ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

スーパーイリュージョンビリヤード漫画「ハスラーボーイ」レビュー

映画「グランド・イリュージョン」はスピード感あふれる展開、奇想天外なマジックの数々が楽しい娯楽作品でした。

個人的にも大好きな映画なのですが、観た方の意見の中には否定的なものもありました。
その主たる原因の多くは「いくらなんでもトリックがあり得なすぎる」というものでした。

でも作品というものは、ある程度の「細けえことはいいんだよ!」というケレン味ごり押しする展開があってこそだと思うのです。

本日はあり得なすぎるイリュージョンが楽しめる漫画「ハスラーボーイ」をご紹介します。

ハスラーボーイ1

この漫画は100人に聞けば、100人が存在を知らないでしょう。
それもそのはず、1987年11月号の「月刊少年ジャンプ」に掲載された読み切り作品なのですから。

しかし内容はぶっ飛んでおり、当時の少年たちに深すぎる印象を残していたのでした。



本作のジャンルは、見てわかるとおりビリヤード漫画です。
主人公・球兵の父は向かうところ敵なしのハスラーで、1度のショットで9つの球を全部ポケットに落とすことができるそうです。マジかよ。

そこに現れたのは、道場破りの男・千石でした。

ハスラーボーイ2 (2)<うさんくさい

へービリヤード場にも道場破りって来るんですねー知らなかったなー(棒読み)

自分のお店を賭けるという、球兵の父にとってハイリスクノーリターンすぎる勝負なのですが、なんと彼は「引き下がれる相手でもないし、いいだろう」とあっさり引き受けてしまいます。ちょっとは考えろよ。

そして千石は、とあるスーパーショットを繰り出します。

ハスラーボーイ3<えっ・・・

!?

一度まとまったボールを突く→ちらした後に元のかたちに戻す→しかも1番と9番が入れ替わっている。

いやいやいや、こんな芸当ができるんならそもそも9個のボール全部落として勝てるだろ!つーか無理に決まってんだろ!

そんなわけで球兵の父は負けてしまい、ハスラーも辞め、肉体労働で体を壊して死んでしまうのでした。

ハスラーボーイ働く<かわいそう

ハスラー辞めなくてもいいだろ。


成長した球兵は、男の元に戻ってきます。
もちろんその目的は復讐です。
彼はあの究極のショットを攻略するため、特訓を重ねていたのでした。

ハスラーボーイ4<壁にぶつかってからジャンプ

壁に当てて跳ね返らせてジャンプさせるという方法で難なく克服します。直接ジャンプショットで狙ったほうがいいだろ。


しかし、千石は次なる手で球兵をも打ち負かしてしまいます。
それはポケット近くに1番の球を持ってこさせ、他の球で周りを囲み、1番に当てても手玉が一緒に落ちてしまうというわりと普通の技でした。そこであきらめんなよ。

失意の底に沈む球兵の前に現れたのは清掃係のおじいさんでした。
おじいさんもまた元・凄腕のハスラーで、その球の配置でも難なく攻略を成し遂げます


おじいさんに弟子入りした球兵が悩むのは、どうやって球に強烈なスピンをかけるのかということでした。
球兵は公園にいる子どもたちの姿を見て、解決方法を思いつきます。その方法というのが・・・

img020.jpg<Japanese Koma

球のかわりにコマを使う

えっと・・・(困惑中)
スピンをかけたい→コマのほうが安定悪い→コマを回せれば球もうまく回せるはずって理屈はわかりかねます。
読者を置いてけぼりにしながら、球兵は練習を続けるのでした。

ハスラー全然回んねえ<全然回んねえ(当たり前だ)

全てが間違っている気がします

まだここで驚いてはいけません。
球兵はうまく回すには「ツボ」を突かないといけないと気づき、さらにあるものを球で突こうとします。
そのあるものとは・・・いったい何でしょうか(スクロールする前に考えてみましょう)










ハスラーボーイ鐘*ビリヤード漫画です

答え:鐘

(゚Д゚)←このときの自分の顔


なに?なんなの?
スピンをさせるにはツボを突く必要がある→だから鐘を突いてツボを探すという超展開についていけません。

そんで球兵は鐘を突きまくります。
そのときのおじいさんのリアクションがこちら。

ハスラーボーイ10<考えたな

考えたなって何?
むしろ何も考えていないんじゃねえの?

さらに深夜から早朝までに響きわたる鐘の音!

ハスラーボーイ11<ゴォォン

近所迷惑すぎるだろ!

そのときのおじいさんのリアクションがこちら。

ハスラーボーイ12<いい音色だ

いい音色だって何?
おじいさんはうるさい鐘の音でどうかしてしまったのでしょうね。


そしていざ再戦。
球兵は鐘を突きまくったおかげで超スピンとジャンプを成功させ、いとも簡単に男の技を攻略します。自分が正しいと思ったことを信じるって素晴らしいですね(死んだ目で)。

しかし、千石はさらなる奥義を使います。

ハスラーボーイどこをつけば?<どうしようもない

これで手玉をジャンプさせても1番が狙えないんですって、あっはっは~(錯乱中)

球兵がこの攻略のために思い出したのは、あの「コマ」の回転でした。
では球兵が使った奥義とはなんでしょうか?(スクロールする前に考えてみましょう)










ハスラーボーイ竜巻<ギュオオオオオ

答え:竜巻を発生させる

ハスラーボーイラスト<ついでに全部の球が入りました

もう勝手にしてくれ


そんなわけで見事に勝利した球兵は無敵のハスラーを目指すのでした。うん、あんただったら間違いなく天下取れるよ


そんなわけで数あるビリヤード漫画でもトップクラスのイリュージョンっぷりを見せる「ハスラーボーイ」を紹介してみましたが、いかがだったでしょうか。
これで「グランド・イリュージョン」のトリックなど「余裕でできそうじゃん」と思えることでしょう。そんなわけで是非劇場へ(洗脳)


本作が収録された短編集(amazon)↓
呪いに挑んだ男達―ジョージ・カーナボン卿物語 (ジャンプスーパーコミックス)

レビュー参考↓
玉なら入らん!1

同じくぶっ飛んでいるビリヤード漫画のレビュー↓
脅威のビリヤード漫画 ブレイクショット:a Black Leaf (BLACK徒然草)

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

2013-10-30 : いろいろコラム : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
> 100人に聞けば100人が知らない

101人目の知っている私が通りますよ。(笑)
2013-11-01 23:26 : シオンソルト URL : 編集
No title
ヒナタカさんの紹介だけでもう爆笑です!!
出来る事なら本作のネームを作って居る時の落合先生と編集者さんのやり取りを見てみたいです。

どうしたらこんな怪作が生まれるのやら・・・
2013-11-02 20:56 : 毒親育ち URL : 編集
No title
すごい作品ですね!
紹介だけでもうおなかいっぱいですw

これからも眠れる怪作紹介シリーズを楽しみにしてます。
2013-11-03 20:59 : ばるす URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。