ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【残念なお知らせ】『ベイマックス』ソフト版に本来のラストの演出は収録されず

3月頭に、『ベイマックス』は日本劇場公開時に字幕版のラストの演出が変更されていたけど、ソフト版でもそのままなのか?とディズニーに問い合わせをしていました。

ディズニー
4320円
powered by yasuikamo

<『ベイマックス』ソフト版でもラストの演出が変更されているかは「現状ではわかりません」>

こちらについて、ディズニーから回答が得られました。
結論から申し上げれば、本来のラストの演出はソフト版には収録されないことが決定しました

以下、ディズニーからの回答を掲載します。

※以下は『ベイマックス』のラストのネタバレが含まれています。未見の方はお控えください。



ウォルト・ディズニー・スタジオ ジャパンお客様相談室にお問合せ頂きありがとうございます。
日頃は弊社作品をご愛顧頂きまして、誠にありがとうございます。

お問い合わせ頂きました件ですが、通常弊社より発売するディズニー劇場公開作品のBlu-ray・DVD・デジタルコピー・オンデマンド配信などは、日本語吹替え版/字幕スーパー版共に本国で各国向けに用意された本編映像をそのまま収録しております。

お問い合わせ頂きました件ですが、「ベイマックス MovieNEX」に収録予定の本編映像に関しましては日本向けに用意された劇場公開時と同一の本編映像を使用しております。

従いまして、字幕スーパー版でご視聴頂いた際には本編最後に【Baymax】のタイトルロゴが表示され、これに伴い特定のセリフが収録されておりません。
※日本語吹替え版でご覧頂いた際には、タイトルロゴが【ベイマックス】となり、ヒロの台詞として「ベイマックスと共に」が収録されております。

重複したご案内となり恐縮ですが、「ベイマックス MovieNEX」発売に伴い、現状本国より提供を受けた日本向けの本編映像はこちらのみであり、別バージョンを収録した商品の発売予定はございません。
恐れ入りますが、何卒ご了承くださいませ。

なお、この度お客様より頂いたメールは作品販売に関する貴重な御意見として承らせて頂きます。

今後とも弊社作品を何卒よろしくお願いいたします。




そんなわけで、今回発売されるソフトには本来の演出は収録されない(字幕版の台詞がカットされたまま)、最後のロゴも『Big Hero6』ではなく『BAYMAX』のまま、ほか商品でも収録されないことがわかりました。

・・・・・・・・orz これは残念。
現状、ラストの演出で観たければ、海外版を購入するほかなさそうです。

3400円
powered by yasuikamo

フォローをしておくと、自分は「ベイマックスとともに!」と、独自の解釈が与えられている吹き替え版のラストの演出は好きです。

しかし、もともと『ベイマックス』の原題は『Big Hero6』であり、最後の最後にそのタイトルの真の意味がわかるという秀逸な演出がなされていたのです。
ベイマックスというキャラクターを推したいがために、字幕版の本来の演出を変えてしまったこと、それを日本版のソフトで観れないというのは、やはり残念です。

ブログに掲載したアンケートでは、「本来の演出を(も)収録してほしい!」が圧倒的な票を集めました。

2015032716_46_18-投票結果 - 『ベイマックス』ソフト版で、本来のラストシーンの演出を収録してほしいですか

<アンケート結果>
こちらのアンケート結果は、質問時にも掲載させていただいておりました。
投票してくださった皆さん、ありがとうございます。

また、ディズニーの相談窓口の方には、とても丁寧に対応をしていただきました。
この場で、感謝を申し上げます。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2015-03-27 : いろいろコラム : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
目の前が真っ暗になりました・・・。
余談ですが、海賊版を撲滅したいなら、まず正規品を充実化させるべきでは・・・。

>現状、ラストの演出で観たければ、海外版を購入するほかなさそうです。
完全版商法を警戒して、ブルーレイ購入は様子見しようと思います・・・。

一方・・・
本編のレビューで述べた「ガールズ&パンツァー」が「FURY」
のブルーレイに特典映像として付くとか・・・。
ヒナタカさんがネタとして織り込む事を自粛した程だというのにまさかの公式が最悪のコラボレーションとは・・・。
あの本編観た後に、かわいい女の子がカッコイイ戦車に乗ってキャッキャウフフ!な「競技化」された戦争なんて観たくないです・・・。
いや、ちょっと待て!もしかして「あまりに本編が陰惨で救いようが無いので、陰鬱な気持ちをこれで癒してください」という、斜め上の心遣いなのかも!?
2015-03-27 23:29 : 毒親育ち URL : 編集
No title
流石にこの是非については問い合わせても回答が無いとは思いますが、ひょっとしたらマーベル側のライセンス上の問題ということもありませんか?
日本流通時には「Big Hero6」が使えない、とか、そんな感じの契約がされていたり。

こういう事を「くだらない」とか言う人も多いですが(エンドユーザ的感覚としては理解できますが)、権利関係って結構面倒で、国を越えたり翻訳が絡むときは尚更だったりします。

2015-03-28 17:58 : シオンソルト URL : 編集
Re: No title
>まず正規品を充実化させるべきでは・・・。
本当にそう思います。この件はディズニー社内でももめていそうだなあ……


『FURY』
> いや、ちょっと待て!もしかして「あまりに本編が陰惨で救いようが無いので、陰鬱な気持ちをこれで癒してください」という、斜め上の心遣いなのかも!?
その発想は素晴らしいですねw


>流石にこの是非については問い合わせても回答が無いとは思いますが、ひょっとしたらマーベル側のライセンス上の問題ということもありませんか? 日本流通時には「Big Hero6」が使えない、とか、そんな感じの契約がされていたり。
ああ、ありえそう……
権利関係に厳しいディズニー社らしいと言えばらしいですし。
2015-03-29 00:58 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。