ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

浮世絵で描かれるダメ学生 漫画「磯部磯兵衛物語」レビュー

漫画雑誌を読んでいると、ひとつかふたつくらいカラーが違う作品がありますよね。
本日は、少年ジャンプを読んでいると否応なく目に入ってくる異質過ぎるギャグ漫画作品「磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜」をご紹介します。

仲間 りょう
432円
powered by yasuikamo

まあ何が異質って絵ですよね。浮世絵じゃん。
日本が誇る芸術である浮世絵をギャグ漫画として落とし込むという発想。そんなの考えつく人が存在するのでしょうか(いただんだけど)。

で、本編はどうなっているかというと、1ページ目からこんな感じです。


春画拾った春画拾った

春画て。*春画・・・江戸時代のエロ本

じつはこの漫画は、浮世絵という絵柄で、学生のダメさを描く作品だったのです。

↓*以下、若干下ネタがあります


で、主人公の磯兵衛は、さっそく部屋で手に入れた春画を楽しもうとするのですが・・・

観られる<母登場

エロ本を楽しもうとしたときに限って母親が部屋にIN
現代でも江戸時代でも、思春期の少年の「あるある」って変わらないんですね(たぶん)

とつぜん入ってきた母に向かって、磯兵衛はこう思います。

母上様<急に開けんな。

素晴らしいね。世の中の少年の心を代弁しまくりです。
そして「母上様」と書いて「クソババア」と読ませるのも素晴らしいね。

その後も本編の内容は、まあ似たような感じです。

てつぼうぬらぬら<友だちが春画を拾って・・・

後で捨てておく<「後で捨てておく」と宣言しながらふところへ隠す

春画以外にも、ダメ学生ならでは行動が目白押しです。

言いたい<将来はインテリになりたい

仮病しちゃえよ<仮病しちゃえよ!(休もう)

学さぼり<学校サボっちゃった

口だけは大層だけど、だるいから学校をサボるという絵に絵に描いたようなダメさ。
学生時代にサボりを経験した人は、けっこう心が痛くなるかもしれませんね。

あとこの主人公、調子に乗ると優越感に浸りまくるのでうっとおしいことこのうえないです。

女の子から?<女の子からものもらったことないの?
あんまりない<えーかわいそうー

そのウザさは「カッコカワイイ宣言」を彷彿とさせました。

見逃せないのは、磯兵衛が中途半端な才能を見せることです。

じわほか
ちょっとずつ<中途半端に忍術が使える

つまりは、主人公・磯兵衛ってそれなりに才能がありながらも、努力をしていないだけなんですよね。
口で達者で、中途半端で終わっていて何も努力をしていないー
世の「何に努力をしていいかわからない」少年少女、かつてそうであった大人にとっては、かなり共感をしてしまう内容なのではないでしょうか。
そういう「ダメ学生あるある」を浮世絵という絵柄で描き、かつ成功しているのですから恐れ入ります。


ちなみに、史実の人物も登場します。

平賀源内平賀源内

アンギャー伊能忠敬行脚しているから叫び声がアンギャ)

春画を隠す宮本武蔵

素晴らしいですね。何がって五輪書を春画を買うためのカモフラージュに使う(エロ本を真面目な本に挟んでレジへ持っていく)という発想。そりゃ武蔵もキレるわ。

平賀源内はwifiルーターをこの時代に発明していました。できるわけねーだろ。
ほかにも徳川家一族全員が整然と登場したりと、ギャグ漫画という免罪符を盾にめちゃくちゃやってくれました(いいけど)。
そんな感じなので、偉人たちの扱いは冒涜になるかならないかどうかが際どいレベルです。


また、単行本のおまけページにある「江戸時代の豆知識」がかなり面白いです。

江戸時代の犬の鳴き声は「びょう」と表現されていたとか、江戸時代には曜日が存在しなかったけど寺子屋の休みは月に3回設定されていたとか、メガネをはじめての日本に持ち込んだのはフランシスコ・ザビエルだったなど、知る必要はないけど楽しい雑学ばかりでした。
中でも、葛飾北斎が春画を描いていたときのペンネームは「鉄棒ぬらぬら」だったというトリビアは、「ああ、マジで人生において何の役には立たねえ」と思わせてくれました。

ほかにも、作者の漫画制作の裏話もかなり楽しめます。
作者は担当のムチャぶりに文句を言っていますが、なんだかんだで担当と二人三脚で漫画をつくっていく様が想像できました。
ここだけでも、雑誌でしか読んでいない人も単行本を買う価値があるでしょう。


たぶん、読む前は絵柄で出オチと思われるでしょうが、読み終わってみると「あれ?意外と面白かった」というゆるい面白さがあるはず。肩の力を抜いて楽しめ、かつ江戸時代に(間違った方向に)詳しくなれる「磯辺磯兵衛物語」はかなりオススメの漫画です。

仲間 りょう
432円
powered by yasuikamo
*何気にamazonレビューも好評価です。

冒頭から「春画拾った!」とほざくことに抵抗がなければ、読んでみるのもいいと思いますよ。
(ハードル高いな)(ちなみに作中には武士のことば「候(そうろう)」と早漏をかけたギャグが登場します)(※これは少年誌掲載です)

↓こちらで試し読みができます
<『磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト>

2014-05-19 : いろいろコラム : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
主人公「磯部磯兵衛」の名前は、明らかに「野比のび太」を参考にしていますね。

それにしても今のジャンプはこんなマンガも載っているんですか。
月刊文芸誌「オール読物」あたりに掲載されていてもおかしくないような。
2014-05-20 07:33 : シオンソルト URL : 編集
Re: No title
> 主人公「磯部磯兵衛」の名前は、明らかに「野比のび太」を参考にしていますね。

さすがシオンソルトさん。そんなところに気づくなんて、そこにシビれる憧れる。
2014-05-20 22:57 : ヒナタカ URL : 編集
No title
> そんなところに気づくなんて

ガリレオ・ガリレイなどのイタリア人名を除けば、こんな名前は他にはハンバート・ハンバート(『ロリータ』の主人公)くらいしか思い出せませんもの。(映画評論家ヒナタカさん的にはこちら?)

2014-05-21 02:34 : シオンソルト URL : 編集
No title
>てゆーかさっき春画拾った!
同意流れでこうなったのか気になりすぎて夜も眠れないのでまず一巻買いますw
2014-05-22 14:36 : ライダー URL : 編集
No title
> 平賀源内はwifiルーターをこの時代に発明していました

ちなみに小暮伝衛門(デーモン閣下)の戯曲『真説・照美事音傳來記』(てれびじおんでんらいき、と読む)には源内の4代前が登場し、えれきとりぃあんてな(鳥居)を発明、照美事音の放送を日本全国に届けるための中継局としたという場面があります。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9134373

2014-05-27 17:58 : シオンソルト URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。