ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

まさに10代のヒーロー 『ミュータント・タートルズ(2014)』ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はミュータント・タートルズ(2014)(原題:Teenage Mutant Ninja Turtles)です。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:上映時間の短い『トランスフォーマー』


あらすじ


リポーターのエイプリル(ミーガン・フォックス)は、ある日、強盗集団・フット団に襲撃をした何者かの姿を目撃する。
その正体はミュータント・タートルズ。エイプリルは上司のヴァーン(ウィル・アーネット)を利用しつつ、彼らの正体を調べていくのだが……




信頼と実績のマイケル・ベイ制作にして、日本でも根強い人気を誇るアメリカン・コミック『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』の実写映画版です。
これまでにも1987年から放送されたテレビアニメ版、1990年公開の実写映画版(続編も2作品あり)、2007年公開(日本では劇場未公開)のフルCGアニメ版、さらには2012年から放送の新アニメ版などが制作されていました。



991円
powered by yasuikamo

日本人になじみが深いのは、やはりアニメ版でしょう。
正義の味方なのに若干キモい(カメだし)外見、キモい外形に似あわない格好よさ、かなり茶目っ気がある性格のキャラなど、ほかのヒーローものにはない魅力に溢れた作品でした。

今回の2014年版はリブート作品となっており、これまでのミュータント・タートルズを知らなくてもまったく問題なく楽しめる内容となっています。
作品の舞台はスマートフォンがある現代に設定、そしてミュータントタートルズたちの(いままでとは違う)出生の秘密が公開され、そしてアクションも満載という盛だくさんな内容になっています。

アクションはとにかく物量で攻めるという感じで、終盤には軽く胃もたれしそうになるくらいの映像のジェットコースターになります。
とくに「雪崩」のアクションは、現実だったら20回くらい死んでいるよねとツッコミたくなるほどのメチャクチャ(褒め言葉)な展開が押し寄せます。さすがはマイケルさんだぜ。

それでいて上映時間が1時間41分と控えめなことも長所でしょう。
これでマイケル・ベイが監督だったら、中国の広告を入れまくって上映時間が2時間半を軽く超えますからね。
バカバカしいアクション満載×テンポのよい展開×サービス精神満載、というだけで大満足ができる内容になっていました。

また、ところどころで『バットマン』をはじめとしたアメコミ作品の小ネタやおちょくりが挟まれたりもします。
物語には『アメイジング・スパイダーマン』に似たところ(敵の目的や、下水道という舞台など)もありますし、いい意味でアメコミ娯楽作品らしい楽しい内容、悪い意味で目新しさはあまりない内容と言えるかもしれません。


さて、邦題は『ミュータント・タートルズ』であり、海外でも 『Ninja Turtles』や『TMNT』と省略されて呼ばれることの多いシリーズですが、原題は原作そのままの『Teenage Mutant Ninja Turtles』です。
「ティーンエイジャー(10代)で、ミュータント(突然変異種)で、忍者でしかもカメ」という盛りすぎな設定をタイトルに詰め込んでいるのですが、作中ではその設定すべてをちゃんと拾っているのがよかったです。

メインの4人はマジでティーエイジャー(15歳前後)で、その年相応の「未熟さ」を見せたりもします。
みんなの憧れのヒーローというわけではなく、タートルズたちは「年頃の無邪気でバカな少年たち」という印象なのです。
かつてのアニメで観たそのままのキャラクターたちそのままの性格(若干誇張もあり)が大活躍してくれるだけで、何ともうれしくなってしまうのでした。

以下にキャラクターを紹介してみます。

レオナルド
レオナルド
タートルズたちのリーダー格。
マスクの色:青
愛称:レオ
武器:二刀流での刀
性格:正義感が強く、仲間想い

ドナテロ
ドナテロ
マスクの色:紫
愛称:ドナ
武器:棒術
性格:ITオタクだけど、いざというときは目立ちがり

ミケランジェロ
マイキー
マスクの色:黄
愛称:マイキー
武器:ヌンチャク
性格お調子者のムードメイカー

ラファエロ
ラファエロ
マスクの色:赤
愛称:ラファ
武器:釵(サイ)
性格:短気で怒りっぽい

タートルズたちの見た目の違いは、マスクの色以外ではほとんどありません。
しかし、キャラが濃すぎるためにすぐに4人のことを覚えることができるでしょう。
やっぱりミュータント・タートルズはキャラの親しみやすさ、おもしろさがあっての作品であると再認識しました。


ちょっと残念だったのが、キャラの性格面はしっかり描かれていたものの、持っている武器の個性が生かされたバトルが少なかったこと。
あるのはマイケル印のド派手・無茶苦茶・後先考えないアホアホアクションばかりで、せっかくの二刀流や釵(サイ)を強調したバトルが少なく感じました。

また、観る前からわかっていたことではありますが、完全にストーリーは二の次な印象です(それでいいけど)。
リポーターのエイプリルの葛藤はあまりメインの物語とうまく絡んではいませんし、そこかしらにご都合主義っぽさを感じます。
上映時間が短い分だけ、「はい次!」とポンポンと展開するため、スガスガしいまでに深みのない映画となっていました(それでいいけど)。


そんなわけでかつてのミュータント・タートルズが好きだった方、頭からっぽで楽しめる映画を求める方には大プッシュでおすすめします。
反面、マイケル・ベイ印のご都合主義満載のアクション映画が嫌いな方にはまったくおすすめしません(笑)。
まあ、『トランスフォーマー』シリーズよりも上映時間が短いですし、露骨なプロダクトプレイスメントも少な目(終盤に思い切りあったけど)なので、ストレスは少な目かと。

また、日本語吹き替え版の声優が豪華(あらすじで若干ネタバレ注意)なので吹き替え版を選ぶ方も多いのでしょうが、個人的には珍妙な日本語が楽しめる字幕版をおすすめします。
作中ではところどころ「ああ、向こうの方にはこれが格好いいことばに聞こえるんだろうなあ……(でも日本人にとっては間抜け)」と思える日本語がそのまんま登場していて、けっこう笑えます。

スタッフロールが始まってからは、それ以上のおまけはないので途中で帰っても大丈夫ですよ。
3Dの上映館は少な目ですが、それなりに3D映えしそうな画もあったので、お好みで選びましょう。

↓以下、結末も含めてネタバレです。観賞後にご覧ください。










~ニホンゴ、カッコイイ~

本作の日本語のフィーチャーっぷりを振りかえってみましょう。

・タートルズたちが、自身が活躍した現場に残すことばは「家門(漢字)」
エイプリルはこのことばの意味を「家族」と説明していましたが、「血縁」としたほうが近いような?
しかし、タートルズたちはスプリンター先生(ネズミ)にないしょで外に出て活躍していて、いまは目立たないように(冒頭のナレーションで)言われていたはずなのに、わざわざ証拠を残すのは解せませんね。たぶん本当は目立ちたいんだろうなあ。

・お仕置きをする場所の名前が「ハシ」
Chopsticksでいいやんか(笑)。
その前にマイキーが興奮していた「猫が猫ふんじゃったを弾いている」動画では、猫がチョップスティックを使っていましたね。
※以下の意見をいただきました。
ちなみに「チョップスティック」はピアノの練習曲の代名詞的存在です。タイトルの由来は「両手の人差し指2本で弾ける≒お箸で弾ける」から。
(字幕では「猫ふんじゃった」になっていましたが、本当に演奏されていたのはこっちですよね)




・エイプリルのことを「ホゴシャ」と崇める
たぶん向こうの方は、保護者を「Guardian」みたいなカッコイイことばだと思っているんでしょうね。でも日本語のニュアンスとしてはちょっと違うぞ。

・レオナルドのマスクには「息子」と書かれている。
さすがに呼ぶときは「ムスコ」ではなく「SON」でしたけど。

・ラファエロのマスクには「憤」と書かれている
ラファエロは激情の性格ですからね。

・タートルズたちはスプリンターを「センセイ」と呼ぶ。
『トランスフォーマー/ロストエイジ』でも先生と呼ぶシーンがありましたね。

黒幕のシュレッダーはたまに日本語で話すのですが、思い切り吹き替えで口の動きとあっていないのは気になりました。
がんばって日本語で話したんでいいじゃんか……

あと、黒幕とつるんでいることがバレバレの社長・サックスの「沖縄の米軍基地で生まれた」という設定はギリギリだよなあ……そこには未だ解決してないデリケートな問題があるよ。


~ほかにも小ネタ~

ドスの聞いた声でエイプリルに迫った時には、ラファエロは「バットマンの声マネか?」とイジられていました。

タートルズ4人はティーンエイジャーということで、ポップカルチャーに興味津々。
下水道から隠れて見ていたのはグウェン・ステファニーのHollaback Girlでした。



ほかにもエイプリルを隠れ家に招待したときには、『ハリー・ポッター』のホグワーツだとか、『X-メン』のチャールズ・エグゼビアの学校だとか、サンダードーム(たぶん『マッド・マックス:』ネタ)と表現したりもします。
お前ら下水道からどうやってこれらの作品を観てんだよとツッコミたくもなりますが、まあインターネットがあるおかげでなんでもできるんでしょうね。

そういえば、クライマックスでドナテロが戸惑っていた「CLI」は、共通言語基盤ではなくコマンドラインインタフェースのことを言っているんだよね?
グラフィカルユーザインタフェースに慣れていると、確かに戸惑うよなあ……

※以下の意見をいただきました。
ジョン・G・アヴィルドセン監督版『ベスト・キッド』も小ネタとして使われていましたね。
幼少期のタートルズたちがスプリンターの教えにより、それぞれの武器を使いこなせるようになるシーンで、ラファエロが釵を使ってつくる木の彫刻は"鶴の構え"。また、ラファエロ(レオナルドも)が着けているのは『ベスト・キッド』でダニエル少年が巻いているはちまきです。


お馴染みの台詞の「今夜はタートルスープだ」もしっかり登場してクスッとさせられました。
似たようなキャラクターで『ウルヴァリン:SAMURAI』のシルバーサムライにはがっかりしたのですが、シュレッダーはちゃんとかっこよかったです‼


~雪崩アクション~

もう終盤の雪崩に巻き込まれながらのアクションだけでお腹がいっぱいです。

b映画『ミュータント・タートルズ』公式サイト<サーフィンのように乗る

映画『ミュータント・タートルズ』公式サイト<ドナテロの棒術で車をひっくり返す

d映画『ミュータント・タートルズ』公式サイト<すぐ崖だよ!

タートルズたちが「エイプリルを助けるんだ!」と言っている中、マイキーが「おっさんも忘れずに!」とほかメンバーが忘れていることを言ってくれるのがうれしかったですね。
ついでにマイキーはトラックが崖下に落ちてみんなが死んだと思ったとき「みんなにエイプリルにあと誰か~」と嘆いていました。いい加減名前覚えてやれ。

あ、あと原作にもいたキャラ・カライは吹っ飛ばされて終了でした。


~ティーンエイジャーたち~

下水道で暮らしているタートルズたちが、スプリンター先生(親)の教えに背き、外でにこそこそと出かける→ばれてお仕置きされる、というのもいかにも10代の若者らしいエピソードでいいですよね。

そもそもこいつら、作戦やらをちっとも立てようとはしません
行き当たりばったりで、基本的に勢い任せ。
終盤なんかアドレナリンを打ったせいでよけいに落ち着きがなくなっていて、エレベーターと思いきや敵の集団のところに間違って行っちゃうくらいですから(笑)。

エレベーターの中でラップを歌うのも、ちょっとした空き時間にも堪えられないくらいにせっかちだからなんでしょうね。

r映画『ミュータント・タートルズ』公式サイト<ノリノリ(最後の闘いの前なのに

ついでにエンドロール直前には、ブラジャーのCMのブラにカモフラージュをするのでした。

a映画『ミュータント・タートルズ』公式サイト<ブラの部分にいます。

10代らしく、エロにも興味津々のようでたいへんよろしい。つーか忍者のくせに本当目立ちすぎですね(いまさらなツッコミ)。


~カワバンガ!~

そして最後にはおなじみの決め台詞「カワバンガ」を言っちゃうのでした。

かわばんが!<あれ?

って言うのはマイキー(ミケランジェロ)じゃなくてラファエロなのかよ!(アニメではマイキーが言っていた)。
この前、「昔のセリフを言うんだ」というメタ台詞を聞いたマイキーが「カワバンガ」と言いかけるけど敵に吹っ飛ばされるというシーンがありました。マイキーは報われないね(エイプリルも彼女にできなかったし)。


~みんなの遺言~

びっくりしたのが、クライマックスでタートルズたちにつかまっているエイプリルが「私を敵にぶつけて!」と自らを武器にさせること。こんなヒロイン観たことねえ。
まあ、その後に「TOSHIBA」のネオンサインが塔の崩壊とともにぶっ壊れるのにはもっとびっくりしたけど。宣伝になってなくない?

塔が地面に落ちる前に、タートルズそれぞれが遺言を言っていくシーンが大好きでした。

ドナテロ「カップケーキの中身の砂糖の部分だけをなめて戻したことがあるんだ!」(汚ねえ)
マイキー「『LOST』の結末が知りたい!」
ラファエロ「みんな、乱暴者ですまなかった!ことばがキツくなっていったのは、みんなを信じていたからだ!みんなの精神力と勇気を!出ていくと言ったのも愛しているなんて言えなかったからなんだ!」

そんな感じでツンデレだったことが盛大にバレたラファエロでしたが、助かったと知ると「(涙は)目にゴミが入っただけだ!」と強がります。かわいいな。
どうせならレオナルドの遺言も聞きたかったなあ。

ていうか、なぜ鉄骨が落ちたのに助かったのかがわからなかったんですけど(ビルにひっかかったんだろうけど)


~ラスト~

エイプリルのことをけっきょく信じなかったトンプソン局長(ウーピー・ゴールドバーグ)』(吹き替え:泉ピン子からも何かしらのフォローがほしかったですが、最後にエイプリルが「特ダネ」のはずなのに、タートルズたちのことを公表しなかったのはよかったですね。
躍起になってスクープをするよりも、(自分が研究所から助けた)タートルズたちを親友と思って接する彼女の成長が見ることができました。

最後は、マイキーが上司のヴァーンの新車を間違えてミサイルでぶっ壊すという可哀想すぎるシーンで幕を閉じました。

いやいやいや、ヴァーンは「君は客の喜ぶリポートをしている、あぶくネタでもいいじゃないか、おいしければね」などとエイプリルを元気づけようとする、部下思いのいい上司だったじゃないか!
まあヴァーンのエイプリルへのアプローチやエイプリルの尻を眺めてよろこぶシーンはふつうにウザかったのでこれくらいでいいのかもしれないけどね。

※最後にマイキーが歌っていたのは、The Turtlesの「Happy Together」でした。



おすすめ↓
【映画】『ミュータント・タートルズ』レビュー ※ネタバレページあり | ビーグル・ザ・ムービー
コスプレ:エイプリル・オニール(旧亀版) :: ジョリーの航海日誌2013|yaplog!(ヤプログ!)byGMO(エイプリルのコスプレの日記)
『ミュータント・タートルズ』製作者が語る人気シリーズを“新生”させる極意|ニュース@ぴあ映画生活
『ミュータント・タートルズ』ミーガン&ウィルインタビュー「続編にはあの人気キャラが登場するはずだよ!」 | ガジェット通信

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2015-02-08 : 映画感想 : コメント : 12 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
映画を観ていないので一点だけ。


> 猫がチョップスティックを使って演奏

ちなみに「チョップスティック」はピアノの練習曲の代名詞的存在です。
タイトルの由来は「両手の人差し指2本で弾ける≒お箸で弾ける」から。
ヒナタカさんもたぶんご存じの曲ではないかと思います。古典洋画にもしばしば登場しますね。
https://www.youtube.com/watch?v=3TIYpAa906Y

2015-02-08 20:21 : シオンソルト URL : 編集
Re: No title
> > 猫がチョップスティックを使って演奏
>
> ちなみに「チョップスティック」はピアノの練習曲の代名詞的存在です。
> タイトルの由来は「両手の人差し指2本で弾ける≒お箸で弾ける」から。
> ヒナタカさんもたぶんご存じの曲ではないかと思います。古典洋画にもしばしば登場しますね。
> https://www.youtube.com/watch?v=3TIYpAa906Y

ああ!そうか!猫が演奏したのは字幕では「猫ふんじゃった」となっていましたが、たぶん本来はこっちですね。
追記させてください。
2015-02-08 20:23 : ヒナタカ URL : 編集
No title
ジョン・G・アヴィルドセン監督版『ベスト・キッド』も小ネタとして使われていましたね。
幼少期のタートルズたちがスプリンターの教えにより、それぞれの武器を使いこなせるようになるシーンで、ラファエロが釵を使ってつくる木の彫刻は"鶴の構え"。また、ラファエロが着けているのは『ベスト・キッド』でダニエル少年が巻いているはちまきです。

お馴染みの台詞の「今夜はタートルスープだ」もしっかり登場してクスッとさせられました。
似たようなキャラクターで『ウルヴァリン:SAMURAI』のシルバーサムライにはがっかりしたのですが、シュレッダーはちゃんとかっこよかったです‼
2015-02-09 02:34 : yuki URL : 編集
Re: No title
> ジョン・G・アヴィルドセン監督版『ベスト・キッド』も小ネタとして使われていましたね。
> 幼少期のタートルズたちがスプリンターの教えにより、それぞれの武器を使いこなせるようになるシーンで、ラファエロが釵を使ってつくる木の彫刻は"鶴の構え"。また、ラファエロが着けているのは『ベスト・キッド』でダニエル少年が巻いているはちまきです。

ベストキッドは小学生のころ観たっきりで記憶がぶっ飛んでいたのでご指摘ありがたいです! 追記します。


> お馴染みの台詞の「今夜はタートルスープだ」もしっかり登場してクスッとさせられました。
> 似たようなキャラクターで『ウルヴァリン:SAMURAI』のシルバーサムライにはがっかりしたのですが、シュレッダーはちゃんとかっこよかったです‼

あれはどう見てもシルバーサムライですよねw
そのセリフも確かにアニメにあったような(超うろ覚え)。ああ、アニメがもう一度見たい。
2015-02-09 02:41 : ヒナタカ URL : 編集
No title
>一言感想:上映時間の短い『トランスフォーマー』
お子様の膀胱にも優しいですよね・・・

>信頼と実績のマイケル・ベイ制作にして、
あ、今回監督ではなかったのでしたか!

日本でも根強い人気を持つの知っていましたが、アメコミヒーロオタクでありながら実は初体験でした。
ごめんなさい。一発でハート持ってかれました!特にラファエロ、不器用(手先は器用)なツンデレ兄貴とか、かっこかわい過ぎる!マジで抱かれても好いです・・・。

>物語には『アメイジング・スパイダーマン』に似たところ
ベンおじさんにステーシー親子の死やハリーとの確執、マックスの不遇、何よりピーターの苦学生っぷりとか「影」を取っ払った完全ノーテンキ版という感じですね。お子様には断然こっちが受けると思います!

>アドレナリンを打ったせいでよけいに落ち着きがなくなっていて、
お子様達が「アドレナリン」を怪しいクスリだと憶えてしまわないか心配になりました。
余談ですが、帰りのエレベーターで一緒になった小さな子達がタートルズの真似をし出して可愛かったです。
あと「ミュータジェン」はセンセイから抽出しても良かったのでは・・・

>「TOSHIBA」のネオンサインが塔の崩壊とともにぶっ壊れる
スポンサーの皆様「ロストエイジ」の時は文句ばかりでごめんなさい。爆笑してしまいました!
東芝役員の皆様には「おいしい」役所だったと、ご理解願いたいですね・・・

>トンプソン局長(ウーピー・ゴールドバーグ)』
吹替え版はご覧になっていないでしょうか?
私の観た劇場では「え?どこかで聞いた声だと思ったら○○○さん!?」とザワザワしました・・・。

早く続編が観たいです。
シュレッダー様は鎧にロケットを付けましょう。でないとまたタツノコシリーズの悪役みたいな敗け姿を晒す事に・・・。
2015-02-09 23:25 : 毒親育ち URL : 編集
No title
『ミュータント・タートルズ』を観直してみると幼少期の特訓シーンで『ベスト・キッド』のはちまき(手ぬぐい?)を着けていたのはラファエロだけでなくレオナルドもそうでした。

日本公開が、およそ半年先延ばしになっていたこともあって早くも来年には続編が観れるみたいで楽しみです。
また延期にならなければいいんですけどねw
2015-02-10 03:03 : yuki URL : 編集
Re: No title

> >トンプソン局長(ウーピー・ゴールドバーグ)』
> 吹替え版はご覧になっていないでしょうか?
> 私の観た劇場では「え?どこかで聞いた声だと思ったら○○○さん!?」とザワザワしました・・・。

そうそう、泉ピン子なんですよねwこれだけで吹き替えを観たいw
追記させてください。
2015-02-10 10:00 : ヒナタカ URL : 編集
No title
いつも 楽しく拝見させていただいております。

下水道から隠れて見ていたのはレディー・ガガではなくて
グウェン・ステファニーのHollaback Girlですよ。
2015-02-10 21:23 : ゆう URL : 編集
No title
幼稚園児の頃、親が共働きで忙しい中初めて触れたアメコミがタートルズの実写版でした…なのでOPで泣きました(笑)

今回の実写のシュレッダー様かっこよかったですね!カライはちょっとザンネンだったけど
ラストのシュレッダーの手の動きが続編フラグっぽくてドキドキしました。
2015-02-10 21:43 : ひぃ URL : 編集
Re: No title
> グウェン・ステファニーのHollaback Girlですよ。

自分はポップカルチャーに疎い三十路近くだということを再認識しました……
失礼しました、訂正します。


>カライはちょっとザンネンだったけど
>ラストのシュレッダーの手の動きが続編フラグっぽくてドキドキしました。

カライはほとんど活躍しなかったなあ……
2015-02-11 00:50 : ヒナタカ URL : 編集
No title
はじめまして、いつも楽しく拝見させていただいております

マイケルベイ印はあんまり好きじゃない人なのですが、今回は結構面白かったです
私は子供の頃アニメを見ていたクチなのであの4人が見れただけでもうれしかったです

小ネタを一個だけ

ラストでマイキーが歌って曲はその名もThe TurtlesのHappy Togetherですね
そのまんま過ぎる引用なので笑ってしまいました
2015-02-13 00:47 : ドニー¥ URL : 編集
Re: No title

> ラストでマイキーが歌って曲はその名もThe TurtlesのHappy Togetherですね
> そのまんま過ぎる引用なので笑ってしまいました

返信が遅れてすみません。
これは知らなかった!(覚えていなかった)ぜひ追記させてください。
2015-02-15 01:56 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。