無し URL : 編集
No title

アスコーマーチでしょうか。
あのドラマでは正直、主演の武井咲よりも剛力のほうに魅力を感じていました。
仰るとおり一番のはまり役だったと思います。

今はただただ残念です。
2013-08-29 06:51 : URL : 編集
No title
> ドラマ版『ビブリア古書堂の事件手帖』
> 主人公のイメージが違いすぎる

これ、割とよく聞く話なのですが、自分はドラマから入ったクチなのでどうということも無かったです。

というか、原作イメージとの乖離が問題になるなら、『JIN-仁-』(原作ではクマヒゲっぽい風体の主人公、南方仁:どちらかと言えばひ弱そうな雰囲気が漂う大沢たかお)が大絶賛だったのは何故?…とか思ってしまうわけでして。
「原作と違う」は評価のどうこうとは関係ないよね、気に入らない内容に対するアテツケじゃないの?…みたいな。


> 剛力さんはちっとも悪くない

ヒナタカさんらしい中立な意見で安心しました。

あ、念の為。私は別に剛力さんのファンとかではありませんよ。

2013-08-29 12:25 : シオンソルト URL : 編集
No title
↑南方仁はそんなにイメージ遠くないからじゃないですか?
漫画拝見しましたが、仁は充分ヒヨワにも見えますし。
少なくともロングヘアって言われて短髪の子出すほど乖離してません。
2013-08-29 19:13 : URL : 編集
No title
原作破壊で良かった物に実写版「どろろ」を上げると驚かれたり、怒られたりしたりしますが、好きなんです。
極悪人やダメ人間を良い人に、バッドエンドをハッピーエンドに、もう「どろろ」じゃない!キャラもストーリーも原型を留めていない!という評価は最もだと思います。
でも、原作が主人公達以外、妖怪よりも性質の悪い外道や責任転嫁や嘆いてばかりのダメ人間揃い、本当に救いようのない陰鬱なバッドエンドなので、百鬼丸とどろろが幸せになれる世界があっても良いんじゃないかな・・・というパラレルワールド的な物を映像化してくれた作品として楽しめました。
手塚先生が描きたかったのはあの陰鬱な世界とキャラクター達の救いようの無い未来のやるせなさ、それを後世の人間が勝手に壊すな!許せない!という人の気持ちを否定するつもりはありません。
なでの今回のガッチャマンやクラウズが面白いという人を憎むつもりも蔑むつもりもありません。
ただ自分が納得行かないというだけです。

余談ですが、映像化の際に避けられるだろうな・・・と思っていたエピソードや描写を逃げずに原作そのままに表現した意欲作でもあると思っています。
あと本作も原作では少年(?)だったどろろを既に少女と呼ぶにも大きくなり過ぎた柴崎コウさんが演じてミスキャストと言われていましたね。
2013-08-30 19:06 : 怒涙 URL : 編集
No title
芸能界の感覚が30年前と変わらないゆえのゴリ押しってとこでしょうか?。
ピントがズレた美的センスを押し付ける手法には限界が来てるんでしょうね。
2013-09-14 06:22 : 紙尾 URL : 編集
ごりおしあやめ
一昔前の上戸無双状態ににてますね。
大御所になってしまうと単価が高くなるので
若手のうちに名を売ってゴーリキブランドに箔をつけようとの戦略なのでしょうが
手当たり次第すぎますね。

適材適所をお願いしたいですね。
2013-09-14 18:24 : YOU URL : 編集
No title
剛力のガッチャマン?まだNHKの前田敦子ちゃんの時代劇のほうがいい。
剛力の黒執事の男装?まだ前田敦子ちゃんの「イケパラ」のほうがずっといい。
2013-12-22 16:51 : 永山修一 URL : 編集
No title
私は、剛力さんについては、ビブリア古書堂の事件手帳からだが、この件について剛力さんがバッシングを受ける意味がわからない。原作と違うのはこれに始まったことではないし原作のイメージと実際の役者にちがうのは、実際かなりある。こち亀なども主役のタレントと両津巡査長はまったくと言っていいほどイメージが違っていたが、原作者が怒ったと言う話は聞いたことがないし、この件についても、原作者のコメントを読むと主人公の女性の髪が長いか短いかなどはどうでもいい話で、アンチの単なる嫉み、僻みのように思えてならない。 
2014-01-26 23:11 : ごり押しじゃない URL : 編集
No title
事務所の無茶ブリが一番の原因でしょうか。
確かにドラマの視聴率は悪いですね。。
2014-03-27 19:37 : kawakita URL : 編集
「ハンガーゲーム」の劇場用吹替なんですが芸人さんの演技は好評だった様です。いつも素人吹替に厳しい場で「なかなか良い。声優に転向してもイケる」みたいに言われていました。その上でソフトでの差し替えだったので「上手い人を差し替えて、酷いヤツのはそのままとはどういう事!?」とまた不評を買いました(笑)
2015-08-13 08:59 : 青たこ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。