ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

きっと、できること 「怪盗グルーのミニオン危機一発」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は怪盗グルーのミニオン危機一発(原題:Despicable Me 2)です。


個人的お気に入り度:5/10

一言感想:ギャグもキャラも子ども向けだけど、楽しい


あらすじ


かつて月を奪った怪盗グルーは心を入れ替え、謎の生物ミニオンたちに支えられながら、引き取った孤児の娘3人にふさわしいパパになろうと努力していた。
そんなグルーの前に謎の美女・ルーシーが現れる。彼女はグルーを拉致して、超極秘組織「反悪人同盟」へと迎え入れる。
同じ頃、グルーの屋敷に住むミニオンたちは、次々に何者かに誘拐されていた・・・




2010年に公開され、大ヒットを記録したアニメ作品「怪盗グルーの月泥棒」の続編です。

笑福亭鶴瓶(スティーヴ・カレル)
1963円
powered by yasuikamo

世界中でファミリー層に絶大な支持を得ているシリーズで、2作目の「ミニオン危機一髪」はトイ・ストーリー3を抜いて全米アニメ史上第1位、2013年度全世界興行収入ランキング第2位という大記録を打ち立てています。

子どもだけでなく大人の観客にも受けたのは、可愛いキャラクターが理由の一つでしょう。
「ミニオン」だけでなく、3人の娘たち、そして傲慢に見えてかなりツンデレな怪盗グルーは好きにならざるを得ない魅力があります。
公式ページにキャラクター紹介のページがなかったので、以下に登場人物の紹介をしてみます。

怪盗グルー<怪盗グルー:前作で改心したツンデレおじさん。今回はデレが多め

ミニオン謎の生物<ミニオン:バナナが大好きな謎の生物。その名前の一覧は<こちら>で。

ルーシー・ワイルド<ルーシー・ワイルド:謎の女スパイ。かなり破天荒な性格。

マーゴ長女<マーゴ:3人娘のお姉さん。性格は真面目。

イディス次女<イディス:次女。性格はやんちゃで攻撃的。

アグネス三女<アグネス:三女。性格は優しく純粋。

エルマッチョ<エル・マッチョ:死んだという噂があるかつての悪党だけど・・?

オエーなアントニオ<アントニオ:マーゴをデートにさそうプレイボーイ。きもちわるい。

この中でも3人娘のマーゴ、イディス、アグネスが愛らしいのなんの。
グルーでなくてもメロメロになってしまうのは当然です。

自分が特に好きなのはエディス。
今回の彼女は忍者のような格好をして、敵に立ち向かうので格好よくて仕方がありません。

忍者の次女<ニンジャ!

この「怪盗グルー」の上手いところは、子どもには「ミニオンがかわいい!」と心を鷲掴みさせ、かつ性格の違う3人娘に自分を投影させやすいことです。
しっかりしているお姉さんにはマーゴのキャラは感情移入しやすいでしょうし、やんちゃな性格であればエディスに、優しい性格であればアグネスの気持ちにも同調しやすいでしょう。

それでいて、大人への視線も忘れていません。
怪盗グルーは、大人になってもデートが苦手で上手くいきません。
さらに3人娘にメロメロで子離れできていないばかりに、娘が男の子とデートしているのが気に入らなかったりもします。
こういった行動がなんともカワイイのです(おっさんだけど)。

子どもにも、大人にも共感がしやすいキャラクター描写こそが本シリーズの一番の長所でしょう。

ちなみに原題の「Despicable Me」というのは「俺って卑屈だ」といった意味。
楽しい内容とは相反したタイトルではありますが、偏屈な怪盗グルーの性格をあらわしたものなんでしょうね。


しかし本作は物語としては物足りません。
伏線が効果的に使われているところがあるも、ドタバタではじまりドタバタで終わる印象で、そこには清々しいほどに深みはありません。

アクションもや救出劇も描かれるのは全編のうちほんの少しであったので、中途半端さが否めないものでした。
登場人物の行動や、そのバックグラウンドの描写にも納得できないところもありました。

ギャグもかなり子ども向けにシフトしています。
だいたいが「ぶっ叩かれたりしたときのリアクション」「お尻」「おならぷう」で笑わせるという、なかなか底の浅いものでしたw
まあこれでも子どもは大満足なんでしょうけどね。

そんなわけで「トイ・ストーリー3」やなどの感動路線を期待すると肩すかしは間違いない作品ではありますが、なーんにも考えずに観れるただただ楽しいアニメ作品としては十分におすすめします。
前作を観ていたほうがキャラに思い入れがあるぶん楽しめるでしょうが、観ていなくても十分面白く観れると思います。

2D吹き替え版で観ましたが、3Dを意識したシーンが多いので、3Dだとより楽しめるかと思います。
字幕版の公開が2館しかないのは残念ですが、原語でのことば遊びを堪能したい方は字幕版でも是非どうぞ。

大人には映画のパロディや、昔懐かしい洋楽のサービスもありますよ。
サントラ→<Despicable Me 2>
声優の参照はこちらで→<怪盗グルーのミニオン危機一発 - Wikipedia>

余談:タイトルをよく見てみると、「危機一髪」でなくて「危機一『発』」になっています。「007 ロシアより愛をこめて」のもうひとつの邦題「007 危機一発」にひっかけたタイトルなのだと思います。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓ 野暮な不満点もあります。














いろいろと不満点をあげてみます。

~ルーシーのキャラクターって?~

まず気になったのは、今回のヒロイン・ルーシーがあまり魅力的に思えなかったことでしょうか。
グルーは幼い頃に「グルー菌がうつるぞ!」と女の子に心無いことを言われていたがゆえに、デートや女性に苦手意識があったことが描写されています。
しかしルーシーの背景は全く描かれず、「初対面でグルーを拉致をする(笑)」「宙に浮いたお菓子をカンフー(?)で粉々にする」というちょっとアレな印象しかないのです。

容赦ねえルーシー<初対面で「リップスティック光線」を浴びせるルーシー

ミニオンの一人には見た瞬間にデートの内容を妄想され、アグネスには初対面で「独身なの?」と聞かれる彼女ではありますが、観ている側としてはどうにも魅力が薄いと言わざるを得ません。


~カツラ店の店主はどうなった?

お店に薬が置かれれていたために逮捕されたカツラ店の店長はどうなったのでしょうか?
おそらく薬はエル・マッチョが置いたものであり罠だったのでしょうが、この冤罪が晴れていないのはかなりモヤモヤします。

そういえば、序盤に「ショッピングモールの中で犯人は誰?」というミステリー要素を忍ばせているのに、とくに展開に生かせていないことも気になります。


~アントニオとマーゴの決着が・・・~

マーゴがベタ惚れだったキモい男の子・アントニオがさっさとマーゴから別の女の子に乗り換えた展開もがっかりしました。
これじゃあ「子離れできないグルーが全面的に正しい」ように思えてしまう展開になってしまいます。

アントニオが「将来はゲーマーで食べていくこと」と言い、マーゴが「すごい!いろいろ考えているのね!」と言ったことには笑いました。
ゲーマーで食べていけるのは梅原大吾さんくらいのもんだよ!

あとエル・マッチョの息子だという設定は何一つ生かせていないよなあ。
アントニオはイディスが「うえ~」と言っていたようにキモかったし、最後に氷漬けになるのは痛快だったんですけどね。だまされなくてよかったね、マーゴ!

そりゃそうなるわ<この氷漬けにさせる銃は1作目でも出てきました

さらにマーゴは序盤にメールをしていて、グルーに「誰にメールしているんだ?」と聞かれて「男でも女でもいいでしょう」と答えるシーンがあります。これも結局どうだったのか解決していないんだよなあ。

男の子でも女の子でもいいでしょう<本気で嫌がるマーゴ。どっちの気持ちもわかるなあ。

ちなみにメールをしていた相手の名前の「Avery」は男性名として使われることのほうが多いようです。


~博士がミニオンを拉致していたのに・・・~

ミニオンをさらっていたのはエル・マッチョと、少し前に「悪党の頃が懐かしい」と嘆いていたネファリオ博士でした。
グルーはエル・マッチョのパーティ会場にあった隠れ家を突き止め、そこにいたネファリオ博士は「お前もきっと気に入る」と、凶暴化させる薬を投与して紫色になったミニオンたちをグルーに見せます。
ここでグルーは「いつか(世界征服の計画に)参加するわ~」と軽く言って去るのです。

これには違和感を感じました。
グルーはミニオンたちの名前をすべて覚えており、愛着もあったはずなのに怒りも何も感情に出さず、ただ去るだけなのです。

さらに博士はこの後にグルー側へ戻り、自信が作った「まずいジャム弾」を利用してミニオンたちを元に戻すのを手伝うのですが・・・このときに言ったセリフが「世界征服のための兵器を作るのはいいが、家族に手は出させない!」でした。
いやいやいや、あんたはじめからミニオンたちの誘拐に加担していたじゃん!
ミニオンの一人が全然警戒をしていなかったのも、相手がネファリオ博士だったからでしょう。

笑顔でハローと出迎えている<「ハロー」と笑顔で迎えたあとに誘拐されている・・・

思い切り「家族」を誘拐していた博士は、まず謝るべきなんじゃないかな。
ここにも違和感を覚えました。


~大人向けのネタ?~

3人娘にお見合いサイトに登録をされたグルーは誰に似ている?と聞きます。
グルーはブルースウィリスと答えましたが、娘たちからはハンプティダンプティ、そしてつるべと言われました。
それは吹き替えの声優じゃん。おそらく原語だと日本人が知らない俳優の名前を言っていたんでしょうね。

さらにオーストラリアに配属が決まったルーシーは、「勉強をすることはあるわよ、コアラに、オージービーフに、ヒュー・ジャックマン?」と言いました。
ヒュージャックマンはオーストラリア出身の俳優ですものね。

あとお偉いさんの名前が「ram's bottom」で、それが「羊のお尻」を意味しているっていうのは日本の子どもにも大人にもピンとこないギャグだよなあ。

こういうのりでわらわせるんだもん<あまりに伝わりにくいギャグでした


~アクションシーン~

そんな不満ばかりをはいてしまいましたが、アクションシーンは実に楽しかったです。

ショッピングモールで潜入捜査したときに、にわとりに苦戦してしまうことや、その後に見つけたのは「秘伝のサルサソース」で、グルーとルーシーがのんきにそのサルサソースでタコスを食べている展開も大好きでした。

グルーがルーシーを助けに向かうときに乗ったバイクは「バットマン」シリーズに登場したバットポットそっくりでした。

バットポッドっぽいなあ   バットポッド

さらにエディスは紫色に変身したミニオンからマーゴとアグネスを守るために、ヌンチャクで武装したりもします。

守る次女!!<格好いい

さらに彼女はエル・マッチョのパーティ会場では「ジャムマシンガン」を楽しそうに撃ちまくるのでした。

嬉しそうにマシンガン発射<ちょっと怖い

ワイルドすぎて彼女の将来が心配になりますね。
そういえばグルーはパーティ会場に来たエディスに「人を殺したらあかん」というすさまじい忠告をしていました。
その後もエディスはニンジャ芸を披露してオブジェを壊して男の子を泣かせていたし・・・誰かとめたげて。

さらにグルーはアクロバティックな空中回転をしながら撃ちまくる!

ジャムガンを撃ちまくる!<「マトリックス」っぽい。

なかなか痛快でしたが、ラスボスのエル・マッチョはせっかく薬で変身したのに、ルーシーからもらったリップスティック光線と、「おなら銃(序盤に博士を見送る時にも使っていた)」だけで倒されるのでちょっと消化不良でした。
もっと戦ってくれても良かったんですけどね。

あと紫色のミニオンが群がってグルーたちを襲う姿は「ワールド・ウォーZ」のゾンビみたいで怖かったですね。
あんまり小さい子だと泣いちゃいそうだ。


~ラスト~

最後は、潜入捜査のときから嫌われていたにわとりにボタンを押されたせいで、グルーとルーシーはロケットに乗せられ火山へ送り込まれようとします。

この期に及んでグルーは「もしデートにさそったらOKしてくれたか?」とプロポーズ。彼女の返答は「もちろん!」でした。全然緊張感がねえな。いいけど。
グルーはルーシーの縄をほどき、なんとか海に落ちることができました。

さらに「147回のデート後」というテロップが入り、2人の結婚式になります。
いやー省略されちゃったけど、2人のデートが見たかったなあ・・・作中では「近所のおばちゃんに紹介されたブサイクな女性を気絶させた」ことくらいでしかデートしていないですもん。

可哀想じゃない??<唯一のデートシーン

この女性は尻に麻酔銃を撃たれるわ、扉に頭をひっかけられるわでいくらなんでも可哀想でした。

最後はアグネスが「ルーシーは髪をあんでくれたりする、世界で一番の私のママ!」と言ってくれました。
そしてミニオンたちのY.M.C.Aの合唱!楽しい幕切れでした。

もうひとつ素晴らしかったのが、グルーとルーシーがお互いの長い鼻を邪魔に思いながらなんとかキスをしたときに、エディスが「言ってもいい?うえ~」と言ったことでしょうか。
このエディスのリアクションはアントニオと見たときと一緒です。どこまでも正直なんですね。
恋愛に対して「うえ~」な彼女は、恋に落ちることがあるのでしょうか。ちょっとその未来を想像したくなります。


~アグネスの気持ち~

アグネスは序盤に自身の誕生日パーティで「妖精さん」の登場を待ちわびていて、それがグルーの変装だと知っても「本当はグルーさんなんでしょう?ひみつにしといてあげる」というとても気が利く女の子でした。まあ周りからもバレバレだと思いますがw

絶対バレバレだろう<バレバレだろう

そんな彼女も、「母の日のための劇の練習」ではお母さんがいないことを悲しく思い、そしてルーシーがお母さんになることを夢見ていました。
このときのアグネスは棒読みでしたが、最後の母(ルーシー)へのことばは心からのものでした。
グルーとルーシーが結婚したラストは、アグネスにとっても最高のハッピーエンドです。


~できること~

本作には「役割」というテーマもあるのかな、と思いました。

アグネスは中盤に、ルーシーがオーストラリアに去ってしまうと知ったグルーに「私にできることあるかな」と聞きます。
グルーは口をつぐみますが、さらにアグネスは「じゃあ、グルーさんにできることは?」とつづけます。

そしてグルーは最後にデートの約束をするためにルーシーに電話をしようとする・・・のですが、結局怖くて黒電話を燃やしてしまうのです。
なんともダメダメですが、世の男性にとっては共感してしまうシーンでしょう。意中の相手をデートに誘うのは、なんとも勇気がいることです。

デートの電話はできなかったグルーですが、結果的にルーシーを救い、そして結婚をすることもできました。

その足がかりとなったのはアグネスの「グルーさんにできることは?」という一言なのです。
そう言ったことこそが「アグネスのできること」なのだと思います。


おすすめ↓
【ネタばれ】「心奪わる。日本でこのレベル製作を切に望む」 ユーザーレビュー - Yahoo!映画
『怪盗グルーのミニオン危機一発』 すべてを引っくり返すラスト :映画のブログ

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2013-09-23 : 映画感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。