ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

すばらしき1日 映画「アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はアバウト・タイム〜愛おしい時間について〜(遅れてすみません)です。


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:観たあとは、これからの1日が変わる


あらすじ


コーンウォールに住む青年ティム(ドーナル・グリーソン)は、両親と妹、そして伯父の5人家族で、海辺でピクニックを楽しみ、週末は野外映画上映を楽しむなどの幸せな日々を過ごしていた。
ティムが21歳の誕生日を迎えたとき、彼は父(ビル・ナイ)から一族にタイムトラベル能力があることを知らされるのだが……




超おすすめします!
すばらしいタイムトラベル映画であり、爽やかな人間讃歌でした。

個人的に好き好きでしょうがなかったのが、主人公がタイムトラベルを使う理由です。
そこには恐ろしい陰謀もありませんし、「自分という存在が消えてしまうかも?」と言ったような危機もありません。
ただただ「これから彼女と仲よくなりたい」や、「親しい人を幸せにしたい」など、ものすんごくこじんまりとしたものなのです。

このタイムトラベルを“お手軽に使っている”という点は「時をかける少女」を思いださせてくれました。

仲里依紗
3709円
powered by yasuikamo

この“自分もタイムトラベルの能力を手にしたらこういうことをするかも”と思わせてくれる“身近さ”のおかげで、とても主人公に感情移入しやすくなっています。

思えば、タイムトラベルものでは、過去に戻ったことにより「しっぺ返し」を受けるという作品が多くあります。
バタフライ・エフェクト」やはその最たるもので、「恋はデジャ・ブ」はタイムループがむしろ忌むべきものになっていますし、「ドラえもん」でさえ過去に戻ることの危険性を描いています。

ところが、本作でははとことんタイムトラベルによりとことんハッピーになることばかりを描いています。
これがものすごく気持ちよくて、そのために工夫に工夫を重ねる主人公を応援したくなるのです。

とは言え、人生の幸せな部分だけを描くのではなく、しっかりとビターな面も描いています。
幸せ:それ以外=9:1くらいの割合の作品であったのが、新鮮に思えました。


また、登場人物に明確な悪意を持つ者がいないというのもいいですね。
誰かが不幸になるのも、いろいろな歯車が狂ってしまった結果なのですよね。
主人公は、その歯車の噛み合わせがよりよくなるように、みんなが幸せになれるように組み立ててくれる。これがなんとも気持ちいいのです。ときどきイヤなヤツに対しては辛辣なことをしていた気もするけど。


そして、根底にあるメッセージがすばらしすぎます。
タイムトラベルが題材の映画ながら、本作は過去には戻れず、同じような日々を生きる人みんなにエールを送っているのです。

「今日は最低の日だった」「あの頃に戻って人生をやり直したい」と思っているはきっと多いでしょう。
この映画は、そうしたネガティブな考えを変えてしまうほどの説得力を持っています(みんながほしがっているのに手に入られない、タイムトラベルの能力を描いているのにも関わらず!)
それだけで、すべての人に観てほしい作品でした。


そうそう、コメディ映画としてもかなりおもしろいです。
その半分くらいがG(全年齢)で許されるくらいのソフトな下ネタなのですが、そのほとんどがスベリ知らずでクスクス、彼女との“初夜”のシーンにはゲラゲラ笑いました。

これはキャラクターがみんな立っているおかげ。
ちょっとギーク(オタク)っぽさもあるドーナル・グリーソン演じる主人公、レイチェル・マクアダムス演じる少し変わっている彼女、リディア・ウィルソンのおしゃまな妹、そしてビル・ナイ演じるお父さん……すべてが愛おしくてしかたがありませんでした。


ここまで絶賛してきましたが、本作には明確な弱点があります。
それは肝心のタイムトラベルの能力の設定がアバウトであることです。
後半のとある展開には多くの人が首をかしげるでしょうし、ラストに至るまでの話の流れも納得いかない人はとことん納得できないでしょう。

これは主人公が「暗いところで念じると過去に戻れる」という点だけが描かれ、そのほかの“制約”がまったくわからないからです。
たとえば、「何回でも同じ時間軸に戻れるのか」「過去に戻ったとき、もとの時間すぐに帰って来れるのか」という疑問があやふやなままです。
SFの設定に論理性を求める方にとっては、これはかなり気になるのではないでしょうか。

しかし、本作においてはこれも致命的な欠点にはなっていません。
なぜなら、本作が主題に置いているのはタイムトラベルではなく、「人間の生きかた」であり、人間讃歌であるのですから。
主人公にとって、タイムトラベルは幸せになるための単なる手段。大切なことは“その先”にあるのです。

また、設定がアバウトとは言いましたが、裏を返せば自分であれこれ設定を考えてみるとおもしろいということでもあります。
単に“能力が適当すぎるじゃん!”で終わらせるのではなく、いっしょに観た友だちとあれこれ語り合うと二度楽しめるのではないでしょうか。


本作を監督したのは、これまた悪意のない人々を描いた秀作「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティスです。
監督ならではの音楽が、またすばらしいものでした。

Various Artists
1097円
powered by yasuikamo

参考↓
【今週のクローズアップ】『ラブ・アクチュアリー』『パイレーツ・ロック』『アバウト・タイム』さようなら、ありがとう!リチャード・カーティス監督 - シネマトゥデイ

本作がカーティス監督の引退作になるようで、作品のメッセージを思えば納得できる反面、もっともっとその作品を観たくなりました。

ここは、前述の明確な欠点など忘れて、ただただ人間のすばらしさを描いている本作を楽しみましょう。
家族でも、カップルでも、友だちでも、観た後は素敵な笑顔を届けてくれる作品です。絶対に、映画館で観てください。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓









〜なぜキットカットは事故にあわなければいけなかったの?〜

さて、本作で多くの方が不満に思うであろう「タイムトラベル能力の曖昧さ」の疑問に触れてみます。

映画の後半、ティムは事故にあった妹のキットカットの人生を変えるために、21歳のときの大晦日に戻ります。
いっしょにタイムスリップしたキットカットは、自分に求愛中のダメ男をぶん殴ります。

このときティムは、すぐにもともといた時間までに帰っています。
キットカットがダメ男にひっかかり、事故にあうという運命は回避でしたようですが、ティムは子どもを抱きかかえて驚きます。愛すべき娘が、“息子”へと姿を変えていたのですから……

ティムは父親に「言い忘れてたが(←忘れるなよ)子どもが生まれる前には戻れない、(卵子に到達する)精子が変わってしまうからだ」ということを教わります。
その後ティムは少し前の時間軸に戻り、けっきょくキットカットは事故にあってしまいます。

……頭がこんがらがってきそうですね。
ここで思いつくツッコミどころと疑問点は以下です。

(1)タイムトラベルって過去にしかいけない設定のはずなのに、すぐに「もとの時間」に帰って来れるのかよ!
(2)なんで“キットカットが事故にあう”という運命のときはちゃんと娘が生まれるの?

(1)は設定そのものがアバウトなだけですので、容認するしかないですねw
(2)は、ティムはいくつもあるパラレルワールド(ルート)を行き来することができると考えれば、納得はできます。

図で整理してみましょう。
今回の場合は、もともとティムは以下のルートAにいて、大晦日に戻ったときにルートBへと移動したということになります。

アバウトタイム図


そのルート自体には途中から変更を加えることができません。
あくまでティムができるのは、
1:“新たなルート”を造り出して、“いま”よりも昔の時間軸にどこかに移動すること
2:昔に戻った後は、“いま”までの時間を体験するか、“いま”にすぐ戻るかを選択すること
なのでしょう
(ある意味で、ティムはタイムトラベルをするたびにパラレルワールドを造り出していると言えるかも)

ティムは、もともと生まれた娘を大切にしたいので、ルートAを選ばざるを得ません。
そのため、変更がきかないルートAでキットカットが事故にあうことは不可避となるわけです。

それでも、娘の生誕が確定してから事故を防ぐための行動をすればいいのでは?(ダメ男と出会うことと事故にあうことは必ずしもイコールではなさそう)という疑問が出てきます。
ひょっとすると、図の2と3はほぼ同時に起こったことで、ふたつとも達成することはできなかったのかもしれません。

ティムにとって、ルートAは自分の大切な娘が生まれた、たったひとつの世界。
それは何ものにも代え難かったのでしょう。

キットカットは事故にあっても、その後にティムとメアリーの説得によりダメ男と別れて、新たな恋人と幸せを手に入れることができました。その相手が結婚式でティムの性遍歴を暴露していた男というのが不安なんだけど。
過去に戻らなくても、これから幸せになれれば、それでよいのです。


〜ティムは父親と再会しても問題なかったの?〜

終盤では、3人目を子どもをつくろうとする前に、ティムは「これで最後」と、同じく自身が21歳のときの生前の父親に会いにいっています。

ここで多くの方が
(3)いま生まれているふたりの子どもも変わってしまうんじゃないの?
と疑問に思ったのではないでしょうか。

しかし、ティムが最後に移動したのは、父親との思い出を作りたいがためのことで、“いま”に反映させる必要はありません。
つまり、父親に再び出会ったのは、ルートAではない、べつのルートの出来事です。
過去に戻っても、ティムがまたルートAに戻ってくれば問題がないのでしょう。
(漫画「ドラゴンボール」の“セル篇”でも、過去にやったことが未来に影響を及ぼさないことが描かれていましたね)
(ティムと父がさらに過去に戻って浜辺をいっしょに歩くことができたのは、父のタイムトラベルの力によるものでしょう)

でもそう考えると、3人目が生まれようが、これから何があろうが、ティムが過去に戻ることは結局”いま”に影響を与えることがないということなので、「これが最後」と決断する必要はないのではないか、という新たな疑問が生まれてきます。
もしかすると、ティムは中盤でも言っていたように”幸せ”であるためにタイムトラベルを必要としなくなっており、父親との最後の思い出を作りたかったのが、3人目の子どもが生まれたという人生の節目のときだった……ということなのかもしれません。


〜ギャグシーン〜

本作のギャグシーンはじつに楽しかったですね。

・ティムは役者の「演劇史上最大のど忘れ」を防ぐために過去に戻る。
・なんとか台本を読み返すようにアドバイスできたけど、違う役者もど忘れしやがっていた。
せっかくメアリーという運命の女性と出会えたのに、このためにリセット。ティムはいいヤツだなあ……

・時間を巻き戻したティムがメアリーに知り合いのように話しかけて、不審者っぽく扱われる
・メアリーにいつの間にか恋人ができたりすると、出会った時間と場所を執拗に聞いて横取りしようとする
・昔に戻ると恋人になりそうだった男に「チャラそうだな」と捨て台詞を吐く
あれ?ここはふつうにやなヤツだな。
メアリーとつき合えそうだった男、べつに悪人でもなさそうだったので、幸せになったところも観たかったですね。

・ティムはメアリーとベッドインする直前に何度もタイムトラベルして、「ブラの前のホックを外す」スキルを身につけたり、よりワイルドに迫ったりする。
過去に戻るたびに調子に乗るティムには大笑いしてしまいました。

・ティムのおじさんは家族の来訪者の名前を覚えない
おじさん、それでも妊娠したメアリーに「父親は誰だ?」と聞くのはよくないと思うよ。ティムが言うようにすごくキュートだったけど。

・夏をいっしょに過ごしていた想い人がレズビアンの親友を連れてきた
・レズ?と聞いて失敗したので巻き戻し
・その仕草はレズと思われるよ!と指摘して実際にレズであったので巻き戻し
・「やぶをつついたら蛇が出る」ことを知ったティムは関わらないようにするが、けっきょく出会ってしまってダメ男の同僚が「彼女はレズだよ!」とほざく
今回のギャグシーンではいちばんのお気に入り。実際、同性愛の人には気を使ってしまいますよね(使いすぎるのもよくないのかも)。

・結婚式でスピーチをするダメ同僚は「離婚の事例」を話しはじめたので巻き戻し
・悪友はティムの性遍歴を話し始めたので巻き戻し
・父親に頼んでいいことを言ってくれたのだけど、父親は肝心なことを言うのを忘れていた。
ティムはわりと友人に恵まれていませんね。


〜すばらしき1日〜

この映画でもっとも好きだったのが、ティムがなんでもないような1日をもう一度くり返すシーンでした。
そこには、1回目で気づかなかった素敵なことがたくさんあったのです。

・電車で男がうるさい音楽を聞いていた⇒よく聞くとエアギターをしてしまうくらいノリノリのいい曲だった
・コンビニで食べ物を買った⇒店員さんがとてもいい笑顔で挨拶してくれた
・仕事が忙しくて走り回っていた⇒移動中の大聖堂のホールがとても美しかった

特筆すべきは、これがタイムスリップの能力をもたないすべての人にも起こりえることでしょう。
毎日は同じことのくり返し(ある意味でタイムスリップをくり返している)かもしれないけれど、そこには新しい発見があるかもしれません。

1日の終わりに、メアリーが「最悪の1日だったらセックスで慰めてあげようと思ったのに」と言って、ティムが「最悪の1日だったよ、人を殺したんだよ」と返すのもよかったです。
どれだけ最悪の1日を過ごそうが、愛する人が1日の終わりにいっしょにいれば、それも幸せであるのかもしれません。

〜みんながタイムトラベラー〜

映画のラストに、ティムは“最後の秘訣”を教えてくれます。

「1日だって僕はもう過去に戻らない。みんな、人生をタイムトラベルしているんだ。すばらしい日々を噛みしめよう」

誰しもが、自分だけの時間を生きています。
その時間の中には、ただ幸せなものだけでなく、辛いことや悲しいこともたくさんあります。

思えば、ティムとメアリーの結婚式はスコールが降るほどのあいにくの天気でした。
しかし、ティムはタイムトラベルの能力で結婚式をやり直したりはしません。
テントが破けて飛んでいくような大変な結婚式だとしても、ティムは大好きな彼女と、ただただこの愛おしい時間を過ごしたかったのでしょう。
このときのティムとメアリーは、本当に楽しそうな笑顔を浮かべていましたから。

ちょっといやなことがあっても、視点を変えれば、過去に戻る能力がなくても幸せだと感じられるかもしれない。
むしろ、その時間を愛おしく感じることができることが、誰しもが持っているタイムトラベルの能力なのかもしれない―
そのことを教えてくれたこの映画が、大好きでしかたがありません。

おすすめ↓
#178 アバウト・タイム ~愛おしい時間について~/毎日を楽しく大切に生きるために | Tunagu.
佐藤秀の徒然幻視録:アバウト・タイム 愛おしい時間について

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

2014-10-08 : 映画感想 : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
毎回読ませてもらっています!

自分もこの作品大好きで、今年のNo. 1候補です!
元々タイムループ物が好きなので、期待していたんですが…最高でした♪父親との最後のシーンでは号泣してしまいました…
県内で1劇場しか上映がないのですが(泣)どんどんオススメしていきます!
2014-10-10 18:58 : ナオト URL : 編集
No title
キットカットの事故に関するタイムトラベル、
わかりやすいチャートを作ってくださってて、大笑いしてしまいました。
さすがヒナタカさん!
おかげで納得。すっきりしました(笑)
まあそういう所をつきつめる映画じゃないんですけどね


ほぼ満員の劇場で見たのですが、
映画館を出ていく人たちがみんなこの疑問を口にしていたので
このレビューを読んでほしい(笑)

ほんとうにいい映画でしたね、星6つ。

2014-10-13 15:52 : 未散 URL : 編集
No title
ダズモンドおじさんが来訪者の名前を覚えないことや、トンチンカな言動には軽度の認知症の印象を受けました。冒頭で天然ボケ(うろ覚えですが)と紹介されていたのも、振り返れば婉曲表現だったのかと思いました。

重度認知症の人は同じ日を繰り返す様に生活することがあり、ある種のループしている生活という意味で主人公とのつながりも描いていたのかと推測しました。
2014-11-13 10:05 : URL : 編集
はじめましてコメントさせていただきます。

とても共感できる説明でした。

結婚式のとき
ティムはメアリーに聞きます。
天気な方が良かった?
メアリーは、いいえ
人生には晴れもあれば曇りも雨もある
みたいなことを言い
この荒天で良かったと。

キットカットを立ち直らせたいティムに
本人がそう決心しなくちゃと
諭すのもメアリー

つまり、
メアリーはタイムトラベルで
都合よくすることの上を行く
人生を楽しむ先人なんです

父子にシフトチェンジしつつ
賢い妻がそばにいたわけですね


アバウトタイムは
日本語訳すると
その時が来た

だそうですが
実は アバウト(な)タイム(トラベル)
いやー大好きな映画となりました。
2014-11-25 21:25 : エアリアル URL : 編集
いつもブログ参考にさせていただいてます!

ヒナタカさんのれびゅー半読みしてて、これは絶対観たいと思い、公開期限ギリギリで今日見ました!

映画ってのはこうあるべきだなって思わせる映画ですよね(^ω^)

頭痛が無くなりサッパリしました。

アダムサンドラー主演の『もしも昨日が選べたら』て映画はご覧になりましたか?

個人的にはあの映画観た後の、
明日から頑張ろう観には届かなかったです💦
2014-11-25 23:24 : ゆーすけ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。