ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

『ファンタスティック・フォー』4DXは「それぞれの能力の違い」「『スターゲイト』のようなワープ」「ホラー」を体感できたという話

『ファンタスティック・フォー』を4DX上映で観てきました。

ファンタスティック1

※【前回】4DXで観た映画の感想↓
映画『進撃の巨人 後編 エンド オブ ザ ワールド』の4DX上映の演出が完璧だった件

まあこの『ファンタスティック・フォー』、4DXで観てこその映画というか、4DXのために作られたんじゃないだろうかと思うくらいに、演出が素晴らしいものだったのです。

まず何がいいって、4人の超能力者それぞれの攻撃の演出が異なること、ひいては超能力そのものを体感できるのですから。

↓以下に4人の能力者たちで、どういう4DXの演出があるか、そして+αの魅力を書いてみます。



(1)ミスター・ファンタスティック
能力:ゴム人間
演出:座席の両脇からパンチの代わりにエアーがプシュッ


ファンタスティック5

リーダーであるミスター・ファンタスティックは腕と足を自由自在に変形させて攻撃する「ゴム人間」。いわばリアルな『ワンピース』のルフィです。
で、そのビヨーンビーヨンと伸びまくるパンチのシーンでは、座席からの両脇からプシュプシュとエアーが打ち込まれるため、まるでゴム人間のパンチを紙一重で回避しているかのような臨場感が味わえるのです。


(2)インヴィジブル・ウーマン
能力:透明能力とバリアー
演出:バリアーを再現する細い振動


ファンタスティック3

彼女は作中で仲間を守るときにバリアーを張ります。そのとき、座席は超・細かく振動してバリアーがそこにあるかのように再現。つまりは、まるでバリアーの中にいるような感覚になるのです。


(3)ヒューマン・トーチ
能力:炎と飛行能力
演出:飛行の快感を風で再現。


ファンタスティック2

ヒューマン・トーチは体に炎をまとい、空を飛ぶ能力者。そのスピードを演出するため、風の効果が仕掛けられています。
秀逸なのは、ふつうに空を飛ぶシーンと、飛びながら相手を素早く攻撃するときで、風の演出が異なっていること。
その繊細な「演出の強弱のつけ方」にも注目してほしいです。


(4)ザ・シング
能力:岩人間+怪力
演出:座席のモーション、そして・・・


ファンタスティック4

ザ・シングはそのゴツゴツした見た目通り、一度足を運ぶだけで周囲が破壊されるほどの力を持っています。
興奮した彼が叫びながら地面を打ち下ろすシーンでは、下に「ドン!」と座席が落ちる。ザ・シングの重さと、そのパワフルな力を実感することが出来るというわけ。
もうひとつ、ザ・シングの終盤のアクションで感動したことがあるのだけど・・・それは若干ネタバレになるので内緒にしておきます。



そんなわけで、「それぞれの能力の違い」を体感できたことも楽しかったのですが・・・さらに映画『スターゲイト』にあるようなワープの瞬間を体感できたこともまた最高でした。

カート・ラッセル
3218円
powered by yasuikamo

(5)ワープを体感!
演出:4DXの効果が満漢全席

ファンタスティック7

本作ではワープのために巨大な装置が振動し、そして周りを破壊するほどの「衝撃」があります。
そのとき、「振動」という軽い演出のジャブから始まり、それはいつしか「大きな座席の動き」から「強い風」「スモーク」へと演出が強くなり、「ワープしたこと」を体感させてくれるのです。

ちなみに、本作『ファンタスティック・フォー』は監督がデヴィッド・クローネンバーグの影響を受けたこともあり、序盤のワープシーンは若干ホラーチックなものになっています。
これと4DXの演出が合わさるので、お化け屋敷的なよい意味での「怖さ」もあるのです。

また、ワープのシーンは中盤まで「ワームホールを通るシーン」はカットされます(いつの間にか目的地に着いているという状態)。
「おーいなんだよー。ぜんぜん『スターゲイト』にならないじゃんかよ」と思っていると、終盤でワームホールを大移動するシーンでは振動や風の何から何まで4DXの演出が大盤振る舞いになるのです。
うおおお!俺いまワープしているすげええ!な状態になるというわけ。ある意味で宇宙遊泳みたいなものです。


(6)そのほかの演出も

細いところで言うと、「実験装置」の演出もよかったです。
本作には科学的な実験装置も多数出てくるのですが、その作動シーンにも「振動」が演出されています(後のワープシーンに向けての伏線とも言えそう)
「振動」は、「発明」のワクワク感を想起させてくれるものと言えそうですね。

さらに、本作ではカーチェイスシーンもあったりします。
感動したのは、車がスピンするときに、座席もぐるりと円を描くような動きがされていたこと。
これの調整と、タイミング合わせは大変だったろうな・・・。


(7)ホラー演出も楽しめる

先ほどのワープのところでも書いたように、本作にはおよそヒーローものらしからぬホラー的なシーンがあり、作品の雰囲気もダークなものになっています。

自分はこのことにおいても、4DXで本作を観てよかったと強く思いました。
なぜなら、世にある4DX上映がされている作品のほとんどが荒唐無稽なアクション映画であり、「怖さ」を想起させるものが少ないと感じたから。

本作『ファンタスティック・フォー』において、ワープ先の惑星で起こる「ある事件」ははっきり言ってめちゃくちゃ怖いです(小さい子なら泣くレベル)。
その怖いシーンにも4DXは容赦無く襲いかかってくる・・・。おかげで大人も泣きそうになるくらいの怖さなのです。あれ、ヒーロー映画を観にきたはずなのにおかしいなあ。

そんなわけで、『ファンタスティック・フォー』の4DXは、異なる超能力を全身で体感したい人、ワープを体感したい人、ホラー映画を身体の隅々まで体感したい人にもオススメなのです。子どもにはちょっと怖すぎると思うけどね。

<映画『ファンタスティック・フォー』公式サイト>
(C) 2015 MARVEL & Subs. (C) 2015 Twentieth Century Fox

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

2015-10-11 : いろいろコラム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。