ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

駄菓子をクスリのように吸って依存症になる漫画『だがしかし』レビュー

世の中には、光があれば影があります。
高級なケーキやフランスのお菓子には職人の魂が込めらていますが、大量生産される駄菓子は“駄”とついている通り“価値”があるものとは普段思うことはありません。
本日は、そんな駄菓子の魅力を最大限に引き出した漫画『だがしかし』をご紹介します。

コトヤマ
463円
powered by yasuikamo

まあなんて言うか、タイトルが秀逸ですよね(てっきり哲学系の作品かと思っていました)。
「駄菓子菓子」と漢字変換できますし、「一見駄菓子は価値のないもの、“だがしかし”……」という反論を唱えているようにも思えます。

駄菓子にスポットを当てている漫画がどのようなことになるのか……当然、ふつうの漫画になるわけがなかったのでした。


主人公は、田舎の駄菓子屋のひとり息子。
彼の夢は漫画家で、お店を継ぐことをいやがっています。

ドラゴンボールではありません※ドラゴンボールではありません。

そこに現れたのは、駄菓子をこよなく愛する女の子のほたるでした。
彼女は主人公に「キング・オブ・駄菓子は何であるのか?」と質問します。

えーと、だいたいの人は意見が一致しますよね。当然答えはアレです。

キングオブ  <そりゃもう“うまい棒”ですよ

そしてうまい棒の魅力とは? 彼女はただ「おいしい」なんてものでは終わりません。
うまい棒には、気分しだいで“組み合わせて”食べることができるという魅力があると言うのです!

悩む<食べたいものに悩んだら……?

そこでうまい棒だよ!<そう、うまい棒!

どうですか、すごい説得力ではありませんか(洗脳)。

そんなわけで、この漫画の基本のプロットは、ヒロインのほたるが駄菓子がいかにすばらしいかを説いていくのみです(だがそこがいい)。
1巻に収録されている駄菓子のエピソードをちょっと見てみてましょう。

<ポテトフライ>

外ではこれ  <油っぽさが魅力

外で食べる駄菓子にふさわしいのはコレ、というのは(理由はないけど)何となくわかります。
この後の「“ポテトフライ”のいちばん贅沢な食べかた」が大納得できるものなので、ぜひ読んでみましょう(←ダイレクトマーケティング)
ちなみに2014年に販売終了になった“ポテトスナック”とは別の商品です

<きなこ棒>

きな粉 類似商品もあります

ほたるは、駄菓子の世界は“戦場”であり、それぞれの駄菓子が魅力を引き出すために苦労をしていると語ります。
その中で、箱もキャラクターも何もないきなこ棒は“砂漠の戦士”であると表現します。

きなこの戦い<かっけえ

<生いきビール>



子ども心をくすぐる(?)ニセのビールです。
この商品の魅力は……? そう、大人の気分になれることですよね。

生ビール飲みたい<大人はずるいよね

<ブタメン>



これは多くの人が知っているでしょう。
ほたるはブタメンについて、「駄菓子はふつうは10円や20円だが、ブタメンは70円もする。子どもにとっては味のチョイスも含めてハイリスクだ」と分析します。

butamen1.jpg<究極の選択

ああ、子どものころって10円20円でも気にしていたよなあ……と懐かしい気持ちでいっぱいになりました。


そんな中でもとくに笑ったのが、駄菓子を麻薬のように吸うエピソードです。

これは少年誌掲載です※少年誌掲載です

もちろん彼女たちが吸っているのは『ウルフ・オブ・ウォールストリート』にわんさか登場したようなシロモノではなく、“ビンラムネ”でした。



ツッコミどころ満載なのは、モナカの中のラムネを吸っているだけなのに依存症になっていくことです

ビンラムネ依存※吸っているのは粉タイプのラムネです

訴えられないのかこれ。
危険ドラッグの恐ろしさが問われている現代でヤク中描写をギャグとして描くのはギリギリだなあ……(しかも少年誌で)(爆笑したからいいけど)。
このエピソードでは、さらにラムネの粉がドラッグっぽい表現をされまくるのでした。


そうそう、この漫画は駄菓子の雑学が満載なことの魅力のひとつです。
たとえば“こざくら餅”のエピソードでは、主人公がある事実に驚愕します。

<懐かしすぎる

その事実とは、商品ひとつに入っている餅の数が減っていること。
なんという嘆かわしい事態……と思っていたところに、ほたるはさらなる事実を告げます。

18個入りな、なんだってー!

18個も入っていたのかよ!(いまは10個)
このことに主人公はさみしがります(←かつてないほどの共感)。
しかし、ほたるは「私はそうは思わない」と、数が減っても、それが気にならない方法があると宣うのです!
その方法は、ぜひ単行本を読んでご確認ください(←ダイレクトマーケティング)。


そのほかにも、ただただ懐かしいと思える駄菓子や、こんなものがあったのか!と驚け、駄菓子の新たな魅力に気づくことができる『だがしかし』は文句なくおすすめの漫画です。
少しだけラブコメ的な要素もあったり、駄菓子だけでなくめんこを紹介したりと、バリエーション豊かで楽しくってしかたがありませんでした。
読めばきっと駄菓子が食べたくなるはず。でも駄菓子をドラッグのように吸うのはダメ!ゼッタイ!(通報されるから)

↓こちらで1話〜7話が読めます。
<だがしかし / コトヤマ - ニコニコ静画 (マンガ)>

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2014-12-19 : いろいろコラム : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

やだこのグイグイくるヒロイン…嫌いじゃないわ!

ニコニコ静画に掲載されている分まで読みましたがどれもこれ知ってる駄菓子でニヤニヤが止まりません。
しかし一番驚いたのはこざくら餅の内容量……あれって昔は18個も入ってたんですね!?
自分が知ってるのは4×3のやつだったので今は10個というのも衝撃でした……

ビンラムネでキメてるシーンといい久々にどストライクな漫画に出会えた気がします。
買います!w



あ、やべぇ
キャベツ太郎切れてきた…
新しいの…(ガクガク
2014-12-19 21:42 : ライダー URL : 編集
No title
懐かしい!
だがしかし!かつて幼年期の憩いと交流の場だった近所の駄菓子屋さんもほとんどが閉店してしまっています。作中でもその原因である「後継者不足」が語られていますが、商売として儲からないというのも致命的のようです。なにせお客さんが10人来ても売り上げ1000円だもの・・・(安倍総理!駄菓子に軽減税率を!!)
だがしかし!この文化をなんとか21世紀の子ども達に遺したい!

そこで、セレブなリタイヤ生活を送る高齢者の皆様「駄菓子屋起業」してみませんか!?可愛い盛りの孫世代の子ども達との交流や、次世代への教育も出来るなど魅力もりだくさん!
地中海にクルーザーを浮かべて美女を侍らせたり、カジノでサラリーマンの生涯収入級の資産を一晩で散在するよりも、有意義で社会貢献にもなりますよ!?
2014-12-19 22:53 : 毒親育ち URL : 編集
No title
うちの地元でも駄菓子を売ってくれる玩具屋さんは1軒しかないですね
子どもの頃はビンラムネをヤクみたいにストローで吸ったり
ココアシガレットを煙草みたいにしたり
危ない人ごっこしてましたねー!
食べたくなりました
2014-12-20 00:20 : ひぃ URL : 編集
No title
> “組み合わせて”食べる

ニコニコのコメントにもありましたが『OH!MYコンブ』の現代版ですわ、これ。
実在商品を使っているところと言い。

ただ個人的には、実在のものを実名で使う作品が少なくなっている今を思うと、こういう作品はどこか嬉しい気がします。


> 訴えられないのかこれ

「バーロー、サンデーだったら問題ねーだろ?」
「見せられないよ!」
2014-12-20 05:40 : シオンソルト URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。