ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

守銭奴すぎるバンダイナムコゲームスの初期費用+課金ゲーム一覧

皆様はソーシャル・ゲームにある「アイテム課金」というものをご存知でしょうか。
スマートフォンやWeb上で遊べる「基本無料」のゲームによく採用されているシステムで、要するに「ゲームをもっと楽しみたかったらアイテムやキャラの体力をリアルお金で払ってください」というものです。

基本的に無料のゲームで課金をするのは、利益を得るため必要なことだとは理解はできます。
しかし子どもが安易に高額のアイテムを買ってしまうなど、そのやり方は問題になることも多々あります。

しかも世の中には、もともとお金を払っているのにもかかわらず、快適に遊ぶためには課金が必要なゲームまでもが存在します。
そんなゲームを売り出した会社の名前はバンダイナムコゲームス。通称「バンナム」の初期費用+課金でユーザーからお金を搾取しようとしているゲームをご紹介します。



1.ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル
(発売:2013年)

バンダイナムコゲームス
4300円
powered by yasuikamo

「ジョジョの奇妙な冒険」はネットで人気が強い長寿&名作マンガです。
このゲーム版では、ファンは発売から1年前も前から小出しにされるPV、そのビジュアルのよさ、声優陣の演技などに心を躍らせました。
しかし蓋を開けてみれば、作中の台詞を借りて「ゲロ以下の臭いがプンプン」「吐き気を催す邪悪」と揶揄されるとんでもないク○ゲーだったのです。

このゲームの課金システムは本当にヒドい。その内容は以下です。
①発売日から配信された追加キャラの値段は600円
②快適にプレイするには金を払わなくてはいけない「キャンペーンモード」の存在

①はもともとソフトに入れられるものを発売日に配信し、さらにお金をしぼり取ろうとするという魂胆が見え見えです。
さらに②は「エネルギーが溜まっている分だけ無料で遊べる(これ自体おかしい)」というもので、アイテムを解禁するためにはとにかく時間をかけるか、もしくはお金を払う必要があります。
つまりはすでにゲームにお金を支払っているにも関わらず、時間がかかるのが嫌なら金を払ってくれとほざいているのです。

amzonのレビューにあった「新品で車を買ったけど、30キロ走ったら止まる。もっと走りたかったら金を払え」という例えがすごくわかりやすいです。
同じ格闘ゲームでも「大乱闘スマッシュブラザーズ」はゲームを楽しんだぶんだけ、何かを達成するだけで、お金を払わずにキャラやアイテムが追加されるようになっていたのに・・・・

さらにゲーム自体の出来も悪いです。
格闘ゲームとしてはダメージ量が少なすぎて爽快感がなく、大技の演出も台詞が一種類だけのせいもありすぐに飽きてしまう。
ストーリーを進めるモードではただテキストを読み上げて合間に対戦するというだけ。
ロード時間が長く、キャラ選択のときにカーソルがバトルごとに一人のキャラに戻ったり、試合ごとにカスタマイズしたセットを設定し直さなくてはならなかったりする不親切さ。
さらに「永久コンボ」が多数見つかっており、そもそもゲームとして破綻している・・・
amazonのレビューが大荒れ、PlayStation mk2で「F」評価になるのも当然でしょう。

発売されたばかりのソフトですが、約1週間で早くも値崩れが半端なくなっています
さらには修正してキャラを1人だけ無料配信するから売らないでと懇願する浅はかさ。
まさに自業自得、目先だけの利益を追求した結果でしょう。
会社だけが得するようになっている、ユーザーを人とも思っていない、現代の悪しきゲームの集大成です。



2.ONE PIECE 海賊無双
(発売:2012年)

バンダイナムコゲームス
3410円
powered by yasuikamo

これも「ジョジョ」と同じく配信されているアイテムが高額で、「それはじめから入れられるよね?」としか思えないもののオンパレードでした。
これもamazonのレビューにある「本を買ったら所々ページが抜け落ちていて、そのページを読みたければ別個で買え」という例えがあまりにもわかりやすいです。

「ワンピース」は世界中で愛されている人気漫画で、このゲーム版も多数の子どもを持つ親が買ったことでしょう。
しかしその内容は「未完成品」で、子どもは「もっとお金を出さないとちゃんと遊べないんだよ」と親に訴えなければならないのです。
金儲けを最優先し、親や子どもの気持ちを考えていない商売です。



3.リッジレーサー(PS VITA版)
(発売:2011年)

バンダイナムコゲームス
1305円
powered by yasuikamo

これも本当にヒドくて、はじめから遊べるコースは3種類しかない
定価がちょっと安めとはいえ、初期費用を払って遊べるのは体験版レベルまでだったのです。
そして追加のコース&車種は金を払えという邪悪な仕様。ユーザーを舐めきっています。



4.ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ
(発売:2013年)

バンダイナムコゲームス
4436円
powered by yasuikamo

ついに完全に子ども向けのゲームにもフルプライス+課金がされるようになりました。
ゲーム自体の出来はすごくよく、課金しなくても十分遊べるので、上3つよりはマシです。
それでも「課金だけは納得がいかない」という意見がとても多くなっています。


ほかにも「ガンダム無双3」などのダウンロードコンテンツは軒並み不評を買っています。

自分はソーシャル・ゲームの課金システムがそもそも好きではありません。
なぜなら「遊ぶのにどれくらいお金を払えばいいのかわからない」という不安があるからです。
初期費用を払って、追加で何も払わなくていい、というゲームの方が安心できます。

はじめにソフトを購入する必要があるソフトであっても、追加で買えるコンテンツが“新たに開発されたおまけ”であれば納得できます。
しかし、バンナムのゲームのダウンロードコンテンツは「はじめから入れられるのに、あえて分けて売っている」としか思えないものばかりでした。

現代のゲーム会社・バンナムは、初期費用がかかり、さらにお金を搾取するという鬼畜仕様のゲームをいくつも生み出してしまいました。

こんな商売は即刻やめていただきたいところ。
「昔のゲームはよかったなあ」と、この搾取システムのせいで言われることがないよう、ゲーム業界とバンナムが変わることを願います。

参考↓
まとめ @ ウィキ - 株式会社バンダイナムコゲームス

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

2013-09-07 : いろいろコラム : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

自分もジョジョのゲームを買ったのですが、
この評判を聞いてまだやってないですね、すごくPVがよかったのに開発者たちもこんなはずではと思いますが、この状況を見るともっと考えてと言いたいですが、でも海賊無双2のように前作の問題点が解決されて評価がとても良くなったことがあるので、早いと思いますが次回に期待したいですね(苦笑)
2013-09-07 14:37 : ゼロ URL : 編集
No title
本当に最近は何でも課金課金でイヤになりますよね。
フルプライスどころか限定版では二万近く払ってる人からも金をせしめようという魂胆が本当にいやらしいというか
仰るとおり「昔のゲームはー」なんて年寄りみたいなことは言いたくはないし、以前ほどゲームが売れなくて大変なのは分かりますが…
でもあえて言うなら昔ならゲームで必要なアイテムはゲーム内で稼いだ金で買わせていましたよね。
スーファミでゴエモンをよく遊んだのですが、ミニゲームのアルバイトを何回もやったのを覚えています。
今あのゲームがあったらリアル金を要求されていたかもしれません。
2013-09-07 21:48 :   URL : 編集
No title
こんにちは。

>課金
ゲームの開発費も増えてますから仕方ない部分が多い気がします。
自分は最初からソフトが2万とか3万するより課金のほうがマシですね。

リッジはプレイしてませんが、自分はグランツーリスモにハマっていたときに「600も700もコースとか車種とかいらねぇから鈴鹿とNSXだけのソフトを1500円で売ってくれ」と感じました。
開発期間も長すぎましたからね。
自分みたいなユーザーにはお得な商法かな、と思います。

僕の中で、課金はゲーセンで金を入れてる感覚に近いですね。
何百円かつぎ込んで、つまらなかったらやめる。
面白かったら、もっと50円玉を入れていくってイメージです。

>完全に子ども向けのゲームにもフルプライス+課金
子供はゲームしてないで外で遊べっていう意思表示かもしれませんね!!
いや冗談です(笑)
2013-09-08 01:24 : ハマの三文芝居 URL : 編集
No title
バンダイは玩具もゲームも糞に成り下がりましたね
玩具にはぼったくり価格、限定商法、品薄商法、塗装も雑、品質も昔に比べて壊れやすくなっていたり、あきらかな不良品を仕様と押し通してきたりどうしようもないです
ゲームは普段やりませんが酷いようですね

買う物に夢を与える会社じゃなかったんですかねえ
楽しい時を作る企業とか笑わせますよ
2013-09-08 01:54 : ぽ URL : 編集
PV詐欺
バンナムは合併してからアコギになった気がします。
バンダイはアニメのゲームをたくさん保有してますので、これからも課金していくことでしょう

ワンピース
ガンダム
北斗の拳
ジョジョ
聖闘士星矢

これだけでも金づるはあるんですから

全キャラ80キャラのうち初期は30キャラとかいう鬼畜仕様(怒)
DLで稼いだあとは
「完全版」商法。
儲かってしょうがない(;`皿´)
課金が悪いとはいいませんが、やり方が悪どいですね。
メーカーの方にも苦情が殺到したようですが、大して反省した風もなく…(怒)(怒)

ファミ通のクロスレビューは商品版ではなく、コンプリート版をプレイさせての満点レビューとの噂もあります。

いずれにしろこのやり方ではゲーム業界は先細りするでしょうね。

間近に控えている
「真・ガンダム無双」がどうなるか楽しみですよp(´⌒`q)

ヒナタカさん
ゲームの採点もしてはどうすか?
2013-09-16 14:35 : YOU URL : 編集
Re: PV詐欺

> 間近に控えている
> 「真・ガンダム無双」がどうなるか楽しみですよp(´⌒`q)
>
> ヒナタカさん
> ゲームの採点もしてはどうすか?



調べてみるとガンダムゲームも課金があるんですね。

映画レビューブログなのにこの記事書いていいんだろうか?と思っていましたが、皆様の反響はあったので一安心でした。
ゲームはあまりしないので、採点はごめんなさい。
2013-09-18 20:04 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。