ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

墓標の日付の意味 映画「LUPIN THE ⅢRD 次元大介の墓標」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はLUPIN THE ⅢRD 次元大介の墓標です。


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:こういうのが観たかった


あらすじ


ルパン三世と次元大介は東ドロア共和国で秘宝を奪うことに成功する。
しかし、逃げ先にはなぜか必ず警察が逃げ場所を知っているかのように迫っており、さらに凄腕の殺し屋・ヤエル奥崎に次元が撃たれてしまう。
ルパンと次元は事件の真相を追うのだが……




超おすすめします
これはもう、「最近の軟弱なルパン三世はルパン三世じゃない!ハードボイルドで格好いいルパンが観たい!」と思っている方は女房を質に入れてでも観るべきでしょう。

本作は深夜アニメとして放送されていた「峰不二子という女」の続編です。

栗田貫一
9980円
powered by yasuikamo

自分はこのシリーズは未見でしたが、峰不二子がルパンたちと出会う前の物語が描かれており、画も原作のルパン三世をフィーチャーした大人向けの内容なのだとか。
この作品でキャラクターデザイン・作画監督を務めた小池健は、本作では監督・演出・キャラクターデザイン・メカニックデザイン・作画監督までを担当しています。

「次元大介の墓標」の印象は、とにかく“かっこういい”のひと言につきます。
原作を意識した作画は精錬されており、敵に至るまでしっかりとキャラ造形がしてあり、終盤への伏線も充分。演出、脚本にまったくムダがありません
本作の上映時間は、合わせた50分少々(オープニングやエンドロールを除けば50分未満)なのですが、長編映画にひけを取らないほどの満足感がありました。

また、本作には「ルパンVS複製人間」へのリスペクトを十二分に感じました。

山田康雄
3240円
powered by yasuikamo

「複製人間」と「次元大介の墓標」は画だけでなく、ルパンと次元の関係も似ています。
ふたりはちょっとドライに見えながらも、己の信条を持ち行動しているのです。

ルパン三世のファンにとって、「『カリオストロの城』は本当のルパンじゃない、複製人間がもっともルパンらしい」ということはよく語られているのですが、本作はそうしたファンの溜飲を下げてくれることは間違いありません。

……なのですが、本作の最大の難点は、現在新宿バルト9でしか上映しておらず、しかも2週間限定の公開ということです。
7月12日、19日から上映劇場が増えるのですが、これほどまでに優れている作品を観ることが叶わない状態になっているのはもったいないと言わざるを得ません。

また、本作のレーティングはPG12指定。
不二子ちゃんがかなりセクシーな感じになるので、お子様の鑑賞には注意したほうがよいでしょう。
このオトナ向けの描写も、古参のルパンファンに向けたものに思えてうれしくなります。

ほかの不満点は、背景にある国家の問題が台詞だけの描写に留まっていること、もっと長い時間観たいと思うことと、前・後篇の構成になっているため劇場で観ると少々テンポを削いでしまう印象があること。映画ならではのボリュームを感じにくいのは、やはり欠点なのかもしれません。

また、本作を観るときは、タイトルにもなっている次元大介の墓標に書かれている“日付”に注目してみることをおすすめします。
これには、とっても素敵な意味があるのです。

ルパン三世ファンにとっては大満足。そうではない一般の方も楽しめること間違いなし。
ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE」に感じていた物足りなさは、この作品が完全に払拭してくれました。
次元ファンにとって、かっこよさはもちろん、史上まれにみるくらい次元の素顔が見れる(いつもは帽子で目が隠れている)作品なので必見でしょう。

長らくルパンの短編ものは「死の翼アルバトロス」が最高傑作だと思っていましたが、本作はそれに匹敵します。これでいかに実写版『ルパン三世』が駄作だったとしてもダメージ少なくてすむぜ!
全国一律1300円という低料金で観ることができます。近くでやっていたらぜひ。
エンドロール後にもおまけがあるので、最後まで観ましょう!

以下、結末も含めて盛大にネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓ 今回は観ている人が少ないと思うのですが、ラスト付近の展開には触れざるを得ないので。










〜敵キャラ・ヤエル奥崎〜

もうこの敵キャラが魅力たっぷりでたまりません。

ヤエル奥崎<見た目は渋いおじさん

・初登場時にライフルを手動で組み立てる
・サイコロを振って、その目の数で相手をしとめる
・ターゲットの墓標を前もってつくっておく
・いままでに仕事をしくじったことはない
・狙撃だけでなく、近距離での早撃ちにも強い
・インテリで、右の眼球にひっつける装置の製作も手がける
・変態ロボット(後述)をつくる

など非常に高スペックで、自分の中二心が刺激されまくりでした。最後のひとつで台無しな気もするけど。
相手をしとめるまでに回数を重ねる、という“自分ルール”があるため、ルパンと次元を逃してしまう展開に説得力があるというのがいいですね。
ライフルを組み立てる動作を丁寧にじっくりと見せてくれるのが、緊張感を高めてくれます。

初登場時、赤い背景をバックに、墓場に登場するするのがまた格好いいです。

白黒赤<墓標の前に、男は立つ

赤は“血”の象徴。その威圧感、何者がわからない不安、「ただ者ではない」印象を持たせてくれました。


〜変態ロボットVS峰不二子〜

本作のアダルティな描写は、不二子が捉えられて、裸で巨大なガラスケースの中に閉じ込められ、股間にドリルがついた巨大なロボットに攻められるというものでした。

俺のドリルは天元突破しすぎ

どう考えてもドリル=男性のアレじゃないですか。変態だー。
ちなみに、「鉄男」というR15+指定の低予算悪趣味映画、「DEAD LEAVES」というPG12指定じゃ足りない破天荒アニメにも、似たようなドリルチ○コの描写があります(誰も得しない情報)。

あとルパンが助けにきてくれて、ガラスケースが割れたとき不二子はどうやって姿を消したのでしょうか(服はどこから手に入れた)。まあ不二子だからなんでもできるよね。


〜次元の勝負〜

ヤエル奥崎は、街の監視カメラを見ることができる装置を右の眼球につけていました。
そのためにルパンと次元の行動を先読みできていたのですが、彼はその装置の“裏”をかかれてしまいます。

次元は中盤、ルパンの誘いに乗って飛び出したために、額を撃たれて死んだように見えました。
じつはこのときルパンは、監視カメラに細工をし、映像を0,5秒ほど遅らせて、ヤエルが狙撃に失敗するように仕組んでいたのです。
撃たれたように見えたのは、額と後頭部につけた血が噴出する細工のためでした(おかげでヤケドしちゃう)。

ちょっと残念だったのが、終盤のルパンへの「1発」の狙撃が外れたことの説得力がなかったことです。
同様に映像を遅らせて転送した→風が強かったため、標準の微調整がうまくいかなかったと思うところですが、ヤエルはこのときモニターじゃなくて自分の肉眼で狙撃をしています(ルパンが隠れたところにいないので)。これだと標準は合うんじゃないかな?

*以下のコメントいただきました
この1発を外したのは、次元によって右胸を狙撃された衝撃で狙いが逸れたのかな、と思いました。
しかし、ヤエルが撃ってから次元が撃ったのか、その逆だったかは判断できず……


しかし、そんなツッコミどころがどうでもよくなるくらい、次元の後ろからの狙撃はかっこうよかった!

次元再登場ジョン・ウー監督作品のように鳩も飛びます。

ルパンが眼球にひっつける装置をパクって、逆に利用したというのも素敵。
次元はルパンに対して「あくまでビジネス上のパートナー」と言っていますが、やっぱりいいコンビだよなあ。

そしてはじまる次元とヤエルの早撃ち勝負。
はじめてふたりが対峙したときは、ヤエルは銃を軽くしていたこともあり、次元が負けてしまっていました。

しかし、今回は次元はヤエルとほぼ同時に発砲、ヤエルの弾と己の弾をぶつけ合い、次元の弾はヤエルの右腕に大きな風穴を開けました。
ヤエルの弾だけがそれていったのは、ヤエルが銃と弾を軽くする細工をしていたから。次元の重い弾は、弾道変化が少なくてすんだのです。

勝負がついた後、次元はヤエルの軽い銃弾のことに、こう言います。
「俺に言わせりゃ、ロマンにかけるね」

次元は序盤に、ルパンに「お前も軽い銃にすればあいつに勝てるってことか?」と問われて「ごめんだね」と答えています。
「世界最高のガンマン」を自称する彼にとって、銃の細工などロマンに欠けることだったのです。かっこうよすぎです。次元になら抱かれてもいいと思いました。

また、次元は、自分がボディガードをしていた歌手を(国家同士で紛争を起すため)ヤエルに殺されてしまい、「救える命だった」と後悔をしていました。
次元は歌手のマネージャーにはお役御免と言い渡されていましたが、コンサートには潜り込んで、当初の予定ぶんはボディガードを務めようとしていたのに……

次元はその自身の中途半端な仕事を恥じ、プロのガンマンとしてヤエルに打ち勝とうとしたのでしょう。


〜墓標の日付〜

ヤエルが標的の次元をしとめる前にたてた墓標の日付は、“April 1st”でした。

墓標の日づけ

4月1日、つまりエイプリルフール。「次元が狙撃されて死んだように見えたのはウソだよ」と暗示していたのでしょう。

ちなみに、墓に添えられていたパセリの花ことばは「愉快な気持ち」や「死の前兆だそうです。

また、年代は微妙に隠れていて読みづらいのですが、作中で「1973」と確認できました。

この年代の意味がわかったのは映画のラスト。
なんと、マモーが登場。彼はルパンをモニターで見ながら「禁断の果実を口にしたな」と言うのです。

「ルパンVS複製人間」の製作年は1978年。
つまり、墓標の年代は「この作品は『ルパンVS複製人間』よりも前の時系列の作品ですよ」と示していたのです。
ルパンと次元の(お互いをフルネームで呼び合ったりする)ドライな関係も、この(コンビを組んで間もない)ためだったのでしょう。

ちなみに、「ルパンVS複製人間」はクローンというセンセーショナルな題材を取り入れたことでも話題になった作品です(1978年には世界初の体外受精児が生まれています)。

クローンは“神への反抗”ととらえられることも多いもの。マモーの言う禁断の果実とは、旧約聖書に記された「知恵の樹の実」のことです(「ルパンVS複製人間」のマモーの部屋には「アダムとエヴァの原罪とエデンの園からの追放」「アダムの創造」の絵画が飾ってあります)。


〜エンドロール後〜

ルパンと次元は、最後に「一介の泥棒」「一介のガンマン」「泥棒は正義の味方じゃねえ」とタバコを吸いながらお互いに言い合いました。

エンドロール後には、ヤエルが作ったルパン、不二子、次元の墓標の前に銭形警部が登場。「忙しくなりそうだ」と言ったところで、映画は幕を閉じました。

銭形<ラストのみの登場

てっきり「ルパ〜ンお前死んじまったのか〜」とギャグっぽく言うのかと思っていましたが、これも本来の銭形警部のクールさに思えて大好きでした。
これからルパン一味と銭形は、マモーとの闘いに挑むのでしょう。

ちなみに、石川五ェ門の出演シーンはなく、ルパンが不二子に奪い取らせたニセの暗殺リストに「修行バカ」と書かれていただけでした
あの、彼の出番が少ないのはよくあることですけど、次回作では活躍させてください。

参考↓
予告映像!今夏劇場公開へ!「LUPIN THE III RD 次元大介の墓標」次元大介という男! - NAVER まとめ
製作費5億円「ルパン三世VS複製人間」を10倍楽しく観る豆知識【我が名はマモー】 - NAVER まとめ

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2014-06-26 : 映画感想 : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
当初観る予定はなかったのですが
ヒナタカさんの高評価を知り迷わずバルト9へ向かいました。

いやー格好良かった!!
面白かったと言うより格好良かった!!
(もちろん超がつくほど面白かったです)

自分はルパン3世についてはそれほど観ていたわけでなく、
精々テレビで放送しているのを観る程度だったのですが、こんなに面白いとは思いませんでした。次元マジ格好良い!!
作品全体を覆うハードボイルドな雰囲気は、ソフト帽とスーツ、そしてリボルバーを身につける次元にマッチしていたと思います。
ルパンとの軽妙なやりとりも健在で、不二子ちゃんとの騙し騙され、盗み盗まれな展開にもニヤリとしました。
ルパンったら胸触ってる間にちゃっかり手帳盗んで……うらやま(ry けしから(ry

テレビサイズを2話分と言うことでスケールは小さめに感じましたが、その分展開はスピーディでテンションを維持したまま観ることが出来ました。
前後編にしてOPとEDを挟んだのは「峰不二子という女」に続くスピンオフシリーズという位置づけだからでしょうか……?

>ちょっと残念だったのが、終盤のルパンへの「1発」の狙撃が外れたことの説得力がなかったことです。
この1発を外したのは、次元によって右胸を狙撃された衝撃で狙いが逸れたのかな、と思いました。
しかし、ヤエルが撃ってから次元が撃ったのか、その逆だったかは判断できず……

>天元突破しすぎ
お、お前のドリルで不二子を……

>「俺に言わせりゃ、ロマンにかけるね」
この一言が次元とヤエルの違いを明言していると感じました。
護れるはずだったクイーンの仇討ちとも採れる理由からヤエルを追う次元。
ルパンに「銃そのもの」と言われたように依頼がなければ引き金を引かないヤエル。
命を奪わず利き腕を潰すことで人間としてではなくガンマンとしての生命を奪った次元。
ターゲットの墓を先に作ってまで相手を抹殺することにこだわるヤエル。
服装一つでも様々なブランドを着こなす次元と白いスーツしか持たないヤエルは対照的でした。
機械作りも一流で、オリジナルの銃を仕立てるヤエルはまるで計算された機械のようです。
しかし次元は「世界最高のガンマン」として小細工無しにヤエルに勝利しました。
“重い”弾の次元が“軽い”弾のヤエルに勝ったのも、何か意味深に感じます。
効率も大切ですが、ロマンを重んじる次元はホントに格好良い!

>次元になら抱かれてもいいと思いました。
ホントそう思います……!

それにしても帽子のフチからギラリと覗く次元の眼光はしびれますね……
次回は是非、修行バカこと五ェ門を主役にしたスピンオフを!
2014-06-29 14:06 : ライダー URL : 編集
Re: No title
ライダーさん、いつも参考になるコメントをありがとうございます!

> >ちょっと残念だったのが、終盤のルパンへの「1発」の狙撃が外れたことの説得力がなかったことです。
> この1発を外したのは、次元によって右胸を狙撃された衝撃で狙いが逸れたのかな、と思いました。
> しかし、ヤエルが撃ってから次元が撃ったのか、その逆だったかは判断できず……

なるほど、ぜひ追記させてください。

> >「俺に言わせりゃ、ロマンにかけるね」
> この一言が次元とヤエルの違いを明言していると感じました。
> 護れるはずだったクイーンの仇討ちとも採れる理由からヤエルを追う次元。
> ルパンに「銃そのもの」と言われたように依頼がなければ引き金を引かないヤエル。
> 命を奪わず利き腕を潰すことで人間としてではなくガンマンとしての生命を奪った次元。
> ターゲットの墓を先に作ってまで相手を抹殺することにこだわるヤエル。
> 服装一つでも様々なブランドを着こなす次元と白いスーツしか持たないヤエルは対照的でした。
> 機械作りも一流で、オリジナルの銃を仕立てるヤエルはまるで計算された機械のようです。
> しかし次元は「世界最高のガンマン」として小細工無しにヤエルに勝利しました。
> “重い”弾の次元が“軽い”弾のヤエルに勝ったのも、何か意味深に感じます。
> 効率も大切ですが、ロマンを重んじる次元はホントに格好良い!

銃そのものVSガンマンという例えがいいですよね〜紹介してよかったです。
2014-06-29 14:38 : ヒナタカ URL : 編集
私も観てしまいました!しかも3回
本当に、しびれる作品でしたー!
私は女ですが、3回も観に行ってしまいました。でも結構女子率も高かったです。女もしびれる硬派な映画だったと思います。
私は小池監督がキャラデザを手掛けたテレビシリーズ峰不二子という女も観ていたのですが…
これが、序盤から銭形警部のイメージは崩れるは、不二子に本当に苛立つは、イヤイヤ観てました。ところがラストを観て全てが消化・浄化されました。
今回は小池監督としての作品。時間も短く、どこまで物語として成り立つか…と考えていましたが、甘かったです!少し若く勢いある二人に対して猪臥銀(いぶしぎん)のヤエルオクザキ。とにかく小池監督のルパン愛を随所に感じました。
誰のセリフも一言一言がカッコいい。次元の銃のこだわりも、それぞれの信念がカッコよくて、すっかりハマりました!

今公開中の実写ルパンも、ルパン愛から来ているとは思いますが、こんなに表現が違うんだなぁと面白いと思います。でも同じお金を払うなら、こっちでしょう!という作品だしたね。
2014-09-03 01:42 : 雪だるま URL : 編集
No title
次元の墓標に1st Apr、ルパンが5st、不二子が6st
5th, 6thだと思うのですが、これも勘繰ってしまいますね
2014-12-28 17:25 : URL : 編集
やっと見れました!
カゲヒナタさんのレビューを読んで、ずっと気になっていた本作。やっと見ることができました。

レンタルでは2本借りなければならず、ちょっとイラッとしましたが、いや~見てよかった!
大人のためのルパンが帰ってきたよ~~~歓喜

ラストに、マルタ暗殺の真相をなぜマスコミに流したのか、ルパンに尋ねられた次元は「俺はうまい煙草が吸いたいだけた」と。。。

うひょう!かっこいいよ!しびれるよ!v-10


素敵な作品を紹介してくださり、いつもありがとうございます!
ブログ更新、がんばってください。
2015-01-26 11:42 : 鳥 URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。