ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

(いい意味で)お間抜けスパイ珍道中 映画『ジョーカーゲーム』ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はジョーカー・ゲーム(2015)です。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:ルパン三世じゃん、これ


あらすじ


亀梨和也がシリアスにスパイをやるかと思いきや、途中からルパン三世になる話。




「あんなにあいつのことが嫌いだったはずなのに、いつの間にか気になってしょうがない存在になっていた……」

ガッチャマン』と『MONSTERZ モンスターズ』で確かな信頼と実績を築き上げた渡辺雄介(脚本家)に、自分がこの『ジョーカーゲーム』を観終わったときに抱いた感情はそのようなものでした。
ひょっとすると、恋に落ちてしまったのかもしれません(ウソです)。

本作の原作は柳広司による同名の小説です。

powered by yasuikamo


じつは、原作は5つのエピソードからなるオムニバス形式となっています。。
1本の長編映画にするにあたり、本作では各エピソードの登場人物を統合して嘉藤次郎というオリジナルキャラクターをつくり、視覚的におもしろいシーンのみをピックアップしているようでした。

これ自体は間違った選択ではないでしょう。
余計なシーンもあまりなく、上映時間は1時間48分とタイトに引き締まっています。
観客を飽きさせないように、原作にないアクションシーンもしっかり入れています。
アイドルの亀梨和也は、役者としてしっかりとした仕事していました。
本作の優れている点は、そうした観客を楽しませようとする気概に溢れていること、ちゃんと娯楽に徹するつくりになっていることにほかなりません。

そして脚本担当のワタベエ(愛称)もがんばったようで、「ここでこうして使うんだろうな」と予想できる死ぬほどわかりやすい伏線をここぞとばかりに入れまくっています。
それは「ねえねえ、俺すごいこと考えたんだけど、すごくない!すごくない!」というワタベエの子どものようなはしゃぎっぷりが垣間見えてなんともほっこりしました。

そうそう、『プロジェクトA』をしっかりとパクリ参考にしていることもよかったです。

ジャッキー・チェン
920円
powered by yasuikamo

追っかけっこのアクションとクライマックスのシーンは明らかに意識していました。
海外も舞台としたスケールの大きい作品ですので、こうした過去の作品を参考にしたことも正解だと思います。


ここまで褒めましたが、問題も大いにある作品です。
そのひとつが、シリアスなスパイものっぽい雰囲気はせいぜいオープニングまでで、途中から『ルパン三世』になるというとんでもない内容になっていることです。

どこがルパン三世っぽいかを具体的に言うとネタバレになってしまうので↓に書きますが、これは多くの人が展開を予想できるのではないでしょうか。
これから観る人は「どこでルパンっぽいシーンが出てくるんだろうな~」とワクワクしながら観れば幸せになれると思います。

ちなみに小説版は「スパイの日常には冒険もロマンも存在しない」という独白が出てくるほどストイックかつ、いい意味で地味な内容になっています。
ところが映画版のスパイの日常はロマンに溢れまくっており、ありえねーほど大胆な行動をしまくる派手な内容となっています。

この転換は間違いなく賛否わかれるポイントでしょう。
言ってしまえば本作の主人公はスパイのくせに目立ちまくっているのですから。
リアルで真面目なスパイものを期待している人には、素直に回れ右をしましょう。

あとね、ワタベエの脚本をさっきは半ばバカにしながら褒めましたけど、終盤のご都合主義がいくらなんでもひどすぎます
これは個人的にはギャグとしてゲラゲラ笑えたんですが、多くの人にとっては「ねーよ!」と悪い意味でツッコミを入れざるを得ないでしょう。
ここでも「ねえねえ、俺すごいこと考えたんだけど、すごくない!すごくない!」というワタベエのはしゃぎっぷりが垣間見えましたが、さすがに誰か止めろよとも言いたくなります

ほかの難点は、音楽がわりと大仰なこと。
(いい意味で)小競り合いのアクションシーンで、大河ドラマ並に壮大なBGMが流れるのはなんともチグハグな印象になってしまいます。

序盤の主人公の周りのキャラクターが、「主人公が何かを言ったら失笑する」「みんなではやし立てる」という反応をしまくるのもやや不愉快に感じてしまいました(不愉快にさせることも目的ではあるのだと思うけど)。


でもまあ、この映画はこれでいいんじゃないでしょうか。
原作はフィクションながら当時の国際情勢を皮肉っている奥深い内容なのですが、こっちは明るいバカ映画になっているのですから(主人公の性格と過去は暗いけど)。

そもそも主演がアイドルの亀梨和也ですので、小難しい内容にするとそれ目当てで来ている女子中高生のニーズに合っていない内容になってしまうはず。
女子中高生が何にも考えずに「亀梨君がかっこうよかった!」「わかりやすかった!」「すごいドキドキした!」と言える点でこの映画は100点満点で90点くらいをつけられるのではないでしょうか。

ちなみに原作者の柳広司さんは「暗い映画にしないでください」とスタッフに頼んでいたそうです。
原作者の要望にしっかりと応えた内容になっているのですから、本作が原作とまったく違う雰囲気になっていることは、むやみに貶めなくてもよいと思います。


また、この映画の監督は、『SR サイタマノラッパー』などのインディペンデント映画で高い評価を得ている入江悠です。
日々ロック』に続き、好きだった監督がメジャーに進出するとそれだけでうれしいものでした。
反面、入江監督らしさはそれほど感じなかったので(作品の特性上しかたがないけど、監督らしい下ネタや辛辣さがほとんどない)、ファンとしてはちょっぴり寂しさも覚えます。
入江監督はスパイ作品も大好きだったそうなので、好きなジャンルの映画が撮れて幸せなのだとは思うのですけどね。

ルパン三世が好きな方、頭からっぽで楽しめる映画を観たい方、役者のファンの方は上記のお気に入り点数に+1点してもいいんじゃないでしょうか。
スパイとしてのリアリティや知略を求める方、作中で起こりまくる奇跡を許せない方はー5点でw

本作はG(全年齢)指定ですが、少しだけ性的な話題やシーンもあるのでお子様の鑑賞にはご注意を(それほど刺激は強くはありません)。
個人的にはちょうたのしかったので、おすすめします。

↓以下、結末も含めてネタバレです。観賞後にご覧ください。










~峰不二子登場~

屋敷のメイドだった深田恭子のキャラがまんまルパン三世の峰不二子でした

・リン(深田恭子)はお宝(ブラックノート)を奪った次郎(亀梨和也)に色仕掛けで誘惑する
・馬小屋のそばでくんずほぐれつな状態になるけど、リンはいいところでストップをかける
・リンは次郎のポケットからブラックノートを奪っていた
・リンは追ってきた次郎とバトルする
・そこにイギリスの諜報部隊(敵)がやってくるのだけど、リンは「お先に失礼~」な感じでトンズラする
・リンは拷問してつかまるけど、心優しい次郎は拷問を見ていられず、自分が奪い返していたブラックノートの場所をゲロる。
・屋敷の脱出前に、次郎はリンを助けて「バカな男」と言われる
・最後の最後、リンは次郎の仲間の荷物を盗んでどこかに旅立っていく

えーと、そろそろ「ごめんね、ルパ~ン」と言ってもおかしくないですよね。
「女に甘いバカな男」と「男の甘い部分につけこんで泥棒をする美女」という組み合わせがそのまんますぎます。


また、次郎は天涯孤独の身で、リンも同様に身よりがなくて国も信じていないというキャラでした。
この共通点のためふたりが惹かれあっていくという展開は説得力があったのですが、リンが峰不二子っぽすぎてぜんぜんひとりでも生きていけそうな気がするのは、やはりチグハグな印象があります。

ちなみに原作にも、このキャラのモデルと思われるセックス・スパイ(男をベッドに誘って重要な情報を盗む)が登場します。峰不二子らしさはなかったけどね。

あ、そうそう、最後は車に乗った次郎たちが、イギリスの諜報機関に銃で撃たれつつ、余裕の表情を見せながら逃げる(せめて伏せろ)というシーンで幕を閉じるんですが、これは銭型警部が「待て~ルパン~逮捕だ~!」と追いかけているオチそのまんますぎます。


~クライマックスのツッコミどころ~

クライマックスのありえなさはひどかったです。

次郎は牢屋に入ってから看守ふたりを格闘で軽くヒネるのですが、もうひとり外にいた看守はわざわざ牢屋のカギを開けてから銃をつきつけるのです。鉄格子のスキマから狙えよ。

その後に次郎は、二重スパイの一種である「スリーパー」の手を借りて正しい出口を知るのだけど、なぜか時計塔のある塔のてっぺんに向かいます(正しい地図に出口が書かれていたよね?)

次郎は時計塔に上るときに、火薬庫に続く火薬の道を作っていました。
敵が来るのを見計らって、次郎は火薬に火をつけるのですが……なんとその火薬の道は途中で途切れてしまっていました。

これでは火薬庫が爆発しない! 敵に銃を突き付けられ大ピンチの次郎!
どうやって解決するのかと思ったら、リンが偶然落とした写真がひらひらと舞い降りて偶然火薬の道をつなぐという超展開を見せました。この映画って奇跡でできているんですね。

ちなみにこの前にリンが拳銃で撃たれていて、時計塔から落ちたと見せかけて針の部分にぶら下がっていることがわかるのですが、敵の防弾チョッキを奪っているとことがモロわかりの伏線があったのでちっともハラハラしません。

さらに次郎は「下で柔らかいベッドが待っているぞ!いまだ飛べー!」とリンに告げ、ふたりで落ちるとちょうどよく仲間の乗っていたトラックの上に落ちました。
このトラック止まらずに走り続けていたんですけど。タイミングを計るんじゃなく、しっかりふたりが落ちるところに止めろこのバカ。


~プロジェクトA~

名作『プロジェクトA』っぽいのは、クライマックスの「時計塔からの落下」がひとつ。
もうひとつは、中盤の追いかけっこです。

次郎が狭い路地を抜けつつ、住民に迷惑をかけつつ逃走する様はジャッキー・チェンそのものでした。
扉を利用して敵を倒すというのも『プロジェクトA』にありましたね。

追いかけっこのシーンで、次郎は一瞬で変装する手品も見せましたが、敵に見られているときに変装するので何の意味もありませんでした。まあしょうがない。


~ほかにも不満点~

地味に謎なのは、屋敷でメイド姿だったリンが、昼間はチャイナドレス姿で登場すること。
お前ほかに何の仕事してんだよ。ていうかスタッフが深田恭子にチャイナドレスを着させたかっただけだろ(その気持ちはわかる)。
※ハニートラップ(男を誘惑する)のためでは?とご指摘を受けました。

何よりの不満は、亀梨和也は上半身裸で拷問を受けているのに、深田恭子は服を着たまま鞭を打たれていること。
亀梨和也ファンの女性の需要には応えておいて、フカキョンファンの需要に応えていないのはまったく解せません。

地味に笑ったのが、次郎の仲間ふたりが「まさかハニートラップ(笑)にひっかかるとはな」などと言いつつ唐突に再登場すること。なんで次郎とリンの事情を全部把握してんだよ(監視していたんだろうけど)。

中盤にあった、次郎が盗聴器(ジーっていう音がうるさい)をせっかく仕掛けていたのに、次郎が秘書の見回りに気づかない展開は意図がわからなかったです
※装置は盗聴器ではなく、人が通ると感知し短波で知らせる装置。グラハムの秘書は別方向から階段を登った為、次朗は気付かなかったのだとご指摘を受けました

次郎は、睡眠薬も何も持っていないのに男の口をふさいで眠らせています
窒息死を狙ってんのかと思いました(スパイの「死ぬな、殺すな」という教えが台無し)

また、原作では結城中佐(伊勢谷友介)が杖をついて歩いている理由が明かされるのですが、映画ではなにひとつわからないのが残念です。
原作ではとてもひと言では表せない、おもしろい結城中佐の過去が描かれているのでぜひ読んでほしいです。

ちなみに、映画ではリンを強姦しようとしていたゲス野郎のグラハム(屋敷の主人)は、原作では悪人ではありません。
それどころかそのエピソード(2話目:幽霊)の主人公はグラハムを気に入っていたりもしているので、その違いを見比べてみるのもおもしろいでしょう。


~スパイの知略~

原作でもあった「わざとタイプミスをしたときのみ本当の信号だという意味であり、完璧な信号はニセ情報だと認識する」と、あらかじめD機関取り決めていたという事実(これがあったからこそ次郎は助かることができた)には興奮しました。
次郎の行き当たりばったりの行動(笑)を帳消しにしてくれます。

序盤でにD機関を離れた男が軍の上層部に会って次郎の情報を流すというシーンがあるのですが、ここで盗聴器が仕掛けてあることを思い切り映すために男がじつは味方であることがバレバレです。
しかし、軍に仕事を評価されていない(蔑まれている)スパイが、こうしたスパイならではの方法で上層部の弱みを握るというのは痛快でした。


~ジョーカー・ゲーム~

ジョーカーはポーカーにおいては「切り札」になる大切なカードです。
しかし、ルールによっては……たとえばババ抜きでは「引いてはいけないカード」になっています。
D機関にとっての次郎は切り札としてのジョーカー、敵にとっての次郎は引いてはいけないという意味でのジョーカーになっています。

また、序盤で次郎が参加していたポーカーは、周りに情報が筒抜けになっており、次郎だけそのことに気づきませんでした。
原作ではそのことを「国際政治に参加しようとした日本の外交官のようだ(ルールを知らされていないから、それは負けるはずだ)」と皮肉っています。
映画でも、結城中佐はブラックノートが敵の手に渡ることを懸念して、「日本をジョーカーにしてはいけない」とも言っています。

ジョーカーとは、やはり「仲間はずれ」であり、ネガティブな存在なのかもしれません。
しかし、ジョーカーと呼ばれるスパイは、切り札として(戦争をせずに)世界と渡り合うことも可能にします。

最後に結城中佐が、「わがD機関を使えば、あるいは(世界と戦うことも可能)」と返していたのも、切り札としてのジョーカー=スパイの強さを確信したからなのだと思います。

おすすめ↓
ジョーカー・ゲーム インタビュー: 伊勢谷友介&入江悠監督「ジョーカー・ゲーム」構築した揺るぎない信頼感 - 映画.com
『ジョーカー・ゲーム』伊勢谷友介 単独インタビュー - シネマトゥデイ
『ジョーカー・ゲーム』亀梨和也インタビュー「男の美学は無駄なことをしないこと、でも無駄なことをするのが僕の個性なんです。」 - シネマトゥデイ

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2015-02-06 : 映画感想 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
「ルパン3世」だと私も思いました。
実写版ルパン3世より。よかったんじゃないしょうか?
結構、楽しかったですね。
2015-02-06 10:18 : sakura URL : 編集
おせっかいですが…
レビュー拝見しました。亀梨君ファンとしては、レビューして頂きうれしいです。ただちょっとだけ、気付いた点を…
①主人公のバトル相手は、イギリスの諜報員です。
②時計台で爆発するのは火薬庫で、導火線の代わりは、火薬です。
③中盤に出て来たのは盗聴器では無く、人が通ると感知し短波で知らせる装置。グラハムの秘書は別方向から階段を登った為、次朗は気付かなかった。
④リンの昼間のチャイナドレス姿は、ハニートラップの為ですね。
後、これは私個人の感想ですが、伏線の分かりやすさと、ご都合主義はわざとですね。監督のやりたい事を盛り沢山に詰め込みながらも、商業映画である宿命も背負います。逆に突っ込まれるのも覚悟の上で、答え合わせを直ぐにして次々進むジェットコースタームービー仕立てなのだと、思いました。入江監督に脱帽です。他にどんな手札を持っているのか、続編がある事を期待しています。
以上、失礼しました。m(_ _)m
2015-02-06 21:19 : 亀梨君ファン URL : 編集
Re: おせっかいですが…
ツッコミレビューにツッコミ返し、ありがとうございます。
イギリスは素で間違えていました……

>これは私個人の感想ですが、伏線の分かりやすさと、ご都合主義はわざとですね。監督のやりたい事を盛り沢山に詰め込みながらも、商業映画である宿命も背負います。逆に突っ込まれるのも覚悟の上で、答え合わせを直ぐにして次々進むジェットコースタームービー仕立てなのだと、思いました

そうですね。この転換は決して間違っていなかったと思います。
2015-02-06 23:29 : ヒナタカ URL : 編集
グラハムの秘書が眠らされたのは
口を塞いで窒息死をさせたのではなく、
柔道かなにかの技を使って
一瞬意識を失わせたのでは?
2015-02-12 00:46 : こー URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。