ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

謎を解き明かす鍵 映画「複製された男」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は複製された男(原題:Enemy)です。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:どういうことなのかさっぱり……(観た直後の感想)


あらすじ


歴史講師のアダム・ベル(ジェイク・ギレンホール)は、同僚から何気なく教えられたDVDを観て、劇中の端役の俳優が自分自身と瓜二つであることに気づく。
アダムは同じ声、同じ顔を持つ彼、アンソニー・クレア(ジェイク・ギレンホール)と会おうと試みるのだが……




灼熱の魂」「プリズナーズ」のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督最新作です。
監督の前作、前々作は比較的わかりやすい作品であったので、今作もド直球のミステリーを期待する人は多いことでしょう。
その期待は、かなり裏切られてしまうのではないでしょうか。
この「複製された男」は、かなり意味不明な作品なのです。

一応「主人公が瓜二つの男を偶然見つけ、困惑しながらも会いにいく」というシンプルなプロットがあるものの、意味があるのかないのかわからない奇妙なシーンがつぎつぎに映し出され、結末はもちろん“過程”でさえも、観る人によって解釈がわかれる作品になっているのです。

邦題は「複製された男」というクローン人間を思わせるものですが、本作のジャンルはSFではないですし、「じつは宇宙人が男を複製していました」なんていうオチがつくこともありません。

これは「マルホランド・ドライブ」や「オンリー・ゴッド」のように“観る人に解釈をぶん投げ”系のミステリー
好き嫌いがわかれまくる作品には違いありません。

原作はジョゼ・サラマーゴによる小説です(原題はThe Double)。

ジョゼ サラマーゴ
2376円
powered by yasuikamo

自分は原作は未読でしたが、映画には原作にはなかった「蜘蛛」の描写がプラスされ、また原作からいくつかの要素が省かれているそうです。

本作の弱点は、90分という短い上映時間にも関わらず間延びしているように感じられること。ストーリーに劇的な変化があまり起こらない作品でもあるのです。
そこは、作品に漂う不穏な雰囲気、主演のジェイク・ギレンホールの卓越した演技でグイグイ引っ張ってくれる……はずだったのですが、さすがに「主人公が自分と瓜二つの男に会いにいく」というだけの話では間を持たせてはくれず、だらんと伸びきってしまってしまった印象でした。

監督ならではの緊張感ある演出や、セピアっぽい彩りの画はなかなかに魅力的でした。
舞台のカナダのトロントは、画が暗すぎてpm2.5に汚染されまくった中国みたいになっていましたけど……

トロントです*汚染されているわけではありません

解釈をいろいろと考えてみると、奥深い映画です。
なぜ瓜二つの男が存在するのか?
母親の助言の意味は?
序盤の謎の部屋の意味は?
観ている間(観た後)に、それを推理してみるのもまた一興です。

キャラクターを確認してみましょう(以下の説明にネタバレはありません)。

じぇいく1<アダム:大学で歴史を教えている

メアリー<メアリー:アダムの彼女

じぇいく2<アンソニー:アダムと瓜二つの三流俳優

ヘレン<ヘレン:アンソニーの妻で、妊娠6ヵ月

お母さん<キャロライン:“息子”のことを心配する母親

主要登場人物はたったのこれだけ。このために、頭の中で物語を整理しやすいのは親切ですね。

わかりやすい作品を求める方、映画を観てすっきりしたい方には、全力でおすすめしません。
ドッペルゲンガーもののひとつではあるのですが、あまり“怖さ”にも期待しないほうがいいでしょう(不気味さは存分にあるのですが)。
R15+指定納得のエロもあるので、デートにもあまり適していません。

これはひとりで観てあれこれ考えるか、内容を語り合える友だちと観るべき作品です。
ドゥニ監督のファン、わかりやすい映画に飽き飽きしている方は、ぜひ劇場へ。

以下、結末も含めてネタバレで内容の解説です 鑑賞後にご覧ください↓ この解釈も正しいものとは限りませんが、参考までに。










さて、ありがたいことに本作には公式サイトにネタバレのレビューがあるので、いくぶん解釈はしやすくなっています。
<ネタバレ含む禁断の作品レビュー>
※2016年4月追記:どうやらこのネタバレレビューのページは削除されてしまったようです。

ここで監督は、ストーリーのもっとも簡単な説明として以下を掲げています。

「浮気をしている既婚男性の話で、彼が浮気相手から妊娠している妻のもとへ戻るまでを潜在意識の視点から描いた作品なんだ」

ここから自分が考えた解釈は以下でした。

1:アダムが実在する人物で、アンソニーは実在しない(アダムの妄想)
2:アンソニーとアダムはどちらも実在し、二重人格の同一人物だった

このどちらとでも取れるし、どちらか一方だけでも考えられます。
そう仮定して、物語を振り返ってみましょう。


~アダムの物語はこれだけ?~

アダムは歴史講師を務めています。その結婚相手は、妊婦のヘレンです。

彼は浮気相手のメアリーとときどきセックスをしており、ときには寝ている彼女を襲ってしまい、やがて拒まれています。

さらに、アダムはメアリーに“指輪のあと”があるのを見抜かれてしまい、口論の末、別れます。

アダムはメアリーと別れたため、ヘレンのもとに戻ることができました。

物語をアダムだけに絞れば、これだけのストーリーなのでは?と、振り返って思うのです。


~アンソニーとは何者?~

アンソニーとは、アダムの潜在意識の“欲望”が現れた存在であったと思います
そして、アンソニーのもうひとつの人格でもあるのでしょう。

映画のオープニングで、アダム(アンソニー)は秘密裏に怪しいパーティを開き、妊娠中の妻の自慰行為を、会員の男に見せるというという非道な行為をしていました。
これは、アダムが後にエレベーターに乗ってきた男から聞いたことでもあります。

アンソニーは「俺の女房(ヘレン)と寝たのか?」と“演技”をしながらアダムに聞き、アダムと入れ替わった末、メアリーと半ば強引にセックスをしました。
“指輪のあと”をメアリーに見抜かれたアンソニーは、メアリーと口論の末に交通事故を起こし、この世からいなくなっています。

つまり、
・“アダム”はメアリーと強引にセックスし、ヘレンのもとを離れて浮気したいと思っていた。
・愛しているはずの妻のヘレンにも、その自慰行為を不特定多数の男に見せるというインモラルな欲望も抱いていた。
その欲望が、アンソニーという形で現れたのではないでしょうか?

思えば、アンソニーはけっこう高そうなマンションで、妊娠中の妻とともに暮らしているのです。
映画には3本だけしか出演していないうえ、そのすべてが端役の三流役者の彼に、そんな暮らしができるでしょうか?
できるはずもありません。

しかも、作中でアンソニーのことを目の前で(本人であると)認識しているのは、アダム、ヘレン、メアリー(アダムだと思っている)しかいません。
アダムが歴史講師として教鞭をふるう光景はあるものの、アンソニーには役者として働いているシーンすらないのです。

アンソニーが、彼個人だけで存在しているということはありえないでしょう。


~アンソニーは実在した?~

しかし、アンソニーが実在しないとは、はっきり言えないところがあります。
アンソニーがいた事務所の受付の男は、アダムを見て「“アンソニー”に6ヵ月前に会っていた」としゃべり、しかも彼が役者だと知っていました。
“アンソニー”が役者として名乗ることがなければ、受付の男がこう言うはずもないのです。

この6ヵ月という期間、何かと一致していますね。
そう、ヘレンの妊娠期間です。

そのため、アンソニーは過去のアダムそのものなのでは?という疑問も出てきます。
アダムは大学講師の傍ら、役者としても端役として映画に参加していたのでは?
そのときには、アンソニーという偽名(芸名?)を使って、結婚中の妻のヘレンには本業をひた隠しにしていたのでは?

アダム(アンソニー)は妻の妊娠と同時に役者をやめ(妊娠をそのときに気づけるはずもないけれど)、本業の歴史講師としてのアダムの“人格”と、“別れた”のでは?
アダムが内なる欲望を抑えることができたために、アンソニーはただ(事故で死んで)消えていった……そういうことではないでしょうか。

しかし……もし時系列がずらされて描かれていたとして、ラストの“アンソニーの交通事故”のラジオのニュースが、アダムとヘレンのもとへ届けられるというのは明らかに矛盾しています。

答えはないのでしょう。これは、そういう映画なのですから。
冒頭の「カオス(混沌)とは未解読の秩序」ということばは、この物語が混沌に満ちており、解読できないことを示しているのではないでしょうか。


~“親展”の手紙の意味とは?~

アンソニーの事務所宛に届けられた手紙に書かれた“親展”とは、“本人に開けてほしい”という意味が込められています。

この手紙を開封したのは、(アンソニーがこの世から消えた後の)アダムでした。
手紙の中に入ってあったのは、インモラルなパーティへの合鍵のようでした。

この手紙は、“欲望”の象徴だったアンソニーに宛てられたものです(もしくは、この合鍵こそが“欲望”そのものです)。
けっきょく、“本人”でもあるアダムが開封することになりましたが、アンソニーという欲望が消え去った彼にとって、その合鍵は無価値なものになっているのだと思います。


~タイトルの意味~

映画版の原題は「ENEMY(敵)」で、よく見ると冠詞の“a”や、“the”がついてはいません。
“敵”が意味することは、アダムにとってのアンソニーに間違いないでしょう。

“a”も、“the”もないということは、ENEMYは存在しない(アダム自身である)ことを示していたことにもなると思うのです。


~母親のことば~

“母親”のキャロラインは、(その姿をみせないまま)、映画のはじめに、“息子”にこう言っていました。
「ふらふらして、将来に不安はないの?」

しかし、後に“アダム”と面と向かい合って話したときは、
「瓜二つなんてありえないわ」
「教育者をやって立派ね、三流役者とは大違いだわ」

と辛辣な物言いをしました。

うりふたつはありえない<瓜二つなんてない

これはひょっとすると……
・いままでアダムは“アンソニー”として三流役者として働いていた
・しかし大学の講師に転職し、母親からも一人前の男であると認められるようになった
・母親は息子の「アンソニーという自分と瓜二つの男がいる」という妄想(それは、本当は過去の自分であるのに)を聞いて、あきれていた
いうことなのでしょうか?
これもまた、答えはありません。


~蜘蛛の意味とは?

オープニングでのパーティでは、不気味な蜘蛛が“食事”の代わりに出てきたようでした。

中盤には、巨大な蜘蛛がトロントの街を歩いていました。

蜘蛛出現

そしてラスト……
アダムがヘレンに「僕は今日はでかけるよ、君の今夜の予定は?」と聞きながらヘレンの部屋に入ると……彼女は部屋の大きさにぴったり収まるほどの巨大な蜘蛛に変身していました(ヘレンが食べられた?)。
アダムが何かを諦めたかのように、ふっとため息まじりで笑ったところで映画は幕を閉じました。

監督曰く、この蜘蛛は“母性”の象徴だそうだそうです。
<“蜘蛛は母性的な習性を持つ”ことの参考>

つまり、これはアダム(アンソニー)が母親に支配されていたことを示すものだと思います。
・オープニングでインモラルなパーティを開いているときにも、母親の“将来に不安がないの?」ということばがチラつく
・街全体から“巨大な蜘蛛=母親”に見られているほど、アダム(アンソニー)にとって母親は大きな存在である
・やっと自らの欲望(アンソニー)から解放されても、巨大な蜘蛛=母親からの呪縛からは逃れられない、ということだと思います。


~ブルーベリーの意味とは?~

母親はアダムに「ブルーベリーを贈る」と言っています。

この前に、アンソニーはヘレンに「ブルーベリー買っておけって言っただろ」と文句をたれていました。
欲望そのものであったアンソニーであっても、母親からもらったブルーベリー(もしくは母親そのもの)は大好きだったのでしょう。


~教育の制限~

アダムが母親からの呪縛を感じていたことは、彼の講義でもほめのかされています。

「古代ローマに置いて、支配する(Control)することは、独裁者の最大の関心ごとだった。
パンと娯楽を与えることもひとつの手段だが、別の方法もある。
それは、教育を制限することだ」


この教育の制限とは、アダムの母親の「三流役者なんて言語道断、大学の教員として堅実的な道を歩め」という、一方的な価値観の押しつけを感じていたこととイコールなのではないでしょうか。
アダムは本当は、(映画は観ないとは言っていても)役者として活躍することを夢見ていたのではないでしょうか(その気持ちがアンソニーとして現れた?)

アダムは「恐ろしいのはこのことがくり返されること」とも熱弁していました。
この物語は、そんなマザコンから脱却したい男の姿が描かれ、しかし、けっきょくは母の呪縛(巨大な蜘蛛)から逃れられない男の悲哀を描いた作品でもあるのでしょう。


~悲劇と喜劇~

アダムは大学の講義でこうも言っていました。

ヘーゲルは世界的に重要なことはふたつあると言った。
マルクスは1回目は悲劇で、2回目は喜劇だと言った。」


1回目=アンソニー
2回目=アダム
のことなのではないでしょうか。

アンソニーの浮気がバレてしまうことは、まさに悲劇。
最後に妻が蜘蛛になってしまうなんて、まるでバカげた喜劇の出来事のようでもありますしね。


参考↓
佐藤秀の徒然幻視録:複製された男~カナダ版俺俺
キネマ・アイランド | 絡め取られた男の足掻き。『複製された男』感想。
酷評しますが、最後に謎の解明も書きます。 - ユーザーレビュー - 作品 - Yahoo!映画(「ファイト・クラブ」のネタバレ注意)
特集:アナタは真実にたどり着けるか!?「もう一人の自分」の謎を解き明かせ! - シネマトゥデイ
ノーベル賞作家が挑んだ世界最高峰ミステリー文学の映画化!あなたの脳力が試される! | 映画.net -ネタバレ|感想|評判 2chまとめブログ-

トンデモ解釈↓
複製された男 - こんな映画は見ちゃいけない!

複製された男 (日本語、吹替用字幕付き) [DVD]
バップ (2014-12-24)
売り上げランキング: 45,948

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

2014-07-21 : 映画感想 : コメント : 4 : トラックバック : 1
Pagetop
笑顔になれない 映画「エスケイプ・フロム・トゥモロー」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー «  ホーム  » ずっと覚えている 映画「思い出のマーニー」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
スパイダー、ループ、モンタージュ、オルタナ - 『複製された男』
複製された男 ENEMY 2014(2013)/カナダ/スペイン/R15+ 監督/ドゥニ・ヴィルヌーヴ 製作総指揮/フランソワ・イヴェルネル/他 脚本/ハビエル・グヨン 出演/ジェイク・ギレンホール/メラニー・ロラン/サラ・ガドン/イザベラ・ロッセリーニ/他 原作/ジョゼ・サラマーゴ/『複製された男』 “脳力”が試される、究極の心理ミステリー あなたは、一度で見抜けるか―...
2015-01-21 19:57 : 1953ColdSummer
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

かねてから話題の高かったこの映画を観ました。
私的にはわからないことが沢山ありましたが、こちらのサイトを見て理解できたとい次第です(笑)。
ところで質問なのですが内容の細かい解説そして映像も貼っていらっしゃるのですが、公開中の映画なのですがどうしてそのような事が出来るのですか?
お答えいただければ幸いです。
2014-08-02 07:13 : ともみ URL : 編集
Re: タイトルなし
> ところで質問なのですが内容の細かい解説そして映像も貼っていらっしゃるのですが、公開中の映画なのですがどうしてそのような事が出来るのですか?

返信が遅くなってすみません。
映像は予告編からのキャプチャーです。“スクリーンショット”で検索すればわかるかと。
解説は、一応観るときにメモをとってなんとか、というくらいですね。
2014-08-03 22:22 : ヒナタカ URL : 編集
お見事な推量ですね。先日、ポルトガルの原作者を巡るドキュメンタリー映画(ジョゼとピエール)を見ました。ミステリアスな本編を解く鍵は、作家の生い立ちなどにもあるようです。アンチ・クライスト小説を発表した結果、カトリックのポルトガル社会から追放されるという憂き目にも合っている…。お隣のスペイン暮らしが続き、ノーベル文学賞受賞後は、ポルトガルとも和解し、若妻ピエールと世界を駆け巡るコスモポリタンで大忙しの生活を送った事など。
2016-03-07 09:32 : PineWood URL : 編集
他人に披露するには程度が低い。
勿論この映画について、ではない。
2016-04-09 15:46 : URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。