ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

明日は来る 映画『アニー(2014)』ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はANNIE/アニー(2014) です。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:キャメロン・ディアスの役がひどい(いい意味で)


あらすじ


9歳のアニー(クヮヴェンジャネ・ウォレス)は、4歳のときに自分を置いて姿を消した両親にいつの日か会えるときが来ることを夢見ていた。
ある日、アニーは携帯電話会社の社長であり、ニューヨーク市長の有力候補とされるスタックス(ジェイミー・フォックス)に命を救われる。
そのときの動画がアップされ広まったことにより、スタックスの支持率は上昇。スタックスは選挙戦の起爆剤として、アニーを利用しようとするのだが……





漫画『小さな孤児アニー(Little Orphan Annie)』を原作とし、同名のブロードウェイ・ミュージカル(日本版もあり)の映画化作品です。
1982年にもアイリーン・クイン主演で映画化されており(1999年にもテレビ映画化)、本作は実質的にリメイク作品となっています。

アルバート・フィニー
1411円
powered by yasuikamo

自分はミュージカル版もこの1982年版も、まったく知らない状態で観た(ファンの方、ごめんなさい)ので新鮮な気持ちで楽しむことができました。


じつはこの2014年版はアメリカで酷評を持って迎えられています。
Rotten Tomatoesでは28%IMDbでは4.9点と……そのせいもあり、公開3週目で興行成績がトップ10から消え去ってしまっています。

日本では『レ・ミゼラブル』、『アナと雪の女王』に続く!という誇大広告で釣り上げ宣伝担当の方ががんばったおかげで、初登場2位と健闘を見せていてよかったですね。

アメリカの評判は悪くとも、日本での評判はそれほど悪くはありません。
なぜなら、娯楽映画としてやるべきことをやっているからです。

物語は孤児だった少女が、富豪と友だちとなって、その財力を利用して両親を探したり選挙戦を手伝ったりするというもので、子どもでも十分わかりやすいものです。

主人公の孤児の女の子はハツラツとしていて大人を手玉に取りそうなナマイキっぷりを見せ、市長選に臨む大企業の社長は子どもなんか嫌いだったはずなのに次第にそうでもなくなってくるというツンデレっぷりを見せ、サブキャラの女性にもしっかり見せ場もあり、とキャラクターの個性もちゃんとしています。

キャスティングも優れていて、クヮベンジャネス・ウォレスは『ハッシュパピー』のときとはまったく性格の違う女の子を見事に演じていましたし、ジェイミー・フォックスは『アメイジング・スパイダーマン2』とは違う傲慢なキャラクターにぴったりとハマっていました。

触れなければならないのはキャメロン・ディアスですね。
彼女は子どもを金づる(助成金がもらえるから)としか捕えていない悪役なのですが、間違いなくキャラクターの中でいちばん目立っています。
彼女は自分の負け組人生っぷりをとてもわかりやす~い説明セリフで語り、悪態をつくときはいちいち顔をひんまがらせ、その辺のイケメンに分け隔てなく求婚するというヒドい(ほめことば)キャラです。
そりゃラジー賞にノミネートされますよ……むしろこんな役を(文字通り)体当たり演技で臨んだディアスをほめたたえたくなります。


原作は1930年代の大恐慌の時代を描いていたのですが、この2014年版ではインターネットもYouTubeもある現代を舞台としたこともよかったです。
Twitterの使いかたは『ST赤と白の捜査ファイル』よりもはるかに納得できるものでしたし、物語の展開にもしっかり生かされています。
これは、ウィル・グラック監督が『小悪魔は何故モテる!?』で、若者のSNSの文化をテンポよく描いていた経験が生かされているのでしょう。

基本的に物語はお子様でもわかりやすい(子ども向け)のですが、大人にしかわからないギャグを仕込んでいるのも好きでした。
その大人向けなギャグをくり出してくれるのが、まさに汚れ役のキャメロン・ディアス。これにはゲラゲラ笑わせていただきました。


さて、本作の問題はミュージカル映画としての出来がよくないことだと思います。

理由のひとつが、音楽が物語をけん引していくわけではないということ。
基本的に歌は登場人物の気持ちを表すために使われており、個人的には「物語の合間に歌を入れなければいけない」というぎごちなさまでを感じてしまいました。

編集とカメラアングルのところどころに違和感を覚えました。
これはおそらく「引き」の画が多すぎるせいもあるのではないでしょうか。
『レ・ミゼラブル』は登場人物のアップの画を多用することで役者の表情をとらえていましたが、『アニー』は広いロケ地で数人の登場人物がぽつんと佇んでいるようなシーンも多く、少し寂しさを感じました。

作中の「物音」が楽曲の一部を構成するシーンもあるのですが、残念ながらあまりシンクロしていませんでした(リズムに合わせていないカットがある)。

言うのは野暮だとはわかっているのですが、ところどころ「口パク」がわかってしまうのも残念な点かもしれません。
『レ・ミゼラブル』で役者の歌声が「直撮り」されていたのは本当に革新的だったんですね。

楽曲そのものは、現代的なアレンジが加えられておりとてもよかったです。

Original Soundtrack
1219円
powered by yasuikamo

メインテーマの「Tomorrow」を、クヮヴェンジャネ・ウォレスはかわいらしく歌っています。



びっくりしたのはジェイミー・フォックスの美声。もともと音楽を専攻していたこともあり、文句なしの歌唱力でした。

また、吹き替え版も公開されていますが、吹き替えをされているのはミュージカルシーンのみだそうです。
本作は、ミュージカルシーン:会話シーンの割合=2:8くらいなので、それでも十分成立するのでしょう。
Flowerによる吹き替え版のテーマソングは、あくまでプロモーション用のようです。



なお、吹き替え版でも字幕版でも、エンディング曲が平井堅による「Tomorrow」のカバーに差し替えられています。



さすがの歌唱力ではありますが、差し替えされた事実にはあまり好意的にはなれません。もとのままが聞きたいのだけどのだけどなあ……


ほかの不満点には、ギャグの品のなさもあります。
なぜか「食べ物を口に含んで吐き出す」というシーンが何度もくり返されるのです。
序盤は展開上も意味のあるものだったのでよかったのですが、これほど頻発すると単純に見ていていい気分はしませんし、子どもに見せたくありません。

また、先ほどはキャラクターがしっかりしているとは書きましたが、裏を返せば性格付けが極端かつステレオタイプすぎる印象もあります。
キャラクターの心変わりにはやや唐突すぎるところもありますし、人間ドラマとしてはお世辞にも出来がいいとは言えません。

さらに設定の一部にも違和感が……
これは現代を舞台にしたせいなんだろうなあ。


そんなわけで、ところどころ不満点はあるものの、過度に期待しなければファミリー向け映画として十分に楽しい映画と言えるのではないでしょうか。
子ども向けではあるのですが、胸躍る冒険をしたり、魔法が出てくる作品ではないので、あんまり小さい子が観ると退屈してしまうかもしれないのでご注意を。

そういえば、本作はウィル・スミスがもともと制作を検討していたんですね。
スミスは自分の娘を映画の主演に構えようとするなど、『アフター・アース』のころとまったく変わらない親バカっぷりだったようなので、このキャスティングになってよかったのかもしれません。

酷評されるほど悪い作品だとは思いません。
キャストのファン、何にも難しいことを考えずに観ることができる楽しい作品を求める方におすすめします。
エンドロール後にもおまけがあるので、最後まで観ましょう。

↓以下、結末も含めてネタバレです。観賞後にご覧ください。









~野暮な不満点~

何より、アニーの文字が読めない設定に無理がありますよね。
アニーは学校にも通っているし、親からの手紙を読んでいたじゃん!
まあ前者は論文を発表するときに、文を読み上げずに口頭で告げたということが伏線になっているので容認できます(それでも先生には文字を読めないことに気づかれるとは思うけど)。
でも、後者はどういうことなんだろう……誰かに代わりに読んでもらっていて、そのことを覚えていたのであれば、そのことも教えてほしかったですね。

あと、スタックスがヅラだったことが明らかになるシーンがあるんですけど、そんな丸坊主に等しい髪型にカツラの意味があるんかとツッコミたいです。

最後にスタックスは報道陣に向かって「選挙戦を辞退する」ことを告げるのですが、それよりも先に「アニーの両親が偽物だった」ことをお詫びするべきなんじゃないかな? 少し違和感がありました。

「けっきょくアニーの本当の両親はどうしたの?」という疑問がはれないのもちょっと消化不良かもしれませんね。


~孤児ではなく養子~

アニーは、自分のことを「(孤児(orphan)じゃなくて養子(stepchild)だよ!」とスタックスに宣言していました。
たくましいアニーは、もうスタックスの養子になった気でいたのかもれませんね。

ほかのシーンでも、アニーはその利発さを発揮しています。
物語の初めにアニーがルーズベルトのことを話したのは、「大恐慌の歴史を踏まえたよりよい今がある(昔よりもいい時代になった)」ことを示しているのだと思います。

アニーが(ニセの)両親が住んでいるところをニュージャージー州ニューオーリンズだったかも?間違っていたらごめんなさい)と聞いて喜んでいたのは、かつて虐げられていた黒人が権利を獲得した場所だからなのでしょう。

また、アニーの友だちに「13歳だから、もう(養子にもらわれるのは)無理よ」と言っていた子がいたことも印象的でした。
彼女が幸せになったところも見たかったなあ……


~キャメロン・ディアス大活躍~

ミス・ハニガン(キャメロン・ディアス)は初登場時に「歌手が夢だったけど、出演直前にクビなったのよ!」とわかりやすく自分の境遇を教えてくれます(なんつーセリフだ)。

それにしても調査員への求婚の言葉がひどかったですね。
・イケメンの調査員を見る→「新しい苗字を募集中なの!この意味わかるでしょう?(結婚してえハァハァ)」
・調査員が浴室を調べたいと聞く→「気が早いわね(いっしょにお風呂入ろうゲヘゲヘ)」

何この肉食系女子
ついでに毒舌な彼女は、雑貨屋の店長に「その罵声しびれる~」などと気に入られるのでした。どんだけドMなんだよ。

爆笑したのは、大富豪のスタックスに近づくと「女性を買う気はない、君にはその仕事が天職もしれないな」と売春婦に思い切り間違われること。
あのアピールっぷりと、あのイケイケの格好じゃあ誤解されても仕方がないよね。

終盤では「唐突に歌うと魔法が起こるのよね~」とミュージカルをディスる始末
ほかにも「キャスパーのゲロはエクトプラズムなの」というどうでもいい知識を披露していました。

しかもハニガンは、ヘリコプターに乗ってアニーを追いかけるときには、思い切り酔って「どうでもいいから早く見つけて」と映画のクライマックスにも文句を言います
さんざんアニーとスタックスがゲロゲロ食べ物を吐いていたのに、クライマックスでもゲロネタを入れるとは思いもしませんでした。

さらにエンドロール直前では、みんなで「Tomorrow」を歌うかと思いきや、空気を読まずに急にソロで歌い出すのでした。
こんなキャラを演じて、ラジー賞にノミネートされないほうがおかしいです。

ついでに言うと、イヤな性格の福祉調査員もスタックスにウザい求婚をしていましたね。こんなキャラひとりで十分だよ。


~インターネット大活躍~

本作でインターネットが物語の重要なポイントになっていることは賛否ありそうですが、自分は好きです。

・スタックスが食事の配給場所でマッシュポテトを吐き出してしまった動画が速攻で拡散され、パロディ動画も作られる
・スタックスがアニーを助けた動画も速攻で拡散される
・スタックスとアニーは結託して、写真をたくさん撮って公開すると支持率はうなぎのぼりになる
・アニーはスタックスの会社の設備を利用して、両親の情報を集めてもらう
・ラストの追いかけっこでは、Twitterの情報を頼りにアニーを見つけることができる

それなりにご都合主義も感じますが、ちゃんと現代を舞台とした意味があります。
ニューヨークを監視している設備を見たスタックスの部下が言った「人が恐れるべきなの政府じゃなく携帯会社だよ」というセリフはなかなかに的を得ていました。


~ク○映画5部作~

びっくりしたのは、作中でアニーたちが観る映画『ムーンサイドレイク』がすげえつまんなそうなこと。

アバター』っぽいキャラが出てきて、『トワイライト』っぽい違う種族との恋が描かれ、『トランスフォーマー/ロストエイジ』のような携帯電話の露骨なプロダクトプレイスメント(お値段50万ドル)が登場するなどヒデえありさまでした。

あまつさえ、そのアバターっぽいキャラの名前が「サカナ(日本語)」っていうね……
上映後に「死んでもパート2で生き返るよ」「5部作まであるよ」と言うのは、さすがに商業主義のク○映画をディスっているしか思えません。

ちなみに、1982年版で観ていた映画はグレタ・ガルボ主演の『椿姫』だったそうです。

エンドロール後には続編を観て拍手をしているスタックスたちの姿が映し出されました。どちらにしろつまんなそうなんだけど……


~マイケル・J・フォックス登場~

ライバル議員の選挙活動にマイケル・J・フォックスが参加するシーンには驚きました。
パーキンソン病を発病されて以来、映画で観る機会がなかなかなかったので、これはうれしかったです。

彼がカメオ出演をしたのは、ジェイミー(J)・フォックスと名前が似ているからかもしれませんね。


~明日の前に~

終盤では、スタックスから「歩く精力剤」と呼ばれていた部下が勝手にニセの両親をこしらえるのですが、その共犯者であるハニガンはスタックスから「アニーは君に感謝をしている」という事実を聞き、すぐに後悔をし始めます。ちょろいな。

ハニガンが店長に「後で後悔するっていうことある?」と聞き、店長が「君は素直じゃないだけだよ」と返すのには笑ってしまいました。スタックスと同じくツンデレなんですね。

アニー、スタックス、ハニガンの3人が「私は誰?」「私の望みはなに?」「今日がある、まだ遅くない」と、「Tomorrow」につながる自分のいまの気持ちを歌うシーンが大好きでした。



明日の前に、いまの気持ちが大事なのでしょう。


~探し物~

本作で大好きだったのは、「動物園みたいだ」「子どもに触られた、消毒しないと」などと世間を嫌っていたスタックスが、アニーを好きになっていくこと。

スタックスは、文字が読めずに逃げ出してしまったアニーに駆け寄って「理由が知りたい」と言ってくれます。
(ここでアニーが歌った「Opportunity」は、この2014年版だけのオリジナル曲です)



ヘリコプターからニューヨークの街を見せながら「人生は持っているカードを持って勝負するんだ」「もしカードが使えないときは、ハッタリをかますんだ」「時として、探し物は目の前にもあるんだ」ということも教えてくれます。

アニーにとってこのカードに当たるものはスタックスのこと。スタックスにとっての探し物はアニー(家族)だとも取れます。
スタックスは過酷な労働を強いられていた父を亡くしており、口には出さないまでも家族を欲していたのでしょう。

スタックスが本当の両親(偽物だったけど)が見つかったときに浮かべた寂しい表情、そして選挙戦などをまったく顧みることなくアニーを探そうとする姿を見て、彼のことが大好きになりました。

スタックスが自分の正直な気持ちを秘書のグレースに告げ、これからスタックス、アニー、グレースという家族ができることを思わせる……そんなハッピーエンドでした。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2015-01-29 : 映画感想 : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-01-30 00:24 : : 編集
Re: No title
ご指摘ありがとうございます。
トゥモローはmを重ねるのかrを重ねるのかがよくわからなくなってしまって……
2015-01-30 00:31 : ヒナタカ URL : 編集
No title
まず、原作ファンの方にごめんなさい・・・。
恥ずかしながら人生初ANNIEでした。原作も毎年やってる日本版も1982年の映画版も観ていませんが、自分も「酷評される程酷いかな?」と不思議な程楽しめました。
クヮヴェンジャネ・ウォレスちゃんとジェイミー・フォックスの親子もの!?観るしかねえだろッ!?とミーハー全開で楽しみにしていまして、期待どおりどころか・・・
>一言感想:キャメロン・ディアスの役がひどい(いい意味で)
本当コレ!思わぬ収穫でした!!オレアカデミー助演女優賞をあげちゃう!!
原作ではミス・ハニガンはルースターと完全結託のクズだそうで「マレフィセント」のように昨今流行りの悪役リスペクトらしいですね。これも原作ファンには不評だったのでしょうか。
アニーとスタックスさんを黒人にした事とか、時代を21世紀現在にした事とかが原作ファンの逆鱗に触れてしまったのかなあ・・・とも思いますが、今回のレビューで映画としてのダメさも納得行く考察がされていますね。さすがヒナタカさんフェアプレイ!

>過度に期待しなければファミリー向け映画として十分に楽しい映画と言えるのではないでしょうか。
自分の観た劇場で家族連れとカップルばかりでしたし、子ども達にも好評でした。でもアメリカでは批評家に酷評されただけでなく全くの不入りだそうですね。

>吹き替え版でも字幕版でも、エンディング曲が平井堅による「Tomorrow」のカバーに差し替えられています。
これは本当に止めて欲しかったです。なぜ日本の広告業界はいらない物ばかり勧めるというか押し付けてくるのか・・・て、広告ってそんなものでしょうか。

>ほかの不満点には、ギャグの品のなさもあります。
これは自分も思いました。貧困生活を送っているはずのアニーが食べ物を粗末にしまくるのも違和感が有ります。スタックスさんに夜食や朝食を作ってあげるシーンでは余り物で美味しい家庭料理を作ってあげて、その温かさにスタックスさんがほだされるとかにして欲しかったです。

>~野暮な不満点~
アニーの文盲は本当に「え?」でした。てっきり脳の障害系かと思ってしまったら、普通に学んでいなかったとか・・・。

>「けっきょくアニーの本当の両親はどうしたの?」
原作では既に亡くなっていた事が解るそうです・・・。
>人が恐れるべきなの政府じゃなく携帯会社だよ
これを裏付ける描写として活かして欲しかったですね。

>~インターネット大活躍~
インターネットの良い面と悪い面がちゃんと活かされていたのも好印象でした。
・・・不謹慎な二次創作を作る悪趣味な遊びは日本だけではないようですね。

>~ク○映画5部作~
これは毎度「映画は芸能界(大手事務所)と制作委員会さまの物だ!」なク○映画に泣いている身としては拍手したくなるサービスシーンでした(お子様方置いてけぼりでごめんなさい・・・)
2015-01-30 01:19 : 毒親育ち URL : 編集
No title

> それほど悪くはありません。
> ミュージカル映画としての出来がよくない

ほとんど私の感じた印象と同じですね。
特に後者に関しては音楽とのズレが気持ち悪かったです。


> 『ST赤と白の捜査ファイル』

ツイート画像で追跡というネタは見事にカブりましたね。

で。
『ベイマックス』で戦隊ヒーローへの憧れが描かれたと思ったら次回作『ドラえもん』が、まんまそんなプロットだったり、
『仮面ライダードライブ&鎧武』で敵味方が呉越同舟する展開になったと思ったら『トッキュウジャー』も、まんまそのオチだったりと、
ここ最近、映画でネタがカブることが続いているのですが、何でしょうかね。ブームなんですか、これ。(単なる偶然なのでしょうけれど)


> キャメロン・ディアス
> ク○映画5部作
> マイケル・J・フォックス登場

楽屋オチがアレですよね、この映画。
アメリカ本国での酷評は「素材(ミュージカル作品としての原作)が良いのに余計なことをしやがって」というところにあるのでしょう。たぶんあちらの人に言わせたら「『珍道中』シリーズじゃねぇんだぞ、本編を楽屋オチだらけにするんじゃねぇよゴルァ」という感じなんだろうなぁ…。
2015-01-30 02:52 : シオンソルト URL : 編集
バルト9の深夜の回でみてきました。
同時刻にベイマックスの字幕版もやってたのですが、すでにベイマックスは5回ぐらいみてるんで諦めてアニーを選びました。
エクゼクティブプロデューサーの表記にウィル・スミスだけでなく、ウィルの奥さんのジェイダ・ピンケットまで載ってて、まさかのスミス夫婦プロデュースってことで変な笑みがこぼれました。

あと劇中途中のあの「ムーンサイドレイク」ですが、ほんの一瞬ですがクレジットでクリストファー・ミラー&フィル・ロードの表記が出てきてビックリしました!
あまりにも茶化しにしては毒っ気あるな〜と思ってたんですが、このコンビであれば納得ですね(笑)
2015-01-30 05:19 : まっかりー URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。