ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

子どものために 映画『寄生獣 完結編』ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は寄生獣 完結編です。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:変わったところが、あってよかった


あらすじ


市長の広川(北村一輝)は寄生生物たちを率いて、強大なネットワークを形成しようとしていた。
一方、人間たちは特殊部隊を編成し、寄生生物の殲滅を企てようとしていた。
その最中、寄生生物の田宮良子(深津絵里)は自分の子どもにある感情が芽生え、寄生生物・ミギーを身腕に持つ新一(染谷翔太)にも、とある変化が訪れようとしていた。




名作コミック『寄生獣』を原作とした実写映画(2部作)の完結編です。
<前作のレビューはこちら>

岩明 均
936円
powered by yasuikamo

原作は全10巻におよぶ大作であるので、前作でも本作でも、2時間の映画に納めるための工夫(改変)がされています。
(具体的な改変はネタバレになるので↓に書きます)
第一印象としては、原作と変えてよかったところがたくさんあった一方で、悪くなったところも少なくはないというということでした。


よかった改変は、おもに重要人物である田宮良子(寄生生物)における追加エピソードでした。
その追加は本当にほんのわずかなものなのですが、彼女により「人間味」を与えています(。

自分が本作で何より感動したのは、田宮良子を演じた深津絵里の表情でした
前作では「表情を表に出さない」(人間ではない)ことを示す演技が見事でしたが、本作ではさらに「感情のわずかなゆらぎ」をも見せてくれます。
その卓越した演技を、田宮良子というキャラが「人間らしく」思えるエピソードで生かされているので、原作をよく知る人ほど感動できるのではないでしょうか。


一方、少し残念だったのは(やはりと言うべきか)各エピソードが矢継ぎ早で展開してしまうため、どうしても説得力に欠いたシーンが多くなってしまったことでした。
とくに連続殺人鬼・浦上のエピソードの違和感は、「映画のために詰め込んだこと」の弊害がはっきりわかるものでした。

さらに問題だと感じたのが、原作で重要だったワードや描写がごっそり抜けおちてしまったため、登場人物の行動の意味を意味を考える余地がない=映画だけでは何を言っているのかがよくわからないことです。
そのワードの一例が、田宮良子が大学の講義で知った「利他主義」と「利己的遺伝子説」です。
詳しくは↓こちらの記事でまとめてみました
<『寄生獣 完結編』を「満足」から読み解く [映画] All About>
※記事の2ページ目からは映画のネタバレがありますが、1ページ目にはネタバレはありません。

これは作品をテンポよく、またエンターテインメント性を高めるためにはしかたがないと思う部分もあります(大学の講義なんて、スクリーンで観たいものではないでしょうし)。
しかし、『寄生獣』は哲学的な思想も大きな魅力のひとつ。映画ではそこが少し浅くなってしまった印象を受けるのです。

そうしたことが削られた一方で、大衆映画にありがちな「自分の想いをベラベラとしゃべる」割合も増えてしまっています。
原作でも登場人物は自分の主張をよく口にしているのですが、映画ではさらにストレートなセリフに置き換わっていたりもします。
そのために(映画で変更されたセリフは)わかりやすいのに、(原作漫画にあった思想は)わかりにくくなっているという、ちょっとチグハグさもあります。

このあたりは、大衆向けの娯楽映画に仕上げるためには仕方がない(かなあ?)と思って割り切るしかないですね。
おかげで、原作漫画を読むと「そうか、あのときのセリフはこういうことだったんだな」と気づける(原作漫画の素晴らしさを改めて感じられる)という楽しみもあります。ポジティブシンキングって大切です。

あと、山崎貴監督にはいつもどおりのことなのですが、有名作品のパク・・・いや、オマージュもちらほら見られますね。
ぱっと自分が思いつくのは『ターミネーター2』『遊星からの物体X』『ソナチネ』。映画ファンであればそのデジャヴ感も前向きに楽しむことをおすすめします。


そんなわけで文句は少なくはないですし、作品の完成度としては前作のほうが高いとは思います。
それでも、前作を観た方、原作ファンにとっては観なければならない1本でしょう。
荒唐無稽な寄生生物のビジュアルをはじめ、名作漫画のエッセンスをなるべく拾って実写化を果たしているのは、賞賛すべきです。

最後に……深津絵里の表情以外に本気で感動したことがもうひとつ。それはエンディングの直前に入れられた、原作にはないとあるワンシーンでした。
これ、個人的なことを言って申し訳ないのですが、原作で「これがあったらよかったのになあ」と妄想していた理想のシーンだったんです(アニメ版にもありませんでした)。
これだけでも、本作を観てよかったと心の底から思うことができました。

前作に引き続きPG12指定であり、残酷なシーン、性的なシーンもあるのでご注意を。

↓以下は結末も含めてネタバレです。鑑賞後にご覧ください。










※田宮良子の考えや「いないいないばあ」、変更された寄生生物のセリフなどは、こちらにまとめています。
<『寄生獣 完結編』を「満足」から読み解く [映画] All About(2ページ目、ネタバレ全開)>
以下は、この記事の補足のような内容になることをご容赦ください。


~映画ネタ~

三木がヤクザの事務所を襲撃するシーン(中の乱闘は映さずに、事務所の外から見せる)は『ソナチネ』、
頭だけになった三木に足が生えてカサカサと動くのは、『遊星からの物体X』ですね。
三木を演じたピエール瀧の「わざとらしい笑い」は怖かった……。そういえばピエール瀧は『凶悪』で連続殺人鬼も演じていましたね。

新一と後藤が溶鉱炉(ごみ焼却所)で最後の闘いをするのは、『ターミネーター2』っぽかったですね。
原作の通り、森の中で不法廃棄物を見つけて、そのおかげで後藤を倒すことができた(人間の身勝手な行動が後藤を滅ぼした)のほうがよかった気もしますが、画的なおもしろさ、ラストの盛り上がりのためには仕方がないのかも。


~改変で残念だったところ~

はっきり残念だなと、思ったことは以下のふたつでした。

(1)新一と里美が初体験をするのが、後藤に襲われた後、しかも放射能が漏れるゴミ処理施設の中だった。

よく里美はこんなところにひとりで来れたなとか、そんなきったないところでそんなことをすんなよ、というツッコミは些細なものです(それも問題だけど)。
原作では後藤が一時戦闘から離脱した後だったので、「生きようと思った」新一の行動が表れていたよかったのですが……映画では「まだ後藤に狙われているかもしれない」中で、セックスをするという選択がどうにも受け入れにくかったのです。

また、原作では、新一が右手にミギーの目玉を見て「お前まだそこにいたのか」と想って涙するのですが、映画の新一はここで「後藤(寄生生物どうしがその存在を感じ取れるから)に見つかってしまう!」と焦ります。
命を狙われているので当然の反応なのですが、やっぱり新一には「ミギーが生きているかもしれない」という事実を「うれしく」思ってほしかった……彼らの関係を知る自分としては、そう思うのです。

(2)最後の浦上(連続殺人鬼)の言葉に説得力がなくなっている。

原作では、屋上に里美を連れてきた浦上が「彼女だったら身体に寄生生物がもぐりこんだ跡とかあったのを見てんじゃねえのか?」と言っており、「新一は人間ではない」と「揺さぶり」をかけていました。
しかし、映画の里美はすでに(1)の改変のおかげでミギーの目玉を見ており、その存在を知っているんですよね。これではそんな「揺さぶり」なんかできません。

しかも、映画の浦上はマジックミラー越しに新一を見ていたので、新一は浦上のことを知りません。
そのため、唐突な浦上の行動を見て「なんでお前がいきなりそんなことをしているの?」と(新一の気持ちにシンクロして)思ってしまいます。
映画の浦上の行動や言葉が陳腐なものに思えたこと、新一の葛藤がなくなってしまったことはやはり残念でした。

上記の(1)と(2)に違和感を覚えた方は、ぜひ原作を読んでみることをおすすめします。

あとは、後藤が人間を殺戮するシーンがまるごとカット(全滅したという知らせが警察に入り、後藤が体調の首をゴロンと投げるだけ)だったのも賛否がありそうですね。
これはちゃんと描くとPG12指定じゃおさまらなくなってしまうでしょうし、かえって後藤のすさまじい強さを「想像させる」効果があったとも思えますけどね。


~改変でよかったところ~

まあ何よりも、新一と共同作業でみそ汁を作っているミギーに激萌えでした。
ミギーがまな板の上にある青ネギをみじん切りしているよ!
だし入りのミソのレトルトパックをチューっと押し出しているよ!
こんなにミギーが欲しいと思ったことはいままでなかったね(そうでなくてもミギーはかわいいけど)。

あと、ここで寄生生物を皆殺しにすると言った新一に対して、ミギーが「それは人間の言う冗談というやつだよな?」と返したシーンでは、ほんの少しだけミギーが「恐怖」を見せたようにも思えました。
こうした新一が「人間らしい感情を失っている(かも)」という描写は、田宮良子の前でやっと見せた「涙」で覆されることになります。


また、探偵の倉森は、すでに女房と死別しており、たったひとりの娘も寄生生物に殺されてしまう、というふうに設定を変更されていました(原作では女房と娘を同時に殺されている)。
これは新一の「たったひとりの肉親を失ってしまう」」気持ちにシンクロしていますし、倉森の狂気的な行動がより納得できるものになっています。


上手くできていたのは、田宮良子の最期と、市役所の殲滅作戦を同時並行で描いたことですね。
単に時間を詰めるだけでなく、「静」と「動」のふたつのシーンが対比になり作品に躍動感を生み出しています。
何より、田宮良子の言う「我々寄生生物は弱い生き物だ、だからあまりいじめるな」という主張に説得力を持たせています。その言葉通り、市役所では寄生生物が人間の銃器により、なすすべもなく蹂躙されていくのですから。

本来(原作漫画は)、田宮良子の言う「寄生生物は弱い生き物」とは、「寄生生物はその単体では生きられない」ということをほのめかすものでした(そのほかの解釈もありそうですが)。
一方、映画では「数や武装にによる殺戮では、寄生生物は人間に適わない」、というふうにストレートな解釈を示しているとも取れます。


そして……本当にあってよかったと思えたのが、エンディングの直前、新一と里美が養護施設(保育園?)に預けていた田宮良子の子どもに会いに来たシーンでした。

新一は田宮良子の最期を見て、自分の母親のことを思い出していました。
同時に、新一は「母親が自分の子どもを守ること」についても考えていたのでしょう。

最後に新一は、田宮良子の子どもに会いに来たことで、ちょっとだけ「母親(父親だけどね)」の視点に立ったとも言えます。
それはミギーの言うように、他人を思いやる素晴らしい人間の特徴なのでしょう。

おすすめ↓
キネマ・アイランド | 俺の右手はアイツと共に。『寄生獣 完結編』感想。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2015-05-08 : 映画感想 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
私の一言感想は「山崎!色気を出しおってからにッ!!」でした・・・。
いえ、前編公開の時点で後編も撮り終わっていたのでしょうけど。

>~改変で残念だったところ~
>(1)新一と里美が初体験をする
危険の中で種の保存本能が高まった・・・でしょうか。でも削るべきだったシーン第一位です。

>(2)最後の浦上(連続殺人鬼)の言葉に説得力がなくなっている。
キャラとしても「生体スキャナー」として唐突に登場ですし、原作未読の人には激しく「?」な存在だと思います。
せめて彼が何者なのかは省かないで欲しかったですね。

なにより・・・
>森の中で不法廃棄物を見つけて、そのおかげで後藤を倒すことができた
散々言われてるでしょうけど、最近の邦画は何かしら「反原発」を入れないといけないルールでもあるのかと・・・。
しかも返って放射能に誤解を招くような描写ですし。放射線は体内に入ってから症状の出る毒物じゃないんですけど!後藤があんなになる程の放射線を出す放射能がある所に居たら新一もミギーも同様の状態に陥りますし(※1)、なによりあのゴミ処理場の職員達(※2)にも症状が出て施設の運営もままならない状態のはずです。
※1:一応ラストにミギーが自分達も影響を受けていたと説明してましたけど。
※2:いつから受け入れているのかは解りませんが。

ここは原作どおりにダイオキシン等にして欲しかったです。放射能を過剰に恐れる人はヤクザが山の中に作っている違法産廃処理場も気にしてください。皆さんの飲む水の水源はあそこなんですよ・・・。
地下水脈に到達するまで200年もかかるので、直ぐに気にする問題ではないかもしれませんが、それは200年後には確実に取り返しのつかない状況が進行中という事です。
それに地下水でなく表流水を水源としている地域では違法参拝処理場から毒劇物が河川に流れ込めば、すぐに影響が出ます。

>~改変でよかったところ~
ミギーとの共同生活は微笑ましかったですね。そんなシーンで寄生生物であるミギーの前であんな無神経な事を言い出すハンターな新一にはゾクっとして良い演出でした。

>単に時間を詰めるだけでなく、「静」と「動」のふたつのシーンが対比になり作品に躍動感を生み出しています。
これを筆頭に演出は本当に良かったです!
2015-05-09 01:27 : 毒親育ち URL : 編集
ダイオキシンも現実的には間違いだったんじゃなかったでしたっけ? アニメも違ったみたいですし
何か危険ってこと伝わればいいんですしまぁ放射能でもいいんじゃないですかねぇ 他に駄目なとこありますしそこはどうでもいいかなぁと
2015-05-09 11:27 : 通りすがり URL : 編集
No title
通りすがりの方
申し訳ありません。少々説明をさせていただきたく。
アニメでは焼却した不法投棄ゴミの中にアクリルがあったために発生した「シアン化水素」で、よく暗殺物に出てくる「青酸カリ」の別名ですね。
個人的にはダイオキシン安全説については懐疑的です。以前勤めていたし尿処理場でも未だに規制対象でしたし、「ダイオキシン類対策特別措置法」も廃止(※1)されていません。この法律に基づき、近隣住民の方達と環境アセスメントを行い、高額な費用をかけて炉を改造し、燃焼温度を上げる為に以前の倍以上の重油を使用し続けています。他にも焼却灰の分析委託料等対策費用も高額になるので、安全説が出始めた時期に経費削減の為に厚生労働省に問い合わせた所「現状のまま規制」と言われました。
最近は類似物質で殆ど自然分解しないため、ある意味放射能よりも性質が悪いとされ処理の難しいポリ塩化ビフェニルも問題となっていますが(私も管理資格を取るよう指導されました)専門の処理施設が作られる程で、費用も高額で中小企業を圧迫しています(※2)これも実は・・・だったらと思うと憂鬱で、環境問題は短絡的なパニックに陥らず考えて欲しいですし、誤解を招かない表現を心がけて欲しいです。。

参考:ダイオキシンは猛毒なのか.htm
ttp://www.org-chem.org/yuuki/chemical/dioxin.html
原作にあったような急激な症状は起こさない事は確かなようです。
発ガン性については、既に発生しているガン細胞(※3)を増殖させる効果があるそうですが、影響実験は種によって大差有り研究が難しいようです。

>何か危険ってこと伝わればいいんですしまぁ放射能でもいいんじゃないですか
おそらく山崎監督も「今は放射能とか流行ってるし」程度だと思います。ですが、こんなイイカゲンな意識では困るのです。対策をしなければならない立場の人間としては・・・。
この点アニメはしっかりと考察してくれたと思います。(※4)

※1:現状よりも手前の面子が大事!な人達は、そんな簡単に「まちがいでした!」で法律改廃しないでしょうけど・・・。
※2:10kgで40万円程、大型機器は1000kgを超す物も有り、これを負担出来ない企業が違法処理業者に委託し山中や海中へ不法投棄が懸念されています。また、対策法では「そんな処理の仕方をしているとは知らなかった」は通じず、管理者も同罪になります。
※3:ガン細胞は健康な人でも毎日5000個程発生しているそうですが、すぐに消えてしまうので発病に至らないそうです。
寄生生物はダイオキシンの影響を他の生物と比較して過剰に受ける性質だったとかで良かったもかもしれませんね。
※4:粗大ゴミを野焼きした程度で後藤が瀕死になる程のシアン化合物が発生するだろうかという疑問もあるそうです。
2015-05-09 15:53 : 毒親育ち URL : 編集
No title
やはり全体に駆け足な印象でしたね……。
特に浦上の存在なんて、新一からすればほんとに「アンタ誰?」以外の何者でもないと思います。


そして、

>映画の新一はここで「後藤(寄生生物どうしがその存在を感じ取れるから)に見つかってしまう!」と焦ります。


これは本当に残念でした。
焦る前に一言でもミギーに対する労りの言葉があるか、
台詞は無くとも彼が無事だった事への安堵・喜びの表情や
動作を見せてほしかったですよね……
そういう『間』の演技も、染谷将太ならば出来たと思いますし。


また、映画のミギーは(原作もですが)人間同士の交尾に興味津々でした。
あのタイミングでよりによって目が出てくると、
「夢にまで見たヒトの生交尾に残った細胞必死にかき集めて出歯亀したのか!」と思ってしまい、僅かにあった筈の感動まで、なんか散っちゃいました(笑)。
2015-05-16 01:16 : URL : 編集
No title
> 「自分の想いをベラベラとしゃべる」割合

ある程度はやむを得ないとは思うのですが、いささか目立ち過ぎ。賛否はありそうですが、むしろバッサリ切って簡潔にしてしまっても良かったのでは。


> 作品の完成度としては前作のほうが高い

前作はバランスの良さを感じていました。
それに引き換え「完結編」はどうにもテンポの悪い印象が。


> 改変で残念だったところ

これ、ゲームなんかだと割とアリで、入れてしまう演出なんですよね。「放射性廃棄物」の看板を出しておいて伏線(ヒント)にするという手法。
ただ、ゲームならばアリでも、実際には唐突感が否めない。いや、処理施設があってもおかしくは無いのですが、これまでとは明らかに色合いの違うネタが出てきて、それがボスを倒す伏線になっているというのは映画としては、ぎこちない。

あと、この濡れ場、いるのかなぁ…。これまた唐突感が否めないんだよなぁ。


> 最後の浦上(連続殺人鬼)

それ以上に、新一に殴り落とされたのに、地上では何も起きていないという、つながりの悪さのほうが気になって…。


> PG12指定じゃおさまらなくなってしまう

まぁ、それは置いておくとして、ミギーの切断面が海綿状なのは解剖学的にどうなのだろう…。
(直前に『スポンジ・ボブ』を観たせいで、パトリック色のボブにしか見えなかったという)


> おさんどんミギーの味噌汁に萌え

同意です。(笑)

> 「それは人間の言う冗談というやつだよな?」

だいたいサダヲ氏は冗談だということを思うと、じつはちょっとしたメタジョーク…?

2015-05-18 16:54 : シオンソルト URL : 編集
No title
原作ファンからみれば
数々のミスマッチキャスティングで公開前から鬱の一因でしたが
余貴美子好きでもある自分wは前編では
そのミスマッチぶりについに鑑賞途中で挫折したのでほぼ未見でした。

でも完結編はわりと見れました。ただ原作ファンとしてイの一番に苦情をいいたいのは田宮良子のラストシーンで
真一を引き止めるため言葉通りに必死に考えた田宮が真一母の顔を模す演出がまるごとカットされたことです。
当時、読感でも演出法でも身震いするほど感銘を受けたものだけに…。

真一の心の穴が埋まるのにこれほど劇的で見事なのはないと臆面なく思います。
(物語作る人ってすごいあーと側面からも当時は感動しました。)
田宮良子もこの最後で今まで以上に、人間とは何かを真に思考し理解した代え難い貴重なものだったことが明示できた名シーンだと思うんですがねぇ…。

脱線しますが、新一と警官隊の立ち位置、(さかのぼって探偵倉森の位置とかも)
「一般人(新一)挟んで寄生生物に一斉発砲とかおかしいだろ」と行動とそれに必要な配置や動き、とか
里美のSEX後のあのトロけ顔「いや演出として今のシチュのSEXでそれにする?
(しかもそれに意味がないw里美は脳内ピンク故に盾死にするのかと邪推したけど)」とか
私もラストの浦上死体はry(通行人が普通に歩いてるとかw)
里美をつかみ損ねたときの新一の顔を背け方の不自然さとかとか
この監督やっぱ根本的にヘタクソですね。でなければ雑なんでしょうか。

後藤の毒に関しては放射能はナシですね。
今どきあんな即効性のある描写は「メジャーすぎる」放射性物質ネタという意味で無知でひどすぎです。
(「3.11以後で注目だかry」な脊髄反射で変更した浅慮と思ってます)
原作ダイオキシンネタは物語と合致してる点で優れていると思ってます、ダイオキシンにも即効性はありませんけど。
人間個人個人が無責任無関心だと安易に「直接」産出できる環境破壊物質というのがキモかと。
あの後藤すら簡単に殺せてしまう物質を個人が無責任だと簡単に身の回りに生み出せてしまう人間(個人)て……と当時は震撼させられ、
広川とか田宮の台詞を反芻させられたものです。

そこが放射性物質だと人間全体の責任はあれど個人の責任まで下るのは無理がありますよね、個人思考差が大きすぎる。

原作に準じるなら広川市長が広げた人類論があのタイミングでは新一視点になってることで人間個人とはまで縮小してるので、
放射性物質ではなくダイオキシンであるほうがずっとず〜〜っとベターと思うんですよねぇ…。

原作を超えることは叶わなかったですね。
そもそも作風からしてブロックバスターみたいな大作向きじゃないって
分かりきってたことですけどw
ひナントカって人じゃなかっただけマシと思ってます。
こっちの人は昔から原作レイプ気質だけは0の人だし!
映画から原作に入る人が一人でも増たと思いたいですね。<映画のメリット
2015-12-30 05:56 : TG URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。