ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

日本映画史に残る大傑作! 映画『シベリア超特急』ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日(4月1日)は映画ファンとして観ておかなければならなかった、いままで観てこなかったことが申し訳ない大傑作映画を紹介しますよ!
そんなわけで『シベリア超特急』(製作:1996年)の感想です。

水野晴郎
4500円
powered by yasuikamo

個人的お気に入り度:10/10

一言感想:これは映画ではありませんでした


あらすじ


列車の中で殺人事件が起こる。
山下奉文陸軍大将(水野晴郎)はその事件のあらましを推理、いや断定し始めるのだった。




これはすごい、すごすぎる!
自分は本作を「殺人事件が起こるミステリーもの」「主人公が事件を解決する探偵もの」だと誤認していました。
しかし蓋を開けてみればビックリ。何が起きているのかさっぱり理解できない超難解な映画だったのです。

ふつうのミステリーであれば、むごたらしい死体や殺人シーンを見せるのですが、本作はよくわからない人物がいつの間にか死んでいたと説明されたり、主人公が死体を見てもいないのに殺人事件が起きたとのたまうのです。

死体を一切見せないという斬新な演出を用いた傑作には『模倣犯』もありましたが、その6年も前に、水野監督という天才が一歩、いや数千歩は先を行っていたことに驚かされました。

主人公のやっていることは、もはや推理ではありません。断定です。
いや断定ではなく、予知能力なのかもしれません。
主人公が何かことばを発すると、数秒後にはそのことばが100%的中する出来事が起こるのですから。
もしかするとボインゴのスタンド能力を持ってしまったのかもしれません。

この時点で自分は思いました。これは映画という次元を超えた何かだと。
殺人事件の内容そのものが理解できないミステリーなんて、いままでにあったのでしょうか。
ふつうのミステリーは「誰が犯人なのか?」ということで観客の興味を引かせるのですが、この『シベリア超特急』はまず何が起きているのかを脳みそをフル回転させて考えなければいけないのです。
マルホランド・ドライブ』あたりの「難解な映画」を観たことがある人は、ぜひ本作にもチャレンジをしてみるとよいでしょう。


本作の革新的なところはそれだけではありません。

挙げなければいけないのは、主人公を演じた水野晴郎の神がかった演技力でしょう
主人公はいかなる時も感情を表に出しません。
その滑舌はザボザボしており、ひとつの単語を把握するだけでも高度なヒアリング能力が問われます。

そして臨場感抜群のセットについても触れないわけにはいけません。
舞台は大陸を横断する鉄道なのですが、作中では一切車内が揺れることがないのです。
「映画の予算不足」や「演出力不足」などではない、水野監督ならではの素晴らしき妥協がここにもっとも表れていると言っていいでしょう。

そして物語は二転三転し、急転直下の結末を迎えます
その衝撃たるや、『ユージュアル・サスペクツ』や『シックス・センス』などのどんでん返しが束になっても適わないほどでした。
これからこの映画を観る方は、ぜひラストの展開を予想してみることをおすすめします。

また、伏線の使われかたもすごすぎる!
映画の冒頭のシーンが、このように回収されるなんて誰が予想できるのでしょうか?


そして、本作のテーマは映画史上もっとも明確に描かれていると言い切っていいでしょう。
作品の根底にあるものは「戦争批判」です。
ラストシーンには水野監督のメッセージがストレートに凝縮されており、そのことばを聞いたときに自分は涙を流してしまいました。
映画を観終わった後すべての人は、水野監督がどうしても伝えたかったことを、これ以上なく理解できるはずです。


映画ファンを自称するのであれば、一度は観てほしい作品です。
観終わった後は、きっと世の中すべてのものが美しく見えて、映画が相対的にもっとおもしろいものに思えてくるはずですから。

いやぁー、映画って本当(ほんっとう)におもしろいものですね!
故・水野晴郎の映画愛を、ぜひ受け止めてみてください。

以下、作中のネタバレです↓










ごめんなさい。ネタバレを書こうと何とか努力をしてみたのですが、映画の中盤の展開が本気で理解できなかったので無理でした。

(ここから本音)

ねえ、何なの?あれは何なの?
この『シベ超』の本編、「変装をしたって言っていたけど人種すら違うから無理だろ」、「カットが変わると倒れる方向も変わる」、「『サイコ』のパクリ」、「犯人が捨てたはずの毒のついた服が列車に奇跡的に引っかかっていた」とか、軽く昇天するかと思う展開が何度も続いたんですけど。

その後に、水野御代のラストのセリフ、伝説と化している「2回のどんでん返し」が続くのですが、これを疲れたときに観ると本気で気を失う自信があります

もう本当観てよかったと思えました。
わざわざ新宿のTSUTAYAまで行ってDVDを借りたかいがありました。
これで今年はどんなアブなそうな映画(例:『恋するヴァンパイア』)を観ても、きっとこの『シベ超」』よりもはるかにいい映画だと思えることでしょう。

あ、ちなみに↑上のネタバレなしの部分、タイトルと点数以外ではほとんどウソをついていません。
ていうか、映画の出来がアレすぎてどうがんばってもウソがつけなかった(=褒めることができなかった)というのが本音なのですが。
映画評論でほとんどの作品を褒めていた淀川長治さんはすげえよ……(たまに淀川さんも映画に文句を言っているけど)

水野御代のラストのセリフで笑いすぎてマジで涙が出ました。
「映画を超越した何か」であったことも本当です


~よかったところを探そう~

菊地孝典さんがイケメンで、演技もうまかった。

以上。

↓参考
シベリア超特急 - みんなのシネマレビュー(ネタバレ注意)
シベリア超特急社会の窓からこんにちわ(超ネタバレ注意)

↓いろいろよく考えますよね
エイプリルフールに便乗しているサイトまとめ2015年版 - GIGAZINE

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2015-04-01 : 旧作映画紹介 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

水野氏DVDをお貸しした伏線ですね、わかります

> これは映画ではありませんでした

そして、「映画」を観て、こう言うのですよね。
「映画ってホントにいいものですね」


> どうがんばってもウソがつけなかった

いや、そんなことより、このブログ記事の冒頭に掲げられているアマゾンの広告。
この作品のDVDが4500円だということの方が遥かにジョークだと思うのです。

2015-04-01 10:30 : シオンソルト URL : 編集
Re: 水野氏DVDをお貸しした伏線ですね、わかります
> > これは映画ではありませんでした
>
> そして、「映画」を観て、こう言うのですよね。
> 「映画ってホントにいいものですね」

その言葉を書き忘れていたので追記させてくださいw
2015-04-01 16:36 : ヒナタカ URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-04-04 13:18 : : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。