ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

闘いの理由 映画「TOKYO TORIBE トーキョートライブ」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はTOKYO TRIBEです。


個人的お気に入り度:9/10(人によっては0点)

一言感想:史上最高のぶっ壊れ映画


あらすじ


トーキョーは数多くのトライブ(族)がひしめく街。ブクロ、シンヂュク、ムサシノ、シブヤ、カブキのそれぞれのトライブはそれぞれの派閥で発展してきた。
ブクロのトライブ“WU-RONZ”を率いるメラ(鈴木亮平)は、ムサシノの“SARU”のメンバーである海(YOUNG DAIS)を敵視しており、それは次第に大規模な抗争へとつながっていく……




映画は「非日常」に連れて行ってくれる娯楽です。
それは夢のような世界でだったり、行ったこともない宇宙だったり、はたまた悪夢のような世界だったり……
この「TOKYO TRIBE」で体験できるのは、非日常どころじゃなく別世界です。
すさまじく「こんなの観たことない!」映画に仕上がっていました。

監督は「地獄でなぜ悪い」「冷たい熱帯魚」の園子温、原作は井上三太の「TOKYO TORIBE2」です。

井上 三太
977円
powered by yasuikamo

いきなり「2」が原作となっているのは、「1」がたった1巻で完結しているため。
一癖どころか四~五癖くらいありそうな不良どもが暗躍する群像劇として、人気を博していました。


原作では、冒頭にこういう断り書きがあります。
「この物語の舞台は“トーキョー”である。しかし、あなたの知っている“東京”とは少し違うトーキョー”である」

映画版のトーキョーは「少し違う」どころじゃありません。
全編を通して、園監督らしい悪趣味で、ありえなさすぎな街の画が次々と展開されるのです。
掃き溜めのようなきったない夜の街で、柄の悪そうなおにーちゃんやおねーちゃんがたむろしてばっかり。この時点で頭がクラクラします。
これはなんでしょうか。日本映画で独創的な世界観を作り上げすぎた「スワロウテイル」に対抗しているんでしょうか(たぶん意識してる)。


本作の独創的なところはそれだけではありません。
作中の会話の85%くらいがラップで表現されるのです。

a.png<世界初です。

ずっとヒップホップミュージックが鳴り響き、いちいちしゃべるたびに韻を踏んでいる印象です
これはなんでしょうか。台詞の90%がオペラだった「レ・ミゼラブル」に対抗しているんでしょうか(たぶん意識してる)。
そういえば歌を後で吹き替えるのではなく、役者がその場で演技をしながら歌を披露するという点でも「レ・ミゼラブル」っぽいですね。
参考→<『TOKYO TRIBE』鈴木亮平&園子温監督 単独インタビュー - インタビュー - Yahoo!映画>

歌詞は画面に表示されるので理解しやすく、本職のラッパーが出演していることもあり高いクオリティを誇っています。
観た後はサントラでもう一度そのラップの数々を顧みたくなってしまうでしょう。

Various Artists
2654円
powered by yasuikamo

自分は「8 Mile」あたりではラップってしんどそうでやりたくないな……と思っていましたが、本作を観た後はやたらラップ調でしゃべりたくなりました。


キャストも狂っています。
佐藤隆太窪塚洋介染谷将太などとやたら豪華だけでなく、叶美香中川翔子ベルナール・アッカなどもはやネタでしかない配役も盛りだくさん。
しかもサブキャラにはYoutubeの(ラップの)オーディションで選ばれた演技初挑戦者がいたり、プロのラッパーであるYOUNG DAISが重要な役を演じたりと、あらゆる意味で規格外です。

あと本作の主人公(たぶん)である鈴木亮平の肉体美がすごすぎますね。さすが「変態仮面」を演じていたことがあるというか、ゲイが好きな芸能人ランキングの3位に選ばれただけのことがあるというか、やたらめったら脱ぐし。ムキムキマッチョが観たい方はこれだけで観た甲斐があるでしょう。

ほかにも格闘をしながらとりあえずパンチラしまくる清野菜名や、ガチで小学生男子にしか見えない現役女子高生の坂口茉琴も「ありえねー!」なキャラなのですが、この狂った映画には似合いすぎているのでこれでOKでしょう。


で、何よりすごいのは物語ですね。はっきり言ってストーリーはないです。NOTHINNG。無。

これはヒドいです。
キーとなる人物のバックボーンは、明確に語られないか、あっても死ぬほどくだらない理由かのどっちかです。
登場人物の行動原理が「とりあえずノリで」にしか思えません。
先日観た「ルパン三世」のほうがよっぽど話に筋が通っています。
映画を観終わっても「よくわからんメチャクチャなキャラがよくわからんハチャメチャな闘いをしていた」という印象しか残らないです。
これはなんでしょうか。ときどき闘いの理由がわからなくなる「トランスフォーマー」に対抗しているんでしょうか(たぶん違う)。

おかげさまで、本作はぜんぜん先が読めません
伏線とかガン無視で「ハァ?」と思うしかないシーンも乱発されますから。物語の整合性を重視する人が観たら激怒してもおかしくないです。


で、ここまでメチャクチャやっている映画がおもしろいのか、と言われると……いやもうメチャクチャおもしろかったんです。
はっきり言って、これ、ク○映画だと思うんです
伏線とか、物語の定石とか、抑えた演技とかはまったくなく、監督とキャストとスタッフが好きなように作った映画なのですから。

展開はほぼすべて悪ノリです。
おっぱ○がたっぷり出てきて、パンチラもバシバシ登場して、血のりも飛びまくると下品極まりないです。
ここまで振り切れていると、○ソというのも、むしろほめことばになるのではないでしょうか。

そんなわけで、いままでの園子温監督作品を軽~く超えて、好き嫌いが分かれまくる映画です
この映画を「低俗」「深みがない」「ストーリーがペラい」と蔑まれてもまったく反論できません(そういう映画だもん)。
いままでの園監督作品が好きな人でさえ、「今回はハチャメチャなだけでちょっと……」という印象を持つ人も少なくないでしょう。
これをオススメしたら人格がまるごと疑われそうなので、躊躇せざるを得ません(オススメだけど)。


それにしても、園子温監督は“熱い”人です。
監督はこの映画において(ほかの映画でも)「とにかく楽しんでもらえる作品を作りたい」という気概に溢れています。
参考→<GQ&A 園子温──『TOKYO TRIBE』で魅せた世界初のラップミュージカル | GQ JAPAN>
本作には大衆に受け入れられるようにしようとか、大ヒットを狙おうとか、そういう打算的なことがまったく見えません。
とにかく、いままでにない映画を、最高に楽しく作ろうとする園監督を、これからも追いかけたくなりました。

残念だったのは各トライブが満遍なく活躍していないこと。
本当に群像劇としてはつまらないと思うのですが、作品に勢いがあるおかげでこのへんもどうでもよくなってきたりもします。

これはありえねー世界観と、ありえねーキャスティングと、ありえねーアクションと、世界で唯一のラップ・ミュージカルを楽しめるすんばらしい娯楽です。
この映画に行儀よさなんていりません。ポップコーンをほおばりつつ、中学生のようにさわぐばかりの登場人物を観て、ゲラゲラ笑いながら楽しむべきです。
自分は豪華キャストならではのネタの数々、竹内力のマジでやりすぎで観るたびに胃もたれしそうなクサレ悪役だけで腹筋が締め付けられまくりました。
ラップの爆音が響く、音響設備のよい劇場で観ましょう!考えるな!感じろ!オススメです!

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓










もはやストーリーを語るのは不可能に近いですよね。
もしくは「みんながあつまってわるいやつをやっつけた」だけで終わります。
そんなわけで、それぞれのトライブやチームの特徴あたりにしぼって書いていきます。

とらいぶたち<勢力図

ちなみに、練マザー○ァッカーは実在するラップグループです。
上映前に劇場マナーを教えてくれているあたり、じつはいい人たちなんじゃないかと思います。




~ムサシノSARU~

作中では、なるべく人生において関わりを持ちたくない感じのおにーさんたちがたくさんが出てきましたが、唯一彼らとならつるんでもいいかなと思います。
なぜなら、“ムサシノSARU”が信条としているのはLOVE&PEACEだから。彼らは平和と愛と仲間を大事にして、ほかのトライブたちと関わりを持たず、楽しく暮らしていくのが目的なのですから。

彼らの仲間であったテラさんとキムが、“ブクロWU-RONZ”のメラに殺されたことをきっかけにトライブどうしの抗争が始まっていきます。
解せないのは、海(カイ)がひん死のテラさんを手押し車で運ぶだけで手当もしないことですね。

運んでどうするつもりやったねん。みんな「テラさーん!」って呼んで悲しむだけやないか。この世界に救急車は存在しないんですかね?

どうでもいいですが、テラさんが会話の中でやたら鹿児島をプッシュしていたのは、佐藤隆太が出演している「海猿」のロケ地が鹿児島だからだと思います。


~シンヂュクHANDS~

新しくトップに立ったのは巌(いわお)という男。
その出で立ちは、服はミリタリー、被っているのは戦国武将の兜となかなかに狂っていました。

兜<どこの時代のひとですか?

すごいのは、ほかのキャラが濃すぎて彼ですら作中ではあんまり目立っていないことですね。


~歌舞伎町GIRA GIRA GIRLS~

このトライブは原作に存在しません。
じゃあなんで出したかって?園監督が女の子を好きだからに決まっているじゃないですか。
歌舞伎町に入る女性たちは捕まったが最後、仲間になるしかなくなるそうです。
ちなみに、歌舞伎町に実際にその名前のお店が実在しています

それはともかく、彼女たちと巌が唐突に戦車に乗り込んで、CGだと丸わかりの戦車が渋谷の交差点を爆走する画にはぶったまげました。

109が<渋谷109も砲撃されます。

それでもこの映画だったら許せてしまうのが不思議ですね。


~ブクロWU-RONZ(ウーロン)~

クスリをさばいていたりもとっても悪~いトライブです。

彼らを率いているのはメラという危険な男。
彼が新米警官のおっぱ○を揉みながらそれぞれのトライブの説明をするオープニングはすさまじいインパクトでしたね。ぶっ殺すじゃなくて「BUKKOROSU」とか言う意味不明さもステキ。
ちなみに、おっぱ○をもまれていた新米顕官は原作では男性で、違う拷問を受けていました。
じゃあなんで女性にしたかって?監督が女性と○っぱいが好きなために決まっているじゃないですか。

もうひとり、ヤバいのは「人間を家具にして飼っている」ンコイという三つ編みがトレードマークの男。
めんどくせーと言いながら、人を蔑みまくる変態でした。

ンコイ<意外と三つ編み似合っている?


~仏波一家~

ブクロWU-RONZを取り仕切っているヤクザ一家です。
部屋の地球儀っぽいオブジェに書かれているのは「F○CK DA WORLD」。世界を犯すんだってさ。どうかしているぜ。
で、その組長のブッパという男が、ずっとゲヘゲヘ言っている竹内力です。演技がゲヘゲヘすぎてときどき何を言っているのかわからないところあったよ……

ブッパにヒューマンビートボックスで話しかけている、一見かわいいけどすげえ残念な感じの女の子は何者?と調べてみると、サイボーグかおりさんでした。



いや本当、ふつうにしていたらかわいいのに……

ちなみにブッパの妻が叶美香で、娘が中川翔子です。竹内力と叶美香の遺伝子をどう混ぜようがしょこたんにはならんだろ。

もみしだく<叶美香のおっぱ○をもんでうれしそうな竹内力

園監督曰く、叶美香がブッパとメラのアソコをもんでいたのは家族で近親相姦をしているという暗喩で、しょこたんがぶどうを頬張っていたのはキン○マの象徴だそうです。あたまおかしいよこの監督(ほめことば)。

きんた<それ、キ○タマなんだってさ……


~スンミとヨン~

どのトライブにも属さない、やたら格闘術に長けたふたりの女の子です。

闘う女<ヨンを演じているのは現役女子高生です。

ヨンのほうは何のために行動しているのかさっぱりわかりません(人質になった女の子たちを助けようとはしていたけど)。
園監督は坂口茉琴のアクションに一目惚れをして、脚本を書き直して彼女を大活躍させたそうなので、とくに理由なんてないのでしょう。

スンミは父親の司祭から逃れて、ンコイに「犯してよ」などとと言うほど、自暴自棄になっているようでした。
なにせ、この司祭(演じているのはでんでん)、娘のことを「世界一奇麗なプッ○ー」「バージン娘」とか呼んでいますから。そりゃ家出するわ。

sfd.pngホログラムっぽく登場する司祭


~ラストバトルへ~

いろいろあったあげく、「裏ストリート」のトライブである“シヴヤSARU”から派生した“シヴヤWARU”が暗躍しはじめます。
ムサシノSARUの海はみんなを招集し、一気に戦争をしかけます。

その後のバトルはもうむっちゃくちゃでした。

fddf.png<至近距離2丁拳銃
ds.png<ガトリング銃
スクリュースクリューパイルドライバーっぽい

爆笑したのは、しょこたんがブルース・リーの格好に一瞬で着替えたこと。
お前「キル・ビル」かよ!というツッコミに「違うよ、ブルース様だ!」と答える彼女はいろんな意味で輝いていました。
しょこたんは芸能界屈指のカンフー映画好きとしてとても有名です。

高山善廣がヨンのキックを喰らいながら「ちょっと痛い」と言ってあっさり負けたのは何なんだ?プロレス中によく言っているんですかね?
※以下のコメントをいただきました。
恐らく園監督の過去作「冷たい熱帯魚」のでんでんの名台詞「社本くんちょっと痛い」からのセルフパロディじゃないかと思われます。前作に引き続き今作でも太鼓ドンドンのBGM使われてましたし。

ちなみに、眼帯をつけたシェフは原作者の井上三太、焼きそばを食べていたのは元力士の方だそうです。

椅子から転げ落ちそうなくらいにあきれたのは、唐突にンコイが部屋の中で巨大な換気扇みたいなものを出してきて、めんどくさいやつをみんな吸い込ませて殺しまくったことでしょうか。

sdf.png<吸い込まれたら汚ねえ花火となって消えます。

こんなもんが出てくる伏線とかぜんぜんなかったじゃん!
屋上でガトリングガンをぶっ放していたはずのブッパが屋内にワープして盛大に換気扇に巻き込まれるのもおかしいだろ!
それでもこの映画だったら許せてしまうのが不思議ですね(そうか?)


~ケンカの理由~

メラは海と対峙し、メラは「もとからケンカに意味なんてねえ!買ったほうが正義だ!」と海を挑発します。

海は「男のデカさは個々の器量で決まる!」と宣言しますが、メラの価値観はそれとはまったく違います。
メラは、「俺のチ○ポが最高にでかいはずなんだー!」とほざきながら刀を振るうのです。

ラストバトル<○ンポの大きさをかけて始まった闘い

その後はなんだかんだでごり押しっぽく海が勝利し、メラが「俺が間違っていたのかなあ」とつぶやいたところで、「完」をいう文字が大写しになるのでした。ムリヤリ終わらせようとしてない?


~よりよい未来へ~

「完」が出た後、過去のメラが銭湯で海のチン○を見て、ジェラシーを燃やし始めたシーンが映し出されたところで、映画は本当に幕を閉じました。
たかが相手の○ンポの大きさが気に入らなかっただけで、こんだけ人を殺しまくって迷惑をかけまくった悪役がいままでにいたでしょうか?(いないよね)

そういえば、映画のはじめ、、夜のブクロにいる子どもはこう言いました。
「将来大人になったら、トーキョーを夢のある楽しい街にするんだ」

しかし、実際の大人はひっでえ掃き溜めのような街で、チン○をかけた闘いをしているのです。
そんな中で、子どもたちの願う夢のある楽しい街は訪れるのでしょうか?
たぶん○ンポの大きさを競っているだけではダメでしょう(当たり前だ)。

狂言回しとしてたびたび登場していたMC SHOWはラップでこう言います。
「すべての日々に感謝していると言ったらウソになるけど、すべてがあったからいまがある」

男としての器量、仲間や愛。
たとえいままで辛い日々を過ごしていたとしても、そういった価値観があればこれからを楽しく生きること、夢を叶えることだってできるのかもしれません。チ○ポの大きさが価値観になっていたらダメだと思うけどね(当たり前だ)。

オススメ↓
町山智浩 園子温監督作品『TOKYO TRIBE』を語る
TOKYO TRIBE - みんなのシネマレビュー
TOKYO TRIBE(ネタバレ)|三角絞めでつかまえて

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

2014-09-03 : 映画感想 : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
初めてコメントさせて頂きます。TOKYO TRIBE見て来ました。同じ日にイントゥザストームも見て来ましたが、日米災害映画対決と言うことで(?)2本とも楽しく観賞してまいりました。

記事内の「ちょっと痛い」の件ですが、恐らく園監督の過去作「冷たい熱帯魚」のでんでんの名台詞「社本くんちょっと痛い」からのセルフパロディじゃないかと思われます。前作に引き続き今作でも太鼓ドンドンのBGM使われてましたし。

それより私が気になったのは、今作に奥様の神楽坂恵さんが出演されてなかった点です。前作もただ國村隼さんとベロチューするだけのチョイ役でしたし、もしかして嫁に飽きてきたのか??と邪推せざるを得ません。特に近年の園監督作品は、氏の最近好きなものが如実に作品に出るので(前作の時は間違いなく成海璃子でしょうw)そう言った意味でも毎回園監督の映画は楽しみで仕方ありません。

長文失礼しました。
2014-09-03 20:43 : URL : 編集
Re: No title

> 記事内の「ちょっと痛い」の件ですが、恐らく園監督の過去作「冷たい熱帯魚」のでんでんの名台詞「社本くんちょっと痛い」からのセルフパロディじゃないかと思われます。前作に引き続き今作でも太鼓ドンドンのBGM使われてましたし。

ありがとうございますー追記させてください。
確かにどちらも災害映画ですねw
2014-09-03 20:47 : ヒナタカ URL : 編集
No title
>個人的お気に入り度:9/10(人によっては0点)
園子温監督だから許されるという感じでした・・・。
愚者の愚行を何かカッコイイ事のように描く話は嫌いなので、私も園子温監督と鈴木亮平さんが主演でなかったら観なかったです。

>映画は「非日常」に連れて行ってくれる娯楽です。
原作者の井上三太先生も同じ断りを入れていて、この辺り好感が持てました。
こんな世界感に憧れるけど、決して凶悪犯罪を肯定する訳でも、東京がこんな風なればイイ!なんて言ってる訳ではないんです。と。
ロリコンが小学生ハーレムを築きたいけど、現実にそれは絶対許されないから、空想で・・・のような。
(人によってはそれでも許さない!なんてのも居ますけど)

>キャストも狂っています。
本当にキャストの皆さんが凄かったです。この豪華キャストによる熱意溢れる狂気のミュージカルというだけでも芸術的価値すら見出せる私は頭がオカシイでしょうか。
>鈴木亮平の肉体美
HKの頃より更にビルドアップされていて眩し過ぎでした、もうこの人には日本のシュワちゃんを目指して欲しいです!

>~よりよい未来へ~
現実の東京が警察官を失明する程暴行して不問になるような街にしないように、気を付けたいですね。
2014-09-03 22:47 : 毒親育ち URL : 編集
Re: No title

> >映画は「非日常」に連れて行ってくれる娯楽です。
> 原作者の井上三太先生も同じ断りを入れていて、この辺り好感が持てました。
> こんな世界感に憧れるけど、決して凶悪犯罪を肯定する訳でも、東京がこんな風なればイイ!なんて言ってる訳ではないんです。と。
> ロリコンが小学生ハーレムを築きたいけど、現実にそれは絶対許されないから、空想で・・・のような。
> (人によってはそれでも許さない!なんてのも居ますけど)

たとえが生々しいですねw
そういえば園監督、女子小学生がノーパンになる「ノーパンツ・ガール」という映画を撮っていました。
2014-09-04 00:10 : ヒナタカ URL : 編集
原作
原作は2から読んだので内容は分かりますかね?
1が近場で見つからないんですよねー。
2014-09-04 13:44 : 渡邊昂平 URL : 編集
No title
低俗すぎて最高でしたwww
「地獄でなぜ悪い」も相当酷い映画(褒め言葉)だとおもってたのですが、それ以上でしたね!
特にブッパ一族のキャストの皆さんは人生の汚点になるんじゃないかってレベルでした^^;
ただでさえストーリー性の無い話の中でも目につくヨンのバックボーンの無さは単に監督が出したかっただけなんですね。最高だわwww
2014-09-05 00:53 : にとり URL : 編集
井上三太は眼帯してたオッサンの役で出てましたよ
焼きそば食ってたオッサンは元力士のオッサンですよ
2014-09-08 16:25 : あ URL : 編集
Re: タイトルなし
> 井上三太は眼帯してたオッサンの役で出てましたよ
> 焼きそば食ってたオッサンは元力士のオッサンですよ

ありがとうございます。訂正します。
2014-09-09 00:29 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。