ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

どこでも変わらない 映画『ジュピター』ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はジュピター(原題:Jupiter Ascending)です。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:ウォシャスキーズ流中二病ギャグSF巨編


あらすじ


主人公のジュピター(ミラ・クニス)は、トイレ掃除をしていたらいつの間にか宇宙人3きょうだいの資産争いに巻き込まれてしまいました。
しかし、「番犬」と呼ばれるケイン(チャニング・テイタム)は、まさに忠犬のごとくその中に割り込んで何度もジュピターを助けようとがんばるのでした。




マトリックス』『スピード・レーサー』のウォシャウスキー姉弟監督の最新作です。

『マトリックス』のときは「兄弟」だったのに、「姉弟」となったのは兄のラナがトランスジェンダーで性転換手術をしたからです。
「Wachowski Brothers」から「The Wachowskis」へと呼ばれかたも変わり、日本の宣伝でもしっかり「姉弟」と呼ばれるようになったのは感慨深いものがありました(『クラウド アトラス』のときは、「『マトリックス』の監督」という呼ばれかたでした)。


さて、本作に『マトリックス』のような革新的なおもしろさ、または『クラウド アトラス』の壮大さを期待する人も多いでしょう。
結論から申し上げれば、正直どっちを期待しても裏切られると思います。
しかし、ウォシャウスキーズ監督ならではの中二病な設定×バカSF映画を期待したら最高に楽しい内容になるんじゃないでしょうか。


「中二病な設定」というのは、よくある「いまの僕の自分は本当の僕じゃないんだ!」「平凡な僕に世界を救う力があるなんて!」な、ものです。
本作の主人公は家政婦で毎日トイレ掃除をしている女性なんだけど、ある日「じつは王女様だったの!」ということがわかり、戦いに巻き込まれるのです。
わりと『マトリックス』と似ているプロットでもありますね。
<ほかにもこんな映画があります>

その中二設定にプラスして、空中を歩ける「重力反転ブーツ」や「『トロン』で観たようなビークル」や「スペースガン」などのワクワクできるSFガジェットがてんこもりです。
大人になっても中二の「うおおおなんだこれえええかっけええ」な心を忘れない人にとっては至福のひと時を過ごせるでしょう。


そして、本作のスト―リーはアホです。本当にアホです。くだらねえです(ほめています)。

公式サイトの紹介文を引用してみるとこんな感じです。

全人類は、宇宙最大の王朝に支配されていた!
地球に育ちながら、その王位を継ぐ運命を背負った女と、遠い星の遺伝子操作によって生まれた最下級の戦士。
結ばれない運命のふたりが、人類の危機に立ち向かう。


うんうん。なんだか「壮大なSFオペラ」や「スケールの大きい愛」みたいなのが期待できますね。ぜんぜん違うからな!(ウソは言っていないんだけど)

本当は、家政婦がじつはプリンセスだったのでさらわれて、3人の宇宙人きょうだいの資産争いに巻き込まれるけど、イケメンが何度でも助けに来てくれる話と言い切っていいです。これがマジなんだから恐ろしいよ。

2015033103_10_40-映画『ジュピター』オフィシャルサイト<家政婦だったのに、じつはプリンセスだったからさらわれます。

2015033103_08_31-映画『ジュピター』オフィシャルサイト 2015033103_08_54-映画『ジュピター』オフィシャルサイト 2015033103_09_34-映画『ジュピター』オフィシャルサイト<3人の宇宙人きょうだいが主人公をさらおうとしています。

2015033103_15_00-映画『ジュピター』オフィシャルサイト<でもイケメンが主人公を助けに来てくれるよ!

そんな感じなので、映像は派手なのに、お話のほうはチンケな資産争いの話というギャップがすさまじいことになっています。

もうひとつすばらしいのは、敵キャラがしょぼすぎること。
本作に出てくる3人の宇宙人きょうだいは全員器が小さいんですけど、とくにエディ・レッドメイン演じるバレムはいろんな意味で最高でした。つーか弱すぎます。

2015033103_06_48-映画『ジュピター』オフィシャルサイト<こう見えて萌えキャラです。

その愛おしさは『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』のロキさま『天空の城ラピュタ』のムスカに匹敵します。
エディ・レッドメインは同時期公開の『博士と彼女のセオリー』にも難病を抱えたホーキング博士として主演をしているんだけど、そのホーキング博士とタイマンを張っても負けそうだと思えました。


そんなわけで、バカ映画が大好きな自分にとってはおいしくいただけた作品なのですが、正直に言って作品としては難点が多すぎます。

まずひとつが、膨大な設定を説明するシーンが多すぎること。
序盤は宇宙の支配者がなんたら~や、この歴史はうんたらかんたら~な説明が続くのですけど、退屈でちっともおもしろくありません。
要するに、本筋とは関係ない、余計な枝葉が多すぎるのです。
これは「設定を練りすぎて、読者がついていけなくなった打ち切り漫画」のような印象でもあり、映画史に残る失敗作『ジョン・カーター』にもそっくりでした。

<この失敗を忘れてはいけません。

序盤で主人公のいる地球の描写、宇宙人きょうだいのいる惑星の描写、一匹狼で戦っているヒーローの描写と、3つの視点が目まぐるしく変わるのも問題です。
これでは、どこに焦点を置けばいいのか、誰に感情移入をすればいいのかわからないのです。
基本的なあらすじは↑に書いたようにシンプル極まりないのですから、もうちょっとやりようはなかったのかと思わずにはいられません。

似たようなシーンやシチュエーションがくり返されるのも痛いところ。
ところどころで「あれ?この展開さっきも観たぞ?」と思わせてしまうのは、はっきり残念と言えるものでした。

そして、本作には恐ろしいくらいにツッコミどころが盛りだくさんです。
珍作映画が好きな人にとっては、是が非でも映画館で観なければならない一本でしょう。


また、本作はウォシャウスキーズ監督の初の3D映画です。
実際に映画を観てみると、アクションや人物の移動には「奥行き」が十二分に考えられており、3D映えする映像が満載でした。
「飛び出してくる」戦闘シーンも盛りだくさんなので、自分はだんぜん3D版をおすすめします。


最後にもうひとつ。
本作の感想が映像はすごいけど話がつまらんのひと言で終わってしまう人も多いと思うのですが、「宇宙を舞台としているのに、描いているのはよくあるミニマムな問題」という点に着目すると、物語も興深く観ることができるのかもしれません。

宇宙でも資産の分配で揉めたり、加齢で悩んだりする……
「どこに行っても、人の悩みというものは変わらない」というのはなかなかおもしろいテーマだと思いますよ。

↓以下、結末も含めてネタバレです。観賞後にご覧ください。










~似ている映画たち~

本作は『トロン』や『ジョン・カーター』のほかにも、以下の映画にも似ているところがあります。

フィフス・エレメント』→美女がいろんなところに行って、ヒーローがそれを助けようとしているプロット。
メン・イン・ブラック』→人々が宇宙人を観たとしても、記憶を消すことができるという設定が出てくる。

どっちもSFバカ映画じゃねーか(どっちも大好きな映画です)。

そういえば宮殿の装飾がテリー・ギリアム監督作品っぽいな、と思っていたら大臣役でギリアム監督本人が出演していました。

※ほかにもこの映画と似ているよ!な意見をお待ちしています。


~無重力ブーツバトル~

中盤のシカゴを舞台にした、「無重力(重力ベクトルを反転)ブーツ」で逃げ惑う画は楽しさ満載でした。

2015033104_57_52-映画『ジュピター』オフィシャルサイト<落ちているジュピターを拾いに行く!

2015033104_55_53-映画『ジュピター』オフィシャルサイト→摩天楼を周りながらの攻防!

2015033104_56_43-映画『ジュピター』オフィシャルサイト<危うく列車に衝突!

ケインが透明な盾を使いながら防御をしているところもポイント。
バトルでいちばん盛り上がるのが、宇宙に行く前というのもこの映画の妙なところですよね。

あとは終盤のケインVS恐竜(の生き残りが進化した姿)の肉弾戦もおもしろかった!

2015033105_02_08-映画『ジュピター』オフィシャルサイト<縦に回転蹴り上げ

2015033105_02_26-カゲヒナタのレビュー - FC2 BLOG 管理ページ<翼アタック!

バトルの最後、なぜ恐竜がガラスから首だけ出ていて捕まっていたの?と思ったのですけど、これはケインが「壁を開けて閉じることができるデバイス」を拾っていたからですよね。
また、恐竜のセリフ「You Hurt Me」を「ブッ刺しやがって!」と訳すセンスが素晴らしいね。アンゼたかしの翻訳はいつもトバしています。


~生命の水の扱いがそんなんかよ!~

宇宙人たちは、地球人を「栽培」しており、地球人の命を利用して「生命の水(ネクタル)」を作っていました。
宇宙人の長女は「宇宙でもっとも価値があるものは時間である」と答えており、その資産(地球の人間)を手に入れるためにジュピター(母の遺伝子を持っている者)が必要だったのです。

それはわかるんですけど、その生命の水をピラミッド型に積んでおくのは雑すぎる扱いなんじゃないでしょうか。それ1本作るのに人間100人が必要なんでしょ。
さらにびっくりしたのは、その100人ぶんの命が詰まった水をジュピターが落としてぱりーん☆と割ってしまうこと
もっと頑丈な容器に入れとけよ!

あと、序盤に思わせぶりに登場した刺客たちは、報酬としてこの生命の水を手に入れた(ペロッと指ですくってなめていた)以降、映画から姿を消しました
ペ・ドゥナの出番がこれで終了とか冗談きついです。


~役所のたらい回しは宇宙共通~

大笑いしたのは、ジュピターが弁護士とともに本物の王女だと認めてもらうために役所に行くんだけど、そこで絵に描いたようなたらい回しをされること。
「ここの担当じゃありません、あっちで手続きしてください」と言われまくるのです。

しまいにはちゃんと手続するためには賄賂を渡さなければいけない始末。
そりゃジュピターもこの後に「もう免許センターで文句を言わないわ」ってつぶやくわ。

そういえば、役所で初めに手続した窓口がやたら高い位置にあったのはなぜなんだろう(弁護士が顔しか見えていなかった)。
背の高い宇宙人に合わせたのかなあ……バリアフリー行き届いてねえな。


~さらわれる→ギリギリで助ける→くり返し~

中盤では、
宇宙人の長女にジュピターがさらわれる→ケインが助けに来てくれた
次男にジュピターがさらわれる→結婚式で指輪をはめる直前にケインが助けに来てくれた
長男にジュピターがさらわれる→なんかiPadみたいなので契約をさせようとする直前にケインが助けに来てくれた
というすさまじい展開のループを観ることができました

役所のたらい回しはこれの伏線だったんでしょうかね。
なんだか毎回ピーチ姫を助けなければいけないスーパーマリオの気持ちがわかったような気がします。

まあその間、ケインは協力者だったスティンガーに裏切られたり、長男に宇宙空間に放り出されたり(でもハッチに一瞬で着れる宇宙服があったから助かる)と、いろいろ苦難を乗り越えていたのはよかったのですけどね。

また、スティンガーが裏切ったのは、娘の「バグ」を治すのに金が必要だったと言っていましたが、娘は地球の小屋でめっちゃピンピンしていた気がするんですけど。
あと、地球の小屋にはたくさんのぶんぶんハチ飛んでいたのにジュピターは動じていなさすぎです。まあハチのDNAに女王の情報が埋め込まれていた(なんだそれ)のでよかったのだろうけどさ。


~ラスボスは貧弱!貧弱ゥ!~

えーと、ラスボスのバレムたん(マザコン)の萌えポイントを振り返ってみましょう。

普段の声がかすれすぎてて今にも死にそう
・行動原理は「資産がきょうだいのものになるなんてやだい!全部自分のもんだ!」
・iPadを差し出して「早く契約をして!」と訴えまくる
・ジュピターが契約を破棄すると「彼女を殺せー!」と声を荒げる
・銃を持っているジュピターに「君は撃てないよ!」と高らかに宣言→すかさず脚を撃たれて「アウッ!」と思い切り痛がる
・終盤にジュピターの目の前にぬるっと再登場するのだけど、なぜかバールのようなもので攻撃するので致命傷にならない。
・落下して帰らぬ人になりました。

とりあえずお前はちゃんとした武器を使え。部下の恐竜もこんなやつの言いなりになってんじゃねえよ。余裕でこんなん倒せるぞ。

あと自分が好きだったのは、バレムが「私の母はトイレ掃除なんてしなかった」と言い、ジュピターが「家事は失格ね」と返すところ。
バレムが身分の低い者を蔑むイヤな性格と、サバサバしている(身分のことなんか問題にしていない)ジュピターの性格がもっとも表れてた会話でした。


~人生を変えたいんだ!~

ジュピターのいとこは、自分が精子提供をして金を手に入れるついでにジュピターにも卵子提供を提案していました(取り分は自分のほうが多い)。
その後、いとこは「人生が変わったぜ!200万画素になったんだ!」と楽しそうにゲームで遊んでいました
しかもまだ金が手に入れていない状態でゲームを買ったらしい。いい感じでクズだなあ。ていうか200万画素ってすこぶるたいしたことがないと思うんですけど。
(ちなみにこのときにやっていたゲームは『DARK SOULSII』です。なんかルンバっぽいのも動いていましたね)

ほかにも、ジュピターの友だちは2カ国語がしゃべれるスーパーセレブをオトそうと張り切っていました。

両者とも、「いつか人生の転機が来るかもしれない!」という、他力本願というか、努力をしていない状態での短絡的な願望です。
これはジュピターが「いきなりお姫様になっちゃった(でもぜんぜんうれしくない)」という展開を皮肉っているものですね。

人生が変わるチャンスを掴んでも、それがいい方向に転がるかどうかはわからないものです。
(それどころか、ジュピターの家族は全員拉致されるというひどい目にあっていますからね。つーか人質多いなあ。)


~どこでも変わらない~

役所でたらい回しにされること以外にも、「どこかに自分が適している世界や人生があるかもしれない」と願うのは宇宙で共通のことのようでした。

ジュピターが毎日4時台に起きて、毎日トイレ掃除をしている人生を嫌っていたように、
ジュピターが輪廻転生で生まれ変わる前の「母」も「こんな人生はいやだ!」と言いながらバレムに殺されていったのです。

しかし、最後にジュピターはいつもの生活でも早めに起きて、家族にいち早く朝食を作ってくれるなどの「工夫」をしていました。
あまり仲がよくなかったような家族とも談笑ができ、さらに念願だった天体望遠鏡までプレゼントをしてくれました。

けっきょくのところ、どこかに逃げてしまうのではなく、「その場所」で問題を解決しなければいけないのでしょうね。
そのような心持ちがあれば、場所を変えなくても、人生はいい方向に変えていけるのかもしれません。

おすすめ↓
佐藤秀の徒然幻視録:ジュピター~唯識+聖書的宇宙生物観
地球も宇宙も結局おんなじ - ユーザーレビュー - ジュピター - 作品 - Yahoo!映画
映画『ジュピター』感想、様々なSFオマージュ×ウォシャウスキーイマジネーションで「面白い」を感じる超大作! - A La Carte

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

2015-03-31 : 映画感想 : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title

設定的にもプロット的にも、日本の漫画やアニメやゲームやラノベにありそうな感じなので、作り方次第でもっと面白くなりそうなのですけれどもねぇ…。物語の骨格自体はそう悪く無いと思うのです。
ただ、色々と描き切れていない。映像的には矢鱈と凝っているので勿体なくて仕方がない。
鑑賞中、しじゅう、そんなことを考えていました。

個人的にいまひとつ納得がいかないことは、「ジュピター」は本来男性名詞(男神の名前で原義は「父なる神」)であるということ。
父親も天文マニアならば、そういうことくらいは考えて娘に名前を付けて欲しかったなぁ。(生まれる前に殺されているので息子のつもりだったのかもしれませんけれども…)

2015-03-31 11:22 : シオンソルト URL : 編集
似ている?作品
いつも楽しみにしています!
似ている作品になるのかわからないのですが、トワイライトシリーズってこんな感じなんかなぁ、と思いながら観てました。トワイライトシリーズは観たことがないので似ているかどうか、わからないのですが(笑)
2015-03-31 16:15 : ワイナオ URL : 編集
No title
CGを楽しむ映画だと思って、見てしまいました。
それにしても、斬新なデザインのものはなかったですね。
まさか、忍者タートルズ見たいなのが出てきて、しかも、なかなか勝てないなんてシーンは、普通は考えない!
さっさと、かみつきゃいいのに・・・
そればっかり考えてみてました。
2015-04-02 09:04 : sakura URL : 編集
No title
どれだけ酷評されようと『スピード・レーサー』はDVDを買う程、映画ファンに愛されても映画館に取っての太い客であるファミリーに受けなかろうと『クラウド・アトラス』は最高!な私はネタバレなしレビューを読んで『LUCY』の時のように「なんだかオラ、ワクワクしてきちまったぞ!」と行って来たのですが。

>『ジョン・カーター』
古典SFを21世紀の技術で映像化ってだけで燃えるんですけど、『ローン・レンジャー』とかも、何故ああなってしまうのか・・・。
中二病作品なのに話が真面目過ぎるのも難点。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』級に弾けたコメディを入れたら良かったかな・・・と。

>~生命の水の扱いがそんなんかよ!~
私達地球人も牛馬に対してこういう扱いをしているのですけど、この設定の所為で絶望感がハンパなくて・・・登場人物達が何を言おうが偽善にしか聞こえなくなってしまいました。
(人間として勝手な事を言わせてもらうと、家畜は生活の一切を人間に飼育してもらってますが、彼らは放牧して放置で、その結果である利益だけは頂く・・・ですし)
数万年も延命する為に言語で意思疎通出来る知的生命体を喰っても平気とか、おぞまし過ぎて吐き気がします。
イージス軍のたとえ王族でも法に反する事は許さないという、鉄壁の順法精神は良かったいのですけど、それもこのディストピアな世界を許容した上での事ですし。
なんとなく、格差に開き直った資本主義の行き詰まりへの風刺も入っているようですね。

>~役所のたらい回しは宇宙共通~
ここだけは『メン・イン・ブラック』的に爆笑出来ました!!

>娘の「バグ」を治すのに金が必要だった
「食材を買いだしに行くわ」と言ったシーンで咳き込んでいましたから、たったアレだけの描写が伏線だったのでしょうか?自分もヒナタカさんの「娘は地球の小屋ででめっちゃピンピンしていた気がするんですけど。」で思い出しましたよ!

>~ラスボスは貧弱!貧弱ゥ!~
この手のラスボスを観る度に『ウォッチメン』のオジマンディアス様の詰の垢でも煎じて飲め!ってアレこそ禁忌中の禁忌ですけどね!
>エディ・レッドメイン演じるバレム
役者さんて凄い・・・。本当にタイマン張る事になったらホーキンス博士は「フェアじゃない、彼にこれを・・・」とパワードスーツを渡しそうですね。
でも、結局私達はいつ「収穫」されるか解らない麦だという現実は変わらないので、このお高くとまった貴族様がギャフン!と言わされても全然爽快感が湧かなかったです・・・。

>~どこでも変わらない~
よくある『自分探し』という行為が、10代の頃から意味不明で理解不能な私にはこのラストは拍手したいくらい最高でした!
※同じ理由で『魔法にかけられて』とかも大好きな捻くれ者でごめんなさい・・・

文句ばかりですが、ウォシャウスキー姉弟監督、次回作は映像面以外でも娯楽に徹して頑張って欲しいです!
2015-04-05 22:58 : 毒親育ち URL : 編集
No title
今回の映画の話ではありませんが、ヒナタカさんの中2病の定義を見て『ターミネーター』を連想しました。
キャメロン曰わく「今は平凡な人間が未来において重要な役割を担う」というのがテーマだそうで。
中二病感があんまりしないのは、親子2世代の物語だからかな?
2015-04-09 08:30 : URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。