ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

きっと変わるから 映画「それでも夜は明ける」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はそれでも夜は明ける(原題:12 Years a Slave)です。


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:みんな、我が身が可愛いのかな


あらすじ


1841年のニューヨーク。
家族と一緒に幸せに暮らしていた音楽家のソロモン(キウェテル・イジョフォー)は、突如誘拐され奴隷となってしまう。
自由黒人であることを必死で訴えるソロモンであったが、その声は聞き入れてもらえない。彼は本当の名前を呼ばれることもなくなり、非人道的な扱いをされ続けるが、それでも生きることを諦めなかった。




SHAME -シェイム-」のスティーヴ・マックイーン監督の最新作です。
本作は実話をもととした映画であり、1968年に発表された伝記を原作としています。

Solomon Northup
1842円
powered by yasuikamo

物語のはじまりである1841年は南北戦争が勃発する8年前であり、奴隷制度が廃止されていない時代です。
主人公・ソロモンはニューヨーク(北部)で自由黒人としての暮らしを送っていたのですが、突如誘拐され、黒人への差別が激しいジョージア州(南部)へと送られてしまいます。
当時、黒人を誘拐して売り飛ばすという犯罪は多発しており、ソロモンもその犯罪に巻き込まれたにすぎなかったのです。

そのために失った時間は、原題にあるように12年という途方も無い月日です。
彼はどれほどの苦汁をなめ、耐え、そして家族に再び会うことを願ったでしょうか。

この映画の素晴らしさは、巧みな演出や役者の演技により、主人公の気持ちに寄り添えることにあります。
主人公や周りの黒人たちの「苦しみ」「狂気」をこれでもかと描き、あるときは画面に映らないようにして観客に想像をさせ、あるときは目を背けたくなるほどの光景を映し出します。

表情のみで心情を語るキウェテル・イジョフォー、情を持っている白人を演じたベネディクト・カンバーバッチ、観ているだけでぶん殴りたくなるイヤな役のマイケル・ファスベンダーは文句のつけようのない名演を披露してくれました。
女性奴隷を演じたルピタ・ニョンゴは新人であるとのことですが、名優を前に負けてはいません。「生きるか死ぬか」を感じさせるほどの表情を見せてくれました。


この作品で描かれている「人間への迫害」は、決して人ごとではないと思います。
大多数に迎合するために弱者を救えない社会。
能力よりも学歴や肩書きが重視される社会。
若者を食い物にして、経営者のみが肥え太る社会。
そうした、現代にも通ずるものがあるのではないでしょうか。

この映画では「(社会が)おかしいと思っても、それを行動にできない」人が出てきます。
その原因のほとんどは「我が身可愛さ」です。
可哀想だとは思う、助けてあげたいとも思う、でもやっぱり自分が一番大切なのです。

人は善と悪で完全に二分することはできません。
悪行を行わざるを得ない人、矛盾した行動を取る人もいます。
この映画は、そうした人間の本質をも描ききっていました。

この作品がアカデミー賞作品賞を受賞したのは、映画としての完成度はもちろん、そうした現代にも通ずるテーマ性があり、複雑な人間の心理を描いたためでもあるのでしょう。


最近では「42 世界を変えた男」「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」など、黒人を主人公とした完成度の高いドラマが数多く世に出ています。
これらの映画は、その昔に黒人として迫害をされた方のみを対象としているわけではありません。

苦しい状況の中で強くなり、勝利のために努力する姿は多くの方の共感を産みます。
迫害の歴史を知らない方にも、このような歴史を二度と繰り返してはならない、と強く思うことができるでしょう。

苦しい歴史を経て今があるなら、この先もよりよい未来を築かなければなりません。
これらの映画には、それをひとりひとりが思うことができるほどの力があります。
映画は娯楽ですが、人を動かすこともできるはずです。


コメディ要素はほぼ皆無で、観ていてとても気が滅入る映画です。
ショーシャンクの空に」のような爽快感もありませんし、物語の面白さを期待すると裏切られるかもしれません。
PG12指定ではやや甘いと思われる残酷な描写もありますので、決して万人向けではないでしょう。

しかし、本作は人間の心理を描いた作品としても、主人公の辛い気持ちに同調できる作品としても最高峰です。
心に残る作品に触れたい方、今辛い思いをしている方に、この映画をおすすめします。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓











〜男女の関係〜

映画のはじめ、過酷な暮らしをしているソロモンの横で寝ていた女性が、性的な意味で彼を誘惑します。
ソロモンはその要求に答えず、女性は泣きそうな表情を見せながらそれをやめました。
その画に、かつてのソロモンと妻がベッドで話している姿が重なります。

男女の営み<愛のある光景

奴隷に落ちると、男女は性欲のみで繋がっている。
自由なときには、その繋がりには愛がある。
そのような対比に思えました。


〜人は弱い〜

ソロモンを誘った白人のふたりは、彼を酔い潰させて奴隷として売りました。
奴隷業者は、奴隷じゃないと言い張るソロモンを何度もムチで打ちました。
少しだけ新しいシャツをくれた男は、「お礼はどうした」と凄みをきかせました。

新しい奴隷のオーナーのフォードは幾分か奴隷への情がある男・・・のように見えました。
奴隷の母親がお願いだから子どもと一緒にいさせてほしい頼んだとき、彼は仲介業者に「哀れに思わないのか?」と提言しています。
しかし、「情ばかり気にしていたら儲かりません」と仲介業者に言われると、彼はあっさり母親とソロモンのみを買い、子どもを見捨ててしまいます。

フォードはソロモンを気にかけており、誰一人触れようともしない首つりの縄をほどいてあげました。
しかし、フォードは自身に借金があり、そのカタとしてソロモンを非常な地主のところに売ると言うのです。

彼らは、結局自分のことばかりを考えていました。
恐ろしいのは、それが迫害をする白人に限った話ではないということです。


〜首つりの横で〜

本作で何より戦慄したのは、ソロモンが「地面ギリギリの首つり」をされたときの画です。

近くにいる黒人奴隷の女性たちは、それを見ぬフリをするかのように歩いているのです。
ソロモンに水を飲ませてあげる女性もいましたが、見張られていると知るとすぐに立ち去ってしまいます。
果ては、目の前で人が死ぬかもしれない状況において、後ろにいた子どもたちが楽しそうに遊んでいました

彼らにとって、これが「当たり前」なのでしょう。
狂気に満ちた光景でも、いつも見かけるものになれば、それはごく日常的なものとして映るのかもしれません。


〜抑圧されるソロモン〜

ソロモンは舟の上で、黒人奴隷たちに「さっきまで家族と一緒にいた。そんなに絶望的か?俺は耐える気はないぞ。生きるだけだ」と強い意思を示していました。
その意思は、長い奴隷生活を続けるうちに変わっていったに違いありません。

子どもと別れてさめざめと泣く母親の奴隷は「あなたは従順、貴重な家畜よ」とソロモンに言い、彼は「俺は生きるためにやっている。演じているだけだ!」と返答していました。

読み書きができるということを、他の黒人奴隷に言われた通りにひた隠しにしていました。

理不尽な指示をする使用人を拳で制圧してしまったため、何時間も首を吊られた経験もしました。

奥さんからの買い物を頼まれたとき、黒人ふたりが首つりで処刑されているのも目にしました。

そして・・・彼は冷酷な支配人エップスに命じられるがまま、女性奴隷のパッツィーを何度もムチで打つのです。
はじめは手加減をして、しかしそれを責められると全力で・・・
彼は続いてムチを打つエップスに「人でなしめ!永遠の罪によって、汝の罪はさばかれるだろう!」と言うことしかできませんでした。

本当に恐ろしく、また悲しかったです。
首つりをされていたソロモンの後ろを歩いていた奴隷たちは、我が身可愛さに彼を助けませんでした。
ソロモンはそれよりもひどく、見捨てるばかりか自ら他人を傷つけるような人間になってしまったのです。
何年も抑圧をされ続けると、人は変わってしまうのかもしれません。


〜エップス〜

非常なエップスでしたが、綿花を大量に刈り取るパッツィーには目をかけていました。
妻が「この女を追い出して」と花瓶を投げて怒ったときにも、エップスは「あの女を売るくらいならお前を捨てる」とまで言っています。

パッツィーはエップスの「夜の慰みもの」にされていました。
しかし、エップスはその行為には全く満足をしていないようでした。

彼は勝手にパッツィーが逃げたと思い込み、石けんをもらっただけの彼女をムチで打ちました。そしてこう言うのです。

気の脹れる遊びは無い<全力でぶん殴りたい

「俺は所有物で遊んでいるだけだ。これ以上気の晴れる遊びは無い」と。

人間と思えないほどの非常さを見せるエップスでしたが、彼もまた可哀想な人間ではないのでしょうか。

彼は黒人たちの寝床にわざわざやってきて「お前らパーティーだ!」と無理矢理歌って踊らせたりして、自身はちっとも楽しくなさそうでした。妻との関係も冷めきっているように見えます。
それでいて、「奴隷を虐げることこそが楽しい」と言うのですから。ほかに気の晴れることなどないのでしょう。

本当は、彼も愛を求めていたのではないでしょうか。自由だったときのソロモンとその妻のような・・・
パッツィーとの性欲のみでのつながりに満足していなかったのも、それが理由だったのかもしれません。


〜Roll Jordan Roll〜

ソロモンと黒人奴隷たちが、死んだ仲間のために「Roll Jordan Roll」を歌ったシーンも印象的でした。
舟の上で奴隷が刺された死んだときには、別の黒人が「俺たちより幸せだよ」と言うだけでしたが、ここでは弔いをするのです。



今までは「自分が一番大事」に思えた奴隷たちでしたが、ここでは仲間とのつながりを感じました。


〜話す勇気〜

ソロモンは、アームスバイという白人の男に「手紙を投函してほしい、絶対口外はしないでくれ」と金貨を手渡しつつ頼みます。
しかし、アームスバイはあっさりとエップスに告げ口をしました。
ソロモンはアームスバイを天性の嘘つきと呼ぶことで難を逃れましたが、タールのインクと茎のペンで書いた手紙は燃やすしかありませんでした。

ソロモンのもとへ、流れ者の白人・バス(ブラット・ピット)がやってきます。
バスは奴隷制度に疑問を持つ男で、エップスにこう諌言をしました。

「僕を気遣う割には、ここの労働環境がひどいのがおかしくてね。
奴隷制度には一遍の正当性も正義も無い。確かに奴隷を認める法律もあるが、悪法もある。
普遍的な真理は変わらない。ひとりの権利は、全体の権利だ。白も黒もない。
これは国全体がかかっている病気だ。すぐに審判がくだるさ」


それを聞いたソロモンは、少しだけ微笑んでいました。

ソロモンはバスに奴隷になった理由を聞かれ、「正義が行われなかったから」と答えます。
明らかに話すのことを躊躇していたソロモンは、ついに「話すのが怖い」と口にします。これも長年ソロモンがただの奴隷を「演じ」、自分を抑圧してきた代償でしょう。

ソロモンは自身の物語を話し、「故郷の友人に状況を伝えることが実現すれば、妻との子どもに会える。何ものにも代え難い喜びだ」と自分の切なる願いも言うことができました。
ここでバスは「自由こそ一番だ。君の自由は皆も喜びそうだ」と前向きな返事をしますが、最後に「難しいかもしれない。俺は自分が可愛い」と付け加えます。

バスは観客の気持ちを代弁するような存在です。
映画を観た人は、何としてでもソロモンに助かってほしいと願うはずです。
しかし、ソロモンや周りの黒人たちと同じ状況に陥ったらどうでしょうか。
結局、「我が身が一番大事」になってしまうのかも・・・と思うと、切なくなりました。

それでも、物語には希望が残されていました。


〜抱擁〜

ソロモンの友人であるパーカーは、はるばる南部までやってきて彼の身元を証明してくれました。
ソロモンはパーカーと抱き合い、パッツィーとも熱い抱擁を交わしました。

別れの抱擁<別れの抱擁

映画の序盤、ソロモンは近くにいた奴隷が主人に連れられて行くのを見ていました。
ここでソロモンは、その「連れて行かれる(自由になる)側」の人間になるのです。

ソロモンは奴隷が主人に連れて行かれるとき不満そうな声をあげていましたが、パッツィーはお礼を言うかのようにただソロモンを抱きしめました。

彼女はソロモンのように人を傷つけたりすることも、逃げたりすることもしていません。
ソロモンに頼んだことも「自身を殺してほしい」ということでした。
パッツィーは他人を羨むことをしない、誠実な人間だったのでしょう。


〜再会〜

ソロモンは妻と、成長して子どももいる娘、息子とも再会します。

「許してくれ、今更戻ってきて、でも苦しかったんだ。
何年もずっと会いたかった、マーガレット、アロンゾ・・・」

ソロモンは中盤、手にした茎のペンで、空き缶の横に家族の名前を書いていました。
その名前は、彼の生きる希望であったに違いありません。

何度も謝るソロモンに、妻は「あなたが謝ることは何もないわ」と言い、抱き寄せてくれました。

再会、すまなかった<あなたは悪くない

物語を知った観客は、同じことばをソロモンにかけたくなるでしょう。
娘の夫に「これから知り合おう」とソロモンが言ったことで、これからの彼らの生活が少しだけ想像できました。


〜その後・・・〜

最後のテロップで示されたのは、ソロモンを誘拐したふたりが刑を逃れたこと、本を出版したこと、講演活動をしたこと、奴隷を逃がすための地下道→秘密結社の地下鉄道であるとご指摘を受けましたを作ったこと、その死が謎に包まれていることでした。
「証言者が白人の場合、黒人の告訴は取り下げられる」とは、理不尽すぎて怒りしか湧いてきません。

このときには、問題は何も解決していません。
これから世界は、バスが言ったように「ひとりの権利は、全体の権利」へと変わっていくのでしょう。


おすすめ↓
「たとえ夜が明けても、生きていかなくちゃ…」 ユーザーレビュー - Yahoo!映画
キネマ・アイランド | 踏みにじられた12年間。『それでも夜は明ける』感想。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2014-03-07 : 映画感想 : コメント : 4 : トラックバック : 1
Pagetop
また冒険へ 「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー «  ホーム  » All Aboutにて「最低映画を決める"ラジー賞"受賞作のここがヤバい!」の記事をあげました
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『それでも夜は明ける(12 Years a Slave)』 歴史の暗部をえぐり出す
3月11日鑑賞 ネタバレ含みます  スティーヴ・マックイーン監督の最新作。俳優のスティーヴ・マックイーンの方じゃないです。 監督の作品では『SHAME -シェイム-』が有名でしょうか。と言ってもこの監督、まだ長編映画は『それでも夜は明ける』を含めて3本しか制作していません。にも関わらす、『SHAME -シェイム-』で高い評価を受け一躍有名になり見事今回の作品でアカデミー賞の...
2014-03-12 23:08 : でいりーらいふ
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
こんばんは。僕も先日観てきました。
重く苦しい映画でしたが、監督や製作者は映画を通して「奴隷制度」というものをどうにかして伝えたかったという強い意志が伝わりました。
この作品がアカデミー賞の作品賞を受賞したのも何だか納得しちゃいますね。
2014-03-12 23:14 : マーク URL : 編集
No title
アカデミー賞受賞作のなのにシネコンが軒並みスルーするのがなぜか解りました・・・。
でも観る価値はありましたよ!

>みんな、我が身が可愛いのかな
人助けもまず自分の安全が確保されていての事ですしね・・・。「プリズナーズ」で気になって調べてみると日本では犯罪行為を目撃しても通報の義務は無いそうです。
それどころか「緊急非難法」という法律で非常時に自分を優先して人を見捨てたり、押しのけて自分が助かろうとする行為は認められているのだそうです・・・。

>黒人を誘拐して売り飛ばすという犯罪は多発しており、
「闇金ウシジマくん」のような今までの自堕落な人生のツケによる自業自得な人達でなく、生まれついての身分でもなく、全く落ち度の無い善良な市民がある日突然・・・恐過ぎます。小中学生くらいの少年少女まで家畜のように売り買いされるとか、どこのエロ漫画だよ・・・、恐ろしいけど、これって歴史的事実なのよね・・・でした。

>目の前で人が死ぬかもしれない状況において、後ろにいた子どもたちが楽しそうに遊んでいました。
何も出来ないは仕方ないにしても、これは酷過ぎです。隣のお婆さん達など「うそでしょ・・・」と呟いてました。
>ソロモンに水を飲ませてあげる女性
そんな「異常な当たり前」のなかで「今はこれが精一杯」に少し救われました。

>見捨てるばかりか自ら他人を傷つけるような人間になってしまった
CGか特殊メイクなのでしょうけど、まだ少女と呼べそうなパッツィー(演じたルピタ・モンディ・ニョンゴは31歳だそうですが)の皮膚が弾け飛ぶシーンなど、よく公開できたと思います・・・。

>〜エップス〜
>本当は、彼も愛を求めていたのではないでしょうか。
「ジャンゴ」でも感じましたが、性欲を覚えてしまった時点で相手を同じ「人」として認めてしまっているとしか思えません。気持ち悪い話で申し訳ありませんが、馬と性交した経験のある男性が「彼女を獣だと思っていない恋人だ」と言っていたのも思い出します。

>流れ者の白人・バス(ブラット・ピット)
>バスは奴隷制度に疑問を持つ男で、エップスにこう諌言をしました。
これには、本当に溜飲が下がりました(イケメンのブラット・ピットがやるもんだから白馬の王子様感もハンパない!)
でも、エップスの農園では彼こそ「悪徳」なのですよね。そしてそんな彼もソロモンに縋られて実際に「正義」を行う時になると恐れ躊躇してしまう所も単純な英雄描写でなくて良かったです。

>パッツィーは他人を羨むことをしない、誠実な人間だったのでしょう。
本作は「人間侮辱罪」だらけですが、自分が色んな立場でこんな事態に立ち会った時、彼女やソロモンやバスのように生きられるのか、考え続けたいです。

>〜その後・・・〜
それでも「奴隷」に比べれば全然マシな方なんですよね・・・。

再びこれが「あたりまえ」にならない世の中を守りたいです。
2014-05-12 20:10 : 毒親育ち URL : 編集
地下道ではなく組織です。
勘違いをされているところがあるので、それに関してのみコメントさせて下さい。
映画に出てくる「Underground Railroad」は地下道ではなく、組織名です。南部の奴隷を北部に逃がす為、多くの人たちが組織に参加し、逃げる人たちの手助けをしていたそうです。
Wikiで地下鉄道(秘密結社)で検索してみて下さい。
2014-08-06 06:14 : ユキ URL : 編集
Re: 地下道ではなく組織です。
> 勘違いをされているところがあるので、それに関してのみコメントさせて下さい。
> 映画に出てくる「Underground Railroad」は地下道ではなく、組織名です。南部の奴隷を北部に逃がす為、多くの人たちが組織に参加し、逃げる人たちの手助けをしていたそうです。
> Wikiで地下鉄道(秘密結社)で検索してみて下さい。

ありがとうございます。
無知なもので……お恥ずかしい。訂正させてください。
2014-08-07 01:00 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。