ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

あたりまえが、いちばんこわい 映画「アクト・オブ・キリング」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

遅ればせながら、劇場で観たアクト・オブ・キリングの感想です。

←この巨大な魚はトバ湖にある廃墟となったレストランだそうです。

個人的お気に入り度:6/10

一言感想:怖いけど、滑稽


あらすじ


60年代のインドネシアでは、共産主義者を対象とした大虐殺が行われていた。
しかし、その実行者たちは罪に問われることはなく、いまも“国民的英雄”として楽しげに暮らしていた。
映画作家のジョシュア・オッペンハイマーは、殺人部隊のリーダーであったアンワル・コンゴにこう提案する。
「あなたが行った虐殺を、今一度再現してみませんか」とー




9・30事件後にインドネシアで起こった、100万人規模の大虐殺を描いた作品です。

本作は歴史的事実をそのまま映画化した作品ではありません。
ジャンルとしてはドキュメンタリー。その内容は、映画作家がその虐殺を行った“英雄たち”に「映画であのときの虐殺を再現しましょう」と提案→みんなノリノリで殺人者を演じるというもの。
あまりにヤバい内容なので、エンドロールでの現地のスタッフの名前はことごとく「Anonymous(匿名)」になっていたりします。

ほんものの殺人者であるはずの彼らが、まるで俳優気取りで、嬉々として殺人者を演じているのです。
いやいや、おかしいだろ、と思うところですが、彼らにとってはこれが「あたりまえ」だったのでしょう。

60年代のインドネシアではプレマンと呼ばれるヤクザがはびこっていました。
プレマンや青年団に共産主義者を虐殺させるのは、反勢力を弾圧するための手段。テレビでもその行為は賞賛され、その行為はあらゆる点から肯定されるのです。

この映画で、自分は「ヴィンランド・サガ」という漫画作品を思い出しました。
この作品ではヴァイキング(海賊)が略奪・殺人をくり返すさまが描かれており、主人公がその行為を「ヴァイキングにとってはあたりまえなんだ。息を吸って吐くようなもんだ。どんなことであれ、あたりまえであることをやめるのは難しい」と語るシーンがあります。

虐殺をしたと言えども、それがみんなに英雄的な行為として認められれば、それも「あたりまえ」になってしまうのではないでしょうか。
この映画では、男たちが嬉々として殺人に加担したことを誇らしげに語るという常軌を逸したシーンばかりが映し出されるのですが、これも彼らにとっては「あたりまえ」なのでしょう。なんとも、ぞっとする事実です。

何より観ていて怖かったのが、これだけインモラルな内容であるのに、ちょっと笑ってしまうところがいくつもあったことです。
それは画がシュールすぎることだけでなく、殺人者本人を演じているのに「俺も俳優か~」と楽しそーにしていたりするのが滑稽だからです。
いやいや、お前はマジモンの殺人者だろ、楽しそうなのはおかしいだろ、とツッコミたくなることは必死。作中では彼らの行為に対して否定をする者がほぼ皆無なため、全編で「ツッコミ不在の恐怖」を感じざるをえませんでした。

ただ、中盤までは上記のような“勘違いしたおっさん”のしゃべりが延々と続くので、かなり退屈に感じてしまいました。
ドキュメンタリーという作品の都合上仕方がないのかもしれませんが、映画として面白くなるまでに時間がかかってしまうのはやはり弱点であると思います。
娯楽要素もほぼないので、かなり人を選ぶ作品であるでしょう。

個人的には苦手な作品でしたが、終盤の30分には眠気が完全に吹き飛ぶほどの面白さと衝撃がありました。
これは“できすぎ”に思えるくらいのもの。本作はこれだけのために観る価値があると断言できます。

「おっさんたちが2時間かけて虐殺を楽しそうに語る」映画と認識して相違ありません。つまり、死ぬほど胸くそが悪くなります
観た後に体調を崩す方もいらっしゃるのことですので、心に余裕があるときに観ることをおすすめします。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓









~ヴォルテールのことば~

映画のはじめに表示されたのは、ヴォルテールによる以下のことばでした。

「人殺しはいかなる場合も許されない。
太鼓を鳴らし、大勢で行われない限りは」

言わずもがな、これは虐殺を行いながらも、許されているアンワルたちのことを指しています。
世の中で起こっている戦争でも、それは同じかもしれません。


~アンワル、ズボンのほうを気にする~

殺人部隊のリーダーであるアンワルは、針金をつかって人を殺す方法をノリノリで語っています。

うれしそう<楽しそう・・・

その後にアンワルはこの映像を観ます。
ちょっとくらい残虐だなーとか言うのかなーと思っていたら、こいつは「ズボンが白すぎるな、俺なんでこんな白いズボン着ているんだろ。いつもはもっと濃いズボン着ているのに」とかほざきます。どうでもいいわ

本編には、こういう「ひどいんだけどちょっと笑う」シーンがてんこもり。
いや、笑うのもどうかと思うんだけど・・・


~新聞発行人、ウィンクで人を殺す~

新聞発行人は、アンワルたちプレマンたちに共産主義者の情報を渡し、その見返りとして自身を守ってくれたと宣います。
聞いていて心底胸くそが悪くなったのは、その次に新聞発行人が放った「俺は共産主義者が悪くなるように書いているんだ。悪人するためだったら質問の答えだって変える。彼らをどうしたかって?川に捨てるだけだよ。でも俺は直接手を下さないんだよね。ウィンクひとつで彼らは死んだよ」ということばでした。

ドヤ顔<この顔殴りてえ

自分は関係ないもんね、とでも言いたげです。


~アンワル、映画製作にノリノリになる~

アンワルは「なぜ人が007を観るのかわかるか?アクションを観るためだよ!」「あと、ナチス映画を観るのはサド的な欲求を満たすためさ。俺ならナチスよりもっとサドにできる。俺はほんとうにやったんだからな」とほざきます。

ピンクの<ピンクの帽子がお気に入り

なぜか怪人、なぜか変な怪人も登場

また、アンワルはハリウッド映画に並々ならぬ憧れがあったようで、ギャング映画ならマーロン・ブランドアル・パチーノ、西部劇だったらジョン・ウェインの大ファンだそうで。これはプレマンがハリウッド映画で荒稼ぎをしていたことも理由にありそうです。
アンワルは自身をシドニー・ポワチエにそっくりだと思っていました。確かにまあまあ似てるけどさ。


~テレビでも言いたい放題~

何が怖いって、テレビでもアンワルたちを英雄として賛辞していること。
しかもこれは国営放送。日本で言うところのNHKで「そうやって共産主義者を一掃したんですね、すご~い」って言っているようなものです。

さらに、司会の女性の「被害者の子はなぜ仕返しをしないのですか?」という質問に対して、アンワルは「仕返しなんてできないさ、もし仕返ししてきたら皆殺しだよ」とほざきます。

テレビ局の女性のひとりが「人を殺して、おかしくなったのね」とつぶやいたことも印象的でした。
中には、まともな倫理観を持つ人もいるようです。


~大虐殺を経て~

村での大虐殺の撮影を終えたとき、青年団のリーダーは「今見せたのは未来の我々の姿とは違う、もっと慈悲深いものでないといけない。真実じゃない。我々が怒ったときのシミュレーションだ」と主張します。
いやいや、実際の殺戮はもっとひどいだろ。こいつは目の前の光景を見て、罪悪感から逃げようとしているように思えます。

吐き気がしたのは、撮影をした男の中に、(書くことも不快なので反転)「美人は全員犯すさ、それが14歳だったときにはたまらなかった。『お前には地獄だが俺には天国だ』と言ったよ」と自慢げに話す超絶ドクズがいたこと。もう我慢ならねえ。


~アンワルの心変わり~

劇中では心底ウンザリするクズ野郎どもの告白ばかりでしたが、アンワルだけは徐々に心変わりをしていきます。

大虐殺の撮影を終えたアンワルは、泣きはらす子どもたちを観て「後悔しているよ、ここまでひどい光景になるとは。親を殺され、家を焼かれ、この子たちの未来はどうなる?残りの一生、俺を恨むだろう」と神妙な面持ちでつぶやくのです。

監督は、夜の海を見ているアンワルに「因果とはなんですか」と質問します。
アンワルは「自然の法則みたいなものだ。暗闇の中で考えるが、見渡す限りの闇が広がっている。実に恐ろしい」と、まさに果てしない闇だけがある海を見ていました。

アンワルは針金でプレマンに殺される男を演じていました。
アンワルは、なんとその光景を孫たちに見せたいと言います。
監督のジョシュアの「残酷すぎる」という助言をふりきり、アンワルは「じいちゃん、哀しいね」「太っちょに痛めつけられているよ」と、孫たちに語りかけながら映画を見ていました。

アンワルは「俺が拷問した男も同じ気持ちだったかな。気持ちがわかるよ。尊厳を踏みにじられた気持ちがな。恐ろしい。恐怖が襲ってきた」と語ります。
ジョシュアは「彼らの恐怖はそんなものではないです、これは映画です」と、もっともなことを言いますが、アンワルは「わかるんだよ」とだけ答えました。

アンワルは、針金で人を殺すマネをしていた場所に戻ってきて、こう振り返ります。
「これ(針金での殺人)を大勢にやったよ、俺は報いを受けているだろうか、そうであってほしくない。いけないことだが、やるしかなかったんだ」

そう答えたあと、アンワルは胃液が戻ってきそうなほどの、嗚咽をあげました。何度も、何度もー
何とかこらえたアンワルは、車が行き交う夜の道へと、消えていきました。


~アンワルは、なぜ孫たちにビデオを見せたのか~

アンワルは、自身が殺されかけている姿を、なぜ孫に見せたのでしょうか。
自分には、孫たちに自分のようなことをしてほしくないと思って見せたように思えました。

孫たちに、おじいちゃんが酷い目に合わせられるのを見て、「哀しい」と思ってほしかったのでしょう。
それは、今までアンワル自身が持ってこなかった感情なのでしょうから。


~罪の意識~

アンワルは、人を殺したことを後悔していました。
悪夢もたびたび見ていていたとつぶやいています。

一方、虐殺を経て成金野郎になった男は、「俺は人を殺してきたが、それが許されてきた。その証拠に捕まっていない。おかげで罪悪感もないし、悪夢にも縁がない」と思っていました。

肝心なのは、殺人への罪の意識があるか否かなのでしょう。
罪の意識がなければ楽しく暮らし続け、罪の意識が芽生えればアンワルのように苦しむ……皮肉なものです。


~報い~

アンワルは「俺は報いを受けているだろうか、そうであってほしくない」と言っていました。

殺人はどんな理由があろうとも、許されないことです。
しかし、アンワルはずっとそれが許されてきて、それどころか賞賛されてきました。
そんな異常な世界で、異常なこと(=殺人)をしていたことに気づいたアンワルは、自身に罰を与えてほしかったのではないでしょうか。

しかし、罰を与えるものなど、どこにもいません。
彼は、英雄なのですから。

映画の中でさえも、自分が殺した共産主義者に「私を天国に送ってくれてありがとう」と言われています。
アンワルが報いを受ける日は、永遠に来ないのでしょう。

アンワルの“闇”の深さは計り知れないものがあります。
それはひとえに、殺人が許されてきた異常な世界のせいでもあるのでしょう。

いくら悪いことをしても、ぜんぶ許される世界なんて、ちっともうれしくないです。
悪いことをすれば、それ相応の罰が与えられるー
人の世のはそうあるべきだと、この映画は教えてくれました。


おすすめ↓
町山智浩が映画『アクト・オブ・キリング』を語る - YouTube
宇多丸が映画『アクト・オブ・キリング』を語る - YouTube
映画評論家・町山智浩、デヴィ夫人の訴え黙殺に「日本のマスコミは最低だ!」 | 世界は数字で出来ている
アクト・オブ・キリング(ネタバレ)|三角絞めでつかまえて
アクト・オブ・キリング - みんなのシネマレビュー

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2014-05-07 : 旧作映画紹介 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
> お前には地獄だが俺には天国だ

「俺にとっては神の贈物だがお前等にとっては地獄の宴」
某ブロント氏の言葉を本気で使う人が、それも「ブロント語」など知らない異国の地の人物がいたことに驚きです。


> アンワルの心変わり

興味深い話があります。

「AくんはBくんにゲームを貸したが、BくんはそのゲームをCくんに又貸しをした。そしてCくんはそのゲームを壊してしまった。Aくんは怒って弁償しろと言い出した。どうするべきだろう」という道徳課題に対して子ども達の多くは「Cくんが悪い、Cくんが弁償すべきだ」と答えた。
次に、この「ゲームの貸し借り」を芝居劇として彼らに演じさせ、改めて同じ質問をしたところ「BくんとCくんが半々に弁償すべきだ」という意見に変わった。

ロールプレイに於ける心理作用として、どこか似たものを感じました。

2014-05-18 16:31 : シオンソルト URL : 編集
No title
ようやく県内に来たので観賞してきました。
まだ信じられないです。色々な意味で日本なんかまだマシだな・・・と思いつつ、これが当たり前にならないようにして行きたいです。

虐殺者達をこう言うのは誤解を招くかもしれませんが、プレマン達はとても誠実に見えました。まさに、ありのままの自分達を見てくれ!
(でもヘルマンは誠実過ぎというか、ぶっちゃけ過ぎ・・・。彼の辞書に「立て前」という言葉は無さそうですね)
あと、ジョシュア・オッペンハイマー監督がプレマンと共産主義者達(共産主義者でない人達も大多数含まれるようですが)を公平に映すバランスの撮り方に苦心されているのが痛いほど伝わってきました。でも、やっぱりプレマン側の引き強過ぎですね・・・。映画も自由に観せない!だけは、ほんの少しだけ、プレマン側に肩を持ちたくなりました。
あと、これからこの本作を観る人には、決して彼らの行為を正当化する訳ではありませんが、同じ東南アジアの「カンボジア」では、共産主義者達こそが「あたりまえ」となり、プレマン達と同じを事した事実も知って置いて欲しいです。
「あたりまえ」は誰でも飲み込んでしまうのです。

~新聞発行人、ウィンクで人を殺す~
鼓笛を鳴らした者ですね。こいつだけは手放しで非難したいです。あんたの書いてるのは「新聞」じゃないよ・・・。
2014-06-14 21:19 : 毒親育ち URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。