ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

それでもできること 実写映画版「銀の匙 Silver Spoon」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は「銀の匙 Silver Spoonです。


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:若者にこそ観てほしい泥臭い青春映画!


あらすじ


八軒勇吾(中島健人)は、実家から離れたい一心で北海道の大蝦夷農業高校へ入学した。
同級生の御影アキ(広瀬アリス)に誘われるがまま馬術部に入り、酪農実習に翻弄される毎日。八軒は夢を持つことができていなかったが、その生活を経て何かが変わろうとしていた。




同名の大ヒットコミックを原作とした実写映画です。

powered by yasuikamo

原作は累計1300万部を誇り、アニメ化もされた大人気作品です。

ここまで多くの支持を集めた理由の一つは、「現実」を見据えた子どもにこそ知ってほしいメッセージがあったことだと思います。

主人公が入学するのは農業高校です。
農業高校を卒業して酪農家として働く人々は、長時間の肉体労働を強いられ、借金を背負いながらも一生懸命生きています。
そんな中、主人公は「何の夢も持たないけど、とりあえず家を出たい(全寮制だから)」という理由で学校に来るのです。
農業を営む方でなくても、「酪農をなめるな」と思うのは当然でしょう。

しかし、これこそが作品のミソです。
「夢を持たない」主人公は、学校生活を送る中で「夢があっても叶わない」ことがあることを知っていきます。
いくら理想論をかかげても、現実の世界ではどうにもならないことがある。主人公はそのことを知り、それでも何か出来ることはないかともがくのです。
それは農業に限らず、この社会を生きていく上で考えておくべきことでしょう。

映画版でもその精神は変わっていません。
主人公は現実という壁にぶち当たり、何とか自分の納得する答えを探そうとします。
「何になりたいのかわからない」「将来が不安」と思っている若者こそ、この作品のメッセージはより響くはずです。


吉田恵輔が本作の監督で、本当によかったです。
監督は「ばしゃ馬さんとビッグマウス」「麦子さんと」などの作品でほぼ一貫して「ダメな人」を主人公にしています。
今回の「夢を持たない若者」への視線もとても優しいもので、原作のメッセージ性との親和性も高いものでした。
監督ならではのユルいギャグも、原作の持ち味を生かしながらバッチリはまっています。

2時間弱の映画におさめるための、原作のエピソードの取捨選択も上手くできています。
ほんの少しだけの改変、映画ならではのクライマックスもよい方向に働いています。
原作のリスペクトを忘れず、映画としてもまとまりがあるように、絶妙なバランスで作られていました。

見逃せないのがキャスティングです。
主演の中島健人はアイドルであり素顔はザ・イケメンなのですが、しっかりと冴えない高校生の役作りをされています。
かっこうよく見えないようにするためにメガネの選定には特に気を使ったのだとか。なかなかのプロ精神です。

ヒロインの広瀬アリスも可愛く素直で天然ボケの女子高生を好演しています。
彼女のファンになった方は、ぜひ「スープ~生まれ変わりの物語~」を観ましょう。終盤にインパクトがありまくる役で登場するので。

他にも黒木華吹石一恵上島竜兵などの豪華なキャスティングがされています。
個人的に大笑いしたのはヒロインの家族の配役。これはぜひ劇場で観て驚いて欲しいです。

なんと言っても、MVPは「タマコ」を演じた安田カナでしょう!漫画そのまんまにもほどがあります。

タマコ銀の匙   安田カナ<完璧

映画公開記念として「たまこブログ」もはじめており、こちらも読んでいて楽しいです。


不満もあります。
まず原作を読んだ方であればどうしても気になるのが、エピソードの大幅な省略でしょう。
時間の制約上仕方が無いとはいえ、存在そのものが抹消されたキャラがいることや、登場人物の心情に深く関わるエピソードがないことは、「漫画に比べて薄い」と思ってしまうことの原因になってしまいます。

また、「食べ物がおいしい」と思わせる描写が少なかったことも残念です。
その描写もあるにはあるのですが、「命を奪い、それを食す」という点がクローズアップされている作品にしてはインパクトは薄めです。
原作では読みながらお腹が空いてしまうシーンがいくつもあり、ある意味辛いシーンでもありました(すぐに北海道に行きたくなるから)。


余談ですが、本作は馬が巨大なそりを引っ張ってレースをする「ばんえい競馬」が描かれています。
映画ファンがこの題材で思い浮かべるのが、「雪に願うこと」でしょう。

伊勢谷友介
4011円
powered by yasuikamo

本作と同じく「勝負は勝たなければ意味が無いのか」 「勝つことだけがすべてではないのか」と疑問を持たせる内容であり、邦画の隠れた名作として知られています。ばんえい競馬に興味をもたれた方には、ぜひ観ていただきたいです。

キャッチコピーは「最強に理不尽な青春!!」とありますが、実際はそれほど理不尽ではありません(原作ではかなり理不尽なことが描かれています)。
むしろ「納得せざるを得ない状況」こそがこの作品の主題であり、映画を観た後は「それでも何かをしたい」と思わせる、とても勇気づけられる映画です。

この映画が気に入った方は、ぜひ原作漫画や、吉田恵輔監督のほかの作品にも触れてほしいです。
どれも「生きていることに頑張っている人」に多大なエールを送っている作品なのですから。

タイトルの「銀の匙」の意味、その副題に「Silver Spoon」とある理由は、映画を観た後にはきっとわかることでしょう。
万人向けの青春映画として、原作好きにも、読んだことが無い方にもおすすめです。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓ 少々原作のネタバレに触れるところがあるので、未読の方はご注意を。











〜原作から省略・改変されたシーンいろいろ〜

獣医志望の「相川」や、オープンオタクのルームメイト「西川」は映画には登場しませんでした。どちらも好きなキャラだったので、ちょっと寂しいです。

相川   オープンオタク<残念ながら未登場

ただ原作で西川の作っていた「痛そり」は終盤でしっかり登場していました(笑)。女性部員の描いた萌えキャラに誰もツッコめないギャグは吉田監督らしいですね。監督はBLなどのオタク文化をよく作品に取り入れています。

もっとも残念だったのが、駒場牧場の離農(倒産)において、甲子園に関わるエピソードがごっそり無くなっていることです。
駒場は自己紹介でも「実家を継ぐことが夢」としか言わず、野球部に所属していることも単なる設定に留まっています。
原作での喪失感はこれ以上ないものだったので、ここは描いて欲しかったです。

南九条あやめ(黒木華)は出会い頭に「太った?」と聞くという失礼千万なキャラになっていました。

南九条あやめ   黒木はな あやめちゃん<ちょっとイメージ違うかも?

原作の「お弁当を楽しみにしていて、両親のことをお父ちゃんお母ちゃんと呼ぶ」シーンも観てみたかったです。
映画では「あんたのために(馬の手配を)したわけじゃないんだからね」とベタすぎるツンデレ台詞を吐いていました。

豚のと殺のシーンは、原作ではDVDでの見学でしたが、映画では実物を見学しています。
生徒たちが命を奪う現場を見る重要なシーンなので、あってよかったです。
他にも直腸検査も原作では模擬用の機械を使っていましたが、映画では本物の牛のお尻に手を突っ込んでいました。

ピザ釜を作るエピソードは、豚丼(八軒が名付けた豚)のベーコンをみんなで食べるエピソードに置き換わっていました。
あのピザを食べるシーンは、劇場で観ていたらお腹が鳴っていたなあ・・・

改変で上手かったのは、八軒が「悪い、跡継ぎは楽でいいとか言っちゃって」と駒場に謝るシーンです。
原作ではばんえい競馬場ですぐに謝っていたのですが、映画では実際に駒場牧場の現状を観てから謝っているのです。ことばだけでなく、現実をより知ってからの謝罪になっています。

八軒は原作では勉強が大好きな変態でしたが、映画では計算が異様に速いという一面も持っていました。ものの2秒くらいで万単位の計算をしています。
ほかにも八軒はアキの胸を観たり、お風呂上がりの脚を眺めたりと思春期特有の残念な行動もしていました(笑)原作ではもう少し健全です。

違和感があったのは、八軒が「夢が無いってことは、何にでもなれるってことだよね」と自己完結にも思える発言をしていることです。
映画でも少し描かれていましたが、彼はあらゆることに悩み、必死に正解を探そうとする性格であったので、これは残念でした。
これで「ダメな主人公」と思った方はぜひ原作を読みましょう。スゴいやつだと気づけるはずです。

駒場がプロレスのパフォーマンスをするために着けていたマスクも映画オリジナルです。
最後にこのマスクを八軒が着けた写メールを、「やれば出来る」というメッセージとともに送ったのはよかったです。
しれっとタマコがこのマスクを着けていたシーンには笑いました。似合い過ぎ。

あと犬の「副ぶちょー」は画面にたまに映るだけでしたね。

ふくぶちょー<自分のおやつ代をかせぐ副ぶちょー

映画だけだと全く意味がわからないので、ぜひ原作を読んでみてください。わりとセコいエピソードが描かれています。


〜怖すぎる配役〜

ヒロインの家族は、本当にとんでもないキャスティングでした。

ヒロインの叔父:哀川翔
ヒロインの父:竹内力
ヒロインの祖父:石橋蓮司

ヤーさん一家だと言われても全く違和感がねえよ。
竹内力はこの風貌で「貴様に娘はやらんぞ!」と主人公に言います。結婚したいと言ったら軽く殺されそうですね。
哀川翔は女子高生(広瀬アリス)に「ありがとう」と抱きつかれ、近所の人に「愛人?」「どうしようもないわね」と噂されていました。イメージそのまんますぎます。

あ、ちなみに原作のキャラと似ているか似ていないかと言えば、超似ていないです。


〜ばんえい競馬〜

終盤のばんえい競馬場を校庭につくる展開は、映画オリジナルエピソードです。
八軒は、借金の保証人になっているアキの馬が売られてしまうことを知り、競馬場をつくって活躍の場を与えようとするのです。

先輩に何度も頼み、草を刈り取り、必死に障害のための土を運ぶ八軒・・・彼のもとに、かってベーコンを食べていたクラスメイトたちが「借りを返すために」手伝いにやってきます。

自分が無理だと一度は思い、先輩に無理だと言われたことでも、八軒は諦めませんでした。
その目的を達成できたのは、自分がした行動により、彼の周りの人々を動かしたためでした。

ばんえい競馬は大成功をおさめましたが、映画はここでは終わりません。
八軒とアキははばんえい競馬の馬の名付け親となります。
その馬の名前は「シルバースプーン」。青空とタイトルが重なったところで、映画は幕を閉じました。

このクライマックスで何より嬉しかったのが、原作ではとある理由により学園祭に参加できなかった八軒が、こうして皆と学園祭を楽しめていることです。漫画で叶わなかった「IF」を実現してくれたかのようでした。


〜北海道開拓民の血〜

中島先生(中村獅童)は、八軒にこうアドバイスします。

「お前は逃げるってことに否定的だな。逃げた先で出会ったものは悪かったか?生きるための逃げはアリだ。
駒場は開拓民の血を引いている。水害に作物をやられても、何でも立ちあがってきた。駒場も何度でも立ち上がるさ。北海道開拓民の生命力、なめんなよ」


八軒は一度は逃げてこの学校に来ましたが、その先に得た「答え」は何ものにも代え難いものであったでしょう。
それでいてこの映画は、戦い続ける「開拓民」のことをも賞賛します。
弱い者だけでなく、この北海道をつくってきた強い人々にも、この作品はエールを送り、尊敬の意を捧げているのです。


〜銀の匙〜

英語には「born with a silver spoon in one's mouth」ということわざがあり、それは「裕福な家庭に生まれ、一生食べるには困らないことを願う」という意味を含んでいます。
学校の食堂には銀の匙が掲げられ、八軒は「農家の子って不況でも食いっ逸れないって意味では確かに銀の匙を持っていますよね」とつぶやき、校長先生(上島竜兵)は「そうであってほしいですね」と語っていました。

しかし、駒場をはじめ農業を営む人々は、一生食いっ逸れないと安心することなどできません。
離農や命の危険と常に隣り合わせで、借金も背負いながらの経営なのです。

それでもこの地に住む人々が強くあれたのは、受け継がれた北海道開拓民の血があったからでしょう。
原作の11巻には「銀の匙を作った人」について校長が語るシーンがあり、それもまた人の歴史を感じさせるものでした。ぜひ読んでいただきたいです。


〜努力の意味〜

序盤にばんえい競馬の馬は、成績が少しでも下がるとすぐに食肉とされ、「努力の意味が無い」ことを示されていました。
一方で、成績が悪くても皆に愛され、お葬式までさせてもらえる馬もいました。
努力を重ね、皆の信頼も厚い八軒は、後者の馬のような存在なのでしょう。

もし結果として現れなくても、その努力を見てくれる人はきっといるはずです。


〜できることと、どうにもならないこと〜

八軒は学園祭のばんえい競馬を成功させ、「無理じゃない」ことを証明しました。
しかし、駒場牧場の離農、アキの愛馬が連れ去れてしまうことは「どうにもならないこと」でした。
彼はそのふたつのことを、短い間に体験したのです。

八軒は「逃げずに、両親と話し合ってみるよ」とアキに話します。
彼はこれから、少しずつでも「自分にできること」を探していくのでしょう。
どんな道であっても、それは八軒にとってのさらなる成長へとつながるはずです。


おすすめ↓
『銀の匙 Silver Spoon』ー感想・レビュー く○映画学会

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2014-03-12 : 映画感想 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
原作未読ですが、非常に良かったです。「豚丼」を食肉にするシーンも小学校高学年くらいの子なら見せるべきと言える程度に抑えられていたと感じます。

>MVPは「タマコ」を演じた安田カナ
あ!原作でもこんなマツコDX体系な娘なんですね!
正直、彼女が八軒に「私に言わせれば偽善者だよ」と言うシーンが不快でした。こういう正論をバッサリ言う厳しい人を悪役とまで行かないまでも冷たい人のように見せる演出が嫌いな上に、こんな容姿の子に言わせるとか・・・と思っていましたが、彼女の容姿や厳しく正しくキツい性格は原作どおりなんですね。
途端にゲスになって申し訳ありませんが、こんなツン娘がデレる所が見たいです・・・。

>獣医志望の「相川」や、オープンオタクのルームメイト「西川」は映画には登場しませんでした。
個性的で楽しそうな子達で残念!ですが、彼らが出ると画面が濃くなり過ぎるからでしょうか・・・

>豚丼(八軒が名付けた豚)のベーコンをみんなで食べる
ちょっとズレているかもしれませんが、シネコンが入っているモールのレストラン街で「豚の生姜焼き定食」を食べて帰りました。
それにしてもセレブの御馳走のイメージだった「豚の丸焼き」も実は2万7千円(うろ覚えでごめんなさい)私でも手が届きます。牛乳の買い取り価格もそうですが、あんなに苦労して育てたこんなに美味しい食べ物をこの値段で頂かせてもらって・・・と感謝の気持ちが強くなりました。

>〜怖すぎる配役〜
ここに住み込めとか無理です・・・!

〜ばんえい競馬〜
この間の雪かきで全身バキバキになったおかげで、人力で土山二つこさえるのがどれだけ大変か良く伝わりました・・・
2014-03-12 22:41 : 毒親育ち URL : 編集
No title
個人的にはこんなに幸せなコミックの実写化はそうそうないと思うんですが、原作ファンの方は脚色の結果、エピソードが削られたことで評価を下げたりするんでしょうか?やっぱり。
2014-03-12 23:37 : ランボー怒りのサービス残業 URL : 編集
No title
私もヒナタカさんと同じく「ばんえい競馬」のシーンで「雪に願うこと」を思い出しました。特に「銀の~」では教師役として観戦しているだけの吹石一恵さんが「雪に~」では騎手役で出演していたこともあり、撮影の合間に広瀬アリスさんや黒木華さんにアドバイスしていたかも・・・、と勝手に妄想して楽しんでおりました。
2014-03-22 00:00 : おっさん URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 04月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。