ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

映画『ゾンビ・ガール』元カノ埋めろ!(ネタバレなし感想)

「シッチェス映画祭」ファンタスティック・セレクション2015のひとつゾンビ・ガール(原題:Burying the Ex)を観てきました。

Burying_the_Ex.jpeg

個人的お気に入り度:8/10

一言感想:やっぱり生きてる女性がいいよね!

あらすじ


ホラーショップの店員・マックス(アントン・イェルチン)は、彼女のエブリン(アシュリー・グリーン)のあまりのもエコ主義と、キレると手がつけなれなくなる性格に耐えきれなくなり、別れを決意する。
そんな矢先、エブリンは事故で死んでしまう。突然の死に傷心となったマックスだったが、アイスクリーム屋の店員・オリヴィア(アレクサンドラ・ダダリオ)と意気投合し、前向きになろうとしていた。
ところが、死んだはずのエブリンはゾンビとなって墓の中からよみがえってきて・・・




世の中にはゾンビ萌えという危篤奇特なジャンルがあるそうです。
日本はその先駆者で、『さんかれあ』『りびんぐでっど!』という女の子を萌え萌えに描くマンガも存在していました。
(ゾンビではないけど)ゲーム『ヴァンパイア』シリーズのキョンシー・レイレイにも、人は長年癒されてきました。

<死んでいてもかわいいよね!

で、本作は『ゾンビ・ガール』という超・ド直球の邦題が付けられているわけですよ。
これはきっと3次元にゾンビ萌えの文化を持ってきたにちがいない!とはぁはぁしていたけどぜんぜん違うからな!


本作の原題は「Burying the Ex(元カノ埋めろ)」。本作に出てくるゾンビの女の子は、マジで埋めたくなるほどにはた迷惑なのです。

大変ステキなのは、主人公がホラーショップの店員(ホラー映画大好き!)で、そのゾンビになる女の子がエコ大好きな現実主義者ということ。
彼女は絵空事の映画に興味はなく、菜食主義者で、ホラー好きが唸るマニアックな商品を置くアイスクリーム屋にまったく理解を示そうとはしません。
それどころか、「アホな映画ばっかり見ていないで、現実を見なさいよ」とかほざきます。
つまりは、彼女は(性格的に)グロくてチープで一部のターゲットを狙い撃ちにするゾンビ映画からはほど遠いところにいる存在なんです。

自分はアホらしいB級映画が大・大・大好きなので、もう主人公に感情移入必死。もうそんな女別れちまえ!と思わざるを得ないわけですよ(だよね?)

で、そんな彼女がゾンビになったら?
この状況を嘆く?それともその辺の人間を食おうとする?
いいえ、たとえ死んでいようが彼氏とヨリを戻そうとします(そもそもフラれていることに気づいていない)。

ゾンビ・ガール22<絵に描いたようなヤンデレ化

大好きなゾンビ(の女の子)に言い寄られるけど、ぜんぜんうれしくない!
ていうか君が死んでから、ステキな女の子に出会えたんだから、お前もうどっかいけよ!
そんな主人公の悲哀とコメディがたっぷり描かれているわけです。素晴らしいですね(笑顔)。
こう考えると主人公がクズやろうに思えるところですが、そうならないようにキチンと脚本が工夫されている(主人公がイイヤツだという描写がたっぷりある)のも好きでした。

そして、作中にはゾンビ映画愛が存分に感じられるのもいいです。
ベラ・ルゴシ主演の映画はそこかしらに画面に映るし、(腹違いの)弟が大好きな映画は『ゴア・ゴア・ガールズ(←ジャケットがすでにグロ注意)』だったし、クライマックスでは『(いちおうネタバレなのでクリック注意)』が登場するのですよ。たまんねえな。

主人公と弟が、ゾンビの知識を持って問題を解決しようとするのも大好きです。
いまでこそオタクの知識が役に立つぞ!という、『ピクセル』のような内容でもありますね。


なお、本作はひっきりなしにアクションをしたり、ゾンビがわんさかと登場するような映画ではありません。
あくまで物語の焦点となっているのは、ゾンビになった女の子ただひとりです。

これがそのまんま、(ゾンビでなくとも)はた迷惑な女の子とどうやって別れたらいいのか?を模索するストーリーになっているというのがまた素晴らしいですね。
アホ映画に思えて、意外と教訓をあたえてくれる映画なのかも。


ちなみに、本作の監督は『グレムリン』のジョー・ダンテです。68歳にもなって何を撮ってんだ。

ザック・ギャリガン
2587円
powered by yasuikamo

また、B級映画に思えてキャストがじつは豪華だったりします。
主役は『スター・トレック』『ターミネーター4』のアントン・イェルチン、ゾンビ・ガール役は『トワイライト』シリーズのアシュリー・グリーン、まともな今カノ役は『パーシー・ジャクソン』シリーズのアレクサンドラ・ダダリオです。なんでこんな映画にでているんだお前ら。
ダダちゃんがかわいい、本当にかわいい(大事なことなので2回言いました)ので、きっと生きている女性がいまよりも大好きになれるでしょう(そうか?)

ゾンビガール2※彼女は生きているよ

いちおう下ネタが満載で、グロも少なからずやあるR15+指定の映画なのでそこだけはご注意を。
10月31日のハロウィーンでは、ヒューマントラストシネマ渋谷で19時から観られますよ!オススメです。

オススメレビュー(ほんの少しだけネタバレ注意)↓
<Tinker,Tailor,Soldier,Zombie : Burying The Ex(2014)>

(C)2014 BTX Nevada, LLC All Rights Reserved.

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2015-10-30 : 旧作映画紹介 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。