ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

現実の冒険をしよう 映画「LIFE! ライフ」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はLIFE!(原題:The Secret Life of Walter Mitty)です。


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:「本物の冒険」がしたくなる


あらすじ


ウォルター・ミティー(ベン・ステイラー)はLIFE誌の写真管理部で働く真面目な社員。だが、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者でもあった。
彼の趣味は空想をすること。空想の中で彼はヒーローとなり、どんなことでもできた。
しかし現実のウォルターは、デジタル化の流れによりLIFE誌の廃刊が決まり、表紙を飾るはずのネガが見つからないままでいたたために窮地に立たされていた。
ウォルターはネガを探すため、写真家のショーン(ショーン・ペン)を探す旅に出る。




ズーランダー」「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」のベン・スティラー監督・主演最新作です。
原作となっているのはジェームズ・サーバーによる短編小説「虹を掴む男(原題はThe Secret Life of Walter Mitty)」。1947年にも一度映画化されています。

ダニー・ケイ
3730円
powered by yasuikamo

おそらく、多くの人は原作や1947年版を知らないまま「LIFE!」に触れることでしょう。
それでよいと思います。
作品のテーマは現代に通じるところがあり、現代ならではの改変があり、なおかつ目を見張る映像マジックがてんこもりであり、予備知識がなくても(ないほうが)楽しめるのですから。

主人公のウォルター・ミティーは空想癖のある男で、仕事中でさえもふとしたことで空想に入り込んでしまいます。
その空想は奇天烈であり、ときに美しく、ときに笑いを届けてくれます。

予告編でも空想シーンばかりに目がいきますが、実はそこに主点を置いていないのがミソです。
主人公が体験するのは、空想ではなく現実の冒険。その冒険で、彼は大切なことを学びます。
これは、空想ではなく現実でこそアクションを起こしたいという想いを喚起させてくれる物語でした。


今回の再映画化に際して、いくつかのアレンジがされています。
たとえば、実在の雑誌・LIFEを登場させ、なおかつデジタル化の波のために廃刊が決まるというのは本作オリジナルの設定です。
空想の世界だけでなくリアルな現代社会も描くことで、現代に生きる人に向けたメッセージをより鮮明にし、主人公に感情移入をしやすくなったなのではないのでしょうか。

映画の内容に合わせたように「毎日同じ生活を繰り返していますか」「変わりたいと思っていますか」と、多くの「行動したい」と思っている人たちへ向けた宣伝にしたことが実に上手いと思います。
邦題もシンプルに「LIFE!」。「悪の法則」の上映前に流れた6分間の予告編はほとんど海外版そのままなのですが、日本版では後半に映画のメッセージが示されています。


*本編のネタバレ注意

「この映画の主人公は、あなたです」という思わせぶりな文句も的外れではありません。
映画には、主人公のウォルター・ミティーに限らず、全ての人にも当てはまる「こうしたい」という想いが詰まっているのですから。

今までのベン・ステイラーの作品群は海外では評価が高くても、日本ではややマニアックな位置づけでした。
しかし本作は万人向けであり、勤勉な日本人であればより共感できる内容なのです。
ベンが日本でメジャーとなる、記念碑的な作品になるのではないでしょうか。
いちファンとして、とても嬉しく思います。

また、原作者のジェームズ・サーバーは独特の絵を描く漫画家としても知られています。
彼は脳に障害を持ち、視野の一部が欠損し、それを脳が補うためにありもしない光景が見えるという症候群を持っていたようです。
それが功を制し、彼の独特の感性を持つ作品が生まれました。
さらに、35歳で全盲になってからはさらなるイマジネーションが開花したのだとか。
「The Secret Life of Walter Mitty」の空想癖のある主人公は、そんなジェームズ・サーバー自身が投影された姿に違いありません。


これはオススメです。
一人の会社員の冒険を描いた人間ドラマとしても、奇想天外な映像を見せてくれるファンタジーとしても優れています。
ロードムービーとしてはエピソードがやや淡白なところがありますが、それでもグリーンランドアイスランドの風景の美しさには見とれるはずです。
映像とシンクロした音楽も、その感動を盛り上げてくれるものでした。

Various Artists
1049円
powered by yasuikamo

ホセ・ゴンザレスによる主題歌「Step Out」はもちろん、デヴィッド・ボウイの「Space Oddity」のリミックスも実に魅力的です。

ちなみに、Space Oddityの歌詞に登場する「Major Tom(トム少佐)」とは、「2001年宇宙の旅」の登場人物のことです。
歌詞には「For here am I sitting in a tin can. Far above the world, Planet Earth is blue and there’s nothing I can do.(ここではブリキでできた宇宙船に腰掛けている。地球から遠く離れた世界で、地球はただ青く、何もできることはない)」ともあり、広大な宇宙を体験して自分の無力さを感じるという内容になっています。
それは主人公の気持ちそのものでもあったのでしょうが、映画の最後にはガラリと変わっているはずです。

最後に・・・実は作中の空想には有名映画のパロディと思わしき(似ている)シーンがあります。
そのうちひとつは名指しで堂々とパロディにしていました。
映画ファンであればあるほど、小ネタに気づけてより楽しめるかもしれませんよ。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓









まず、主人公の空想を振り返ってみましょう。

〜空想一覧〜

・犬のために火災が起きたビルの中へ!
駅で出会い系サイトの男と話している途中、彼はいきなり大ジャンプします。
ビルジャンプ<窓にダイビング

命かながら<ギリギリ!
しかも犬を助ける途中で義足を発明するというイケメンっぷりを見せつけます。無理に決まってんだろ。
窓にダイビングするシーンは、「ボーン・アルティメイタム」を彷彿とさせました。

・雪山で限界に挑戦
想い人の同僚シェリルに上手く話しかけられないウォルターは、登山中のイケメンとして登場しました。
雪山<やあ
彼女が「冷蔵庫の修理屋」を求めていたから、寒ーい雪山が登場したのでしょう。
しかも「限界に挑戦していた」だってさ。それが言いたいだけだろ。
この後、現実でもちゃんと話せていたのが観れてよかったです。

・黄金の像
ウォルターはシェリルのアピールとして、「創作活動で像も建てているんだ!」とアピールします。
金ぴかの像は悪趣味すぎますって。

・伸び伸び人形アクション
ウォルターは外部の役員テッドに、腕が伸びる「Stretch Armstrong」の人形を取り上げられそうになったのでエレベーターで大乱闘をします。
彼らはビルの外へ出て行ってしまいました。
ビルからジャンプ<え?
その後2人はコンクリートの上をサーフィンのように渡りながら格闘、人形のゴムの反動を利用して「マトリックス」っぽいどつき合いをしようとしていました。もう何でもアリだな(空想だから)。

・老いると子どもになるんだ!
ウォルターは公園で「実は僕はベンジャミン・バトンなんだ!」と衝撃のカミングアウトをします。
ベンジャミン・バトンとは、はじめ老人として生まれ、徐々に子どもになっていく奇妙な男を主人公とした映画です。
ウォルターとシェリルはキスをし、その後すぐに晩年の描写にうつります。
映画のベンジャミン・バトンとは違い、ウォルターは小さくなってからも「不気味な老人」の姿のままでした。
なんていうか・・・ふつうのデートとか結婚とかの空想はできないんでしょうか(笑)。面白いからいいけど。

・写真が動く
窮地に立たされたウォルターは、写真の中のショーンが「誘っている」のを目にします。
来いよ・・・<こっちに来なよ
この空想をしたことが、ウォルターが旅立つきっかけでした。

・ウォルターのための曲
シェリルが突如グリーンランドに現れ、ウォルターのために「トム少佐の歌(Space Oditty)を歌ってくれます。
「Commencing countdown, engines on(カウントダウン、エンジン始動)」という歌詞に合わせたように、彼は飲んだくれのパイロットが運転するヘリに乗ることができました。
想い人がカフェで歌うという1点のみでですが、「フォレスト・ガンプ」を思い出しました。

・ストリップを観るための需要が殺到している(笑)自転車に乗ったウォルターは、鳥が集まってシェリルの顔になるのを見ます。
鳥が集まって<集まって顔に・・・
似たものは多くの作品であるでしょうが、自分は「ライフ・オブ・パイ」の海中のシーンを思い出しました。

そんな感じでバリエーション豊かでしたが、これ以降ウォルターは一切空想をしていません。
現実の試練に、ウォルターは立ち向かうのです。


〜現実の冒険〜

ネガを探すために、ウォルターはまずグリーンランドに向かいます。
漁船を追うためにヘリに乗り、彼は船に向かってジャンプしますが、当然のように海にぽちゃんと落ちました。
落ちます<ですよね
小さいほうのボートに乗れって、先に言えよなー。
しかもサメとバトル!ずっと空想ばかりしてきたウォルターが現実だと信じれないのも、わかります。

アイスランドでは火山に向かい、地元の子どもに伸び伸び人形とスケートボードを交換してもらいました。伸び伸び人形なんていらねえと思うんだけど。
噴火が起きたので逃げ帰るしかなく、部下の「クビになるぞ」というメールを見て会社に戻るしかありませんでした。
彼はネガを用意できなかったので、案の定クビになってしまいます。

クビになってから、ウォルターはショーンが家に来ていたことを知ります。
向かった先はアフガニスタン。地元の人に母のケーキをごちそうし、その見返りのためか道案内をしてくれる人までいました。

ショーンとの出会いは、拍子抜けするほどあっさりしたものでした。
しかし、彼の告白は衝撃的です。なんとネガは(捨ててしまった)ウォルターに渡した財布の中に入れたと言うのです。
ウォルターが「大切なネガを雑に扱うなよ!」と怒るのももっともですね。

ショーンはユキヒョウの姿を捉えますが、なかなかシャッターを切ろうとはしません。なぜと聞くウォルターに、ショーンはこう答えます。

「俺にとって好きな瞬間は、カメラに邪魔されたくないんだ。一瞬を慎重に、今を楽しむんだ」

「今を楽しむ」ことが好きなショーンは、空想にひたりきりであったウォルターにはない価値観を持っていたのでしょう。
しかしウォルターも、ショーンの誘いに乗り地元の子どもたちとサッカーを楽しみました。
美しくサッカー<夕日のもとでのサッカー
ウォルターも、少しずつ「今の現実を楽しむ」ようになっていったのでしょう。


〜現実?空想?〜

ところで、本作には現実なのか空想なのかわからないシーンもあります。

・エレベーターでの冗談
ウォルターは無礼な態度ばかりをとるテッドに「ヒゲが許されるのはダンブルドアだけだぞ!」とはやし立て、取り巻きのふたりも大いに笑いました。
しかし次の瞬間には、取り巻きのふたりは笑っていたのがウソのように黙りこくっていました。
おそらくこのシーンも「早く現実に帰ってきた」というだけで、空想なのでしょう。あんなこと言えるわけないですしね。

・スケートボードがめっちゃ上手い
普段はいいとこなしのウォルターでしたが、シェリルの息子にスケートボードを教える様は見事なものでした。
これはシェリルが電話を話している後ろで行われていたことであり、ウォルターの一人称の視点で描かれたものではなりません。
後にアイスランドで見事なスケートボードのコーナリングをしていることも含めて、これは現実と考えるのが妥当でしょう。

・火山の噴火
噴火が起き、逃げようとするウォルターは飛行機に乗ったショーンの姿を目にします。
火山へ行く<火山へ・・・
*実際に複葉機に専用のポールを立て、カメラマンの体を固定して撮影する方法があるそうです。これは現実かもしれません。
あとウォルターを送ってくれた親切なおじさん、いくら英語が苦手だからってeruption(噴火)とerection(勃起)は間違えねーだろ。

・ヒマラヤで携帯の着信がある
ウォルターはたびたび出会い系サイト「e Harmony」のサービス係の男・トッドと電話で話していたのですが、なんと終盤ではヒマラヤの高山で話しはじめます。圏外になるんじゃないの?
携帯通じるの?<音声もクリア
「退会させてくれ」という要望にもしっかりと応えていますし、現実なのでしょうけど・・・実際繋がるのかなあ。


〜いやなやつになるな〜

ウォルターは危険なアフガニスタンから帰ってきたため、警察から尋問を受けていました。
彼の身元保証人となったのは、なんと「e Harmony」のトッドでした。
トッドはウォルターに最近は空想をしているかと聞き、ウォルターが否定をすると「それはよかった」と言います。
ウォルターには、再就職のことなど、現実での問題が山積みですものね。

ウォルターが捨てたかと思われた財布は、実は母親が預かっていました。
彼はネガを見ないまま、デジタル版を創刊しようとしているライフ社に訪れます。
ウォルターは上司のテッドにこう言います。

「君は外部から来てクビを切った。みんな社のスローガンを愛し、命がけでライフをつくってきた人々だ。いやなやつになるなよ。そんなのは額にでも入れておけ」

「額にでも入れておけ」っていうのは、テッドが序盤にウォルターに言ったことばそのままです。これは痛快でした。
またテッドがライフ社のスローガンを知らず、「i'm lovin' it」しか言えないのには笑いました。いくらなんでもマクドナルドと間違えねーだろ。


〜幽霊ネコ〜

やっとの思いでウォルターが手にした写真は、ライフ誌の最終号を飾りました。
そこには、ライフ社のビルの前で、一心不乱にネガを眺めるウォルターの姿がありました。

ウォルターの母は、「ショーンの写真が世界中の共感を得たのは、あなたのおかげ」であることを伝えてくていました。
ウォルターとショーンは一度も顔を合わせたことはありませんでしたが、ショーンはウォルターの仕事を敬愛していたのです。

ショーンは、ウォルターの前で「あのネガは幽霊ネコ(ユキヒョウ)だな!」と言っていました。
この前に、ショーンは幽霊ネコのことを「美しいものは目立つことを嫌う」と言っていました。

ウォルターが任されていた写真管理は、雑誌編集の中では目立たない地味な仕事ではあるのでしょう。
しかし、そういう仕事こそがもっとも必要であり、美しいものである。ショーンが撮ったのは、そう訴えているかのような写真でした。


〜空想を超えた現実〜

空想のほとんどは、ウォルターの足を引っ張っていました。

空想のおかげで電車に乗り遅れ、
新しい上司にはクリップを投げられ、
「冷蔵庫の修理」を聞き逃したせいでシェリルと元夫が仲直りしたのだと勘違いして、
鳥がシェリルの顔に変わるのを見たせいで自転車は壊れ、
ショーンの来訪を聞き逃したせいで超・遠回りをしてしまったのですから。

しかし、空想がプラスに働くこともあります。
ショーンの写真が誘ったことにより彼は冒険に旅立ち、
シェリルの「トム少佐の歌」はヘリに乗ることを助けてくれました。

ウォルターが変わるためには、空想ではなく現実世界で冒険をすることが重要だったのでしょう。
亡き父の名を冠したファーストフード店では逃げ出してしまったウォルターでしたが、ときには勇気を見せ、危険を顧みずに行動し、ただただショーンに会うために世界を旅しました。
現実の行動が彼の人生を変え、ライフ誌の最終号の表紙として永遠に残ったのです。

出会い系サイト「e Harmony」も、空想の同等の価値なのではないでしょうか。
シェリルは誰にも「ウィンク」をしませんでした(彼女は出会い系サイト自体が嫌いともプロフィールに書いていました)。
トッドが言ったようにシェリルは「気難しい女」です。なにせ、出会い系サイト(空想)ではパートナーを求めてはいなかったのですから。
ウォルターは、そんな彼女に現実でアプローチをすることができたのです。

ウォルターは、「私たちも(ライフ誌を)買おうかしら」と言うシェリルに対して、「いいや、飛びついてもかっこう悪いだろ」と返していました。
雑誌はいつでも買えるもの。ウォルターはショーンと同じように、シェリルとともに歩くという「今」を楽しみたかったのだと思います。


〜スローガン〜

ライフ誌のスローガンは以下のようなものでした。

「To see the world,
Things dangerous to come to,
To see behind walls,
To draw closer,
To find each other and to feel.
That is the purpose of life.」

「世界を見よう
危険でも立ち向かおう
壁の裏側を覗こう
もっと近づこう
もっとお互いを知ろう
そして感じよう
それが人生の目的だから」


ウォルターがはじめて冒険にむかうとき、このスローガンが背景に表れていました。
これも、現実の冒険こそがライフ(人生)をつくることを示しているのでしょう。
空想の世界はもちろん、現実の世界の素晴らしさを感じさせてくれる映画でした。

おすすめ↓
佐藤秀の徒然幻視録:LIFE!~ひとりインセプション 5の3乗
主人公が妄想する理由がない「理由」とは…『LIFE!』 - くりごはんが嫌い
第57回映画批評 『LIFE!』 ベン・スティラーにとっての"ウォルター・ミティ": ホラーショー!民朗の観たまま映画批評(ラジオ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2014-03-20 : 映画感想 : コメント : 10 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

火山のとこは空想じゃないと思います
2014-03-23 09:57 : ひら URL : 編集
細かい事ですが
いつも楽しく拝見しています。
シェリルの名前が、クリステン・ウィグの方で表記されてます。
個人的には母親がシャーリー・マクレーンだったのにエンドロールで気付きびっくりしました。
2014-03-23 22:17 : yui URL : 編集
Re: 細かい事ですが
> いつも楽しく拝見しています。
> シェリルの名前が、クリステン・ウィグの方で表記されてます。
> 個人的には母親がシャーリー・マクレーンだったのにエンドロールで気付きびっくりしました。

いやいや細かくないです!役者の名前で書いてしまったとは・・・失礼いたしました。
そして「アパートの鍵貸します」の方だったとは・・・驚きです。

また、飛行機の上にショーンが乗っているというのはさすがにありえない(落ちるよ!)と思ったので、空想に分類しました。
2014-03-23 23:58 : ヒナタカ URL : 編集
テレビで個人用の飛行機の上に乗って写真を撮る写真家をみたことがあります!
だから空想じゃないと僕は思いました^_^;
2014-03-26 20:09 : ひら URL : 編集
Re: タイトルなし
> テレビで個人用の飛行機の上に乗って写真を撮る写真家をみたことがあります!
> だから空想じゃないと僕は思いました^_^;

マジですか!
いやあ自分の知らない世界ってあるんですね・・・大変失礼いたしました。
しかしググってもそのあたりの事実が出てこない・・・ご意見お待ちしています。
2014-03-26 22:34 : ヒナタカ URL : 編集
No title
この人が出演というだけで観賞予定リストに入れるほど大好きなベン・ステイラーの主演作なのですが、予告には「おおきなお世話だ、ブラックなリア充のがんばれ!価値観押し付け?」という嫌悪も感じていまして、期待値は低かったのですが、全くの杞憂でした!

>実は作中の空想には有名映画のパロディ
これがツボでしたね。白状すると自分も街中でけっこうやってます。ショッピング・モールで三階の吹き抜けから飛び降り、二階の旗竿にぶつかり減速、一階のぬいぐるみの山にダイブ・・・とか。実際やったら大けがとか即死とか以前に「大迷惑」なのは解ってます。はい・・・。
>ボーン・アルティメイタム
予告ではこれが「オタクのイタい空想」みたいに描写されてるように感じてしまいまして、完全に被害妄想でした。ごめんなさい。

>登山中のイケメン
予告でも出ていましたが本編であらためて見ると、日常系少年漫画の「モテモテイケメンになったオレ」実写版過ぎて笑ってしまいました。明らかに別人!でもウォルターの面影があるのが凄いです。
メイクだけでCG加工はしていないのかな。

>〜いやなやつになるな〜
暴力で叩きのめしたり、仕事や競技で負かしてギャフン!と言わせるよりも溜飲が下がりました。
初対面時とは別人のように自信に溢れたウォルターからの助言にテッドの何かが変わって行く事に願いたいです。

>〜幽霊ネコ〜
これも良い意味で裏切られました。ショーンみたいに解り易い「冒険」をしている人だけが偉大なんじゃないとしっかり描かれていました。
2014-03-26 23:18 : 毒親育ち URL : 編集
気乗りしなかったのですが よかった!最後は涙が
映画のCDかいます 音楽よかった しみじみ
2014-03-30 12:58 : 見てよかった URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-04-20 20:19 : : 編集
Re: No title
ご意見ありがとうございます。
飛行機の種類(複葉機)についてまったく知らなかったので、ありがたいです。
自分の調べが足りませんでした(パンフは、お金がないので買っていません)。追記をさせてください。
2014-04-20 23:13 : ヒナタカ URL : 編集
楽しめました😺
色々な映画へのオマージュがあるところも良いですね。
シェリルが出会い系に登録していた自己紹介なんですが、「家族…三本足の犬、息子(二本足)」っていうの、あれ「草原の輝き」を思い出しました。その映画の中で、かつての恋人に息子を紹介するときに、鶏と遊んでいる息子を指差して「羽のない方が息子」というセリフがあったのです。こういう言い回し、アメリカでは良くやるのかな?
私の知らないエピソードもいろいろ教えていただいておもしろかったです。ありがとうございました。
2015-01-15 22:33 : トラちゃん URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。