ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

数または質で選ぶおっぱ○映画ベストテン

ブログ男の魂に火をつけろ!のワッシュさんがこのゴールデンウィークにおっぱ○映画ベストテンというどうかしている企画を開催していたので参加します。

※画像は記事とは関係ありません。

↓参加はこちら。受付は本日5月2日(土)まで締め切りました
<GW特別企画! 映画ベストテン・番外編 - 男の魂に火をつけろ!>

※追記:結果はこちら(おっぱ○画像が堂々と表示されるので注意)
おっぱ○映画ベストテン:結果発表 - 男の魂に火をつけろ!
おっぱ○映画ベストテン:女優賞 - 男の魂に火をつけろ!
おっぱ○映画ベストテン:1点π特集 - 男の魂に火をつけろ!
おっぱ○映画ベストテン:「順不同」π特集 - 男の魂に火をつけろ!

ほんとうは愛おしいおっぱ○を伏字にしたくはないんだけど、青少年にやさしいこのブログがフィルタリングされてしまうのはしのびないので伏字で通します。パロディAVを紹介している時点で手遅れという声は聞かない。

※前回のアニメ映画ベスト企画の結果も見ておきましょう↓
アニメ映画ベストテン:結果発表 - 男の魂に火をつけろ!
アニメ映画ベストテン:監督賞 - 男の魂に火をつけろ!
アニメ映画ベストテン:1点映画特集 - 男の魂に火をつけろ!
アニメ映画ベストテン:順不同賞 - 男の魂に火をつけろ!

※追記
投票者の多くが挙げているおっぱ○映画の代表と言われる『スペース・バンパイア』が淀川長治さんの解説を含めおもしろそうすぎるので、B級映画ファンとして観ないといけないなと思いました。



淀川さん、何回「全裸」って言ってんだよ。

以下はおっぱ○いしか語っていないので、脳内偏差値が下がってもいい人だけ読みましょう。カッコ内は女優さんの名前です。↓






10位 死霊の盆踊り(女優さんの名前がわからない)


のっけからなんてものを選んでいるんだと自分でも思いますが、「死霊に扮している(つもり)の女性が延々と裸踊りをする」という内容なので、おっぱ○の数を単純に数えればかなり上位に来るはずです。
でも、こんなにおっぱ○にありがたみを感じないのは初めてでした。数がよければいいってもんじゃないですね。おっぱ○中毒の人はこれを見て治療にあたればいいと思います。


9位 プロジェクトA子(アニメなので……女優名は書けない(A子))


アニメからも選んでみました。
まあこれはおっぱ○よりも、主人公がブラジャーのホックを前で止めて、くるっと回転してから肩につけるというどうでもよさそうなリアルなブラジャーのつけかたのほうに注目してしまうんですけど。
でも、おっぱ○があるからブラジャーがある、おっぱ○があってこその素晴らしいシーンです(我ながら何を言っているんだろう)。


8位 シン・シティ 復讐の女神(エヴァ・グリーン)


エヴァ・グリーンのおっぱ○は、モノクロでも美しい(これ以上語ることはない)。


7位 スターシップ・トゥルーパーズ(ディナ・メイヤー)


男女平等のシャワールームでふつうにおっぱ○が出てきたときはマジでビビりました。ついでに敵地でのセックスシーンでもおっぱ○丸出し。アホか(最高!)
ほかにもポール・バーホーベンはおっぱ○が出てくる作品をよく監督している……いやおっぱ○が出てくる作品しか撮っていないと言っても過言ではありませんね。変態だな!もっとやれ。


6位 TOKYO TRIBE(佐々木心音)



園子温監督は、原作漫画のモブっぽい男性警官をわざわざ女性(佐々木心音)に代えて、鈴木亮平に乳を揉ませました。
なぜかって?それはおっぱ○がそこにあるからだと思う。


5位  スワロウテイル(伊藤歩)


当時16歳の伊藤歩の張りのあるおっぱ○が観れる、いまだったら割とアウトな作品。
岩井俊二監督は変態だな!本当に変態だな!もっとやれ。


4位 マルホランド・ドライブ(ナオミ・ワッツ)


終盤のソファを上から覗く→ナオミ・ワッツの形のよすぎる乳房がこんにちはのシーンが神がかっていたので選ぶしかありませんでした。
ちなみにナオミ・ワッツは、友だちの息子とあんなこともこんなこともしちゃう映画『美しい絵の崩壊』にも出演しています。
※ごめん、おっぱ○を見せていたのはローラ・ハリングのほうだったかも……(うろおぼえ)。どちらにしろナオミ・ワッツがエロかったことには変わりないけど。


3位 タイタニック(ケイト・ウィンスレット)


元祖忘れらないおっぱ○と言えばこれ。ディカプリオ様が、ヌード写真を描くときに見せたあの形のよすぎるケイト・ウィンスレットの乳房はいまでも脳裏に焼き付いています。
これは芸術的なシーンとしても素晴らしいので、ぜんぜんいやらしい目でなんか見ていなかったよ。ごめんウソです。


2位 ピラニア3D(ケリー・ブルック)


世の中には『ヒックとドラゴン』を劇場で3Dで観ればよかった!と後悔する人が多いそうですが、自分が真に3Dで観なかったことを公開したのはこの映画でした。だっておっぱ○がスクリーンから飛び出してくるんだぜ!?
ジェームズ・キャメロン監督は「ああいう3Dは私たちが本来やるべき3D映画じゃない」と怒っていたけど、現時点でもっとも正しい3Dの使いかただと思う。
ちなみに本編は美女がおっぱ○ごとピラニアに喰われて肉塊と化すたいへん趣味のいい内容です。水中をおよぐおっぱ○美女も見どころ。


1位 トータル・リコール(1990)(リリシア・ナフ)


え?これを選んだ理由?そんなの3つのおっぱ○いを持つ宇宙人が出てくるからに決まっているじゃないですか。
リメイク版では宇宙人がかなり格好よくなっていますね。そして3つおっぱ○の女性が実在しているなんて知らなかった(閲覧注意)
自分はこれからもポール・バーホーベン監督がつむぎだすおっぱ○に期待しています。


次点は地上波でも平気で片岡玲子のおっぱ○を出していた『北京原人 Who are you?』です。死霊の盆踊りと言い、おっぱ○を出すとク○映画率が上がるんだろうか。

※追記
メランコリア』のキルスティン・ダンスト、『アメリカン・ビューティー』のミーナ・スヴァーリという素晴らしきおっぱ○を挙げるのを忘れていた……どっちも必見ですよ。

ちなみに、今回の記事だけでおっぱ○という単語を26個使いました。母さん……自分はこんなブログにするつもりはなかったんだ……。悪いのは企画を思いついたワッシュさんなんです(責任転嫁)。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2015-05-02 : いろいろコラム : コメント : 7 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title

自分が印象に残っているものと言えば『燃えよデブゴン4 ピックポケット!』(1982年、サモ・ハン・キンポー監督)かなぁ。これ、実際に胸を露出するものと下着のものと2つの版があるらしいのですが、自分が観たのは前者。


> 割とアウトな作品

その辺りを攻めるならば洋画には割と少なくないような。
近年のものならば『エコール』(2004年、ルシール・アザリロヴィック監督)とか。

変わり種としては『ビキニ』(2007年、クラウディア・モルガード・エスカニーリャ監督)なんかも。今回の趣旨とは微妙に違うかもですが、ある意味、胸の露出が象徴の作品だから次点で押さえておいてもいいような気がしなくも。


> 実在する3つおっぱ○

マジレスをしてしまうと、解剖学的にはヒトには4つの乳頭があります。ただし、うち2つは殆どの場合目立たないし機能もしませんが、脇の傍にあります。

2015-05-02 16:06 : シオンソルト URL : 編集
No title
死霊の盆踊り
ある意味おっぱいが出ているのが今作で唯一いあところですね。
シン・シティ 復讐の女神
あの綺麗なおっぱいは忘れられない。
タイタニック
一瞬だけ見えたあの衝撃は忘れられない。
ピラニア3D
自分は3Dモニターと3D版を持っていますが、やはりいつ見ても最高です。
監督自身も「3Dでおっぱい出したいんだ。」と考えていたらしいです。
ちなみに自分が印象に残っているおっぱいは、シュワちゃん主演のトゥルーライズでのジェイミー・リー・カーティスのダンスシーンです。
やはりキャメロン監督自身もおっぱいが好きなんだ、とこの記事読んで確信しました。
AVATARの時も結構でかいおっぱい出てきてたし。
2015-05-02 18:08 : 通りすがりのいがぐり URL : 編集
氷の微笑のシャロン・ストーンとインビジブルのキム・ディケンズとローナ・ミトラもなかなかだったと思います。
キム・ディケンズのはCGでしたが。(未見の方には何を言ってるのかわからないと思いますが)

そういえば、上記の二作もポール・バーホーベン監督の作品でした。
2015-05-02 23:19 : カワハギ URL : 編集
タイムリーなので昨夜レンタルで観た「マジックマイク」を 女性のおっぱいも出ますが何と言ってもチャニングテイタムとマシューマコノヒーを筆頭に野郎達のおっぱい!!
ノンケとか関係なく「うほっイイ男♂」と言わざるをえない素晴らしい映画でした
2015-05-03 00:05 : URL : 編集
No title
いきなり死霊の盆踊りで笑わせて頂きましたw 出落ちにも程が有るw

私は今までおっぱいに着目して映画を見たことがなかったので、良いおっぱい映画を挙げることが出来ませんが、おしり映画ベストテンをやるなら楽園追放はいい線行くような気がします
2015-05-03 12:30 : figaro URL : 編集
No title
>7位 スターシップ・トゥルーパーズ
ヒナタカ司令!全国の男子中学生の皆さんから機動歩兵隊への乳隊志願が殺到して戦争どころではありません!

>2位 ピラニア3D
濡れ透けTシャツを拝まず死ねるかァーッ!!
>ジェームズ・キャメロン監督は「ああいう3Dは私たちが本来やるべき3D映画じゃない」と怒っていたけど、
あれは監督流のツンデレですよ!きっと・・・


異星文明へHENTAI文化を伝えた『宇宙人ポール』
ザ・ロック様の乳芸が拝める『センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島』
本当に失われてしまったアンジー姐さんの巨乳全盛期の『トゥームレイダー』
スカーレット・ヨハンソン様による。完璧に不二子ちゃ~ん!な、黒のレザースーツから隆起する御山を三次元に顕現させた『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズ。
なにより・・・
日曜洋画劇場から全国のオッパイ難民こと男子中学生への乳援物資であり、淀川長治神による名解説と共に伝説である『スペースバンパイア』を忘れてはなりませぬ!
劇中では侵略者で化け物だったマチルダ・メイさんは、全人類男子中学生にとっては救世主であり女神です!

なお、本当にドウデモイイ話ですが、母によると私は母乳育ちらしいです・・・
2015-05-03 14:26 : 毒親育ち URL : 編集
No title
コモンポストhttp://commonpost.info/は悪質なパクリサイトです。いかにも海外から拾ってきたネタを自分で翻訳しているかのように見せかけているが記事・文章・翻訳全て日本のニュース・動画サイトの盗用です。コモンポストの盗用行為には非常に迷惑しています。
2015-05-05 21:54 : URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。