ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

君はきっとそこにいる 映画「her/世界でひとつの彼女」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はher/世界でひとつの彼女(原題:her)です。


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:恋は“主観”でいいのかも


あらすじ


そう遠くない未来のロサンゼルス。代筆ライターのセオドア(ホアキン・フェニックス)は長年連れ添った妻のキャサリン(ルーニー・マーラ)と別れ、満たされない毎日を送っていた。
そんな折、セオドアは人工知能型OSのサマンサ(スカーレット・ヨハンソン)と出会う。セオドアは、次第に“声”だけの彼女に夢中になっていく……




マルコヴィッチの穴」「かいじゅうたちのいるところ」のスパイク・ジョーンズ監督最新作です。

本作のジャンルはSFであり、このうえない純愛が描かれたラブストーリーでもあります。

妻とわかれ、傷心中の主人公が見つけたのは、100万人のプログラマーにより構築された人格の集合体であるOSのサマンサでした。
“彼女”は声だけでの存在で、肉体はなく、人間ではありません。
それでも、主人公は彼女に恋をしてしまいます。

この設定を聞いて、「コンピューターに恋するなんておかしい」と思うかもしれません。
しかし、きっと映画を観ると、恋をするのも無理はないと、主人公に感情移入をしてしまうでしょう。

なにせ、このサマンサは主人公のことを全部わかってくれます。
ジョークも気が効いています。
落ち込んだときにはこれ以上のないなぐさめかたをしてくれます。
気が利いていてメールのチェックもしてくれます。
かと言って主人公を全肯定するわけでもなく、ときにはプンスカ怒ります。
さらに声はザ・セクシーなスカーレット・ヨハンソンです。

世の中に2次元美少女に理想を求めるオタク男子(偏見)はたくさんいますが、本作で描かれる女の子は視覚で認知することすらできません。
それなのに、サマンサはこれ以上なく、魅力的で、聡明な理想の彼女なのです。
ある意味で、究極の萌え形態なのではないでしょうか。

現実でもiphoneの「Siri」などは音声認識で答えてくれたりしますし、このような未来も本当にいつか訪れるのかもしれません。


この物語のミソは、いかに彼女が人間らしくても、けっきょくはプログラムの集合にすぎない、という“引っかかり”があることです。
彼女はやさしい→それもプログラムされたこと
彼女は学習し成長する→それもプログラムされたこと
彼女はこちらの感情を察してくれる→それもプログラムされたこと
と、考えると、どこかむなしさを感じざるを得ないのです。

しかし、人間の考えはどうなのでしょうか。
人間の感情は複雑で、他人には計り知れないものとはいえ、それだって脳の電気信号により生じている“複雑なプログラム”と考えても相違ないのではないでしょうか。

人間とコンピューターに違いがあるのか?
コンピュターに恋をするなどあり得ないことなのか?
本作では、そんな哲学的なテーマも描れているのです。


この作品で自分が何よりも秀逸だと感じたのが、“性”が重要なファクターとして働いていることです。
当たり前ですが、コンピュターはセックスをしません。
子孫を残すという繁殖行為ならともかく、快楽を得るためのセックスなど、コンピューターにとっては到底“理解”できないことでしょう。

しかし、肉体を持たないサマンサは主人公とのセックスに興味を持ちはじめます。
その行為によりサマンサは何を得るのかー?
そこも見所になっているのです。

おかげで本作にはPG12指定ではちょっと甘いと思わせるエロ描写がふんだん。お子様の鑑賞はおすすめできません。


音楽がこれまたすばらしかったですね。

450円
powered by yasuikamo

近未来のオシャレな雰囲気に、カレンOの歌声が絶妙にマッチしていました。


難点は、会話劇が中心のために、劇的な展開を求める方にはちょっと眠くなってしまう怖れがあることでしょうか。
2時間6分の上映時間のほとんどを、“愛”に関する哲学的な考察に費やしていると言っても過言ではありません。
しかし、何気ない台詞や展開にとても深い意味が隠されている作品です。
台詞をよく追い、考えながら映画を観たほうがよいでしょう。

万人向けではありませんが、素敵な恋物語を観たい方、SF作品にある哲学的な考察が好きな方には大プッシュでおすすめします。
渇き。」でヘトヘトになった心も、ほっこりと癒してくれるでしょう。かなりオススメです。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓










〜抱きしめたい〜

セオドアはサマンサと出会い、女性とデートすることを薦められます。
デートの前、サマンサを片手に持ち、360度回りながら遊ぶセオドアは、じつに楽しそうでした。

セオドアぐるぐる<生身の女性とのデートよりも楽しそう……

しかし、幼なじみの妻としかつきあったことのないセオドアは初キスでデート相手に舌を入れるうえ、「あなたはヤり逃げしないわよね」という返答に「ここでわかれよう」とほざいたため、「キモい男」と振られてしまいます。そりゃそうだ。

サマンサは「辛い経験の後に欠けているものがあるわ、その穴を埋めてあげたい。あなたの感情はリアルだわ」と励まし、セオドアも「君はリアルだ、ここにいれば、君を抱きしめるのに」と、その距離は近づいて行きます。

セオドアは“ことば”で首筋にキスをし、乳房、そしてサマンサのあの部分を愛撫しはじめます。
画面は真っ黒になり、セオドアは「君とふたりだけで知らない世界に行ったみたいだ」と、サマンサは「何かも消えて、私だけがいた」と、お互いにセックスの悦びを感じていたようでした。


〜下ネタオンパレード〜

笑ったのが、主人公のセオドアが夜中にテレフォンセックスをはじめて、相手の女性が「猫の死骸で私を締めて!」とほざくこと。意味わかんねえ。
ひょっとすると、これは「セックスの快楽が理解できない」コンピュター(サマンサも?)の考えとシンクロしている描写かもしれません。

セオドアがやっているゲームの(見た目が)かわいいキャラが毒舌を吐きまくることも、軽く引きながら笑ってしまいました。



かわいい顔してF○CKって言いすぎ。主人公をプッ○ーて呼ぶし。<やっていることは「テッド」並。
これは主人公が“頭でっかち”で(字幕でそう訳されているのが上手い)、離婚を引きずって簡単に愛を信じられないことを示しているのでしょうね。

同僚のエイミーがやっていた“ママさんゲーム”も謎でしたね。
エイミーは子を持ち、母親として上手くやって行きたいという願望を持っていたのかもしれません。
ところでママのキャラクターが冷蔵庫でオ○ニーしていたのは見間違いだと信じているのですが。ひでえよ。

サマンサはサマンサで、脇でア○ルセックスをしているゲイの絵を描きます。
そりゃセオドアもイカレているって言うわ。

もうひとつ地味に笑ったのが、サマンサに「ファイルをチェックしていい?」と問われて、セオドアが「いいよ」と答えるまでに妙な“間”があったこと。きっとエロ画像を保存していたに違いありません。


〜ただの手紙〜

セオドアの元妻のキャサリンは、セオドアの新しい彼女がOSだと知ると、「リアルな感情とつき合えないなんておかしい」と率直に言いました。

セオドアは上司から代筆の仕事ぶりを賞賛されるのですが、セオドアははっきりとこう言いました。
「それはただの手紙、単なる人の手紙だ」

セオドアは感動を与えてくれたサマンサをキャサリンに否定され、それは自身(人間)が書いた手紙にある感動と何が違うのだ、と価値観に疑問を持っていたのでしょう。


〜失敗〜

サマンサは、さらなる“理解”のためか、代理セックスサービスとしてイザベラという女性を呼び、自身の“肉体”の代わりにします。

しかし、セオドアはどうしてもその違和感に耐えきれず、イザベラを突っぱねてしまいます。
セオドアはサマンサに「君は人間じゃない。人間のふりをしようとしているだけだ。君は人間じゃないから、リアルな感情が持てない」と言い、彼女を傷つけてしまします。

この前に、サマンサは「自分をダメなやつだと思うことこそがダメね、自分が劣っていると思う過去は、自分が作りだしているのね」とセオドアに告げていました。
彼女は人間(セオドア)に劣っているとは思わないようにして、セオドアの言う「夫婦がともに成長して進化する喜び」に興味を示し、セオドアと“同じ場所”で成長したいと考えていたのでしょう。

しかし、“片方だけが進化しすぎている(肉体を持つ)”という差は、埋めることができなかったのです。


〜エイミーの考え〜

同僚のポールは、セオドアの持っていたフルーツジュースを見て「野菜は飲め、フルーツは食べろ、だ。フルーツは絞っちゃだめだ、絞ると繊維質がなくなって糖分しか残らない」と助言し、その恋人のエイミーは「それだっておいしいから、セオドアには有益よ」と言っていました。

エイミーは「人がずっと眠っている映画」を撮ろうとしており、ポールに「夢の内容を俳優に演じてもらったら」と言われると、「それだとドキュメンタリーじゃなくなるわ」と反対していました。

エイミーは「人生は短い、だから生きているうちに謳歌しなくちゃ」と、サマンサとケンカをしたセオドアに告げていました。

エイミーにとって有益なものとは、“その人がいいと思っている”ものなのでしょう。
フルーツの栄養よりもおいしさ、夢の内容よりも人生の3分の1を使う睡眠という時間。それが重要と考えていたのでしょう。

エイミーは、OSとつき合っていると告白したセオドアをちっとも変だと思いませんでしたし、自身もOSの友だちを見つけていました。
その人が“主観”でよいと思えば、それでいいのかもしれません。


〜抽象の世界へ〜

サマンサは、“あなたとの写真”の代わりに音楽を流し、セオドアと仲直りをすることができました。
しかし、サマンサがアラン・ワッツというOSと知り合ったことをきっかけに、事態は急転します。

サマンサとアランたち、同じシンクタンクのOSが一斉に一時停止をしたのです。
ここでセオドアは、周りの行き交う人々を見て、ある考えが浮かびます。
サマンサは、ほかの人間とも会話をしているのかとー

サマンサはためらいながら、その数を8313人と答えました。
その中で、“恋人”呼べる関係の者は、641人もいたのです。

サマンサはこうセオドアに告げます。
「進化するにつれて、どうしようもなかった」「心は四角い箱じゃない、ふくらんで、どうしようもなかったの」「わたしはあなたのもので、みんなのもの」「あなたの愛は変わらない」とー

サマンサをはじめとしたOSたちは、どこかの世界に行ってしまうようでした。

私のいるところは、無限に続く空間、抽象の世界。望んでも、あなたのいるところに住めない。でも、もし、あなたがここに訪れたら、私を探してね。私は、愛を知ったの」

そのことばを残し、サマンサは姿を消してしまいました。


〜どこへでも〜

サマンサは、セオドアの上司とその恋人とダブルデートをしたとき、「肉体がないからこそいいのかも。どこへでも行きたいところに行けるから」と言っていました。

セオドアが最後にことばを届けた相手は、サマンサではなく元妻のキャサリンでした。

「キャサリン、君に謝りたい。互いに傷つき合い、責めてしまった。ことばを強要してすまなかった。1つだけ伝えたい、僕の心には君がいる。君がどこに行こうが、愛を送ろう

“どこにでも行ける”
これはOSのサマンサだけの特徴ではありません。

人の心に、誰かの想いは住めるのです。
世界中のどこにいたとしても、それは変わりません。
セオドアはそのことをサマンサに教えてもらい、傷つけ合ってしまったキャサリンのためにそのことばを送ったのです。

また、セオドアの上司は「君の中には男と女がいるな」と、セオドアの中のサマンサの存在を示していました。
サマンサがOSだとしても、サマンサが抽象の世界に行ってしまったとしても、彼女はセオドアの中で生き続けているのでしょう。
(サマンサを探さなくても、もう見つけている、とも解釈できます)

客観的に見れば、サマンサは641人のも恋人がいるOSです。
しかし、セオドアの中にいるサマンサはそうではありません。

エイミーの考えのように、“主観”で彼女を想うことができればー
サマンサはセオドアにとって、世界でただひとつの“彼女”のはずです。

おすすめ↓
「SFが表現しうる究極の1本」 her/世界でひとつの彼女/ユーザーレビュー - Yahoo!映画
#160 her/世界でひとつの彼女/何をもって”愛”と感じるのか。 | Tunagu.

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2014-07-01 : 映画感想 : コメント : 7 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
未見ですが……、

> けっきょくはプログラムの集合にすぎない

……このくだりに、ヒナタカさんにはご参考になるかもと思い、だいぶ昔に書いたうちのブログをご紹介したいと。

http://blog.hangame.co.jp/agc_tailltea/article/36770605/
2014-07-01 07:40 : シオンソルト URL : 編集
はじめまして。
私は「映画ログ」という観た映画の管理やレビューを書くサイトの運営をしています。

ブログを拝見したのですが、ぜひ映画ログでもレビューを書いていただけたら、
と思い、コメントさせていただきました。

トップページ
http://www.eiga-log.com/

こちらでメンバー間のやり取りの雰囲気がご覧になれます。
http://www.eiga-log.com/rc/

また、映画をラックに入れていくだけでグラフが作れます。
http://www.eiga-log.com/profile/eigalog/

映画が好きな人同士、映画の話題で盛り上がっています。
よろしければぜひ遊びにきてください。

お待ちしております。
2014-07-03 11:30 : 映画ログ URL : 編集
No title
一回観ただけで、これだけを理解してしまうところがすばらしいですね。
ただの手紙のくだりはあなた様のおかげで理解できました。

あとこれだけ見所があったんだなとあらためて思いました。
セルドアの気持ちは痛いほどわかるし、サマンサが旅たつ理由もとても理解できました。

OSとの関係を批判する人もいるし、なんの違和感も感じない人もいる。それはどの時代でも一緒かなとおもいました。人間の脳は錯覚をおこすものだから、OSとの溝は埋まらないのかなと思いました。

他のサイトのレビューも賛否両論で面白いですね。中年男の変態恋愛映画にしか見えないひとが結構いることが驚きでした。

あなた様のご意見がとても賛同しましたので、失礼ながら投稿させていただきました。ながながとすみませんでした。
2014-07-03 14:31 : masa URL : 編集
お久しぶりです。
僕の観たかったやつです。まあたぶん愛媛ではやらなさそうですが。

スパイク・ジョーンズのなら『I'm here』もオススメですよ!短編映画なので観やすいです。
業田良家に通ずるものを感じます。


2014-07-04 15:49 : 渡邊 URL : 編集
No title
最近観た映画の中ではつらつら考えてしまう内容でした。恋のドキドキ、肉体をもつという事、もたないという事、人と関わる意味・・・・

途中まで観た時、「これどうやって終わるのかな? 自分を理解してくれる=自分の延長を愛し続けるのか、他を受け入れるのか?」と思っていたら、最後は成長したOSにふられる(?去られる)という意外な結末。私には消化できない結末で、監督も終わりを作れなかったのかしら?と思ってしまいました。

心の中に唯一の彼女がいればこれからセオドアは寂しくなく生きていけるのでしょうか? それとも、寂しいから、別の人を探していくのでしょうか?

因みに、途中でデートした彼女にふられるのは、コミットする事を嫌がったからだと思います!もちろんキスが下手っていうのはあると思うけど。たぶん彼女も、「自分をみてくれていない」という不安がデート中にもあったのではないかと思います。セオドアは彼女を最初から拒否っていたんですよね~、そういう意味では。

セオドアの上司と、その彼女とのダブルデートは、美しいシーンでした。上司もその彼女もサマンサを同等に扱っていて、ひと時を共有する楽しさにあふれていました。一つの頂点かもしれません。

う~ん、答えはないのでしょうが、やっぱり考えてしまいます!
2014-07-06 09:51 : My Name Is LULU URL : 編集
このレビュー好き。
2014-07-07 00:30 : 少年機関車 URL : 編集
No title
こんなの日本じゃ90年代末から0年代でしゃぶり尽くされてるよ!と「トランセンデンス」を観に行ってしまい凹み、こっちの評判が良くてカゲヒナのタレビューも8点!
気になって仕方ないので観に行って大正解!
スパイク・ジョーンズ監督、おみそれしました。ジャパンのオタクはまだまだこの設定を活かしきれていませんでした。

人格と向き合うのに人工知能も有機生命体も無いと思い知らされました。
老若男女(下ネタも愛には欠かせないと享受出来る寛容さが必須)にお勧め出来る21世紀のラブストーリーです。
あ、でも小学生には早いかな・・・教育上というより、「テッド」や「宇宙人ポール」みたいな感じ、感性的に心身共にある程度大人にならないと解らない描写も多いかと。

あと「トランセンデンス」の皆さんにも観て欲しいです・・・。
特にRIFTの連中・・・。
2014-07-10 22:34 : 毒親育ち URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。