ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

その人生のままで 映画「怪しい彼女」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は怪しい彼女(原題:수상한 그녀、英題:Miss Granny)です。


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:若いばかりが、華じゃない


あらすじ


70歳のマルスン(ナ・ムニ)は、口が悪いが憎めない性格の持ち主。彼女はその息子(ソン・ドンイル)を国立大学の教授になるまでに女手一つで育て上げた苦労人だった。
ある日、マルスンは写真館で遺影のつもりで写真を撮るのだが……写真を撮り終えると、なんとマルスンは20歳の自分(シム・ウンギョン)に戻っていた!




トガニ 幼き瞳の告発」のファン・ドンヒョク監督最新作です。

本作の物語は、70歳のおばあちゃんがある日突然20歳に若返っちゃうというものです。
ビッグ」が12歳の少年が30歳になっちゃったギャップをギャグとして描いたように、本作では“年齢の違い”によるギャグがふんだんに盛り込まれています。
主人公は見た目は20歳なのに、やたら性格がキツくて、おせっかいで、そこかしらに人生の厚みを感じまくるのです。
周りはかわいい女の子と思って接しているのに、中身は毒舌のおばあちゃん(根は優しい)。そこから来る登場人物の戸惑いや驚きにクスクス笑わせてもらいました。

観た人すべてが思うのは、その“見た目はハタチ、中身はばばあ”を演じたシム・ウンギョンの芸達者っぷりでしょう。
彼女は「サニー 永遠の仲間たち」や「王になった男」になった男でも、その存在感を見せつけていました。

怪しい3<「サニー」では幽霊が憑依した演技をするちょっとアレな女の子
怪しい2<「王になった男」ではおしとやかな侍女
怪しい6<「怪しい彼女」では……

うん、いい感じに残念な美人(ほめことば)になっていて素敵ですね。これからの活躍にも大期待です。


本作は、音楽の魅力もとっても大きくなっています。
シム・ウンギョンは吹き替えを使わずに、自身で歌のトレーニングを積んだうえで歌唱を披露しています。
しかも、歌詞は物語と絶妙にシンクロしています。
これは今年の秀作「チョコレートドーナツ」を思わせるものでした。

ちなみに、アイドルグループのリーダーであるB1A4のジニョンが重要な役として出演するばかりでなく、作中の楽曲の作詞を手がけていたりします。
イケメン&韓流好きなおばさまはキュンキュンくること必死でしょう。


本作でモチーフになっているのは傑作「ローマの休日」です。

オードリー・ヘップバーン
433円
powered by yasuikamo

主人公が20歳になったきっかけはオードリー・ヘップバーンの写真でしたし、その後の展開も思い切りパロディにしちゃっています。
本作ではちゃんと恋愛要素もあるので、かつてオードリーに自分を重ね合わせた乙女の方にとっても満足できる内容でしょう。

“主人公が家族と接するけど、家族は主人公が誰かがわからない”という点では「バック・トゥ・ザ・フューチャー」や「青天の霹靂」を思わせました。

本作では、かつての貧しかった韓国の事情を物語に取り入れていることも巧みです。
主人公は悪態をつきまくってはいるけど、それは辛い時代を生き、苦労を重ねたからでこその“親心”によるものでもあるのでしょう。
※当時の韓国の事情はこちらを参照↓
<マルスンさんが若かりしあの頃 公式サイトのコラム>

自分は、この意地悪ばあさん(見た目ハタチ)のことが嫌いになれず……いや、むしろ大好きになってしまいました。

ただ、物語を思い返すと、「サニー」や「トガニ」ほどの完成度だとは思いませんでした。
ほんの少しだけ物語に違和感を覚えるという“ひっかかり”の数が多く、中盤は少々間延びを感じ、ラストに至る展開もいまひとつ乗り切れなかったのです。
「細かいことを気にするな」と言われればそれまでなのですが、これはちょっと許容範囲を超えていました。
テーマの描き方、伏線のいくつかが本当に上手かっただけに、これは悔やまれます。
本作は、あまり物語の整合性などは考えず(もともと荒唐無稽な話ですし)に観たほうが楽しめるのかもしれません。

しかし、本作は観る人を選びません。
ほんの少し下ネタはありますが、どぎついものではありません。
主人公の破天荒なキャラの魅力はどの世代の人も分け隔てなく通じるものでしょう。
テンポもよく、小難しさは皆無。なにより見ていて楽しいのでデートでも家族とでも大推薦できます。

また、本作には“老い”というテーマも内包しています。
そこを明るいギャグとして描き、ときには“重い”話題を盛り込んでいるのも本作の魅力のひとつ。
コメディだけでなく、きちんと社会派の要素も取り入れているのです。ここは「トガニ」の監督らしさを感じました。

こうした作品を観ると、韓流ブームがどうとかよりも、優れた作品をつぎつぎ生み出している韓国の映画界は侮れないと改めて思いました。
とにかく楽しく、おおいに笑えるコメディ映画を期待する方は、ぜひ劇場へ。
エンドロール後にとあるメッセージがあるので、できれば最後まで観ることをおすすめします。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓









~球技に例える~

女性の恋愛を、それぞれの年代で“球技”に例えるオープニングからがっちりハートをつかまれました。

10代:バスケットボール/男たちは高いところまで手を伸ばしてくれる
20代:ラグビーボール/男たちはこぞってアタックしてくれる
30代:卓球/激戦はないけど集中力は抜群
40代:ゴルフ/とりあえず遠くに飛ばす
それ以降:ドッジボール

ドッジボールだけ、どういうものか解説がありませんでした。
これは、もう“男女の関係はボールをぶつけ合うような痛みばかり”ってことですかね。切ないな。
※男たちはボール(女)から逃げ回り、押し付け合うという意味なのでは?とコメントをいただきました

しかし、映画のラストで息子の嫁が主人公に“悪態”をつくシーンでちょっと救われました。
嫁はいままでとは違い主人公に本音で話すことができ、彼女は「50を超えて毒を吐くようになったわねえ」「還暦まで面倒をみるなんてまっぴらよ」などと言います。

いくつになっても、女性は(ときには毒を吐きながら)強く生きることができるのかもしれません。


~若さと老い~

本作で大好きだったのは、「若いことはいいことばかりはない」という視点を盛り込んでいること。

主人公はたびたび男に言いよられることで「若いってのもいろいろ面倒だね」とつぶやいています。
無礼千万に「お乳が濃くないから赤ん坊が泣きじゃくる」という知識を披露して、母親から「小娘に何がわかるのさ」と怒られてしまいます。

怪しい7<怪しい男(プロデューサー)に狙われて魚で追い返す

長く生きるほど、知識も、経験もたくさん身につけることができます。
それは若いときには気づかない価値なのかもしれません。
老人問題を専門とする息子の大学の講義では、「30歳になったら自殺するわ」とほざいていた女学生がいましたが、まだ年をとる楽しみを知らないだけなのでしょうね。

もちろん、老いの問題もしっかり描いています。
主人公につっかかり、パクちゃんを狙っていたおばあちゃんは脳卒中で倒れ、そのまま仲直りなどしないまま亡くなってしまいます。
主人公はオードリー・ヘップバーンが20年前に亡くなったことを知らず、心から悲しんでいたようでした。
これは、彼女が「若いままでいるか、それとも元の姿に戻るか」という葛藤にもつながっていきます。


~ローマの休日~

主人公は自分が若返ったと知ると、せっかくなのでオシャレになろうとします。
笑ったのは、そのときのファッションがまんまオードリー・ヘップバーンっぽかったこと。少なくともいまのファッションセンスではありませんでした(ちょうかわいいけど)。

そして、この流れそのものが「ローマの休日」のパロディです。
「ローマの休日」の王女は公務から抜け出した後、美容院でショートヘアにしています。
「怪しい彼女」では、「ブロッコリー」のようなおばちゃんチリチリパーマヘア(笑)からショートヘアに変えているのです。

あと、パクちゃん(主人公の元奉公人)がバイクに彼女を乗せるのもローマの休日のパロディですよね。

ローマのバイク<さすがにバイクはvespaじゃなかったけど。


~野暮な不満点~

残念だったのは、終盤の“息子が、孫に輸血をしようとしている主人公を止めてまで話をしようとする”ことです。
女医は一刻も早くの輸血が必要だと言っているのに、息子はこのタイミングでなぜ止めてまで話をしようとするのでしょうか。
「この機会を逃すと二度と話すことができない」という理由があればよかっのですが、輸血をしたところでもとの70歳のおばあちゃんの姿に戻るだけですし、そもそも息子は輸血をすると元に戻ることを知りません。
ここで泣いて抱き合ったりせずに「早く輸血しに行ってよ」とばかり思ってしまいます。

ほかにも違和感があったのは、オーディションのシーン。
なぜか、主人公がはじめに歌っていた“雨水”が披露されています。そこは路上ライブで評判だったバンドならではの曲を披露するべきなのでは?
プロデューサーに“あのときのあの子が来ている”と気づかせるという映画の都合にしか見えず、残念です。

孫のジハが事故にあったとき、主人公が「歌おう、そしてお前の作る歌はすごいって言ってやろう」と決意をするのはいいのですが、肝心の“ジハが欠けたこと”に対しての解決方法が描かれていないのは残念です。
ほかのスタッフが代わりにジハのギター(ベース)を代わりに演奏したのでしょうが、ちょっとモヤモヤします。


~ジハとおばあちゃん~

笑ったのが、韓流ドラマについて「ひっぱりすぎだよ」茶化すシーンがあったこと。
「もう今週にはヒロインが誰なのかか気づくだろう」「ヒロインはパパって呼ぶだろう」と予測するのですが、けっきょく言う手前で「次週に続く」になってしまうのです。
本作では、そうした韓流ドラマの反省点(笑)を生かして、引っ張ることなくパクちゃんにあっさりと正体を明かしてくれました。

しかし、主人公はけっきょく孫のジハには正体を明かしていません。
でも、作品のいくつかのシーンをみると、ジハはその正体には気づいていたのではないかな、と思います。

ジハは、彼女が若いときの姿(服はおばあちゃんのまま)待ち合わせ場所に来ていたのも一瞥していました。
バンドの出演が決まって、彼女が“お尻を相手のパンパンと叩いてよろこんだ”ときに、ジハは何かに気づいたような表情をしていました。
極めつけが、終盤でジハが言った「正体を明かせよ」です。

怪しい8<これはもう気づいているよね

彼女に淡い恋心を抱いていたようなジハにとっては、“怪しい彼女”のままでよかったのかもしれません。

また、彼女はジハにプロデューサーと“寝た”のかと問われて、「寝たさ!快適に眠れたよ!」と答えていました。
これも「自分(はお前のおばあちゃんだから)に恋するな」という彼女の親心なのかも(言っていることは、性的関係を持ったのではなく、“眠っただけ”とも取れますけど)。

ほかにも、ジハは曲がよくないことを指摘されて怒るのですが、主人公が「あれはプロデューサーの親心さ」と告げるのも印象的でした。
また、彼女はジハにおこづかいをあげ、心からミュージシャンの夢を応援し、息子の嫁に「子どもの夢を削ぐようなことを言うな!あんたは家事をしているだけよ。息子をひとりで育てた私が言うんだ、間違いないさ」とも言っています。
彼女は長く生き、子どもを育ててきたぶんだけ、厳しいひと言の意味、夢を応援する気持ちがわかるのでしょう。


~家族のために~

彼女は若い自分を取り戻し、バンドのボーカルとして青春を取り戻し、輝かしく生きていました。
その日々よりも、彼女は孫の命を救うために輸血し、元の姿に戻ることを決めました。「夢のような日々」だったと振り返りながらー

彼女は夫を失い、貧しい時代を懸命に生きていました。
そのときは赤ん坊の息子を抱え、必死で、他人のドジョウ鍋の作り方を盗んでまで生きようとしていました(これは後で謝って欲しかったかな)。
彼女は、自分を犠牲にしてまで、家族を救おうとしていた人間でした。

彼女は正体を知った息子に「生まれ変わっても、同じ人生を歩むわ」と言います。
それは家族を救い、息子も立派に成長させることができた、自分の人生に誇りを持っていたためでもあったのでしょう。

エンドロール後に表示されたのは、「この映画をすべての家族にささげます」というテロップ。
これは、家族を思い続けた、ひとりの女性の物語でもありました。


~気づかないままで~

プロデューサーは、(自分が髪につけたブローチをつけた)70歳のおばあちゃんが“彼女”であることに気づかず、また新しい女の子をスカウトしてようとしていました。
切ないラストですが、彼女にとっては「夢のような日々」の思い出があればそれでよいのでしょう。
自身の孫(毒の吐きかたが自分にそっくりな女の子)が、自身に代わりにボーカリストとして歌うのも見れたことですしね。

自分はこのラストで、チャールズ・チャップリンの名作「街の灯」を思いだしました。
「街の灯」のラストでは……未見の方は、ぜひご覧になってみてください。


~サプライズゲスト~

もう一段階のオチとして、パクちゃんが写真館で若返って主人公を迎えにくるというシーンがありました。
※ちなみに、最後にパクちゃんが写真館で見たのは、ジェームズ・ディーンであるとコメントをいただきました

<before>
怪しい1

<after>
怪しい

えっと、体型違いすぎだろ
この若き日のパクちゃんを演じているのは、キム・スヒョン。韓流好きの女性たちは大歓喜したでしょうね。

パクちゃんは、桃アレルギーにもかかわらず、ずっと彼女からもらった桃を食べ続けるという男心を持ったいい人。
ふたりの関係を、もっと見届けたくなりました。

劇中歌について↓
<雨水の歌詞>
<나성에 가면(ロスに行ったら)の歌詞>
<한번 더 / 심은경(もう一度) の歌詞>

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

2014-07-13 : 映画感想 : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
予告を見て珍しく韓国のラブコメに興味がわいたのでネタバレなしの詳しい解説参考になります

といいつつちょっとだけネタバレも読んじゃったんですが
50代以降の恋愛=ドッジボールは
男たちはボール(女)から逃げ回り、押し付け合うwって意味じゃないですかね
このジョークどっかで聞いたことあるような気がします
2014-07-13 22:21 : URL : 編集
ジェームス・ディーンのはず
こんにちは、
最近のぞき始めた人間です。
上記にある「グレゴリーペック」の件ですが、
ジェームス・ディーンのはずです。
2014-07-14 15:01 : tatukawa URL : 編集
Re: ジェームス・ディーンのはず
> こんにちは、
> 最近のぞき始めた人間です。
> 上記にある「グレゴリーペック」の件ですが、
> ジェームス・ディーンのはずです。

ありがとうございます!
やはり往年のスターですものね。
2014-07-14 23:02 : ヒナタカ URL : 編集
こんなものがこの世にあるなんて衝撃的でした。
できるだけ多くの人に教えたくて、こうして連絡します。
愛する人と別れてお金にも苦しい人生が続いていました。
そんなとき、すごい夢見たいな話がきたんです。
生活が潤うっていうことをはじめて知りました。
借金を一括で全額返済できるんです。
本当に助かりたい人だけ、連絡してください。
もし知りたい人は、emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてください。
連絡してくれた人だけに、誰も知らないすごいことを教えます。
2014-07-15 06:35 : 山室椋美 URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-08-25 03:30 : : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。