ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

開花された能力 映画「パラノーマル・アクティビティ 呪いの印」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はパラノーマル・アクティビティ 呪いの印(原題:Paranormal Activity:The Marked Ones)です。


個人的お気に入り度:4/10

一言感想:そろそろ完結してほしいなあ


あらすじ


2012年6月、カリフォルニア州オックスフォード。
青年ジェシー(アンドリュー・ジェイコブス)は高校卒業と同時に18歳の誕生日を迎えた。
ジェシーは集合住宅の一階に住むアナという中年女性の様子に不審さを覚え、悪友のヘクターとともに部屋で何が行われているかを探そうとする。
時を同じくして、ジェシーの体にはとある変化が現れていた・・・




低予算ながらスマッシュヒットを遂げた「パラノーマル・アクティビティ」シリーズの第5作目(日本版を含めたら6作目)です。

この映画は「部屋で起こっていた超常現象をビデオで撮る」というアイディアが秀逸なのであって、それに続くシリーズは二番煎じにすぎないと思っている方も多いでしょう。

それは半分当たっているのですが・・・そのマンネリ化を防ぐために新たなアイディアも続々と取り入られています。
日本版第2章”では2画面での恐怖を演出し、
”では“左右に振って動くカメラ”が登場し、
”では“キネクト(テレビゲーム)”が大活躍をしていました。
え?アメリカ版2?まあ続編の宣伝は斬新でしたよ、うん。

今回の「呪いの印」ではどうかと言うと、ちゃんと新たな要素を入れてきています。

まず、シリーズおなじみの固定カメラの映像がほんの少ししか出てきません
主流となるのは手持ちカメラの映像であり、登場人物と行動をともにするというライブ感はパワーアップをしていました。おなじみであった“第○夜”というテロップすら出てきません。
そのぶん、“何かが映っている”というじわじわ追いつめられる恐怖は希薄になっており、シリーズの個性を殺しているようにも感じました。

また、超常現象そのものも今までのものとは変わっています。
具体的に言えば、家の中ではなく、主人公の体そのものに異変が起きます。
作中に起こる現象は、”POV”の映像も相まって「クロニクル」を彷彿とさせるものでした。
これも、今までのシリーズとは別物だと思わせてしまう要素になっています。

“新しいアイデアを取り入れる”と“シリーズの伝統を守る”というのは相対するものであり、作り手にとってはジレンマになります。
今回は思い切り前者のほうに傾倒しているため、「もはやパラノーマル・アクティビティじゃないじゃん」と思う方は少なくないはずです。

単純に“5”とナンバリングされず、番外編のような扱いになっているのもそのためでしょう。
個人的にはなんだかんだでこのシリーズの伝統芸(マンネリ具合)も嫌いではなかったので、少し寂しさを覚えてしまいました。

気に入らなかったのは、今までのシリーズでさんざん伏線を張っておきながら、全く回収する気配がないことですね。
むしろ謎はさらに増えており、大風呂敷をどんどん広げている感じなので、もはやスッキリと物語が完結することは期待できません。
長寿シリーズになった「SAW ソウ」もシリーズを追うごとにどんどん謎は増えていきましたが、ちゃんと伏線の回収もしていったのに・・・どうにもシリーズを追う気力がなくなってしまうのは、本作の弱点だと思います。

恐怖演出はちゃんとしているので、ホラー映画としてはほどよく怖がれます。
ただ、アイデアは「クロニクル」という前駆者がいるためか凡庸に感じてしまいます。
伏線はあまり効果的に使われておらず、クライマックスの展開が強引極まりないこともあり、映画としての面白さはいまひとつと言い切っていいでしょう。

「ソウ」とは違って、話自体はシリーズを観ていなくてもこの単体で楽しめますが、それなりにシリーズのつながりもあるので、1作目を観ておいた方がよいでしょう。
個人的には、このシリーズの二大秀作(と勝手に思っている)“日本版第2章”と“3”を観てみるのもおすすめです。

「もう1〜2作ぐらいなら付き合えるよ」と思える心の広い方は、ぜひ劇場へ。
今回はエンドロール後のおまけはないので、途中で帰っても大丈夫ですよ。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓











〜はじまり〜

今までのシリーズとちょっと違うのは、舞台が今までのような一軒家ではなく、集合住宅であることです。
脅威となる場所には“正体不明の住人”がいるので、その不気味さは充分出ていました。

しかもこの不気味な住人のアナおばさんは、部屋で全裸になって妊婦さんにあやしい印をつけていたりしました
この盗撮シーン、はじめは妊婦さんのヌードにモザイクがかかっていてがっかりしていたんだけど、続いてぶよぶよアナおばさんもヌードで出てきたので、モザイクがあってよかったなあと心の底から思いました
そりゃヘクターも「もう二度と勃たねえ」って言うわ。

残念なのは、ジェシーがかごに乗って階段から落ちるというバカをやっているシーンが何の意味もなかったことですね。
まあ“ふたりはアホってことを見せる”だけのものなので、別にいいんですけど。


〜能力〜

アナおばさんは謎の死を遂げ、部屋に頻繁に出入りしていたオスカーという男が犯人だと疑われます。
部屋に侵入したジェシーはオスカーと鉢合わせになり、オスカーの様子がおかしいことに気づきます。
ビデオ映像を見てみると、その”目”にも異常が見られました。

時を同じくして、ジェシーの腕には何かに噛まれたような“跡(印)”がつき、彼は人知を超えた力を持つようになります。
チンピラにからまれたジェシーは彼らを思い切り吹き飛ばし、体を50度くらい傾けても地面に倒れることがなく、ゴムボートをワンブレスで膨らませたりできます。
ジェシーは現代人らしくその映像をYoutubeに載せるのですが、「ヤラセ」「よくできてんな」と信じない者ばかりでした。まあそんなもんですよね。

調子に乗ったジェシーは、近くで開かれていたパーティで女の子を“お持ち帰り”して、アナおばさんの部屋でしっぽりハメようとします(最低)。
しかし、女の子は地面の隠し扉から出て来た腕に首を掴まれてしまいます。
その掴んだ相手はオスカー。彼は「お前もこうなる」とジェシーに不気味な予言を告げ、車の上に投身自殺をしてしまいました。


〜妙な超能力出ちゃった〜

ジェシーは少しずつ変貌を遂げていきます。

瞳の隙間からは謎の“黒い糸”が出てきて、鏡には不気味な自分の姿が映り、スーパーでは幼なじみの女性・マリソルに話しかけただけの男に食ってかかったために警察を呼ばれかけました。

黒い糸<正体不明の黒い糸

ジェシーも「ときどき記憶が飛ぶ」「自分がわからない」と“変わってしまう”恐怖を口にしていました。

ジェシーは悪魔払いをしてもらいますが、その途中でイルマおばあちゃんの腕をガシッと掴みます。
あたりは真っ暗になり、ヘクターが暗視カメラで部屋の角を映すと・・・なんと空間が歪み、何もないところからジェシーが現れ、あたりの家具を吹き飛ばしました
うん・・・もはや別の映画だなあ。


〜ジェシーの変貌〜

ジェシーは飼っている犬を追いかけ、地下の秘密の部屋に行きました。
そこでは黒い目になっている少女ふたりがいて(超可愛い)、ジェシーはシーツの後ろから現れた何者かに襲われてしまいます。

可愛くない?<可愛くない?

彼女たちは“3”の姉妹なのかな?と思っていましたが、“3”の舞台は1988年、今作が2012年なので、年代は合わないですね。

その後、ジェシーは超能力により犬を天井に持ち上げ、階段から落ちた(落とした)イルマおばあちゃんを見て笑顔を浮かべたりしていました。
ジェシーはどこかに消え失せてしまい、ヘクターとマリソルはその行方を探しはじめます。

ふたりが再びジェシーを見たのは、車の中でのことでした。
ジェシーはゆっくりとこちらに歩いてくるのですが・・・車のエンジンはかからなくなり、窓も開かなくなってしまいます。
ジェシーは目の前から姿を消し、急に窓ガラスを割ってヘクターを襲います。
ここでマリソルはバットで思い切りジェシーを殴りました。“車の後ろに置いてあった護身用のバット”の伏線はしっかり生かしてくれてよかったですね。

ふたりは気絶したジェシーを後部座席に乗せますが、すぐに横から車に追突されてジェシーを連れ去れてしまいます。
ヘクター、マリソル、オスカーの兄、誰かよくわからないオスカーの兄の同居人(ほんとわからん)の4人は、“魔女の家”へ最終決戦に挑みます。


〜クライマックス〜

魔女の家では、オスカーの兄は狂信者ふたりを思い切りショットガンで吹っ飛ばしました

ショットガン出ちゃった<ある意味斬新な展開

ドアを開けようとした同居人はいつの間にか死んでしまい、マリソルはなぜかガラスの天井を突き破って落下してきて死亡し(オスカーの死に方とかぶってんじゃん)、ヘクターは白い目になった魔女のおばちゃんやシーツをぶつけてきた(脅かし方が可愛いな)ジェシーからなんとか逃げようとします。

部屋に逃げ込んで鍵をかけるヘクターでしたが、追って来たジェシーは素手でドアをぶっ壊そうとしていました
ヘクターはとなりにあったドアに逃げ込みますが・・・映像が乱れ、見知らぬ家へたどり着きます。

そこには、2階から降りてくる“1”の主人公・ケイティの姿がありました
ヘクターはおそるおそるケイティに近づきますが、ケイティは「ミカ(ケイティの彼氏)!助けて!」と叫びます。
ヘクターはやってきたミカに殴られ、その辺に隠れていた(顔が変貌した)ジェシーに襲われ、ケイティがカメラのボタンを押して映像を消したところで映画は終わりました。


〜どういうことなの・・・〜

最後にヘクターが開けたドアは、中盤でアリ・レイという女性が言っていた「時空を超えるドア」なのでしょう。
※アリ・レイはシリーズで登場していた“ハンター”のお姉さんであるとご指摘を受けました。
また、床下の姉妹は3の(けいてぃーとクリスティーの子供時代かもしれないとのこと。
(以下の一文は「3」のネタバレ注意)
今作が時空を越えることができる作品であること、3でおばあちゃんが「支度しましょう」と言って終わること。今作で姉妹が準備出来たよと言っていたことがその根拠だそうです。

“1”とリンクをさせたいのはわかるのですが、いくらなんでも強引すぎなのでは・・・
このシリーズで“どこでもドア(時間移動機能付き)”が出てくるなんて思いもしなかったよ。
第一、“1”でミカが正体不明の男(ヘクター)を殴るシーンなんてなかったじゃんか。まあ斬新な展開ではあったけどさ。

今回の敵の目的は、“仲間をつくる”ことだったのでしょう。
女性が長男を妊娠したときから“印”をつけ、その子どもが18歳になったときに能力を開花させ、仲間へと引き込む・・・用意周到な計画をたてている恐ろしさがそこにはありました。

もうひとつ斬新なアイデアは、悪魔との問答を行うとき、幼児向けの電子おもちゃを使っていたことですね。
「はい」では緑の部分が光り、「いいえ」では赤い光がともるのです。
「善き霊ですか?」という質問に何も応えなかったり、「ほっといてくれ」という問いに“赤い光がずっとともる”ことで応えるのにはゾッとしてしまいました。

あと、イルマおばあちゃんが立ち寄った雑貨屋は“4”のエンドロール後に出てきたお店とは違うのかな?店内が広いような気がします。

雑貨屋<違うお店?

少なくとも、スペイン語が話されていたことは共通しています。
カリフォルニア州では実際にスペイン語を話す方が多いそうです。


〜やっぱり可愛い〜

余談ですが、公式ページでは『呪いのパラ写真大募集』という企画が行われており、女の子からの投稿も多く、けっこう見ていて楽しいものがあります。
個人的な優勝は、上にあげた“黒い目の姉妹”を上手くまねた(コスプレ)写真ですね。<こちら>

こういうのになら遭遇してもかまわないかな〜とも思いましたが、以下のドッキリを見ると、実際に見るとマジで怖いのかもしれないと思い返しました。



次回作でもこの姉妹の登場に期待しています。

あと、今回はシリーズ伝統の“寝ているときになんかされる”シーンが皆無でしたね。これは寂しかったので次回作で復活することも期待しています(ついでに完結してくれれば言うことなし)


シリーズの振り返りにおすすめ(ネタバレ)↓
8分くらいでわかる『パラノーマル・アクティビティ』のおはなし。 すきなものだけでいいです

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2014-04-16 : 映画感想 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
毎回「またかよ!」と思いつつ「解決」を期待して観てしまいます。
4で「豊穣の神」とされていた「何か」は、本作では「インキュバス=夢魔」と呼ばれていましたね。
とりあえず解ってきたのは
「何か」は「長男の男の子」を欲っしていて、それと引き換えに一族に繁栄をもたらす超常的存在。
3:お祖母ちゃんが「何か」を信仰する教団に所属していて、まだ産まれ得ぬ孫で取引(酷いよ・・・)いつまで立っても産まれぬ男の子に痺れを切らした「何か」が孫娘達にちょっかい(それとも子作りしないデニスの粛清?)
2:ようやく長男ハンター君が誕生、取り立て開始、けど事情を知らない父はなんとか回避しようと男の子に偽装(?)した義妹のケイティを差しだす。
1:2での偽装?に騙されたのか「何か」はケイティへ干渉。
東京番外編:完全にとばっちり?それともハンターの養育係でるケイティを壊した春花への制裁?
4:ハンターを孤児としてある家族に育てさせる。
5:「何か」が男の子を手に入れる為には18歳になるまで待たねばならないらしく(その片手間で周囲の人を弄ぶ)他にも複数の信者から男の子を得ているらしい(でもジェシーとオスカーの実家はあまり裕福そうでないですね)

><可愛くない?
恐いんですけど、なまじ美少女なので反応に困りますね・・・。

>〜クライマックス〜
とりあえず警察行けよ!人が二人も死んでる殺人事件で、おばあちゃんを暴行した疑いのある孫が逃亡中で不審者が映った証拠映像もあるし、全く相手にされないって事もはないでしょうに。

><ある意味斬新な展開
シリーズ初めて効果のある抵抗でしたね。というか、この手の作品を見ると毎回「天使は何やってんだ!?」と歯軋りしています・・・。
2014-04-22 22:52 : 毒親育ち URL : 編集
アリ、レイは4で出てきたハンターのお姉さんですよ!

床下の姉妹は3の(けいてぃーとクリスティーの子供時代)だと思いますよ!

何故なら、今回は時空を越えることができる作品なのと、3でおばあちゃんが支度しましょっていって終わること。
今作で姉妹が準備出来たよと言っていたこと、。

時空を越えてから姉妹は記憶を消されたと思いますよ!

私個人的に気になったのが、、、
2でクリスティーとケイティーの子供の頃のビデオが盗まれたのが、アナの家にあったのが気になります笑
2014-10-13 19:06 : URL : 編集
Re: タイトルなし
> アリ、レイは4で出てきたハンターのお姉さんですよ!
>
> 床下の姉妹は3の(けいてぃーとクリスティーの子供時代)だと思いますよ!
>
> 何故なら、今回は時空を越えることができる作品なのと、3でおばあちゃんが支度しましょっていって終わること。
> 今作で姉妹が準備出来たよと言っていたこと、。
>
> 時空を越えてから姉妹は記憶を消されたと思いますよ!
>
> 私個人的に気になったのが、、、
> 2でクリスティーとケイティーの子供の頃のビデオが盗まれたのが、アナの家にあったのが気になります笑


ありがとうございます。追記させてください。
2014-10-14 22:55 : ヒナタカ URL : 編集
本当にそうです
はじめまして!
「そろそろ完結してほしいなぁ」の一言にものすごい共感して思わずコメントしてしまいました!
なんだかんだと全部見てしまうこのシリーズ、見ないつもりだったのに、遅くなってしまったけど、結局見てしまいました。
でも進みが本当に遅いですよね。
おっしゃる通り、今回手法が変わっているせいで、テンポはよくなったなぁと思いました。
私はカリフォルニア州に住んでいるのですが、メキシコが目と鼻の先のため、沢山のスペイン語を話す人たちがいます。
こちらではスペイン語のシーンに英語の字幕がなかったので、おばあちゃんが酔っぱらっているシーンとかはわかる人だけ笑ってた、って感じだったと映画館で見た人が言ってましたが、日本では字幕がちゃんとあったのでしょうか?
ところどころの単語しかわからなかったので、なんて言ってたのかちょっとだけ気になったりして・・・ま、本編にそんなに関係ないんだろうけど。
やっぱり次も・・・あるんでしょうね?
そしてまた見てしまうんだろうな・・・と思います。
2014-10-15 00:13 : ロココ URL : 編集
今更になって読まさせて頂きました
今更になって、呪いの印を見て、このブログを読まさせて頂きました。
終盤でミカが出てきてヘクターを殴るシーンですが、最初は僕も時代を越えたことにびっくりして、ミカが出てきて混乱しました(笑)
ただ、振り返ってみて、逆に1でなかったシーンを考えてみたところ、1の終盤(ミカがケイティに呼ばれてかけ降りるシーン)はカメラが寝室に固定されていたシーンと繋がるのではと思いました。

本当に今さらで、既出でしたらごめんなさい(-_-;)
2015-03-25 04:58 : URL : 編集
Re: 今更になって読まさせて頂きました
>逆に1でなかったシーンを考えてみたところ、1の終盤(ミカがケイティに呼ばれてかけ降りるシーン)はカメラが寝室に固定されていたシーンと繋がるのではと思いました。

ご意見ありがとうございます。こちら、追記させてください。
2015-03-26 17:41 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。