ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

正しいこと 映画『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はトラッシュ!-この街が輝く日まで-(原題:TRASH!)(遅くなりました)です。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:謎解き版『スラムドッグ$ミリオネア』


あらすじ


ブラジルのリオデジャネイロ郊外、ゴミ拾いをして暮らす少年ラファエルは、ある日ゴミ山でひとつの財布を見つける。
その財布を警察も追い続けているさなか、ラファエルは仲の良い少年ガルド、ラットと協力し、財布の謎を解こうと奔走する。




リトル・ダンサー』のスティーブン・ダルドリー監督、『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』で監督をしていたリチャード・カーティスが脚本を務めており、映画ファンから多大な期待を寄せられた(たぶん)作品です。

本作を観て多くの人が思うのが、『スラムドッグ$ミリオネア』に似ているということです。

デーブ・パテル
3330円
powered by yasuikamo

『スラムドッグ$ミリオネア』の舞台はインド、『トラッシュ!』はブラジルのリオデジャネイロという違いはあるものの、躍動感のある映像や編集や音楽、暴力シーン、貧民街の少年がやがて大きな行動に出るというプロットも一致しています。

『トラッシュ!』が特徴的なのは、『スラム~』のような要素を持ちながらも、謎解きの要素があることです。
映画のファーストシーンは「いったいどういうことなんだ?」と思わせるシーンから始まりますし、少年たちが拾った財布には意味深な暗号が隠されていたりします。

なぜ警察はこの財布を追うのか? そして財布が示す場所にあるものとは?
そうした疑問により、観客をぐいぐい引っ張ってくれるのです。

具体的な本作のテーマは財布に隠された真実のネタバレになってしまうので↓に書きますが、これは日本でも思い当たるふしがあるものです。
少年たちが冒険を通じ、その「悪」と立ち向かう様には興奮させられました。

もうひとつテーマにあるのは、ブラジルで問題になっている貧富の差(格差社会)です。
※参考記事
<ブラジルの光と影を伝える12枚の写真「ワールドカップで誰が得をするのか」>
<ブラジルの貧困問題>
本作はこの問題に警鐘を鳴らし、改善がなされてほしいという願いが込められているのでしょう。
ある意味プロパガンダ的な作品でもありますが、世界の諸問題を考えるきっかけになるという点だけでも、確かな価値がある作品です。

子役たちも文句なしの上手さで、演技であることを忘れさせます。
ベテランの風格を漂わせるマーティン・シーンや『ドラゴン・タトゥーの女』のルーニー・マーラが脇役(でも重要)として登場するのも見どころになっています。
ちなみに、ルーニー・マーラが演じるのは気のいい英語教師。このキャラクターは、原作者のアンディ・ムリガンがフィリピンに滞在して英語を教えていた経験が反映されているものなのでしょう。


ただ、物語には少し物足りなさが残ります。

理由のひとつが、少年たちの背景がわからないことです。
少年たちはゴミ(TRASH)拾いをして生活しており、ときどき教師から英語を教わり、たまに神父さんに助けてもらう……という最低限の生活は理解できるのですが、少年たちの両親や家族はどうしているのか?という疑問は晴れないままです。
このあたりは、原作小説を読めばはっきりするのかもしれません。

アンディ・ムリガン
734円
powered by yasuikamo

それはまだ許容できるのですが、終盤のファンタジーがかった(ツッコミたくなる)展開は残念でした。
本作はそもそものプロットが「少年たちがゴミ山で拾った財布が騒動を巻き起こす」という「おとぎ話」のようではあります。
しかし、ハードな展開もあり、実際のリオデジャネイロの問題を描いた作品でもあります。
作品のバランスを考えても、終盤に従いリアリティが乏しくなってしまうのは、あまり歓迎できるものではなかったのです。


そんな不満点はありつつも、退屈することがないテンポのよさ、勢いのある映像、観ていてわくわくする少年の冒険、そして痛烈な社会風刺など、楽しめる点は満載です。

また、中盤までは「少年はたちはなぜあれほどまでに財布の謎を究明しようとしたのか?」という説得力にも乏しく思ったのですが、謎が究明されてからはその理由がわかりました。
これも真面目な日本人なら、共感できるのかもしれません。
公開劇場はやや少なめですが、『スラム~』が好きな方、監督&脚本のファンには存分におすすめします。

↓以下、結末も含めてネタバレです。観賞後にご覧ください。 今回は短めです。













~野暮な不満点~

何より気になるのは、終盤に現れたジョゼ・アンジェロ(財布を投げた男)の娘・ピアは、いままでどうやって生活していたの?ということ。ジョゼはだいぶ前につかまって殺されてしまったのに……
いきなり目的地である「ピアのお墓の前」に現れるので、幽霊なのかと勘違いしてしまいました(そう思わせる演出だと思う)。
自分の娘のお墓を作って、そこに賄賂の証拠とお金を隠すというジョゼは、娘へ危険がおよぶことも考えてなさそうに思えてあまり好きにはなれませんでした。

また、そもそもジョゼはなんであんなややこしい暗号を仕込む必要があったんだというのもツッコミたくなりますよね(これは本当に野暮ですみません)。


~ドンキーコング登場~

ガルドが「買ってみんなにプレイ料金を頂戴して稼ごうぜ!」と言っていたゲームが『スーパードンキーコング』だったのはびっくりしました。

<不朽の名作

本作はYouTube(っぽいもの)も登場するので時代設定は現代なのですが、このゲームの発売は1994年。それでも娯楽の少ない中で、ゲームが貴重なものになるというのはわかるなあ……。


~正しいことを~

ジョゼ・アンジェロは、さまざまな企業の賄賂を暴露しようとしていました。
日本であれば、ロッキード事件リクルート事件を思い出させます。

中盤にあやうく警察に殺されかけたラファエルに、神父はこう言います。
「命を落とすような戦いで人生を無駄にするな。それで逃げ出すことは臆病ではない」
それはもっともなことであると思えましたが、終盤ではその言葉を覆す出来事があります。

ジョゼは殺されてしまいましたが、服役していたおじは手紙に書かれてあった「あなたの戦いは無駄ではなかった。戦いは受け継がれる」という言葉を読むことができました。
死んでもなお、受け継がれる「正しい」戦いもあるのです。

さらに、インターネットにラファエルたちの動画をあげようと提案されたとき、神父は「危険じゃないか?なぜここまで戦う?」と躊躇しますが、英語教師・オリヴィアはこう返しました。
「それが正しいことだからよ」とー

これこそが、映画で訴えたかったことなのです。

危険な戦いもある。
だけど、やらなければいけない正しい戦いもある。
それでもし死ぬことになっても、正しい戦いは誰かが受け継いでくれる。
自分を顧みることなく、正しいことをやる勇気ー
それこそが、必要だったのです。

そういえば、警察が財布に賞金をかけたためにガルドが「いいから売っちまおうぜ」と言い、「いや、あれだけの金を払うのには何かわけがあるよ」とラファエルが返すシーンがありました。
初めは「財布を届けようとした理由がそれだけ?」と思っていましたが、ラファエルは潜在的にそれが「正しいことをするもの」とわかっていたのかもしれませんね。

最後に、ラファエルとガルドは賄賂の金をゴミ山にばらまき、ラットとピアも連れて4人で旅立ちます。
「町にくりだしたら誰にも止められない」と思ったのは、「正しいこと」が世に認められたからなのでしょう。
その正義は、きっと続くはずです。


~神~

主人公は病気やケガを癒す天使・ラファエルの名を持っていました。
作中には神へのメッセンジャーの役割を担うガブリエルの絵も登場しています。

少年たちの行動が出エジプト記に例えられたのは、モーセが奴隷のように扱われていたユダヤ人を率いてエジプトから脱出した=正しいことをした、という暗喩なのでしょう。

これは、神からの怒り、または救済の物語と言えるのかもしれません。

おすすめ↓
映画評論 トラッシュ! この街が輝く日まで

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2015-01-17 : 映画感想 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-01-18 01:07 : : 編集
Re: No title
訂正します。ありがとうございます。

2015-01-18 01:17 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。