ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

夕焼けの罪 映画「ニンフォマニアック Vol.2」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はニンフォマニアック Vol.2です。


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:笑い < トリアー監督節炸裂


あらすじ


ジョー(シャルロット・ゲンズブール)はその性遍歴の続きをセリグマン(ステラン・スカルスガルド)に語る。
ジョーは初体験の相手であるジュローム(シャイア・ラブーフ)に再会するが、性感を得られない体となっていた。
刺激を求めるジョーは、“K”(ジェイミー・ベル)というサディスティックな男に出会うのだが……




10月に公開されたVol.1から続く、上映時間4時間超えの大作の完結編です。

<Vol.1の感想はこちら>

言うまでもなく本作は完全な続きものなので、Vol.1の鑑賞は必須。いままでの出来事が重要になってくるエピソードも多いので、なるべく間をあけずに観たほうがより楽しめるでしょう。

さて、「意外と笑える」印象があったVol.1に比べて、このVol.2は重苦しい内容になっており、ラース・フォン・トリアー監督の本領が発揮されたいい感じの鬱映画になっています。

回想で主人公のジョーを演じているのも、ステイシー・マーティンからシャルロット・ゲンズブールにバトンタッチし、否応無しに時間の経過を感じてしまいます。
若いときのセックスは“性に奔放”な感じで微笑ましい(?)けれど、年をとってくるとより痛々しくなるという、ある意味自然の摂理のような印象もあり、なんともしんみりしてしまいました。

でも、観終わったときの後味はそれほど悪くありません。
トリアー監督の「ダンサー~」でもそうなのですが、ある意味主人公は「やりたいようにやった」人間なので、(個人的には)その人生を否定する気分にはなれませんでした。

ちなみに性描写はVo;1よりも幾分過激になっており、画面のボカシの比率も上がっています
ボカシがあるとジャマと思うことも多いのですが、この作品にはあってもいいかなあ……(アレが思い切り映りまくりますから)。

Vol.1のトリアー監督らしからぬユーモアが気に入った人は、Vol.2の重さはちょっとがっかりしてしまうかもしれません。
でも、物語の聞き手であるセリグマン(ステラン・スカルスガルド)のツッコミや言動は相変わらず笑えるのでご安心を。

また、いままでのトリアー作品のセルフオマージュのように思えたシーンもありました。
これは監督のファンであれば、にやりとできるかもしれません。

また、作中には性に悩む人へやさしい視線を送っている描写もあります。
ヒドい話(ほめことば)ばかりを撮っているトリアー監督ですが、やはり自分にはどこか“救い”を感じます。

いずれにせよ、Vol.1が気に入った人は観なければならない作品でしょう。
エロエロ描写を期待するだけではなく、真摯に“性”のことを考えたいすべての人におすすめします。

↓以下、結末も含めてネタバレです。観賞後にご覧下さい。










〜6「東洋と西洋の教会(サイレントダック)」〜

なんとセリグマンが童貞だったことが明らかになります。
セリグマンは「だからでこそ君の性遍歴を冷静に分析できる!」と言っていましたけど、納得できるような、できないなような……

セリグマンはジョーのことを「アキレスと亀(ゼノンのパラドックス)」の亀に例えていました。
ジョーはセックスで何も感じなくなってしまい、亀を追いかけるアキレスのように、快楽に“到達”できなくなっていたのでしょう。

ジョーは、キリスト教のうち西方教会はキリストの磔(はりつけ)に代表されるように、苦しみが多いと語ります。
飾られていたイコンの画も西方と東方の違いを示すものだったのでしょう。

ジュロームがジョーに「ほかの男とセックスする」ことを命じるのは、「奇跡の海」を思いださせます。

そして、ジョーは通訳を介してアフリカ系の黒人をセックスに誘います。
黒人がなぜか兄弟を連れてきて、兄弟ふたりでアレをビンビンにさせながらどっちの穴に入れるかを口論し合っていたのは笑うしかないですね。

はさまれています<どっちが上?

ことばはわからないんですが、何言っているのかはだいたいわかります。

ジョーがサディステックな男・K(ジェイミー・ベル)のところに行ったことを、セリグマンがなんでやねんとツッコむのも笑いました。
それにしても、「リトル・ダンサー」のかわいい男の子が、女性のお尻に鞭打つというマネをするするなんて……。
レオナルド・ディカプリオが「タイタニック」で王子様を演じたのに、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」でラリラリ最低男を演じたことを思わせますね(さすがにそれよりはマシ)。

サブタイトルの「サイレントダック」とは、Kがジョーのアソコにズブッと入れる手のことでした。

サイレントダック<静かなアヒル

ジョーは「重くなりすぎないように」とこのエピソードを入れていましたが、それほど話の印象は変わっていないなあ……(ジョー自身が話し忘れているくらいだし)。

そういえば、ジョーはレストランのスプーンをどれだけアソコに入れれるかのチャレンジをしていましたね(このとき、公式ページのキャラ紹介で白目をむいていたウド・キアおじいちゃんがウェイター役で登場)。
これはジョーのアソコはガバガバで、サイレントダックなんか簡単に入るよ!という伏線だったのでしょう(←最低な文章)。


〜7「鏡」〜

ジョーは会社の命令で、セックス依存症(sex addicted)の集会に出ます。
彼女は性のイメージを断ち切ろうと、家の窓を塞ぎ、鏡も見えないようにして、戦いました。

でもけっきょくは「私は色情欲(ニンフォマニアック)、そんな私が大好き」と全肯定してしまう……
鏡は自分自身を映すもの。それを「見ない」でいたことが、彼女にとっては悪かったのかもしれません。


〜8:銃〜

ジョーは、L(ウィレム・デフォー)が運営する借金の取り立て屋に転職します。
豊富な(性)経験のあるジョーは適正抜群、つぎつぎと取り立てに成功します。

そして、小児性愛者を賞賛するというアグネスマジ切れなシーンがあるのはびっくりしました。
ジョーが取り立てのための“嘘発見機”に使ったのは、男根でした(ねーよ)。
男はホモの話などには無反応でしたが、少年を部屋に連れ込んだエピソードでビンビンになってしまいます。
セリグマンがこのショタコン男をブタ野郎と呼んだのは笑いましたが、ジョーは彼のことを哀れに思い、賞賛します。
小児性愛者の95%は実際に手を出さない、性という逃れられないものと戦っているのだと……
これは、「確かに」と納得してしまうものでした。

そして、ジョーが出会ったのはPという少女(ミア・ゴス
ジョーは彼女を後継者にするために教育し、一時はレズビアンの関係のようにもなります。

しかし、Pは偶然取り立ての相手だったジュロームと、性的な関係を持つようになります。

ジョーは、裏通りで、ジュロームに向けて銃の引き金を引きました。
しかし、弾は出ませんでした。

ジュロームはジョーを何度も殴りつけます。
ジュロームはその場でPを犯します。そのときに突いた回数は、ジョーが初体験をしたときのフィボナッチ数である3+5でした。
Pもまた、ジョーに向けて放尿をして、軽蔑のまなざしを向けます。

フィボナッチ数は、Vol.1ではジョーのセックスを“自然の理”であるようかのように見せる“救い”だと思っていました。
しかし、ジョー自身が、その自然の理に否定されてしまうのです。

フロイトによると銃は男性器の象徴です。
その銃=男性自身に負けたジョーは、完全に性そのものに負けたと言っても過言ではないでしょう。

ジョーが見た崖の上の“魂の木”も、手の届かない、崖の反対側にありました。

崖の上の木<崖の上の木

彼女の手がそこに届かない限り、幸せはないのでしょう。


〜夕焼け〜

ジョーは「私の罪は夕焼けに多くを求めすぎたことかも」と言っていました。

夕日に多くを<ジョーの罪

夕日は、「いままであったもの」の象徴であったと思います。
セックスの相手だった男たちに与えられたものを求めていたジョーでしたが、自分から「これから」のことを考えていないように思えました。

「これから」には、たとえば「母親である」ことも当てはまります。
ジョーは息子をベビーベッドに寝かせたまま、サディステックなクラブに行き、あわや息子はベランダから落ちて死んでしまうところでした(これは「アンチクライスト」のオープニングを彷彿とさせます)。
しかし、ジョーは「君は母親じゃない」と夫に責められても、性の快楽を優先してしまいました。

こうした、いままでのことを優先した=夕日を求めすぎたことは、確かに罪と呼べるものでしょう。

セリグマンの部屋からは直接朝日は見えません。
しかし、そこにも反射にして部屋に届く日の光が見えます。
ジョーは、わずかの朝日にも、美しさを感じていました。

これは、ジョーがこれからの幸せを感じ始めたというシーンなのでしょう。

またセリグマンは、ジョーが銃の安全装置を外さなかったのは、無意識の防衛であると語ります。
ジョー自身も「弾が出なくてよかった」と安堵しており、これもまた彼女の幸せを暗示させるものでした。


〜物語の終わり〜

ジョーにはじめて友だちと呼べる存在(セリグマン)ができて、ふたりがそれぞれ「おやすみ」というハッピーエンド……かと思いきや、そこはトリアー監督、一筋縄では終わりませんでした。

セリグマンはジョーの寝室に潜り込み、性器を露出させジョーを犯そうとしたのです。

続くセリグマンのセリフには、ぞっとしました。
「あれだけたくさんの男とヤッたのに」

そのことばを聞き、最後にジョーはしっかりと銃を(意識して)スライドさせて安全装置を外して、セリグマンを撃ってしまうのです。

セリグマンは童貞だと告白し、だからでこそ客観的にジョーの性遍歴を分析できると自己分析していました。
だが、そんなセリグマンも、ジョーの性遍歴を知り、性に目覚めてしまうのです。

最後にジョーが性への罪の意識から逃れられても、最後にはその性に脅かされ、けっきょくは殺人という罪を犯してしまう……

本作は性に翻弄され、ただただ身を滅ぼしていった女性の姿を描きました。

望みがあるとすれば、最後に銃を引いたとき、画は何も見えない”暗闇”だったことです(セリグマンのセリフも、銃のスライドも、銃声も、すべて音だけ)。
これはひょっとすると、ジョーの夢だとも取れるのかもしれません(眠っているときには、視覚などはないのですから)。

いずれにせよ、これから朝日を見る(であろう)ジョーの幸せを、願わずにはいられませんでした。

おすすめ↓
キネマ・アイランド | セクシュアリティの悲喜劇。『ニンフォマニアック Vol.2』感想。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

2014-11-07 : 映画感想 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

どうでもいいところなんですが、黒人さんはビンビンじゃありませんでしたよ。
でかすぎるせいでそう見えたのでしょう。
2014-11-07 21:04 : URL : 編集
複雑な映画でしたねー
年取ればせーよくはなくなるのでは、
若いときのただまん
回りの男は彼女が貴重で喜びます
水商売したりしたらヨカッタのでは?趣味とお金も入るし…
真面目な親で育ったから…彼女は真面目すぎたような気がします
医者になろうとしたこともあったし
うらかぎょうにいかずに
カウンセラー
心理学者
小説家
になれたかもしれません…
2015-09-28 12:54 : URL : 編集
No title
>複雑な映画でしたねー
年取ればせーよくはなくなるのでは、
若いときのただまん
回りの男は彼女が貴重で喜びます
水商売したりしたらヨカッタのでは?趣味とお金も入るし…
真面目な親で育ったから…彼女は真面目すぎたような気がします
医者になろうとしたこともあったし
うらかぎょうにいかずに
カウンセラー
心理学者
小説家
になれたかもしれません…

彼女にとって”性”は自由なものであって、誰のためのものではありません。
自分が欲求を満たすためだけのものなのです。
他の誰かを幸せにするためのものだったら、彼女はあんなに苦しむことは無かったでしょう。
そういう連合を友達と作っていたシーンがあったじゃないですか。
彼女に「水商売をしろ」と言うのは安易で男性的な発想ですね。
2016-04-28 16:58 : 匿名 URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。