ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

みんなどこかで生きている 映画「東京難民」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は東京難民です。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:闇金ウシジマ君4連発


あらすじ


大学生の時枝修(中村蒼)は、突如学校から除籍を言い渡される。実家の父親が何の連絡もなしに蒸発し、授業料が未払いとなっていたのだ。
家賃も払えずアパートを追い出された彼は、ネットカフェで宿泊しながら日払いのアルバイトで過ごす。
それは、転落人生のはじまりにしかすぎなかった。




福澤徹三による同名小説の映画化作品です。

powered by yasuikamo

テーマとなっているのは、格差社会の実態です。
ネットカフェ難民はもちろん、貧困ビジネスホームレスなど、次々の社会の「底辺」の部分に触れていくのです。
聞いているだけでどんよりと暗い気持ちになってしまうことばばかりですが、とにかく立て続けにこの描写が続くことこそが、映画の魅力になっています。

主人公は粗野で愚鈍なところもありますが、普通の大学生です。
彼はちょっとしたきっかけで、運が悪さもありずるずると転落していきます。
下手なホラー映画よりも、恐怖を感じられるでしょう。

この映画は若い方にこそ観てほしい作品であると思います。
R15+は高校生をターゲットにしているためでもあるそうですし、社会の「落とし穴」を知るきっかけになるのですから。
一度「落とし穴」に入ると、簡単には出て来れないことを充分に教えてくれます。
自分の人生に危機感を持ち、社会問題を考えるきっかけになる本作は、きっと糧になるはずです。

また、主演の中村蒼の熱演、大塚千弘の脱ぎっぷりはファンなら必見と言えるでしょう。
井上順が意外な役として登場しており、こちらはファンであればあるほど驚けるはずです。


ただ、本作には「自分もこうなってしまうかも」というリアリティをあまり感じませんでした。

その理由のひとつが、いくらなんでも早く転落し過ぎであることです。
主人公が変えた職業は6つ、エピソードを分割しようとすれば4つ、それを半年間で経験するという内容です。
闇金ウシジマくんのエピソード4つを半年間で一人でこなす主人公、と言えばわかりやすいでしょうか。

主人公が必要以上に「甘い」性格であることも気になります。
こうは普通はしないであろう行動もするし、考えが極端なところもありました。
なぜ生活保護を受けないのか?という点に一応のソリューションを用意していたのはよかったのですが、主人公の気持ちに共感できないところは少なくなかったです。

おかげで、「さすがにここまでにはならないだろ〜」と思ってしまいます。
これでは映画を観る若者は絵空事のように感じて、「自分は大丈夫だな」と安心してしまうのではないでしょうか。

映画の構成上仕方の無いところもありますが、もっとゾッとさせてほしかったというのが正直なところです。
それぞれのエピソードはリサーチが充分になされた「本当に存在する世界」であり、恐ろしいものなのですけどね。

また、エピソードの細かい部分に違和感を覚えることが多くありました。
自分が一番とまどったのはクライマックスで、感動するはずの場面ですさまじい居心地の悪さを感じました。
もっとほかの描き方があったはずだと思わずにはいられません。


作り手の「貧しい人が救われてほしい」という願いが込められた映画です。
転がり落ちすぎにもほどがある人生の描写も、そうなってしまう可能性がある社会を知ってほしいという結果です。

強者がもっと強く、弱者がもっと弱くなることは社会の常なのでしょう。
それを少しでも無くすために社会保障や各種対策がなされているのですが、まだまだ充分ではありません。

社会だけでなく、その人自身の「選択」と「努力」も重要です。
それが間違っていなければ、貧困への道から脱却することも不可能ではないのではないでしょうか。

そして、人は優しさを持っています。
弱肉強食な面を持っていても、どこか困った人を放っておけない心を持った方が多いはずです。
もう少しだけでもそれが行動に現れ、弱い方に手を差し伸べることができれば、救われる人も多いのではないでしょうか。

この映画を観て、多くの方がそうした意識を持つことを願ってやみません。
身近な日本社会にある貧困について考えたい方におすすめします。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓












〜ネットカフェ難民〜

映画は、ホストの男たちが主人公・修を川の近くに放り投げ、ホストのリーダーが「そいつはもう終わっている」と言い捨てるシーンからはじまりました。
どうして彼が終わってしまったのかを、映画は描いていきます。

修は突如大学から除籍を言い渡されます。
九州の実家に戻るとそこには誰もおらず、母の遺影は置き去りにされたままでした。
修が家を出たのは、父がフィリピンパブの女とつき合っていたためでもありました。

東京に戻った修は、部屋に入ることができませんでした。
先日来ていた管理会社の男が部屋の物品を差し押さえ、鍵まで変えてしまったのです。
敷金・礼金不要の物件であり、仮の利用権であったため、家賃を滞納した以上借りている側の権利などないと言うのです。内容証明郵便には記載があったとのことですが、あまりに理不尽すぎる要求です。

彼にとって悲劇的なのは、貯金も住む場所も無いために、即日払いでもらえるアルバイトをしなければならないことでした。
チラシ配りのバイトをするも、マンションの管理人から怒られます。
それでいてタバコをプカプカと吸って、パチンコで一攫千金を夢見るも散財するだけでした。
携帯の電源が切れたため、カップラーメンを食べながら駅のコンセントで充電しますが、警官に注意されます。
何より、ネットカフェで寝泊まりする「ネットカフェ難民」になってしまっています。

ティッシュ配りのバイトでは「税金で引かれたから」という理由でピンハネされました。
爆弾を作っている怪しい先輩は「胸の当たりに出せ」「相手をヤギだと思え」「ひとつ取れば集団心理であとも取ってくれると」とかなり役立つアドバイスをしてくれました。
先輩がファーストフード店を見回して「ネカフェに泊まれるだけマシかもな。ここでは何百円かの金で朝までいるやつまでいるんだから」と、「下には下がいる」ようなもの言いをしていたのが恐ろしかったです。

ひどい生活ばかりをしていた修でしたが、治験のバイトは天国でした。
寝て検査をされているだけで日給2万円って、マジでやってみたいですね。
ここで修はネットカフェ難民のドキュメンタリー番組を観ますが、そのインタビューにはなんと修自身も出てきました。
修の顔がモザイクで隠れていないところから察するに、これは彼の「不安」が見せた妄想なのでしょう。

治験のバイトから戻ってきた修は、警察に職務質問され、UFOキャッチャーで得た景品にナイフが入ってたことを知ります。
銃刀法違反と見なされた修は拘留され、理不尽な質問攻めに合います。
おそらく、修が後にホームレスに落ちても役所や警察に行かなかったのは、(自分の名前を捨てたこと以外にも)このときの警察の不信感があったからでしょう。


〜ホスト〜

修は、ルイというホスト好きの女に騙され、ホスト代の20数万円を肩代わりされます。
修に与えられたのは、ホストとして働くという選択肢のみでした。

小次郎という先輩は、ホストについてこう言っていました。
「あのシャンパンコール1回で売り上げは100万円だよ。まあそれは僕たちの売り上げになるわけじゃないけど。この世界も客がとれなきゃ給料なんてほとんどないんだから。それに酒で身体を壊して辞めちゃう人ばかりなんだ。どこだって、ホストだって格差社会なんだよ」とー
きらびやかに見えたホストの世界でしたが、寮では数人のホストが狭い部屋で共同生活をしていましたし、働く全ての人がお金を稼げる訳ではないようです。

修にも、看護師の茜という常連客がつくようになります。
修は茜とデートもしますが、その表情はどこか沈んでいました。それは、先輩のジュンヤが女に金を借りてくれと頼んでいたからです。その金がないと、ジュンヤはバックのヤクザの男に売り飛ばされてしまうのです。
茜は修とセックスし、金を工面してくれました。

しかし、小次郎がその金を盗んでどこかへ逃げ出してしまいます。
このタイミングで、ジュンヤが借金を背負った原因であるルイが見つかります。
ホストのリーダーのアツシは、彼女を「風呂に沈める(ソープで働かせる)」ことでチャラにしてやると、交換条件を出しました。

修は「お金のためだからって、投げ出したらいけないものもあるんじゃないですか」と、ジュンヤに諭します。
ジュンヤは迷った末、ルイを実家に送り、自身(と修)は昔の先輩のツテを頼って逃げようと提案します。

3人は、ゆっくりと走り出しました。本当に嬉しそうにー
しかし、その先にある道は険しいものでした。


〜土工〜

修とジュンヤが働きはじめたのは、東北の建設会社でした。
周りには田んぼしかなく、部屋は狭く、食事もおいしくないものでした。
ジュンヤの先輩は、仲介手数料の3万×2をもらってどこかへ逃げてしまったようです。

仕事の先輩の小早川はこう言います。
「俺たちがやっているのは、土工っていう誰でもできる仕事だ。それ以上のものは技術がいる。(威張りちらしていた現場の人間のことを指して)会社っていう居場所を持っているやつが、一番いいってことだな」

後に小早川は「ここでは給料から家賃と飯代が天引きされている。上のやつはそこでも稼いでるんだ」とも教えます。
修が「でも住む場所があって、それで働けるのなら嬉しいですよね」と言うと、小早川はこう返します。
それが貧困ビジネスがなくならない原因だよ。仕組みっていうのは偉いやつがつくっているものなんだからな」
弱者を食い物にする仕組みをつくって、何が「偉い」のか、わかりません。

同僚には生活保護をピンハネされる詐欺に合った男もいました。
彼は「一番辛いのは、することが何にもないことだった」と振り返ります。
修は「生きるために必要なものってなんなんすかね」とつぶやきました。

修はこっそりと、メールをずっと送っていた茜に会いに行きます。
茜は「100万円返してよ!キャッシュで借りたから返さなきゃいけないお金なの!もう日雇いのあんたになて興味ないわよ!」と罵声を浴びせました。
彼女はホスト通いをやめたことで、現実を見据えたのでしょう。今までの態度がウソのようなことばでしたが、それも致し方ないのかもしれません。

ジュンヤはルイとともに農業を営むことを決め、意気揚々と身支度をしていましたが・・・そこにアツシがやってきてしまいます。
それは、修が茜に仕事のことを話してしまったためでもありました。

見つかった小次郎を保険金目当てで殺せと、ジュンヤは命じられます。
ジュンヤは小次郎を殺すことができず、中国送りとなりましたが、修は許されました。
修は「僕も中国に・・・」と言いかけますが、アツシに「あいつの覚悟も知らねえで言ってんじゃねえ!」と殴られます。

物語は冒頭のシーンにつながり、修はホームレスへとなりました。


〜ホームレス〜

ホームレスになった修は、自分が何も覚えてないとホームレス仲間にウソをついていました。
自分はもう終わっているから、名前も捨てて、ただそこに「虫」のような存在として生きようとしていたのです。

ホームレスの鈴木は、修に「茂」という名前をつけてあげました。
修が自身が全てを覚えていると告白したとき、鈴木は修に財布を渡しました。鈴木は修の名前を知っていたのです。

鈴木は、「もう僕は終わっているんです」と言う修に、こう諭します。
「死んでもいないのに、終わるやつなんていないよ」

茂とは、東北大震災で命を落としていた鈴木の息子の名前でした。
死んだものはもう戻ってきませんが、生きている修にはまだ希望が残されています。

修は、ホームレスの仕事中、偶然茜が風俗店で働いていることを知ります。
彼は店に行き、茜に「みんなのおかげで生きていることを伝えたかったんです。みんな必死で生きようとしているのに、逃げていただけだったんです。お金は必ず返しに来ます。生きていていいですか」と言いました。
彼らはセックスをせず、ただ抱き合いました。

修の今は、良いことも悪いことも含めて、ティッシュ配りの先輩、ルイ、小次郎、ジュンヤ、アツシ、茜、小早川、鈴木がいたからこそあるものなのです。


〜野暮なツッコミどころ〜

序盤でベランダにあったジーンズが1万5000円で売れて、修は不満そうにしていましたが、どう考えても高すぎだろう・・・そりゃ元値が12万円するジーンズも存在するでしょうが、一介の大学生が買う値段じゃないです。

そもそも修は東京に固執せず、九州の実家に帰って働いたほうがいいと思いました。鍵は変えればいいでしょうしね。
原作には、実家がヤクザに取り囲まれていた描写があったようです。

あと修はいくらなんでも大学の友達を頼らなすぎな気も・・・まああまり人望のないやつだったのでしょうが。
そういえば、修が鈴木に今までの登場人物をあげていったとき「みんなはじめて出来た大切な友達でした」と言っていましたね。でもアツシは友達じゃないと思うよ。

まあ何より、クライマックスの「あのころの私へのシャンパンコール」がちょっと・・・
これを要求すること自体はいいのですが、泣きながら「アイアイッ」って言っている修に失笑するしかありませんでした。
せめてガチ泣きするのではなく、「ばかばかしいと思いながらの泣き笑い」であってほしかったです。


〜100円〜

映画の序盤、修はジュースを買おうとしたときに100円を落とし、それを必死になって取ろうとしていました。
映画の最後、修はジュース缶の底にあった100円を、鈴木から「選別」として渡されました。

同じ100円ですが、修に取ってその「重み」は全く違うものだったでしょう。
100円の損があっても、どこかでその100円(あるいはそれ以上)の得が巡ってくることも、人生ではよくあることなのかもしれません。

彼はこれから(もう恨みを持っていない)父親を探しに出かけます。
その行き着く場所がどこかはわかりませんが、その背中は少しだけ力強く思えました。


おすすめ↓
[東京難民]佐々部清監督×中村蒼さん「普通だと思っていた毎日がすてきに見えた」 | マイナビニュース
映画「東京難民」を監督した佐々部清 : : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2014-03-01 : 映画感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。