ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

英雄の起源 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』でネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバルです。


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:『ガンダム』はこんなにおもしろいのか!


あらすじ


ある日、革新派であった男ジオン・ズム・ダイクンが、演説中に倒れそのまま帰らぬ人となった。
残されたダイクンの子どもであるキャスバルとアルテイシアは「ラル家」に住み始め、初老の男ジンバ・ラルから「父は殺された」ことを聞く。




根強い人気を誇る『機動戦士ガンダム』の「起源」を描くアニメ作品です。
※厳密に言えば本作は映画ではなく、オリジナルビデオ作品が「イベント上映」されるという扱いになっています。

田中真弓
5389円
powered by yasuikamo
※4月24日発売

まずお断りをしておくと、自分は『ガンダム』という作品のことをほとんど知りませんでした。
せいぜいザクとかドムとかガンタンクがどんな見た目とか、「親父にもぶたれたことないのに」とか「認めたくないものだな…、自分自身の…若さ故の過ちというものを…」などのネットで有名な台詞を知っているくらいでした(ファンの方、ごめんなさい)。

ここで伝えたいのは、そんな『ガンダム』に関してはスカポンタンな自分にとっても、この『THE ORIGIN』はとてもおもしろい作品であったということ、『ガンダム』初心者にこそおすすめしたい内容であったということです。

そもそも、『ガンダム』という作品群は派生作品が多すぎて、ご新規さんが入りにくいと思うのです。

<ガンダムシリーズ一覧 - Wikipediaより>
1 『機動戦士ガンダム』(宇宙世紀)シリーズ
2 『機動武闘伝Gガンダム』シリーズ
3 『新機動戦記ガンダムW』シリーズ
4 『機動新世紀ガンダムX』シリーズ
5 『∀ガンダム』シリーズ
6 『機動戦士ガンダムSEED』シリーズ
7 『機動戦士ガンダム00』シリーズ
8 『機動戦士ガンダムAGE』シリーズ
9 『ガンダムビルドファイターズ』シリーズ
10 『ガンダム Gのレコンギスタ』シリーズ

多いわ!
36年も続いているシリーズであるので、それも当然なのですが……
中にはガンダムのプラモデル(通称ガンプラ)でバトルをするもの(ビルドファイターズ)まであります。

近年のアメコミ映画がそうであったように、シリーズが複雑化しすぎて、マニアックに感じる内容になっているのは、制作者にとっても歓迎するべきことではないと思います。
「『ガンダム』という作品に触れてみたいな」と思っていても、「どれから観たらいいのかわからん」と思っている人はきっと多いと思うのです。

しかし本作は『THE ORIGIN』というタイトルが示すように、シリーズの起源であり、エピソードゼロであるため、まったく予備知識がなくても楽しむことができるのです。
『スターウォーズ』サーガがエピソードIVから始まって、時を経てからエピソードIが公開された(そのときに初めて『スターウォーズ』を観た人もたくさんいた)印象にも近いですね。
(いるのかどうかはわからないけど)『ガンダム』デビューをしたい人にとって、これは絶好の機会です。

それなのに、公式サイトの説明などは『ガンダム』を知っている人向けで、けっこうマニアックな気がします。

たとえば「STORY」はこんな感じ(抜粋)↓
宇宙世紀0068年、サイド3、ムンゾ自治共和国。
宇宙に進出した人の革新を説き、地球連邦政府からの完全独立を宣言しようとしたジオン・ズム・ダイクンは、議会檀上で演説中に突如倒れ、帰らぬ人となった。
ダイクンの死後、ザビ家陰謀説を唱えるダイクンの側近ジンバ・ラル。
しかし、サイド3、ムンゾの実権を掌握せんとするデギン・ソド・ザビ率いるザビ家の暗躍は加速していく。
これまで語られる事の無かった動乱の歴史が明らかになる中、ダイクンの遺児であるキャスバルとアルテイシアには、激動の時代を象徴した数奇な運命が待ち受けていた…。


なんかむずかしくない?(頭の悪そうな発言)。
本編は、偉い人が死ぬ→「これは誰かに殺されたんだ!」→偉い人の子どもふたりが大人の策略に巻き込まれる、というわかりやすい内容になっているので、ご安心を。


本作の原作は、10年にわたる連載を経て完結した漫画作品です。

powered by yasuikamo

今回の劇場版は1巻からではなく、第9巻の「シャア・セイラ」編のまるごと1巻すべてを映像化している内容でした。

自分は本作の後に原作を読んだのですが……驚きました。
「原作に忠実な映像化作品」というのはファンから支持されやすいものですが、本作『機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』はキングオブ原作に忠実な作品だったのですから。
自分の記憶が正しければ、漫画版と違うところは2ヵ所しかありませんでした
これは漫画の原作者である安彦良和さんが総監督を務めているためでもあるのでしょう。

原作は、失礼な言いかたをすれば「ラフっぽい」絵柄で、あまり写実的ではないために少しとっつきにくい印象がありました。
親しみやすい絵柄となり、声優さんたちの熱演が吹きまれたアニメになったことに、本作の確かな意義を感じました。


本作の主人公は、『機動戦士ガンダム』で主役だったアムロ・レイではありません。敵のジオン軍に職属する兵士シャア・アズナブルの少年時代が描かれているのです。
そんなこともあり、本作はタイトルに反してガンダムが一切出てこないのです。

<出てきません。

モビルスーツの宇宙空間での闘いが描かれているのはオープニングの数分のみでした。
『ガンダム』ってこんな作品だったんですね(←たぶん誤解している)。


では本作で描かれることは何?と問われれば、それは「政治」と「少年の成長」であると思います。
主人公のキャスバル(後のシャア・アズナブル)は父親を殺され、そのことを世論を操作するための策略であると教えられたりするのです。
幾多のも登場人物が、これらの政治的な策略に翻弄され、それでも自分の信条をもとに行動するー
そんな群像劇として抜群におもしろく仕上がっていました。


物語でうまいと感じたのは、主人公の妹のアルテイシアが「観客の代弁者」として機能していることです。
彼女はまだ小学年低学年にも満たない子どもで、悲しいときには泣く、うれしいときには笑うという素直なキャラクターで、強がっている兄や、自分の矜持を持っている大人とは対照的です。
息の詰まりそうな登場人物の軋轢がある中で、こうしたキャラクターがいることに、ほっとできるのです。


難点は登場人物が多すぎて、把握までに時間がかかること。
本作は「ダイクン家」「ザビ家」「ラル家」という一族が(政治的に)三つどもえの攻防をするという内容なのですが、15~16人ほどという主要キャラクターの多さには少し面食らいました。
キャラクターは個性豊かなために覚えられますし、『ガンダム』をよく知る人にとってはおなじみのキャラもいるので混乱することはないのでしょうが……少しだけ敷居の高さを感じました。

1時間という短い時間で終わってしまうことも、少し物足りなさを感じます。
キリのいいところで終わってはいるのですが、「もっと続きを見せて!」と思ってしまうのも事実です。


これはおすすめです。
声優は信じられないくらいに大物が勢ぞろいしています。
『ガンダム』ファン、漫画『THE ORIGIN』のファンにとって、大満足できる内容でしょう。

冒頭の数分の宇宙空間でのバトルは迫力満点、瞬きするのも惜しいと思わせるスピーディーさがありました。
ここだけでも劇場で鑑賞する理由は十分です(以下でも観れます)。



くり返しになりますが、声優の田中真弓さんや安彦良和総監督も「ガンダムを知らない人にも観てほしい」と言っていますので、自分も『ガンダム』を知らない人にこそおすすめしたいです。

上映は2週間限定、全国13館のみでの公開とのことですので、お早目に。

↓以下は短いですが、クライマックスの展開がネタバレ 未見の方はお控えください。









~野暮な不満点~

ジオン・ズム・ダイクンを殺したのは誰(自然死なの?)という疑問が最後まで晴れないのは残念です。
物語の主軸は政治的な駆け引きであり、真犯人を探すミステリーではないので観ている間は気になりませんが、やはりもやっとします。

アストライア(母)とダイクンの出会いが描かれるのは次回(原作の10巻)なので、本作だけでは少し彼女がダイクンのことをどう思っていたのかがわかりにくいかもしれません。

また、クライマックスでハモンがガンダンクに乗って、道にある車をぶっ壊しながら突撃するのは、すげえやりすぎに思えます(こっそりとキャスバルとアルテイシアを運んだほうがよくない?)
まあランバ・ラル(めっちゃいいやつ)が、まさに「やりすぎだ!」とツッコミを入れてくれるので溜飲は下げられるのですけどね。

あと、ドズルさん(やさしくて力持ちなキャラ)が、せっかく「子どもが乗っているんだ!攻撃するな!」と言っていたのに、命令に逆らえなくって攻撃を許可してしまったのがかわいそうだったので、誰か子どもたちは無事に逃げられたよということを教えてあげてください。
ていうか、ドズルさんは、すぐ横でザビ家のサスロが爆殺されたのに、なんで顔に傷がついたくらいで済むんですかね(考えるだけムダ)。


~原作と違うところ~

・原作では「回想」として描かれていた、ダイクンがベッドにいたアルテイシアを抱くシーンが、物語の冒頭部分に移動している
・ランバ・ラルが、アルテイシアの飼い猫であるルシファーにひっかかれているときのコミカルな絵が数枚登場した。

原作と違うところは以上です(間違っていたらごめんなさい)。


~人殺しのキャスバル~

クライマックスでは、ガンダンクの上部のコクピットにいるキャスバルが攻撃をします。
この前に金で雇われた兵士が「あれ(待ち構えてきた敵)を攻撃したら銃殺だよ!」と怯えるシーンもあり、キャスバルは10歳前後で人殺しをしたという事実がここで突き付けられています。
これは今後、シャア・アズナブルという英雄=人殺しになる彼の今後を暗示していたのでしょう。

また、本作のサブタイトル「青い瞳のキャスバル」は、後に主人公が「赤い彗星のシャア」と呼ばれることと対になっています。

そういえば「赤い」には「真っ赤な嘘」という意味もありましたね。
なぜそんなことを書くかと言えば……これから先の『THE ORIGIN』を知る人のために、秘密にしておきます。

↓おすすめ
安彦キャラの再現度が凄まじい「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 青い瞳のキャスバル」 - エキレビ!(1/3)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2015-02-28 : 映画感想 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
いやはや、ガンダマーとしてガンダムの魅力に気付いてくれる人が増えたのはありがたい限りですw

さて、長寿シリーズ故にどれから見て良いか分からないと思われがちという話が出ていますが、個人的な答えは「なんでもいい」「プラモ見て気に入ったMSが出る物でいい」ですw
世界観が多くに渡って繋がってるものは宇宙世紀シリーズだけですし、それだって各作品単品でもしっかり楽しめる作品ばかりだと個人的には思っています。

もしガンダムに興味を持って「ちょっと他にも見てみよう」と思ってくださるようでしたら、『楽園追放』の水島精二監督が手がけた『ガンダム00(ダブルオー)』は如何でしょうか。
(初代じゃないのかよ!と思うかもしれませんがやはり古い作品なので…それでも劇場版は面白いですが)
00をお勧めする理由としては、まず比較的新しい作品であること、そして総集編(スペシャルエディション)がありTVシリーズを全話見なくてもいいということです。
作品のクオリティも脚本・演出・アクションいずれも良質ですし、世界観も現在の延長線上にあるので(他の作品と違い宇宙開発がそれほど進んでいません。スペースコロニーも実験段階です)馴染みやすいかと思われます。主人公の設定などはちょっとタイムリーな要素があるかもしれません。SF要素も練られており、個人的にもかなり気に入っている作品です。
2015-03-03 22:37 : figaro URL : 編集
No title
他にもちょっと挙げておきますw

シリーズ生みの親、富野由悠季監督の手がけた『∀(ターンエー)ガンダム』も、異色の世界観ながらオススメです。こちらも総集編となる劇場版2部作があります。劇伴も非常に素晴らしいですよ!

OVA『ポケットの中の戦争』も物語が非常に高い評価を受けている作品です。初代の外伝的な内容ではありますが単体で作品として完結していますので予備知識はほぼ不要です(現状の知識で充分かと)。
TVシリーズじゃないので長くなく、見る前に身構える必要もありません。

今作『オリジン』と同じくOVA+イベント上映という形をとっている『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』は、宇宙世紀シリーズの総括とも言える内容のため、若干ハードルが高めですが(それでも初代~逆襲のシャアまでの概要を知っていれば大丈夫かとは思いますが)内容の方は掛け値なしに一級品だと思っています。昨年最終話となるEp7が公開されましたが、個人的にかなり衝撃を受けた作品でした。シリーズの開始から完結まで4年もかかっていますが、それに見合う素晴らしいシリーズです。
(格好良すぎるMSの表現をまとめたファン作成のMADがあります。ガンダムUC 組織別 で検索してみて下さい)

最後に、アムロとシャアの因縁の決着を描いた『逆襲のシャア』。
富野監督がある意味(w)絶好調で作った作品なので脚本はかなり理解しづらい(特に一部キャラは電波と言われても仕方無い…w)ですが、クライマックスにかけての(絶望感を含んだ)盛り上がりは正に富野由悠季の真骨頂と言えるものではないかと思います。
また、本作の宇宙空間での戦闘の表現は特筆すべき物があります。ハッキリ言って、ハリウッドの大作映画でもここまで魅せてくれるものはなかなか無いのではと思っております。

以上、初心者にオススメのガンダム作品です。長くなって申し訳ありませんでした!
2015-03-03 23:14 : figaro URL : 編集
No title
幼い私に初めて戦争が「正義 対 正義」、いいえ「大義 対 大義」であると教えてくれた物語でした。あと「宇宙に住む」という事がステキな夢と浪漫ばかりでないという事も・・・。
(勧善懲悪のヒーローロボットアニメばかり観ていた幼児ですから、敵の方に良い人が多くて混乱しました・・・)
劇場版使用の高品質ガンダム!なのに地元に来ねえ・・・と涙を飲んでいます。
大スクリーンで観たいよぉ・・・。

『ポケットの中の戦争』は小学校の授業で上映すべき名作だと思っています。特に最後のバーニーからのビデオレターを・・・。

『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』個人的にこれも子ども達に観て欲しいです。とにかく作中の「お父さん達」がとてもカッコイイ大人を魅せてくれる作品だと思います。
(ダメな大人・・・というか胸糞悪くなるクズも大勢出て来ますけど、それも教訓になるかと)
2015-03-04 00:43 : 毒親育ち URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。