ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

彼が見せてくれた世界 映画「グランド・ブダペスト・ホテル」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はグランド・ブダペスト・ホテルです。


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:お菓子のような映画かと思いきや、毒入り



あらすじ


1932年、ズブロフカ共和国にあるグランド・ブダペスト・ホテルを仕切るコンシェルジュのグスタヴ(レイフ・ファインズ)は、多数の“おばさま”を中心とした客たちをもてなしていた。
しかし、常連客のマダム(ティルダ・スウィントン)が亡くなったことにより、グスタヴは殺人容疑者となってしまう。グスタヴはベルボーイのゼロ(トニー・レヴォロリ)とともに、真犯人を見つけだし、己の威厳を取り戻そうとするのだが……




ファンタスティックMr.FOX」「ムーンライズ・キングダム」のウェス・アンダーソン監督最新作です。

本作は、非常に特徴的な映画です。

その理由のひとつが、シュテファン・ツヴァイクの人生をもとに作られた映画であること。
ツヴァイクは現在ほとんどの人が存在すら知りませんが、1930年代は著名だった作家であり、著名人とのネットワークを持ち、戦争を反対していた人物だったのだとか。
本作の主人公・グスタヴの姿はツヴァイクそのもの。多数の著名人との交流を持つことはもちろん、その生きざまには多くの共通点がありました。

物語は、ツヴァイクの著作「昨日の世界」ををもととしている部分もあります。

シュテファン ツヴァイク
3456円
powered by yasuikamo

ほかにも「心の焦躁」「変身の魅惑」という著作も参考にしているのだとか。
本作はフィクションでありながらも、ウェス監督が敬愛する作家の人生を投影した作品でもあるのです。

映画には史実をもととしたメタファーが出てきます。
たとえば、タイトルにあるブダペストは言わずもがなハンガリーの首都です。
ハンガリーは多民族国家としても有名であり、そのまま多種多様な人間が集まるホテルのことを示しています。

さらにさらに、ハンナ・アーレントの著作「イェルサレムのアイヒマン 悪の陳腐さについての報告」や、イレーヌ・ネミロフスキーの「フランス組曲」をナチスへの反応について参考にしているのだとか。

このあたりは、<町山智浩が語る『グランド・ブダペスト・ホテル』の元ネタとテーマ>を聴くとすごくわかりやすいです。
本作が海外の批評家から大絶賛を受けているのは、そうしたフィクションとは思えないほどの、当時の世界情勢がリサーチがなされていたためでもあるのでしょう。


さて、そんな世界情勢やら知られざる作家やらの情報が詰め込まれているので、難解な堅っ苦しい映画かと思われるかもしれませんが、ぜんぜんそんなことはありません。
↑のような情報をまったく知らなくても(知ったほうがより楽しめるけど)映画はおもしろく観れるはず。
とにかくテンポがよく、娯楽性抜群。決して「れきしのおべんきょう」には傾くことなく、妙ちきりんな人物ばかりを描く群像劇的として楽しく仕上げられていました。

物語で見逃せないのは、偏屈なコンシェルジュのグスダヴと、もうひとりの主人公とも言えるロビーボーイのゼロとの交流を描いていること。
ウェス監督は「東欧を背景としたことに歴史的、社会的な意図はなくて、ツヴァイクの個人的な思い入れが大きかった」とインタビューで語っています。
ゼロは監督自身が投影されたキャラクターであり、憧れの人物であるグスダヴと仲よくなりたい(=モデルとなった人物であるツヴァイクと語らいたい)という想いのあらわれのようにも感じました。

登場人物が非常に多い作品なので、観る前は覚えきれるかなとか、混乱しないだろうかと心配もしましたが、それも無問題でした。だって、誰ひとりかぶらないほどキャラが濃いのですから

それを演じる豪華過ぎるキャストも魅力のひとつ。ハーヴェイ・カイテルエイドリアン・ブロディウィレム・デフォージュード・ロウビル・マーレイエドワード・ノートンとベテランが勢揃いしています。
たとえばティルダ・スウィントンは「スノーピアサー」で出っ歯のオバちゃんを演じていましたが、今作は80歳オーバーのおばあちゃんを演じていたりします。最近変な役ばかりですね。
正直出番が少なすぎて印象に残らないキャラも多いのですが、「この人がこんな役で?」っていう印象まで楽しんでしまうのが吉です。


そして、画づくりに触れないわけにはいけません。
色とりどりの美術はもちろん、とことん「正面」「真横」からとらえた画、シンメトリー(左右対称)な構図など、一目見ただけで「あ、ウェス・アンダーソン監督だ」と思える要素ばかりです。
ロケ地であるドイツのゲルリッツの町並みもとっても魅力的。観ているだけで楽しくなります。

さらに今作では、作中で描かれる時間軸によってアスペクト比(画面比率)を変えるという試みもされています。
メインで描かれるのは1932年の物語で、そのときの画面比率は1.33:1。カラー作品ではありますが、「アーティスト」のような昔の映画へのリスペクトにも感じました。

音楽の魅力も忘れてはいけません。

Various Artists
942円
powered by yasuikamo

どこかロシア民謡を思わせる曲調と楽しさで、本作のかわいらしい印象に一役買っています。

また、本作には唐突な残酷描写があります。前知識なく観るとギョッとすることは間違いないでしょう。
なぜか日本ではG(全年齢)指定ですが、子どもが観るとトラウマになりかねません。多少下ネタも含まれていることですし、PG12指定と思って観ることをおすすめします。


はっきり言って、ものすごく好き嫌いがわかれる映画です。
作風はブラックよりのコメディなので笑えない人には笑えないでしょうし、色彩感覚も観る人によっては気持ち悪いと感じるかもしれないですし、なんとなくポスターを観て「おしゃれでかわいいかも〜」とお菓子のような映画を期待するとちょっと血の味がするじゃねえかってツッコミたくなるかもしれません。

しかし、この“毒々しさ”もこの映画の魅力のひとつ。
ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」や「スナッチ」のような群像劇が好きな人も、きっと気に入るでしょう。
甘々なお菓子だけじゃもの足りない、ビターな苦みを期待する人におすすめします。

そうそう、エンドロールは最後まで観ましょう。そうすると、ちょっと幸せになれるかもしれませんよ。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓








本作は章立てになっているので、それごとに書いてみます。

〜パート1 ムッシュ・グスタヴ〜

この映画は、
現代:現代の少女が「グランドブタペストホテル」という本を読み、
1968年:その本の登場人物である年老いた“ゼロ”がその本の作家と出会い、
1932年:ゼロの若き日が描かれる(これが本の内容)
という、3重の入れ子構造になっています。

本の話<じつは本の話

これも、この物語がツヴァイクの著書をもとにつくられたことを示しているのでしょう(ツヴァイクの著者には、この入れ子構造がよく使われているそうです)。

1932年当時、グスダヴは人気者でお金持ち、虚栄心もたっぷりで、気に入ったおばあちゃんととにかく仲よくしようとする八方美人なところも見られます。
対してロビーボーイとして入ったゼロは、その名前と同じように教育も経験もゼロ(グスダヴに勝手に思われている)、だけど誠実な少年です。
ふたりはまったく正反対。このふたりがどのような人生を送るのか、そこが見所になっています。


〜パート2 マダム・VDuT〜

プレイボーイなグスタヴは、ベッド上でも女性を愛します。たとえ84歳でも(しかも若いほうらしい)。

夜は激しかった<夜は激しかったなあ。

そりゃゼロも引くわ。グスタヴはグスタヴで、「たまには安いフィレ肉もいいさ」と言っているし……ストライクゾーンが広すぎですね。

そんな折にそのマダムが亡くなったとの知らせが舞い込みますが、遺言により「少年と林檎」という絵画がグスタヴに送られることになります。
当然その場にいた親類、ならびに息子はいい気はしません。
「母に指一本でも触れてみろ!」という息子に対して、グスタヴは「友だちとは寝るさ」とほざいたためにいいパンチをもらってしまいます。
こいつけっこう敵つくるタイプだな。すかさず息子にパンチを返したゼロはいいやつだな。

ゼロとグスタヴは協力して、「少年と林檎」とエロ絵画を入れ換えて盗み出します。
あとグスタヴは絵をやっぱり売ろうと提案するのですが、そのときのゼロの取り分が5%というのは守銭奴にもほどがありますね。


〜パート3 第9犯罪者拘留所〜

警察の調べによりマダムは殺されたとわかり、(逃亡した)証人がいたためにグスタヴは警察に容疑者として連行されそうになります。グスタヴがやったことは、速攻逃げることでした。

すかさず逃亡<なかなかのスタートダッシュ

でも逃げ切れるわけもなく、グスタヴは留置所へ。
脱獄のためには掘る道具が必要ということで、ゼロの恋人のケーキ職人・アガサから送ってもらう"コーテザン・オ・ショコラ"というお菓子にパレットナイフを入れてもらいます。
このお菓子の作り方は、以下の動画でも観ることができます。
<「グランド・ブダペスト・ホテル」特別映像  メンドルの"コーテザン・オ・ショコラ"の作り方 - YouTube>

一方マダムの息子は、弁護士に法に背くことを要求。当然弁護士はそれをよしとはしないのですが、息子に雇われた探偵(見た目は殺し屋)は怒ったためか弁護士の猫を窓の外に投げ出します
猫かわいそう……。つぶれてぐちゃってなっちゃった猫ちゃんは(たとえ遠目でも)見たくなかったよ。
弁護士も弁護士で、猫の墓をつくらずにゴミ箱に捨ててしまうのがショックでした。

しかも探偵は弁護士の後を追い、扉で指4本をぐちっとつめた上にぶっ殺します。どこが探偵やねん(実質的にも殺し屋でした)。

その後、脱獄したグスタヴのところにゼロもやってくるのですが、ゼロはいろいろ準備が足りないばかりか言いつけられていた香水も忘れてきてしまっていました。
ここでゼロは自分の生い立ちを語ります。戦争で家族が皆殺された難民であったことを……
少しだけゼロのことを理解したグスタヴは、ゼロとともに事件の真相を追います。

あと、fruit(果物)に同性愛者という意味があるのははじめて知りました。


〜パート4 鍵の秘密結社〜

息子はやっとこさ家にあった「少年と林檎」がエロ絵画とすり替えられていたことに気づきます。遅いよ。
もちろん差し向けるのは探偵……じゃなかった殺し屋。彼はグスタヴの殺しの証人に仕立てたられた執事の妹をも殺していました。

かえってこい<見た目どころか行動もこわすぎ。

グスタヴとゼロは、“人づて”の伝言のおかげで、懺悔室で執事と出会うことができたのですが、すぐさま執事は殺されてしまいます。
それをやったのは、当然殺し屋の男。ふたりはスキーで逃げていく後をそりで追います。

ゆきみち<なかよくそりで。

滑りきった先で、殺し屋は崖に立ってグスタヴを追いつめるのですが、ゼロが殺し屋を突き落として勝利!
警察に追われる彼らが、少しだけ殺された執事のために黙祷を捧げるのがおかしかったですね。でもいいやつらだ。


〜パート5 2通目の2通目の遺書〜

殺された執事が教えてくれたのは、マダム自身が「殺されたとき」のための遺書のコピー(2通目の2通目の遺書)が存在していること。
ふたりは、ホテルで絵画を持っているアガサが危ないと気づき、駆けつけます。

そこでは警察もやってきて三つどもえの銃撃戦に。警察がもうめんどくさいとでも言いたげに「もうお前ら全員逮捕だ!」と宣言するのがおかしかったですね。

遺書は、絵画の裏に隠されていました。
その内容は、もちろん全財産をグスタヴに献上するということ。晴れてグスタヴは無罪放免、莫大な財産を手にすることができたのです。


〜エピローグ〜

しかし、映画はハッピーエンドでは終わりません。
史実でハンガリー王国が1940年後半より王制が廃止され共和国となったのと同じように、架空の国・ズブロフカは消滅して共産国となりました。
ゼロと結婚したばかりのアガサはプロイセン風邪のために若くして亡くなり、グスタヴも検問で兵の意に背いたために殺されてしまいます。

グスタヴは以前と同じように、ゼロに乱暴をしようとする兵に対して激昂していました。

ロビーボーイにさわるな<手を出すな!

グスタヴ自身も、はじめは下っ端のロビーボーイとして働いていました。
彼にとって、ゼロは昔の自分を見ているかのような存在だったのでしょう。


〜幻〜

年老いたゼロは「世界は、かつての人間性をなくした」と語ります。

グスタヴは多くの人をホテルに招き入れ、その人を愛する性格でした。
しかし、戦争が起こった世の中では、それも叶いません。人は他人を簡単に排除して(殺して)しまうのです。
かつて、作家のツヴァイクが嘆いたことと同じように……

作家は、年老いたゼロに「あなたがこのホテルを貰い受けたのは、感傷のためですか」と質問をします。
ゼロはこう答えました。

「感傷?そうではないよ。
わたしたちは互いを知りたかった、精神衛生のためにね。それは“消えた世界”との最後の絆だ。
彼の世界はずっと消えていたんだよ。
彼は、幻をつくって見せてくれたんだ」


それを聞いた作家は、ホテルのことを「二度と見ることのない、すてきな廃墟だった」と振り返ります。

ゼロにとってグスタヴは、多数の人が一同に集まる場所=グランドブタペストホテルをつくってくれた人でもありました。
しかし、グスタヴのいた時代であっても、検問のために不当に人が排除されること、戦争により人が殺されることがありました。
グランドブタペストホテルも、その現実の中では、“幻”のような存在にしかすぎなかったのです。

ホテルにはかつての活気はありません。
しかし、ゼロにはグスタヴと、ほんのひとときの結婚生活をしていたアガサとの思い出は残ります。
それはたとえ幻であったとしても、“ゼロ”ではない、かけがえのないもののはずです。

ちなみに、エンドロールでコサックダンスを踊るアニメのおじさん、よく見ると笑顔になったりしかめっつらになったりと表情が豊かでした。
後味はビターな作品でしたが、コサックおじさんはたっぷり笑顔にしてくれました。

おすすめ↓
#154 グランド・ブダペスト・ホテル/見た目は甘い、でも実は中身は苦いケーキのような映画。 | Tunagu.
『グランド・ブダペスト・ホテル』とツヴァイク - 映画評論家町山智浩アメリカ日記
映画「グランド・ブダペスト・ホテル」プロの誇りと甘いお菓子とかわいい箱庭の三重奏。 | きさろぐ。
佐藤秀の徒然幻視録:グランド・ブダペスト・ホテル

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2014-06-11 : 映画感想 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

コサックおじさん
そうなんです!この映画、エンドロールのコサックおじさんがやたらと可愛いんですよね。

仰る通り、好き嫌いがはっきりわかれる映画で、私のまわりではダメという人が多かったです。私はどちらでもありませんでしたが・・・すごくウェスらしい映画でしたね。この映画が彼史上最も世界であたったのは何故なのか、今でも不思議です。

ちょっとオサレ番町ソフィア・コッポラの「マリーアントワネット」を思わせるお菓子のような色彩が、毒を含みながらもすごく綺麗だからでしょうか。それとも艶話的ながら戦争を憎む気持ちや、文化への憧れを感じさせるストーリーだから? 有名なクラシックの絵画を鑑賞するような気分にさせてくれるからかもしれませんね。それなら日本でもあたるはず。(おばさまたちにちゃんと訴求できていれば・・・・)
2014-06-11 10:44 : My Name Is LULU URL : 編集
No title
このホテル泊まりたい!そして巻き込まれない距離を保ちつつ、グスタヴとゼロを見守りたい!

>難解な堅っ苦しい映画かと思われるかもしれませんが、ぜんぜんそんなことはありません。
オシャレでかわいい雰囲気に、かわいいおじさんと男の子のコメディな予告編効果か女性客ばかりでした。女子高生グループまでいましたよ。
余談ですが、ロビーで聞いたガールズトークによると、ウェス・アンダーソン監督はイケメンだそうです・・・。

>PG12指定と思って観ることをおすすめします。
生首出したらR15以上とか聞くのですが、今一はっきりしませんね映倫の基準・・・。

>"コーテザン・オ・ショコラ"
この箱がロビーにグスタヴの等身大ポップといっしょに積んであって、一つ欲しいくらい出来が良かったです。
あと「チョコレート・ドーナツ」公開時に地元のパン屋と洋菓子店がコラボキャンペーンを張ってくれたのですが、本作でもやって欲しかったです。

>~幻~
ズブロフカ時代には「グスタヴ・H」という人間を見て寛容な「対応」をしてくれた兵士達が、銃殺という「処理」をしてしまうようになってしまったのが悲しかったです。

それにしてもこのコンビ、一回で終わらせるには惜しいです!
2014-06-11 23:44 : 毒親育ち URL : 編集
No title
エンドロールのコサックおじさんのアニGIFが欲しくてたまりません。
2014-08-29 23:32 : URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。