ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

アニメ版寄生獣のミギーと同じように異形のバケモノがかわいい声だった例

日本が誇る大傑作マンガ「寄生獣」のアニメ版の配役にびっくりしました。

なんと、“ミギー”を平野綾さんが演じるというのです。

はるひ   <同じ声です。

参考↓
<アニメ『寄生獣 セイの格率』10月より放送開始>
<【寄生獣】TVアニメ版のメインビジュアル解禁 どうしてこうなった>

涼宮ハルヒはかつて「ただの人間には興味ありません。 この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい」と言いましたが、自分が寄生生物になるとはなかなかウィットの効いたジョークですね。
ミギーって、もっと渋くて格好いい声のイメージだったんだけどなあ。

(追記)アンケートも設置してみました


風立ちぬ」の庵野秀明並にトチ狂った配役かと思うところですが、じつはアニメでこういう怪物にかわいい声をあてている例はほかにもありました。本日はそれをご紹介しましょう。

その1:“天井” 『天体戦士サンレッド

てんじょう

見た目はこんなにグロいけど、声をあてているのは元AKB48の板野友美さんでした。
オネエ口調で説教してくれるキャラなので、この声で怒られたいという人が多くいました。

<天体戦士サンレッド 天井 - 動画検索>



その2:“パンデモニウムさん” 『銀魂

ぱんでもにうむさん<頬を赤らめるな

見た目がマジでグロいけど、声をあてているのは人気声優の能登麻美子さんでした。

<これと同じ声です。

<パンデモニウムさん - 動画検索>



その3:“ネーナ(女帝)” 『ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース

ねーな

ミギーと同じく腕に寄生するタイプのバケモノ(スタンド)だけど、声をあてているのは人気声優の雪野五月さんでした。
(ただし成長するにしたがってその声はどんどん醜くなっていったけど)

<これと同じ声です。

<ネーナ(女帝)- 動画検索>

ほかにも『攻殻機動隊』の“タチコマ”もかわいいですよね。
こういう見た目と正反対のかわいい声をあてることのメリットは、“ギャップ萌え”があることだと思います(意味が微妙に違う気がするけど)。
「見た目がアレなのに、あれ?声を聞くとこんなにかわいいだなんて……」と新たな地平が開けることでしょう(なんか危険な気がするけど)。

まあ、声がどうあろうとミギーはもともとかわいいですけどね!
で、11月公開の実写映画版もこの配役で押し通すつもりなのでしょうか。いろんな意味で期待しています。



最後に、新しいドラえもんのように、なんだかんだ言ってこの声にも“慣れ”が必要だと思いますので、ミギーの名言を涼宮ハルヒにいろいろ言わせてボイスを脳内変換してみましょう。<元ネタはこちら>

はるひ1 

「受験勉強?あれは一種の暗号だろ?わたしがほしいのは生きる上で役立つ知識だ」

はるひ2 

「シンイチ・・・『悪魔』というのを本で調べたが・・・一番それに近い生物は、やはり人間だと思うぞ」

はるひ4 

「く、喰っちまったよ・・・」

はるひ3 

「心に余裕(ヒマ)がある生物 なんとすばらしい!」

慣れる気がしない。

2014-07-30 : いろいろコラム : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
平野綾さんといえば、去年の『ガッチャマン・クラウズ』でもマスコットキャラに見えて実は異星人でチームのリーダーってキャラを演じてました。今回のミギー役もいけそうな気がします。
2014-07-30 18:31 : のの人 URL : 編集
No title
私は今回のアニメ版、キャラデザインも配役も結構好感を持ってます。
わざわざアニメ化するならこのくらい冒険しなきゃ。
2014-07-30 19:14 : foobar URL : 編集
No title
映画がなんだか微妙そうだからアニメに期待してたら、なんか凄い改変されてて映画以上に不安になってきました…
個人的には声優よりもシリーズ構成の人にびっくりしました
2014-07-30 21:57 : URL : 編集
No title
平野綾さん技量、芸歴等も充分な方ですが、ミギーにはミスキャストだと感じます。
個人的にミギーは男性の声で読んでいましたので違和感が拭いきれませんね・・・
それとシンイチが・・・
2014-07-30 22:38 : 毒親育ち URL : 編集
寄生獣
何か実写のほうが期待できるかもという…
ジョジョがスタッフから原作愛を感じるだけにこのキャラデザに許可を出したのは誰だ?と思ってしまいますね
平野綾さん自体は嫌いではないですがミギーじゃないだろうと
自分はてっきりデスノートみたいに本職声優以外から連れて来ると思ってました
哲学とか語るわけですし説得力あるように渋めの男声で脳内再生してたんですがねぇ…
これって実写版ミギーの声も平野さんってことなのかな
平野ミギーに隠れてるけど島崎信長と花澤香菜も大分ヤバい…

すでにコメント欄で書いてる人がいますが実はキャラデザや声優よりシリーズ構成米村正二なのが不安です
この方はゲスト脚本なら割と良い仕事しますが、自分で構成もやるとまるでダメですからね
仮面ライダーディケイドでの続きは映画で最終回とかスーパーヒーロー大戦でのゴーカイジャーのキャラ改悪、その続編での初代ギャバンを過去最低レベルでの改悪、仮面ライダーカブトとスマイルプリキュアでは本編そっちのけでギャグに走り序盤はまぁまぁだったのに終盤の尻すぼみがすごいことになったり…
まぁライダーに関しては米村氏より白倉Pのほうが悪いでしょうけど
よくも悪くもキャラの個性を最大限見せることに特化した話を書く人なんだと思います。井上敏樹から「キャラで遊ぶな」とも言われてますし
話をまとめるのが苦手なんでしょうw
2014-07-31 00:52 : デルピッポ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。