ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』ダメ人間応援映画だった(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

今日の映画感想はI LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIEです。


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:『ピーナッツ』が好きでよかった!

あらすじ


チャーリー・ブラウンは、いつも周囲にからかわれ、飼い犬で親友のスヌーピーにもあきれらているダメダメな男の子だった。
そんなチャーリーは、転校してきた赤毛の女の子に一目ぼれするけど、声をかけることすらできないでいた。
一方、スヌーピーは空想の中でパイロットに成り切って、かわいいパリジェンヌとの大空でのデートを楽しむのだった。




本作については、まずは原作の『ピーナッツ』を紹介せねばなりますまい。

スヌーピーの50年  世界中が愛したコミック『ピーナッツ』 (朝日文庫)
チャールズ・M・シュルツ 三川 基好
朝日新聞社
売り上げランキング: 6,614

A peanuts book featuring Snoopy (1)
チャールズ M.シュルツ 谷川 俊太郎 Charles M. Schulz
角川書店
売り上げランキング: 1,919

原作は1950年から連載開始と歴史は古く、世界75カ国の読者を持ち、発行部数は4億部とも言われる、世界中で愛されているコミックです。
日本ではスヌーピーというタイトルでメインに紹介されている傾向がありますが、もともとの漫画のタイトルは『Peanuts』であり、スヌーピーはそのキャラクターひとりなのです。

何よりの特徴は、哲学的な考察や、人生を語るシーンが満載なこと
登場人物のすべてが子どもなのですが、その内容はもはや大人向けのよう。その至言の数々は以下のまとめを読めばわかりやすいでしょう。
<とても深いスヌーピー名言集。辛い時に読んで元気をもらおう!-カウモ>
<スヌーピーの名言がすごく深かった | Ciatr[シアター]>

小学生がこんなこと言うかよ!と思うところもありますが、それも含めて『ピーナッツ』の魅力です。

「ライナス」というキャラクターが毛布を持っていることは、ライナスの毛布という名で精神分析に用いられていますし、いまでも創作物に影響を与え続けています。


そして本作『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』の何が魅力的って、原作の再現率の高さにほかなりません
3Dになっても、キャラクターのイメージはまったく損なわれていません。
にわかファン(自分含む)でも、「あ、あのシーンだ!」とわかる要素が満載です。

具体的な原作再現シーンはネタバレ↓に挙げますが・・・ひとつあげるとしたら、チャーリー・ブラウンのセリフである「Good Grief(やれやれ)」ですね。

good-grief.jpg※出典はこちら

そのほかにも、映画には原作でのおなじみのシーンがたっぷり、ギッキリと詰め込まれています。
『ピーナッツ』ファンには感涙ものであることでしょう。

しかも、原作にないプラスαの要素もあります。
たとえば、原作ではシルエットだけの登場であった「赤毛の女の子」は、本作では重要な役割を与えられています。
アニメ版からビジュアルも新しくなり、チャーリーが惚れるのがめっちゃ理解できるかわいらしさになっています。

赤毛の女の子<アニメ版の赤毛の女の子。出典はこちら

本作が優れているのはそこだけじゃありません。
原作のエピソードを入れつつも、ダメ人間を応援する物語としてもほぼ完璧な仕上がりです。

チャーリーは何をやってもダメダメな男の子で失敗ばかり。
だけど彼にもとりえがある・・・そのとりえってなんだろう?と、「大切なこと」を探す物語にもなっています。
ぜひダメ人間を自覚する人こそ(自分を含む)に観てほしいですね。


この際、魅力的なキャラクターたちも予習しちゃいましょう。

PEANUTS ビーンズコレクション チャーリー・ブラウン ぬいぐるみ 座高 約14cm<チャーリー・ブラウン
真面目で不器用だけど、諦めない心を持ってがんばる男の子。

Schleich シュライヒ スヌーピー(歩) 22001<スヌーピー
チャーリーをたまに冷たくあしらう、こわいもの知らずのビーグル犬。

SNOOPY ウッドストック ギガジャンボふわふわぬいぐるみ<ウッドストック
タイプも打てる渡り鳥。考えかたはふらふらしていていいかげん。

【スヌーピー】 ビーンズコレクション/サリー<サリー
チャーリー・ブラウンの妹。手軽な解決方法を選びがちな女の子。

PEANUTS ビーンズコレクション ルーシー ぬいぐるみ 座高 約14cm<ルーシー
いたずらっ子で小言屋。自分のやり方がいちばん正しいと思っている女の子。

UDF(ウルトラディテールフィギュア) PEANUTS シリーズ4 LINUS ノンスケール PVC製塗装済み完成品<ライナス
ルーシーの弟で、ピーナッツタウンきっての知性派。サリーに一方的に好かれている。

enesco PEANUTS DESIGNS BY JIM SHORE フィギュア ペパーミント パティ -Fun Friend- #4044682<ペパーミント パティ
チャーリーのことを「チャック」と呼ぶ、おてんばな女の子。授業中は居眠りばかり。

Enesco(エネスコ) Peanuts by Jim Shore Marcie Personality Pose 4049407 [並行輸入品]<マーシー
面倒見のいい女の子。なぜかペパーミント パティのことを「先輩(sir=男性に対する敬称)」と呼ぶ。

Department 56 Peanuts Village Schroeder/Snoopy's Christmas Decorative Accessory, 1.97-Inch [並行輸入品]<シュローダー
グランドピアノで大好きなベートーベンを弾いてばかりの男の子。ルーシーに一方的に好かれている。

The Dirt on Pigpen<ピッグペン
いつもほこりだらけの男の子。汚れていると幸せ。

個人的にペパーミント パティのキャラが大好きでしょうがなかったなあ・・・アニメではちょっと真面目なところを見せていたのですが、原作では男勝りで破天荒な女の子なのです。


本作『I LOVE スヌーピー』で多くの方が首をかしげるであろうことは、チャーリーの成長物語と、スヌーピーが空想の中で大冒険をするという物語が交互に展開することでしょう。
ぶっちゃけ、スヌーピーの空想パートがなくても物語は成立しちゃっています(この内容で「I LOVE スヌーピー」って言っていいのかよ!)

これはじつはファンサービス。原作のスヌーピーは自分を犬だとは思っておらず、宇宙飛行士や弁護士にだって、何にでもなれてしまうというキャラクターなんです。(ただし思い込みだけ)
スヌーピーが飛行士のフライング・エースとなり空を飛ぶシーン(だけど空想)は、原作では超おなじみです。

39ピース クリスタルパズル スヌーピー フライングエース<よく出てきます。 UDF PEANUTS シリーズ3 JOE COOL(ノンスケール PVC製塗装済み完成品)<変装「ジョー・クール」

A Peanuts Book Special featuring SNOOPY―スヌーピーの133面相<本にまとめられるほどスヌーピーはよく変装します。

フライング・エースのシーンは、ただファンサービスというだけでなく、3Dで見栄えのあるアクションシーンを作るということにも一役買っています。
でも、スヌーピーの冒険はチャーリー・ブラウンの成長物語には直接関与しないんですよね。この点で「スヌーピーの話はなんだったんだ?」と思う人は少なくないはずです。

ただし、この直接的にスヌーピーの空想が物語に関与していなくても、影響は与えているのではないか?と思うシーンもあります。
それを示しているのは、スヌーピーの空想が出るタイミングと、エンドロール後の1シーンでしょう。
最後までじっくりと観ることをおすすめします。

また、上映時間が90分未満で、映画としてのボリュームが少ないことも欠点かも。
よくも悪くもこじんまりとした話なので、大感動の物語なんかを期待すると、ちょっと肩透かしに感じてしまうのかもしれません。
小さい子には、これくらいがちょうどよいとも思えるのですけどね。


さて、本作『ピーナッツ』に触れている人にとってはもう感涙ものの内容なのですが・・・
反面、原作を知らない、だけどスヌーピーやチャーリー・ブラウンというキャラクターは見たことがある、という人も多いことでしょう。

そんな人にも、本作をぜひ観て欲しいですね。
これは「一見さんお断り」なんてことはまったくなく、『ピーナッツ』に初めて触れる人にでもその魅力を存分に伝えられている内容なのですから

原作の持つ皮肉や辛辣さは多少マイルドにしつつも、人生に必要なことばや出来事にあふれている・・・
そんな原作のリスペクトと、長編映画のおもしろさを両立させていることに感動しました。

ちなみに、本作は海外でも日本でも、正真正銘の「G(全年齢)指定」です。
アメリカのPG指定(子どもの鑑賞には、保護者の指導を推奨)は『Mr.インクレディブル』や『インサイド・ヘッド』にも付くほどに厳しいものですが、本作では暴力シーンもキスも何もないために、マジの全年齢指定なのです。
ちょっと登場人物がイジワルなことをするシーンもありますが、親御さんは安心してお子さんを連れて行けるでしょう。


さてさて、本作でSTAND BY ME ドラえもん』を連想する人はきっと多いと思います。
世界中で愛されている漫画が原作だったり、3D映画だったり、主人公がダメ人間だったりと、共通点がものごっそい多いですから。

【早期購入特典あり】STAND BY ME ドラえもん(ブルーレイ通常版)(映画ドラえもん35周年記念・ドラえもん35体イラスト入り特製クリアファイル付き) [Blu-ray]<賛否両論ありすぎた作品

『STAND BY ME ドラえもん』は「ドラ泣き」というイラっとするキャッチコピー、ドラえもんを強制的に子育てさせるオリジナル要素「成し遂げプログム」、エピソードの構成上のび太がわりとクズにしか見えないという、原作ファンや映画ファンから大いに嫌われた要素が満載でした。
さらにエピソードも「名作」「泣ける」ものに固まっており、まるで短編の連続のようで、「長編映画としてそれはどうなの?」と感じるところもありました。

しかし、この『THE PEANUTS MOVIE』はまったく違います。
「チャーリー・ブラウンのお人よしで頑張り屋」なエピソードを中心に、「ダメ人間の努力と成長」がわかるようにエピソードが積み重なり、それぞれがラストへの伏線になっています。

このあたりは民朗さんのラジオ批評でより説得力を持って理解できるようになっているので、ぜひ聴いてみてください。
<第78回映画批評 『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』 原作への❝愛❞と❝理解❞は似ている様で違うんだ!: ホラーショー!民朗の観たまま映画批評>(ネタバレあり注意)


個人的には、字幕版もぜひおすすめしたいところ。
日本で出版されている原作コミックは「英語+日本語訳」という形態ががおもなので、字幕版だとより原作らしさを感じられますし、英語がものすごく聞き取りやすいので勉強にも役立ちそうです。
まあ、以下の6劇場でしかやっていないのですが・・・。どっちにしろミスマッチな日本語版主題歌が流れちゃうし・・・。
【東京】TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、新宿バルト9、立川シネマシティ
【兵庫】OSシネマズミント神戸
【千葉】シネマイクスピアリ
【沖縄】シネマライカム

2Dで観たのですが、ちゃんと3Dを意識した画がある反面、そのシーンはそれほど多くありません。
今回は2Dで十分満足できるかもしれませんね。

そんなわけで、本作は『ピーナッツ』およびスヌーピーのファン、心がほっこりするアニメを家族で観たい方、カップルにも文句なくおすすめできます。
重ねて言いますが、エンドロール後までしっかり観ましょう!

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓











〜野暮な不満点〜

本作のチャーリー・ブラウンはダメダメな男の子・・・のはずが、彼は読書感想文のために、レフ・トルストイの超大作『戦争と平和』を読破します。そんなのぜんぶ読めたらダメ人間じゃないよ!

戦争と平和(全6巻) (岩波文庫)
トルストイ
岩波書店
売り上げランキング: 109,943
※著者自身が「全部通して読まなくてもいいよ」と言った作品。

『戦争と平和』って、著名人や一般市民が60時間かけてリレー形式で読み上げていくマラソン朗読会が行われているんですね・・・自分は余裕で挫折する自信がある。

どうでもいいですが、チャーリーが『戦争と平和』の1ページ目で爆睡するのは、のび太の「本を手に取っただけで頭がズキンとして、本を開くと熱が出て目が回って吐き気がして、2・3ページで意識不明になる」ことをほうふつとさせますね。

あと、チャーリーは読書感想文をけっきょく提出できたのかな?
模型飛行機に用紙がバラバラにされてしまったし、パートナーの赤毛の女の子がキャンプに行ってしまって、うやむやになっているような。ちょっともやっとします。

あ、あとライナスが毛布を持って指をチュッパチュッパさせているおなじみのシーンがなくて残念。そこに萌えたかったのになあ。まあライナスはアニメではけっこう頼りになるキャラだったしね。


〜いちばんのサプライズ&音楽〜

まあ何がうれしかったって、いちばんはじめに、シュローダーが20世紀フォックスのファンファーレを演奏してくれたことですよ!


※これにピアノの伴奏がつきます。

後でシュローダーは劇中でベートーベンの「運命」のほか、エルガーの威風堂々を奏でていましたね。

ほかの音楽もいいですよねえ。
アニメからおなじみの「Linus and Lucy」など、ヴィンス・ガラルディへのリスペクトにも溢れています。



「Bamboleo」に合わせてダンスをビシッと決めるスヌーピーも素敵ですね。



I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE オリジナル・サウンドトラック
ヴァリアス
SMJ (2015-11-25)
売り上げランキング: 1,500



〜代表的な原作再現シーン〜

・チャーリー・ブラウンの凧揚げ→失敗
「charlie brown kite」で検索すると、凧でこんだけよく失敗できんなと思うすさまじい絵がたっぷりと出てきます。
CharlieKite.jpg※出典元
原作ではチャーリーのダメダメさを体現するシーンですが、この映画でも同様でした。

・ルーシーの人生相談所
これも原作では超おなじみ。
lucys.png※出典元
今回のルーシーは「かわいい赤毛の女の子には何も言えなのに、どうして私には話せるのよ!私もかわいいでしょ!」とチャーリーにキレたり、ステータスとして有価証券を持っているのかと聞いたりしていました。小学生が持っているわけねーだろ。

・空飛ぶスヌーピー(空想)
スヌーピーはフライング・エースとなり、愛しのパリジェンヌを救うため、レッド・バロンとの死闘をくり広げるのでした。
スヌーピーレッドバロン出典はこちら
じつは映画では、スヌーピーが飛行機に乗って空を飛んでいるとき、横から見た画で犬小屋から下は見えないようになっています。これも原作再現ネタなんですよね。

・スヌーピーがナチュラルに授業に参加して、「犬はお断り!」とつまみ出される。
これはアニメでよく見た気がするなあ(うろ覚えでごめんなさい)。

・先生の声が機械音
これは原作ではなくアニメ版からおなじみ。
『ピーナッツ』の世界では大人が微塵も姿を見せません。
かろうじて存在しているのが、「ワゥワゥワゥ」な感じな大人の声(機械音)だけなんですよね。
しかも今回の先生の音を当てたのは、世界的に有名なトランぺッター&トロンボニストのトロンボーン・ショーティでした。
Backatown For True
正直、ファンでも気づかないと思うよ!

・エンドロール後
原作コミックで度々見ることができるのは、チャリーがボールを蹴ろうとする→直前にそれを拾われてチャーリーがこけるというシーンです。
The Peanuts - Football Miss※出典はこちら
これがないなーっと思っていたら、最後にやってくれるとは!


〜スヌーピーの冒険〜

↑にはチャーリー・ブラウンの成長とスヌーピーの空想物語は関係ないじゃん!とは書きましたが・・・じつはスヌーピーは、空想をすることでチャーリーを応援しようとしていたのではないかとも考えられます。

現実世界ではレッド・バロンっぽい模型飛行機が教室の中で動き出してしまい、それがチャーリーの読書感想文をバラバラにしてしまうという展開がありました。
この後にスヌーピーは、「くたばれ、レッド・バロン」「あきらめるな(Never Give Up)!」という章の空想にて、レッド・バロンを倒して想い女を手に入れることができました。

スヌーピーは空想の世界を信じている犬です。
だから、チャーリーのために空想をして、恋路の邪魔をするレッド・バロン(の模型飛行機)を倒してあげようとしたんじゃないかな、と。

また、チャーリーは赤毛の女の子に声も掛けられないほどに奥手なのですが、スヌーピーは空想の中で積極的に女の子にアピール、イケイケなんですよね。
スヌーピーは女の子の口説きかたをチャーリーに示そうとしていたのかも。
(第1章のタイトルが「最高のラブストーリー」なあたり、ただのナルシストな気もするけど)

また、エンドロールの最後には、模型飛行機がポチャンと水に落ちるという1シーンがありました。
スヌーピーの空想は確かに現実には影響を与えていないのかもしれません。
だけど、現実でもレッド・バロンが沈んだことで、「空想が現実になった」というふうにも取らえることができます。


〜人生に大切なこと〜

ダメダメなチャーリー・ブラウンでしたが、じつはとってもやさしく、周りの人のために何かをしてあげられる男の子でした。

学芸会でスベッちゃった妹のサリーのために、自分の見せ場の時間を使ってまで劇を盛り上げる。
ペパーミント パティの依頼にしっかり応えてカップケーキを作る(スヌーピーに全部食われちゃうけど。「Oh Good Grief」)。
天才とチヤホヤされることにはうれしいとは思わず、答案の名前記入のミスをしっかりとみんなに告白する。
(自分はいつも失敗しているのに)凧揚げをしようとしている男の子に、「先輩」としてちゃんとレクチャーしてあげる・・・。

大好きだったのが、チャーリーが答案のミスを告白した後も、みんなが「チャーリー、遊ぼうよ!」と、態度がほとんど変わっていなかったことですね
ライナスも「君の態度、立派だったよ」と褒めてくれましたし、むしろこの出来事でチャーリーがもっと好きになった子も多いんじゃないかな?
まあ、兄のグッズ販売で小金をせしめようとしていたサリーは、「学校になんて行きたくないわー」とほざいていましたが(笑)。

そして赤毛の女の子も、そんなチャーリーの人の良さ、がんばりを見てくれてていました。
チャーリーと女の子が相思相愛になるわけでもない、まだまだ「これから」の関係なのだけど・・・チャーリーの笑顔を見てうれしくないはずがありません。
運がないと思っていたチャーリーに突風が吹いて、凧が女の子のところに連れて行ってくれることも大好きでした。

あれだけチャーリーの天才の評価をいぶかしく思っていたルーシーが、最終的にチャーリーの良さを認めるところもいいですね。
チャーリーが分厚い本をうまくソリに積んだのを見て、思わず「あたまがいいのね」と言ってしまい、自分の口をふさぐルーシーがかわいくってしかたがありません。

でもそんなルーシーは、エンドロールの途中でチャーリーの蹴ろうとするボールをヒョイっと拾い上げ、「お人よしすぎると騙されちゃうわよ」と告げる(笑)。
そうですよね。チャーリーのようないい人は素敵だけど、度がすぎると確かに損しちゃうかも。
原作からあるちょっぴりの皮肉を忘れない、本作のことが大好きです。

I LOVE スヌーピー 角川アニメ絵本 THE PEANUTS MOVIE

KADOKAWA/角川書店 (2015-12-17)
売り上げランキング: 71,636

おすすめ↓
せわしない12月に 究極の癒し作品登場! - ユーザーレビュー - 作品 - Yahoo!映画

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2015-12-11 : 映画感想 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
どういうわけか原作について疎い状態で観てしまいそれが未だに悔やまれるところですがそれでも「観てよかった!」と思いましたし登場人物のキャラクタも大方把握できたぐらいなのでこれは一見さん相手でも進められるなあ、と思いました。
>哲学的な考察や、人生を語るシーンが満載なこと。
まとめのほうに目を通してみましたがいろいろ気づかされるなあ、とつくづく思います。
>本作『I LOVE スヌーピー』で多くの方が首をかしげるであろうことは、チャーリーの成長物語と、スヌーピーが空想の中で大冒険をするという物語が交互に展開することでしょう。
自分はスヌーピーの大冒険もチャーリーの恋物語もどちらも楽しんでましたが確かに傾げる人がいてもおかしくないかもと思います。
>字幕版もぜひおすすめしたいところ。
観ようと思ったら自分の場合OSシネマズミント神戸ということになりますが、行こうと思えば行けるものの若干きついですねえ…。
それに関しては個人的な問題ですし、吹替え版も割とあってたと思うのですが6館しかないのは痛いのでもっと観る側の選択肢を充実させた方が良いのではと感じるところです。
>超大作『戦争と平和』を読破します。そんなのぜんぶ読めたらダメ人間じゃないよ!
2日半かかるうえに著者が「通して読まなくていいから」といってるって恐るべし…。そしてそれを読破して凝縮できたチャーリーはもっと恐るべしです。
それだけにレッドバロンに粉々にされたのは勿体ない&御愁傷様です。
>いちばんはじめに、シュローダーが20世紀フォックスのファンファーレを演奏してくれたことですよ!
一瞬「!?」ってなりましたがあれはよかったです。
>ステータスとして有価証券を持っているのかと聞いたりしていました。小学生が持っているわけねーだろ。
持ってたらいったい何者なのか疑うレベルですよw
>『ピーナッツ』の世界では大人が微塵も姿を見せません。
かろうじて存在しているのが、「ワゥワゥワゥ」な感じな大人の声(機械音)だけなんですよね。
「大人出てこなくて声が楽器っぽくなってるけど多分そういうことなんだろうな」と納得して観てましたがやはりそういうことなんですね。
>じつはスヌーピーは、空想をすることでチャーリーを応援しようとしていたのではないかと考えられます。
自分も応援とまではいかないものの「もしかしたらスヌーピーはチャーリーを自分自身と、フィフィを赤毛の女の子に重ね合わせてたんだろうな」と思ったとともに、下手な勘繰りかもしれませんがダンスの練習に付き合ってくれたのと合わせてこれもある意味での絆なのかも、と感じました。
>ダメダメなチャーリー・ブラウンでしたが、じつはとってもやさしく、周りの人のために何かをしてあげられる男の子でした。
そこのところが駄目さを自覚してる自分にとって「どんな奴でも取柄はあるさ」といってもらえてるようで作中で好きなところです。
あと凧揚げの後輩のくだりでは「向いてないことに対して潔く諦めるのも手だけど諦めずやり続けているのもチャーリーの良い意味での才能なんだろうな」と感じました。自分だったら無理かもしれません。

そして友達がチャーリーのことをちゃんと見つめてくれてるのはいいなと思います。
2015-12-12 15:00 : いいこま URL : 編集
No title
私の一言感想:多くの親御さん達にお子さんと一緒に観て欲しい。

>さてさて、本作で『STAND BY ME ドラえもん』を連想する人はきっと多いと思います。
やはり比較対象にしてしまいますよね。「ドラえもん(『STAND BY ME』でなく)」は。
本作がダメ人間応援歌なら、「ドラえもん」はダメ人間教訓話ですね。不遇は全て他者や世の中の所為なダメてかクズ少年が、努力の前に他力に頼み、苦労無く手に入れた力を調子に乗って使い、ギャフン!となるのが毎度のオチですから。

><サリー
>チャーリー・ブラウンの妹。手軽な解決方法を選びがちな女の子。
あ・・・誰かに似てる。でも「彼」よりも抜け目無くちゃっかりしているのは、さすが女の子ということか。

>個人的には、字幕版もぜひおすすめしたいところ。
日本の子ども達の吹替えも大変かわいらしく良かったですが。こちらも耳に入れてみたいです!

>~野暮な不満点~
これを原稿用紙三枚ほどに!マジすげえ!表彰モンってか今過ぐ敏腕編集者になれるよチャーリー!!

>ルーシーは「かわいい赤毛の女の子には何も言えなのに、どうして私には話せるのよ!私もかわいいでしょ!」
一緒に観に行った友人が「ハーレムアニメのモブヒロインみたいな子だな。好きだ・・・」と褒めて(?)ました。

>レッド・バロン
火星開拓者→格闘家に転職したロボット・・・じゃない、実在の人物じゃねーか!しかもシャア少佐のモデル!
タイムマシンがあったら本人に本作を観てもらいたいです。あなた百年後にアメリカで犬にライバル意識燃やされたり、少年の苦心の作を粉砕してりしたことになってますよ!

>~スヌーピーの冒険~
スヌーピーの空想の冒険とチャーリーの現実の努力が平行して描かれるのにはそんな意味が・・・これを知ってからもう一回観たくなりました!!

>~人生に大切なこと~
自分も元気をもらえましたが、チャーリーと似たような境遇にある子ども達が勇気付けられると良いな・・・と願わずにはいられません。
努力が報われないこともあるけど、努力している人が怠け者や要領が良いだけの人達に冷笑されるのは間違ってる。
だから正攻法な努力が報われないからといって、夜を這い回るおぞましいオトナになったりしちゃダメだよ!?
2015-12-15 21:00 : 毒親育ち URL : 編集
日本語版は吹き替えが…
鈴木福の吹き替えがまったく受け付けらませんでした。
深い含蓄のあるセリフが作品の魅力なのに、台無しになっていたように思います。
ちゃんとした声優の吹き替え版で見てみたいと思いました。
ちなみに赤い髪の女の子はセリフは少ないものの、すーっと耳に入ってきたのですが、誰かと思えば芦田愛菜で驚きました。
2015-12-29 00:17 : URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。